blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 28日

三方崩山北方、皈雲山(かえりくもやま)1897m

e0064783_19012940.jpg
【山域】白川郷
【場所】三方崩山北方、皈雲山(かえりくもやま)
【日時】2015年2月28日(土)
【コース】国道156号線駐車スペース~皈雲山北尾根~皈雲山(往復)
【メンバー】いしはらさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】晴れ
【タイム】国道7:50 皈雲山13:00~13:20 国道15:00

猿ヶ馬場の手前にある帰雲山についてはご存知の方が多いと思いますが、シッタカ谷源頭にある1897m三角点の点名が皈雲山(かえりくもやま)ということは、あまり知られていません。
帰雲城のあった場所も諸説あり、古地図などの情報によれば保木脇のあたりではないかと言われています。
1897mピークはシッタカ谷や東尾根から登られていますが、源頭部は城を埋めたこともあるような崩壊地です。
上部は無木立になるので、スキーでの登滑降にはリスクが大きい。

今回、地図を見ながら頭の中でいろいろラインを引いて楽しんでいたら、いいルートを思いつきました。
そんでもって、いしはらさんに付き合ってもらって行ってみたら、むちゃくちゃ良いラインでした。
このあたりでは雰囲気、滑降とも日照岳、ガオロピークを凌ぐ内容でした。

ラインは1897mピークの北尾根。
どこを登って滑るかは地図をじっくり読めば見えてくると思います。
参考までに計画時の想定ラインを掲載します。
e0064783_14374139.jpg
国道からすぐ、ブナやミズナラの大木の残る良い斜面。ツリーホールに注意。
e0064783_21554789.jpg

サワグルミの大木
e0064783_21554718.jpg

銀色の筆のような冬芽。
大好きな木です。
e0064783_21554771.jpg
1200m~1400mあたりのプラトーは滑降時のことを考えて巻きぎみにトレースを付ける。
正面の雪崩地形(ラビーネンツークと命名)を避け、ブナ林を登るが、ウインドクラストのカチカチ斜面と崩れやすいクラストに新雪が載ったパワーを吸い取られるようなラッセルで効率が悪い。

弱層テストを入れながら、雪崩地形に入ってみる。
e0064783_21554758.jpg
まずまず安定、こっちのほうが登りやすい。
e0064783_21554790.jpg
北尾根は、雪崩地形の部分を除き上部までブナ、ミズナラ、ダケカンバ、オオシラビソが林立する割と安定した地形である。
1700mより上部は、なだらかになり、のんびりピークに向かう。
途中、白いノウサギを見る。
e0064783_19014313.jpg
ピークを踏んで、さあ滑降。
1700mあたりからラービネンツークに滑り込む。

e0064783_21554759.jpg
新雪向けの急斜面の1枚バーンが標高差500mほど続き、歓声出まくり(1回前転)
e0064783_21554767.jpg
ばほっ。
e0064783_19014319.jpg
おりゃー。
e0064783_19014338.jpg
もう止まらない、いしはらさん
e0064783_15242885.jpg
わしも、行くど~!
e0064783_19012943.jpg
ふ~。満足
e0064783_19012906.jpg
沢床まで降りるとメロ~な斜面が続くが、適当に切り上げる。
e0064783_15242178.jpg
滑ったラインを振り返る
e0064783_21554750.jpg
プラトーから下は、広い沢状のラインを滑り、国道まで新雪滑降を楽しめた。
e0064783_21554768.jpg
文句あっか~?
e0064783_20272615.jpg
まだまだ、腰パウ、みたいに見えるが大分腐ってます。
e0064783_19012903.jpg
いしはらさん、ありがとう。お疲れ様。
e0064783_21554762.jpg


156号は渋滞なしで、夕飯に間に合った。
ぷしゅっと。


[PR]

by s_space_s | 2015-02-28 22:10 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 26日

気い狂いて / INU(町田町蔵)

皆さ~ん!レッツ・イメージ・トレーニング!(なんか変?)


最近の基礎スキー技術は外向傾に先祖返りしているらしいゾ~。
ラストのトレインの感じが、いいね!


[PR]

by s_space_s | 2015-02-26 20:19 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 26日

花見だんご

今日は3月末までに1日だけいただける特別休暇を使って、家でのんびりしています。
多分、3月に入ると取得できない状況になると思われるので。
たまたまかみさんも休みで、おやつに近所の和菓子屋「豊寿庵」で花見団子を買ってきてくれました。
スーパーで売っている三色だんごと生地のなめらかさが全然違います。

なんか春が来たみたいです。
e0064783_15023392.jpg
町田靖の「破滅の石だたみ」も半分以上いきました。
雨の日って落ち着く~。





[PR]

by s_space_s | 2015-02-26 15:19 | うまいもん | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 22日

揖斐湧谷山バックカントリーガイド

e0064783_19150536.jpg
坂内の旧遊ランドスキー場に着いた時には、期待していた新雪はどこにもなく、少し前に雨が降ったようでした。
e0064783_13555010.jpg
ゲレンデはカチカチのクラストに表面霜が着いた感じで、登るにつれ、モナカっぽくなってきました。
それでも、山頂に近づくにつれ雪がだんだんよくなり期待を持たせます。
e0064783_23575999.jpg
この尾根はブナやミズナラ、イタヤカエデなどの割と大きな木が点々としていて、登るのも楽しいところです。
e0064783_13555044.jpg
動物の足跡もたくさんあります。

e0064783_23581101.jpg
快晴の湧谷山、到着~!
e0064783_23580504.jpg
頂上からの展望は360度、絶景です。

南の金糞山
e0064783_23580800.jpg
北の蕎麦粒山
e0064783_13555028.jpg

ニシマタ谷を2回滑りました。
お二人とも、気持ちよさそうです。

わしも、いただきます。


少し重いですが、この天候で新雪が滑れたのはまあOK。
やはり、下部は超重々の腐れ雪で、お二人には怪我をしないように滑っていただくことだけお願いしました。

最後にゲレンデをぶっとばす、G嬢。









[PR]

by s_space_s | 2015-02-22 00:08 | ガイド | Trackback | Comments(2)
2015年 02月 20日

岐阜テレマーク倶楽部交流会

わしとコザエモンさん行きつけ?の居酒屋「くしびき」でテレマーク倶楽部の交流会(飲み会)を行いました。
11名の参加がありました。
岐阜市近辺でテレマーク愛好者がこれだけ集まるなんて、結構すごいことだと思います。(自画自賛)

初対面どうしの会員もみえましたが、テレマークや山など共通の話題もあって大いに盛り上がり、楽しい交流会になりました。
遅刻したうえ最初からぐだぐだの幹事でしたが、参加された皆様ありがとうございました。
e0064783_10261578.jpg
どんな話題が出たかは、西蔵坊さまのblogをご覧下さい。





[PR]

by s_space_s | 2015-02-20 12:31 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 20日

美味しそう?

通勤途中で道の脇にいるのを見つけました。
おとなしいし、動物園で人気のカピバラやビーバーに似て可愛いやつです。
あまり人間にいじめられていないのか、悠々としています。

水かきのある後ろ足が大きいですね。
e0064783_10110858.jpg
ゆっくりと道を渡って、
e0064783_10111380.jpg
川へ帰っていきました。
e0064783_10112196.jpg
ところで、ヌートリアってすごく美味しいって話、聞いたことあります?
わしは、最近知りました。
外国ではヌートリア料理というのがあるそうです。
はちみつ村村長さんにお願いしたら捕ってくれるかな?

→ お願いしたら空気銃で撃ってくれるみたい。楽しみ~。

こんな団体もあるのにね。
日本ヌートリア交流協会



[PR]

by s_space_s | 2015-02-20 00:19 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 18日

About Time

石徹白のBCガイドが中止になったので、かみさんと映画を観てきました。

e0064783_16573941.jpg


21歳になると男ならタイムトラベルできる能力を持つことになる家系に生まれたティム。
父親からその秘密を告げられ、早速その能力を試してみます。
行けるのは過去だけで、過去をイメージしてタイムトラベルするという方法上、遡れるのは自分が経験した過去のみです。

そういう能力があったらやってみたくなる事のひとつは、失敗した恋のやりなおしでしょう。
しかも、何回でもやり直しがききます。
けど、過去を変えることによって、現在の生活に思わぬ影響が及んだりして・・・。
最後にティムが悟ったことは、毎日の生活をかけがえのないものとして味わい尽くすということでした。

監督・脚本はMr.ビーンの脚本を書いたリチャード・カーティスです。
残念なことに、これが引退作品になるそうです。
メアリー役のレイチェル・マクアダムスもキュートな女優さんでマル!

2013年 英米合作映画

帰りに近所の蕎麦屋せいがんで蕎麦をすすって帰りました。
かみさんに付き合って久しぶりに図書館に寄り、町田康の「破滅の石だたみ」を借りました。
その後、docomoショップで携帯の機種変更をして半日かかってしまいましたが、携帯の進化に驚きました。
ガラパゴス的進化ですけどが・・・。



[PR]

by s_space_s | 2015-02-18 18:55 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 16日

なまかわ

皆さん、家電の電源コードはプラグを持って抜いてみえますよね。
家電の取説では必ず、下記のような注意事項が書かれています。
これを守らないと、断線して故障するとか、ショートして火災に繋がるなど、タブーなみの行為のような感じです。
e0064783_13235328.jpg
強度的な安全性の話は別にしても、小さい頃からコードを引っ張ってコンセントからプラグを抜くのは「なまかわ」と親から言われ、行儀が悪いことだと思ってきました。
この常識に疑問を持ったのは、アメリカ人の知り合いが、いつもコードを引っ張ってプラグを抜いていて、故障しないのかと訊いたところ、全然問題ないと言うのを聞いたのがきっかけでした。

以下、電気の素人のたわごとと思って読んでください。

電源プラグは、コードに足を引っかけたり、掃除機で引っ張られて抜けることがあるわけで、そのたびに断線していたら、そちらの方が問題です。
電源コンセントは、プラグがすぐに抜けてはだめだけど抜けなくても困るので、保持力が5N~60N(6kgちょっと)の範囲になるように作られています。
また、コードセットの接合部の強度は90Nの力で25回の引っ張り試験に耐えるように作られています。
なので、単純に考えれば、まっすぐ引き抜くならコードを引っ張っても問題ないような気がしてきました・・・。

最近、こそっとですが、「なまかわ」しています。
こんど、お電さんに訊いてみよう。



[PR]

by s_space_s | 2015-02-16 17:29 | あほばなし | Trackback | Comments(2)
2015年 02月 11日

大日ヶ岳バックカントリーガイド

結局、1日ホワイトアウトのツアーでした。
前大日から叺谷へ2本回し、前大日北東尾根からゲレンデへ復帰しました。
お二人をガイドする予定だったのですが、お一人の参加者のビーコンが不調で電池を替えても直りませんでした。
やむなくゲレンデで滑って待っていていただくことに。
今後は予備のビーコンを携行することにします。

一応、大日のピークは地図、コンパス駆使して踏みました。

e0064783_21400790.jpg
前大日北東尾根
e0064783_21400482.jpg

ブナ林のツリーランを楽しみました。
e0064783_21400492.jpg

バックカントリーガイドのご案内





[PR]

by s_space_s | 2015-02-11 21:53 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 09日

岐阜テレマーク倶楽部交流会

岐阜テレマーク倶楽部の交流会が下記のとおり開催されます。
食べたり呑んだりテレマーク談義したり、交流を深める趣旨の会です。
日時:2月19日(木) 19:00~?
場所:くしびき
    岐阜市住ノ江町2-11 電話:058-263-8688
会費:4,000円(飲み放題)
e0064783_23483940.jpg
今のところ参加予定は、イシハラさん、コザエモンさん、良さん、ダダンダンさん、お電夫妻、エミコさん、西蔵坊さま、ytさん、サカイさん(入会ご希望)、わし、です。
こうやって見ると、結構、多いですね。

楽しくやりましょう!





[PR]

by s_space_s | 2015-02-09 23:49 | テレマーク | Trackback | Comments(0)