<   2016年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 25日

まっちゃんと御嶽へ

1週間前、沢登りの大家、まっちゃんから、珍しく(正確にいえば初めて)山スキーのお誘いがあった。
メールには「以前から行ってみたい春山ルート」としか書いてなくて、興味深々。
まっちゃんは、わしが尺ナンゾをスキールートとして注目する以前に、尺ナンゾ経由で摩利支天を陥としている。
それもイグルーを使用する独特のスタイルで小坂方面から林道をスキーで延々歩いて。
そのまっちゃんが何年も温めていたルートなら面白くないわけがない。

この土日はうめさんからアドベンチャーレースのお手伝いを頼まれていた。
申し訳なかったが、1日だけで勘弁してもらった。
オリエンテーリングのポスト設置は、読図のノウハウを駆使する作業で、非常に勉強になるのであるが。
e0064783_21253192.jpg

まっちゃんに連絡してみると、狙いのルートは御嶽の○○。
歴史的にも興味深いところで、さすがという感じであったのだが…。
計画について相談するうちに不安なことがいくつか。
・雪が少ない年のこの時期にスキーが使えるのか。
・十何年ぶりというスキー道具は大丈夫なのか。特に登山靴。
・まっちゃんのスキー技術はどのぐらいなのか。登山靴で滑れるのか。
などなど。

朝3時にまっちゃんの家に迎えに行き、出発。
車の中で話しながら、不安は解消されるどころか、募るばかり。
けど、彼はなんとかなると楽観的なことこのうえない。
馬目さんも「登山研修」に書いていた。
楽観的なのはクライマーの一つの資質なのだと。

濁河登山口に到着して、最初の不安は現実となった。
スキーは使えそうになく、ツボ足で登山道を歩いて継子岳までに計画を変更。

e0064783_21253123.jpg
予定のルートを観察しながら、のんびり登る。
たまにはなにも考えず、黙々と歩くのも悪くない。
まっちゃんはこれから考えているプランがあるらしく、ザックいっぱいに道具を詰めて、おまけに余分な水3L持って負荷をかけている。

乗鞍、笠をバックに楽しそうなまっちゃん

e0064783_21253293.jpg
五ノ池小屋へのトラバース道に入らず、正面の急斜面を直登する。
e0064783_09331477.jpg
ここ滑ったら気持ちいいやろうな~。
e0064783_21253129.jpg
お鉢に出て、そのまま継子に向かう。
さすがに3千m級の山である。
昨夜の雨はここでは雪だったようだ。
e0064783_09332468.jpg

四ノ池には二人のスキーヤーがいた。
きれいなシュプールを見て、うらやましかった。

e0064783_21253217.jpg
四ノ池をぐるっと周り、飛騨頂上へ。
五ノ池小屋の裏でのんびりしながら、摩利支天の斜面をうっとり眺める。
まっちゃんには興味がないようであった。
3Lの水を捨てている彼に、「下りに負荷をかけたほうがいいんじゃないの?」と突っ込んでみた。

彩雲がかかっていた。
e0064783_21253112.jpg
午後になり、かんてこが緩んだ雪面に足をとられながら下山。
登山口で恐ろしい事実が判明。
まっちゃんのプラブーツ(チベッタ)のカフが両足ともバキバキに割れていたのであった。
たぶんスキーをしていたら本体が崩壊していたであろう。
笑い話で済んでよかった。

温泉には入らず、萩原でまっちゃんリクエストの牛丼を食す。
18時岐阜着。

来年のもっと早い時期に再チャレンジしてみたい。
3つ目の不安は残ったままであるが…。

タイム:登山口6:15 継子岳10:15 飛騨頂上11:30~12:00 登山口14:00

まっちゃんの記録




[PR]

by s_space_s | 2016-04-25 17:21 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 23日

じゅらくそう!

小学校4年から中学2年まで関市の平和通り沿いの借家に住んでいました。
現関郵便局の裏手あたりです。
今は空き地になっていますが、当時、家の向かいには田んぼがあって、よくトノサマガエルを捕まえて遊びました。
田んぼに面して長い木の塀があり、塀の向こうは「寿楽荘」という老舗の料亭がありました。
なにか大人の世界のように感じ、いたずら坊主だったわしも近づきがたい所だと思っていたようです。

長々と昔の話を書いているのは、ヴァン・マッコイの「ハッスル」の出だしを聴くと、

う~うううう~♪ じゅらくそう!

と聞こえてしまうという、それが書きたかっただけです。
すんません。

タモリ倶楽部では、そこ(Do it)が「上越」と聞こえると紹介されたとwikiに書いてありました。
けど、いっぺん聞こえてしまうと「じゅらくそう」にしか聞こえません。
ちなみに、その後の「Do The Hustle」は「ヅラ外そう」だそうです。
こっちも「じゅらくそう」に聞こえなくもない?



かみさんに訊いたら、寿楽荘はまだ健在なのだそうです。
大人の世界に足を踏み入れてみるか。

海鮮や じゅらく





[PR]

by s_space_s | 2016-04-23 20:38 | あほばなし | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 20日

居酒屋銀星

久しぶり(半月ぶり)に街で呑みました。
若宮町の銀星です。
カウンターのみで5席しかありません。

e0064783_08553591.jpg
肝っ玉母さん的なママさんが作ってくれるお料理はどれもおいしかったです。
チューリップも食べました。(なんだと思います?)
うれしいことにお酒は老田酒造の鬼ころし。

また行こうっと。

一人二次会しようとおふくへ行ってみたけど、まだお休みでした。
結局、いつものくしびきで少し飲んで帰りました。





[PR]

by s_space_s | 2016-04-20 12:11 | うまいもん | Trackback
2016年 04月 18日

二ホンリスがいた!

裏山を散歩していたら、頭上の木の上でがさがさと何かいるような音がした。
小鳥でもいるのかなと思ってよく見ると、長いしっぽのリスに似た動物が何かを咥えて枝の上を走っていく。
驚かさないように歩を止めて木化けしてみると、すぐ近くの枝に座って咥えているものを齧りはじめた。

正面を向いているのであごの下から腹にかけて白いのがよくわかった。
二ホンリスだ。
齧っているのは松ぼっくり。

しばらくして目があってしまい、彼(彼女?)は小さくキキッと鳴いて少し離れた木のほうへ移ってしまった。
裏山で野生の哺乳類に出会うのは初めてだった。
ここでは、イノシシの掘り起こした斜面やタヌキの溜め糞、テンの高糞など痕跡しか見たことがなかった。

リスがいた木の下あたりに「森のエビフライ」がないか探してみたが、見つけられなかった。
今度来たら探しながら歩いてみよう。
嬉しくなって足取りも軽く、夕方5時のメロディーが流れる団地に向かって降りて行った。





[PR]

by s_space_s | 2016-04-18 12:52 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 17日

白山大白川ワリ谷源頭ボウル

e0064783_13395349.jpg
【山域】白山
【場所】大白川支流ワリ谷源頭2168mピーク
【日時】2016年4月15日(金)
【コース】平瀬~自然休養林~ワリ谷右俣~2168mピーク~源頭ボウル2本滑降~右俣~自然休養林~平瀬
【メンバー】はなえちゃん、わし
【天気】快晴
【ルート図】クリックしてね
e0064783_15044339.jpg

YASUHIRO先生に敬意を表してコブラツリーのポーズ
e0064783_13395325.jpg
ケツが痛い
e0064783_13395320.jpg
自然休養林のブナ林の間から白山が
e0064783_13402215.jpg
取水堰堤
e0064783_13395339.jpg
やっぱり渡渉
e0064783_13460357.jpg
雪渓はズタズタ
e0064783_13460342.jpg
中間から上はメンツル
右俣は正面の狭い谷
e0064783_13460343.jpg
予想外の崩壊地
e0064783_13460116.jpg
上部はめっちゃ急
e0064783_13395399.jpg
ここまで来てほっ。
e0064783_13460279.jpg
ワリ谷源頭ボウル
見たら滑らざるをえまい!
e0064783_13460255.jpg
2168mピーク手前から白山本峰
e0064783_13460284.jpg
ピークにて…。
e0064783_13395478.jpg
ピークから一発
e0064783_13503006.jpg
ボトムから対岸の斜面を登り返す。
ボウルトップにて。
e0064783_13395435.jpg
来るのがちょっと遅かった。
日が陰るとモナカに。
泣く泣くツーステップ。
e0064783_13565765.jpg
はなえちゃんは度胸がいいねえ
e0064783_13503024.jpg
時間が押してきたので、2本で切り上げ、ワリ谷へ。
南面だけにいい腐れぐあい。
e0064783_13503099.jpg
落石地帯は慎重に
e0064783_13503056.jpg
二俣から下はまた快適

e0064783_13503050.jpg
腐れ雪最高っ!
e0064783_13395344.jpg
トトロでも住んでいそうなハルニレの古木
e0064783_13503090.jpg
ダウンヒルではなえちゃんにぶっちぎられる。





[PR]

by s_space_s | 2016-04-17 14:46 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 16日

いい加減買ったほうがいい

昨日、白山のワリ谷を登っているとき古いBDのスキーポールのジョイントが壊れてしまった。
もう10年以上使っているカーボンの2段式ストックである。
フリック・ジョイントのレバーを止めてあった細いシャフトが抜けてしまったらしい。
当然、ポールが固定できないのでどうしようかと思ったが、最初は一番短くして固定して滑ろうと思った。
固定にはセカンドグリップとしてポールに巻いているガムテープを使う。

片方短いストックで登っているときにいいことを思いついた。
短くなった分、上部のポールの中に何か突っ込めばいいのだに~♪
そこでダケカンバの細い枝を折って長さを調整しながら突っ込んでみた。
e0064783_20584661.jpg
長さが決まったら後はガムテープで固定するだけ。
e0064783_20584658.jpg
これで、支障なく滑ることができた。
翌日、抜けてしまったシャフトは工具箱の適当な針金を切って叩き込んだ。
まだ当分使えると思う。

あと、シールを忘れたときモミなどの枝をスキーにバンドやテーピングで固定すると滑り止めになるらしいぞ。


今日は昨日の疲れもあって午前中は家にいたが、天気が良いとじっとしておられず、近所の山に山菜採りに行った。
積極的休養というやつか。
ワラビがメインターゲットだが、採れなくてものんびり山を歩いているだけで楽しい。
展望のよいピークでしばらく腰を下ろし考えごとをする。
e0064783_20584636.jpg
これで4分の1ぐらい。
e0064783_20543207.jpg
ワラビ、コシアブラ、タラの芽、アズキナ、アケビの芽、ヤマウコギなど結構収穫があった。
e0064783_20543298.jpg
夕飯は天ぷら、かみさんの実家のタケノコ、庭の山椒の芽の豆腐田楽と季節のご馳走で酒が進んだ。





[PR]

by s_space_s | 2016-04-16 21:38 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 14日

賞味期限切れ?よも太郎山・願教寺山

【山域】白山山系
【場所】石徹白、よも太郎山・願教寺山
【日時】2016年4月10日(日)
【コース】石徹白大杉登山口~願教寺谷~よも太郎山~願教寺山~願教寺谷右俣滑降(滝上まで)~よも太郎山~願教寺谷~登山口
【メンバー】コザエモンさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】高曇り
【タイム】登山口7:00 よも太郎山10:10~30 願教寺山12:50~13:10 よも太郎山15:30 登山口18:20

コザエモンさんの記録(写真はほとんど同じです。)

ルート図(クリックしてね)
e0064783_10572691.jpg

白鳥あたりから大日を見て完全に雪が消えていたのに驚きました。
これほど雪が消えているとは想像していませんでした。
石徹白に入って周囲の山を見て絶望的だと思ったのですが、コザエモンさんと協議の結果、せっかくなので板を担いで入山することに。
結果的に、渡渉、藪こぎなどありましたが、焼き魚の骨についた身をしゃぶりつくすように、残雪スキーを楽しむことができました。
杏より梅が安し。


例年なら急な雪壁になってトラバースが恐ろしい大滝上も楽勝です。

e0064783_21283811.jpg
笠羽橋まで来ても、まだスキーは使えそうにありません。
でも、コザエモンさんと協議の結果、渡渉して突っ込むことに。
ここは水量が多く、スキーブーツでの飛び石が恐ろしかった。
e0064783_21283846.jpg
北願教寺谷出合あたりからスキーが使えるようになりました。
こうなればこっちのもんだ。
e0064783_21324584.jpg
本谷を渡渉し、願教寺谷へ入ります。
e0064783_21283993.jpg
ここは大したことない。
e0064783_21324618.jpg
なかなかいい感じですが…。

e0064783_21283825.jpg
やっぱり谷は割れています。

e0064783_21302216.jpg
渡渉を数回
e0064783_21324545.jpg
よも太郎と日岸山のコルへ向かう谷を詰めました。
途中に全層雪崩のデブリが。
e0064783_21352561.jpg
左手の日岸山の斜面は笹が出ていました。
e0064783_21352607.jpg
コルの手前からよも太郎へ。
帰りが楽しみな斜面です。

e0064783_21302247.jpg
銚子ヶ峰は滑るとこなさそう。
e0064783_21352614.jpg
よも太郎から見る願教寺。
稜線上は雪が消えています。
時折、ガラガラと落石の音が響きます。
e0064783_21352621.jpg
願教寺へは相当苦労することが予想されましたが、コザエモンさんと協議の結果、突っ込むことに。
コルまでは1回藪漕ぎが入りましたが、まずまずの斜面でした。
e0064783_21370082.jpg
雪が付いていない南東尾根を乗越て願教寺谷の右俣にルートを取ろうとしましたが、谷を覗いてみたら雪が繋がっておらず。
戻って主稜線に出ることにしました。
完全に藪漕ぎです。
e0064783_21302231.jpg
願教寺の壁が素晴らしい迫力で迫ってきます。

e0064783_21370019.jpg
こんな感じ。

e0064783_21370021.jpg
右俣の斜面に入ればスキーが使えます。
コザエモンさんガス欠ぎみです。
e0064783_21433178.jpg
登っていて大きな獣が頂上直下を横切るのが見えました。
肩まで来ると足跡が残っていました。
e0064783_21370836.jpg
クマかと思ったけどカモシカでした。

e0064783_21370931.jpg
頂上直下は少し急ですが、あとは快適斜面です。
縦溝が少し邪魔ですが。
e0064783_21302276.jpg
コザエモンさんいい感じ。
重いファットを持ってきたかいがあった(かな?)。
e0064783_21370030.jpg
わしの自家製ロッカー付ヌーニョも快調です。

e0064783_21302293.jpg
残念ながら滝場で雪が切れており、よも太郎に戻ることになりました。

e0064783_21370905.jpg
よも太郎からもいい斜面が滑れたので、結果オーライです。

e0064783_21324550.jpg
往きに渡ったスノーブリッジがさらに細く。
e0064783_21370988.jpg
往きのトレース上にブロックが落ちてきたところも。

e0064783_21370805.jpg
もう日暮れが近い。
e0064783_21410838.jpg
笠羽橋手前の渡渉。
サンクスゴッドロックを這って進む

e0064783_21410826.jpg
本谷の側壁には雪融け水で幾つか滝ができていました。

e0064783_21410823.jpg
ヘッドランプのお世話にならずに帰ることができました。






[PR]

by s_space_s | 2016-04-14 12:27 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 12日

高木山のエイカン穴

ayaさんからのご質問があったので、2年前の写真を確認してみました。
その中に創造の森の案内図の写真がありました。

e0064783_00231363.jpg
左側のエイカン穴周辺部分を拡大したのが下の写真です。

e0064783_00264772.jpg
写真を見て思い出しましたが、エイカン穴へは割と簡単に登れたと思います。
階段のある歩道を登って谷の中の踏み跡をどんどん登っていくと古い機械が残された鉱山跡に出ます。
マンガン採掘鉱跡やエイカン穴の写真もありましたが、楽しみが減ると思いますのでここに掲載するのはやめときますね。
穴に入った時は変な名前の穴だなぐらいの感想でした。
いわれを知ると少し見方も変わるかも。
「エイカン穴」のはなし




[PR]

by s_space_s | 2016-04-12 12:50 | 山登り | Trackback | Comments(1)
2016年 04月 09日

車庫に猫の親子

休日の朝、本を読んでいたら、外にいたかみさんが「大変なことになっとる。」と呼びに来た。
水でも漏れてるのかと見に行ってみると。

大きなトラ猫が車庫にいる。
そいつはふてぶてしい顔でお向かいの家のほうへ出て行った。
車庫の奥へ行ってみると、ボロ布を入れたビニール袋の陰に小さい顔の母さん猫が。
e0064783_08505214.jpg
近づくと、シャー!と威嚇する。
母さんが留守にした隙に覗いてみると、まだ目も開いていないような震える子猫が3匹。

どうしよう…。


p.s.
ジャガイモの芽が出てきました。
一安心。
e0064783_08510651.jpg
件のミミズで釣ったアマゴ
e0064783_09361659.jpg








[PR]

by s_space_s | 2016-04-09 08:53 | 日常 | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 07日

信号は守りましょう

少し前から気になっていることがあります。

信号が黄色になってから、ひどいときは、赤に変わってから交差点に侵入してくる車が多くなっているような。(特に右折)
岐阜県だけの状況なのかもしれませんが、なんとなくそれが当たり前で、みんながそういう認識なら事故も起こらないという雰囲気です。
青になって普通に発進するほうが、赤で突っ込んでくるやつに睨まれるしまつ。
高速道路の制限速度を現状肯定で時速120kmにするのなら、信号のほうも赤に変わってから3秒間はOKとかしたらどうでしょう。

信号の話でもうひとつ。
車が来そうにない横断歩道で信号待ちをしているとします。
広い道路を渡るのなら、結構きっぱりした信念がないと無視できないと思います。(表現が変か?)
けど、細い脇道を渡るような所なら、無視する人は多いと思います。
わしもたまにやります。

そこで、反対側か隣に信号が変わるのをちゃんと待っている人が他にいたら。
貴方ならそこで信号を無視して渡りますか?
わしはようしません。

これは恥ずかしいとかいう感覚ではなくて、何かその人に対して申し訳ない。
どんな顔して渡ればいいの?といった感じです。
東京の街を歩いていて、そういう場面をよく見ました。
無視している人の顔はなにか怒っているような、無理して無表情を装っているような。

美しいやりかたとは思えませんでした。

子供のころ父と一緒に歩いていて少し遅れ、信号無視して追いついたら無言のげんこつを喰らったことがあります。
法について、何のために守るのかという理屈ではなく、守るべきものとしてあるのだから守るというのは一つの考え方だと思います。
一方、自分の頭で考えて不合理なルールは守らなくてもいいという考えもあるでしょう。
ソクラテスの時代からの難問です。




[PR]

by s_space_s | 2016-04-07 19:13 | あほばなし | Trackback | Comments(0)