<   2016年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2016年 08月 29日

28年ぶりの友達に会うこと

荘川で今シーズン最後のガイドをやった後、郡上大和に住んでいる高校・大学時代の友人Aの家に寄らせてもらった。

Aとは高校3年の時に同じクラスで名前の関係(わしがI)で席が前後になり、知り合った。
Aは高校・大学と演劇部、大学を出てからもWAY-夢という劇団を立ち上げ40前ぐらいまで頑張っていたらしい。
大学を出てから数年は行き来があったけど、その後連絡先もわからなくなり、会っていなかった。
半年ほど前、夕方のニュースを見ていて驚いた。
Aが昔とおんなじ顔をしてインタビューに答えているではないか。
それはAたちが郡上で立ち上げたIT関係のNPOの話題だった。

わしのほうは早い時期に部活もやめてしまい、いわゆるガリ勉野郎だったのだが、Aに言わせると何か変なやつだった。
記憶力のいいAから高校・大学時代の自分でも忘れてしまっているエピソードが色々出てきた。
「意外性のあるやつだった」とAは表現したけど、簡単に言えば、どこか価値観が普通の人とずれていたみたいだ。

Aがなんで郡上に戻ったのか、今なにを頑張っているのか、聞いていて「ああ、なるほど」と思った。
何かをなす人間って、こうでないといけないのだと思った。

Aの家の近くまで来て電話を入れると、Aの息子が走って迎えに来てくれた。
初めて会う奥さんはキッチンで料理しながら、時折話に加わる感じ。
夕食後、みんなで線香花火をする。
気の置けない、幸せそうなご家族で、楽しい時間を過ごさせていただいた。
気が付くと時計はとうに12時を回り、話は尽きなかったけど、翌日の予定もあったので床に入らせてもらった。

夜中に小便に起きるとまだテレビの音がする。
リビングを覗いてみるとAが短パン・Tシャツでソファで寝ているのであった。
郡上の涼しい夜風がカーテンを揺らしていた。








[PR]

by s_space_s | 2016-08-29 09:07 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 24日

日間賀島家族旅行

名古屋に住んでいる長男坊から、何を思ったか、日間賀島へ遊びに行こうという提案があった。
夏休みで帰省していた下の坊主は翌日から大学の試験があるということで不参加。
東京から娘が合流し、4人で行くことになった。

わしは2日前ぐらいから腹の調子が悪く、不安を抱えての出発となった。
名古屋に出るJRの車内広告に不吉なコピー。
夏の誘惑 下痢の罠 by 正露丸

ナナちゃん(ウエディングドレス姿)の前で集合し、名鉄電車で河和に向かう。
昭和の雰囲気漂う車両に旅行気分も高まる。
e0064783_22421669.jpg
河和駅から河和港までは無料バスもあったが、徒歩で向かう。

e0064783_22421698.jpg
南国ムードの河和港

e0064783_22421657.jpg
河童の親子の言い伝えがあるらしい。

e0064783_22421627.jpg
高速船の出発時間まで1時間弱あったので、途中で看板を見かけた雨風食堂へ行ってみることにする。

e0064783_22415605.jpg
食堂は路地の奥


e0064783_22415607.jpg
若いご夫婦でやっている、古民家を改修した食堂は、沖縄の雰囲気(行ったことないけど)

e0064783_22415643.jpg
結局、食事する時間はなく、アイスコーヒーや紅茶を頼んだが、わしは我慢できず泡の出る飲み物を。
「夏の誘惑…の罠」が一瞬頭を過ったけど、これ美味すぎる。
e0064783_22415657.jpg
メニューと一緒にお店で使っている浄水器の説明があった。
中ほどに、「置いとくだけで、癒しロチ化する」???
e0064783_22415656.jpg
「癒しロチ化」の意味を女将さんに訊いてみると、「癒しロチ」とは癒される良いところという意味なのだとか。
さらに「ロチ」ってなんやと尋ねると、「分からないけど、カタログにそう書いてあったので」ということだった。
畳敷きの民家の離れには低く音楽が流れ、意味は分からなくても「癒しロチ」を体感するのであった。

注)イヤシロチは正しくは弥盛地と書くそうです。↔ 反対はケガレチ(気枯地)

高速船は満席で通学の女子高生なども。
e0064783_22415693.jpg
20分ほどで日間賀島西港に着く。
こちらのほうが観光施設が多く、乗客もほとんどここで降りる。
わしらはそのまま乗って5分ほどで東港着。

e0064783_22415619.jpg
タコとフグの島へようこそ。

e0064783_22415615.jpg
既に2時近かったので、「島のごはんやさん海」で軽く昼食(タコカレー、しらす丼など)。
迷路のような狭い路地を楽しみながら今日の宿へ向かう。

e0064783_22413298.jpg
タコ壺、タコ壺、タコ壺

e0064783_22413254.jpg
外観はアパートみたいな、民宿うえの荘
若い人たちは散策に出かけたが、わしらは風呂に入ってのんびりした。
持ってきた文庫本「夢で会いましょう(村上春樹・糸井重里)」を読む。

e0064783_22413262.jpg
お楽しみの夕食

e0064783_22413265.jpg
ヒラメ、タイラガイ、ホンミルガイの刺身、大アサリ・エビフライ、イセエビ、カマス塩焼、タコ飯など、海の幸がこれでもかと出てくる。
e0064783_22413272.jpg
名物、タコのまる茹で
タコを釣って茹でたことがありますが、こんなに柔らかくできなかった。
e0064783_22413260.jpg
後が怖いのでセーブしながら食べていたが、結局ほとんど完食してしまった。

部屋に戻るとまだ夕暮れどき。

e0064783_22413208.jpg
腹ごなしに、娘と散歩に出る。
海の向こうで遠く2か所、花火大会をやっていた。
打ち上げ花火が、線香花火のよう。
東に赤く大きな月が昇ってくる。

心配していた腹も大丈夫みたい。


翌朝5時、いつものようにかみさんの目覚ましが鳴る。
まだ眠そうな長男坊をおいて、3人で島一周6.6kmの散歩に出かける。
e0064783_22403300.jpg
島の東の岬に「ハイジのブランコ」がある。
e0064783_22403366.jpg
大きな松の木の枝に下げられたブランコ。
e0064783_22403377.jpg
海に飛んでいきそうで楽しい。
e0064783_22403447.jpg
人けのない朝のビーチ

e0064783_22403379.jpg
ひと雨来そう
e0064783_22403486.jpg
交番もタコ型

e0064783_22403498.jpg
宿に帰って朝風呂に入り、朝飯の美味いこと。
普段なら夕食でもこんなに「ご馳走」ありません。
泡の出る飲み物がしみる~!

若い人たちは、東港で釣りをするということで、先に宿を出る。
わしらはまた宿でのんびりしてから、ゆっくり出る。
女将さんにお土産までいただき、恐縮する。

また、迷路のような路地を辿って港に向かう。

e0064783_22403475.jpg
先発隊は防波堤の先端で釣っていた。
小アジが釣れるらしい。あと、ベラとか。
貸竿2本を交代で使わせてもらう。
餌のイソメが気持ち悪く、針に付けにくい。
ミミズなら平気なのにね。噛みつくからかもね。
e0064783_22403449.jpg
お昼まで遊んでから、竿を返しに行く。
手と顔を洗わせてもらい、冷たい麦茶をいただく。
昨日は満席で入れなかった食堂「たいかいろう」で昼食。
3種類の定食を頼み、4人で分けっこして食す。

隣のみやげもの店でタコ煎餅を買い求めるが、おじちゃんが娘にだけ干しダコをおまけしてくれる。
かみさんは後々までこのことを気にしているようであった。

来たときより大型の高速船には屋上にデッキがあり、海風に吹かれながら河和に戻った。
e0064783_22403493.jpg
バス停から、かみさんに日傘を差しかけられながら歩き、自宅にたどり着く。
郵便受けに"DJANGER BALI"というタイトルのあるCDケースが投げ込まれていた。
CDは入ってなくてケースだけ。
誰の仕業か見当はついた。












[PR]

by s_space_s | 2016-08-24 12:58 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 22日

ありんこ?

山から早めに帰ってきて1日あいた休日、家で本を読んでのんびりしていたら
襖の枠の上にありんこみたいな虫がうろちょろ
よく見ると、触覚のように見えていたのは、バンザイした前足だった
残りの足は6本なので合計は8本 → クモですな

e0064783_21240114.jpg
前述のとおり暇なので、パソコンで調べてみると、アオオビハエトリというクモだった
アリにそっくりなクモとしてはもう1種類、アリグモ(ひねらんかい!)というのがいるらしい
アリグモが擬態するのは外敵を避けるためだが、アオオビハエトリのほうはアリを捕食するための擬態

胸の側面のアオオビが美しい
e0064783_21240737.jpg
腕が疲れないのかな















[PR]

by s_space_s | 2016-08-22 12:43 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 19日

絶食

一昨日から腹の具合が悪くで、昼夜何回もトイレに行く状況が続いています。
下痢と少し熱もあるので胃腸風邪なのか、単なる夏バテなのか原因不明です。
(下痢:液状、泥状、軟便など、水分量の多い糞便を排泄することをいう。)

西蔵坊さまの状況は、たぶんカレー状(泥状)ではなかったかと推測しますが。
わしの場合は、カレースープ状(液状)とでも言いましょうか。
こうなってくると、便意のコントロールはほぼ不可能で、昨夜も2回ほど風呂場で寂しく洗い物をしました。

脱水症状になるといけないので、水分は摂ったほうがいいらしい。
けど、飲んだものがそのまま降りてくるような感じなので、それも難しい。

仙人は霞を食べるだけで生きてれるらしいし
昔、ほぼ水だけ生活してた時あったし
別に食べなくても生きていられると思うけど
食べる楽しみを奪われるのは悲しい~ by 彩ちゃん

せめて水だけでも飲みたいです。
わしも、健康のありがたさをシミジミ実感中~!



[PR]

by s_space_s | 2016-08-19 16:25 | あほばなし | Trackback | Comments(4)
2016年 08月 16日

夏休み源流キャンプ(尾上郷川支流ブナゴヤ谷左俣)

【山域】白山
【場所】尾上郷川・ブナゴヤ谷左俣
【日時】2016年8月14日・15日
【コース】石徹白大杉~神鳩避難小屋~ブナゴヤ谷左俣下降~別山谷(泊)~同ルート下山
【メンバー】コザエモンさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】1日目:晴れ、2日目:雨

今回の夏休み源流キャンプは、石徹白から山を越えて尾上郷川源流に入りブナゴヤ谷を周遊する計画でした。
3日間の計画を立てたところ、2日目は天気が崩れる予報が出たため、1泊2日のミニ・キャンプに縮小しました。
2日目の朝から雨が降り始め、目的の右俣へは入れませんでしたが、2晩分の酒も持ち込み、焚火、岩魚、飯盒の飯と必要条件は十分クリアして、楽しいキャンプとなりました。

次回は右俣を覗いてみたいです。
ブナゴヤ谷の紹介 by @yamanecobossさん

大杉登山道を避難小屋まで1ピッチで登る。


e0064783_11443901.jpg



源流は穏やか
e0064783_22151654.jpg

ブナゴヤ谷最初の滝
e0064783_11451056.jpg
中流の大滝は両岸絶壁
e0064783_11444588.jpg
この下にも美しい滝があり、気持ちの良い谷である。
下部のゴルジュ帯は大巻き。

素晴らしい造形美のブナゴヤ谷F1。
いったいどうやって登るのか?
その夜、寝ながらも色々思いめぐらせ、寝付かれない原因となる。
e0064783_11450095.jpg
本流は渇水。

e0064783_22111395.jpg

出合の河原に砂地を見つけ、タープ(ツエルト)を張って、今夜のねぐらとする。
e0064783_22122655.jpg

夏の入道雲

e0064783_11445036.jpg
このあたりまで釣り師が入ったばかりで岩魚は食いが悪い。
周辺に足跡やキャンプの跡がありちょっとがっかり。
釣り師のエゴですが。

それでも3匹キープして焚火の友とした。
これがないと寂しいので。

スマートな25cm
e0064783_11451981.jpg
今回のシェフはコザエモンさん。
メインはオクラ、ナス、ししとうなど野菜のホイル焼き。
ショウガ醤油で食べて大変美味しかった。
ムニエル用に持って来たオリーブオイルをかけたら、これがバカ美味。
e0064783_11460999.jpg
飯盒の飯も上手く焚けた。
e0064783_11452509.jpg
イワナもいい感じになってきて…
e0064783_11453525.jpg
齧って「美味っ!」とコザエモンさん
e0064783_11452839.jpg
毎回ですが、もはや止め処もなく…。
e0064783_11455505.jpg
夜半、雨が降る。


2日目朝、飯盒の飯と味噌汁を掻きこみ、準備を急いでいると、小雨が降り始める。
e0064783_11463809.jpg
出発するころには、本降りに。
相談の結果、大人しく左俣を戻ることにする。
沢の水も濁ってきて、突っ込まずよかったと思った。

二日酔い気味だったコザエモンさんもちょっと元気になった?
e0064783_11464337.jpg
大滝手前の美しい滝も水量が増えている。
e0064783_11464833.jpg
ネマガリタケの藪漕ぎで登山道に復帰。
e0064783_11465078.jpg
避難小屋でコザエモンさんはズックに替える。
わしはタビのまま下る。
登山道が沢のようになっていて、こちらのほうが正解だったみたい。


郡上大和の餃子飯店で五目あげそばを食って帰る。
岐阜へ帰るとカラッとしたいい天気に。
濡れたギアの片付けにはありがたかった。





[PR]

by s_space_s | 2016-08-16 12:49 | 山登り | Trackback | Comments(3)
2016年 08月 16日

白いらんちう

真っ白ならんちうを
眺めてはあきもせず
e0064783_10413492.jpg
2年前に20匹ほどいただいたらんちゅうもご近所にあげたりして今では9匹になり。
最初、黒かったのがみんな赤くなりました。
中でも、一番大きいのは小さいのの5倍以上の重量があるのでは。
やっぱり遺伝的な素質でしょうか。
上手な尾さばきと裾味でサラ~サラ~と優雅な泳ぎで、楽しませてくれてます。

それが最近少しずつ白い部分が出てきたなと思ったら、真っ白になってしまいました。
らんちうの三色変化や~!

もうモヒカンがどれだったかは分かりません。


メダカの子供もたくさん生まれました。
e0064783_10413485.jpg
お盆休みの前半は、この暑いのにと思われるかもしれませんが、石窯ピザパーティーをしました。
e0064783_10413427.jpg
e0064783_10413411.jpg
e0064783_10413406.jpg
e0064783_10413403.jpg
e0064783_10413480.jpg
火が消えるまで、コップ片手に窯の前に座ってました。










[PR]

by s_space_s | 2016-08-16 11:18 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 16日

暑い夏の定番

若者3人を案内して美並の粥川へシャワークライミングに行ってきました。

三枚滝の下で(水量少な目)
e0064783_10080293.jpg
ねじれ滝(見かけより簡単)
e0064783_10080285.jpg
5m滝に挑戦
e0064783_10080264.jpg
やったー!
e0064783_10080241.jpg
クライミングの動画(ガイドの骨董品的ヘルメットに注目)




禁断の矢納ヶ淵
e0064783_10080275.jpg
e0064783_10080295.jpg
星宮神社
e0064783_10080218.jpg
境内の三本杉
e0064783_10080233.jpg
帰りはプールで泳いだ後みたいな心地よいだるさが。





[PR]

by s_space_s | 2016-08-16 10:20 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 10日

暑い夏に熱いモモエ

毎朝7時からやってるEテレの「シャキーン!」を観てから出勤しています。
出てくるキャラクターでモモエという女の子がいるのですが、性格も見た目も非常に熱い。
夏バテしそうなこの時期、あえてホットなカレーを食べるような視聴後の清涼感があります(ほんとか?)。

気になるのが、彼女が着ている衣装。
いつも同じ格好で、替えはあるのでしょうか?
見るからに暑苦しそうですし、毎回、汗でビタビタなのでは。

e0064783_08250815.jpg
ふなっしーみたいになってないか心配です。
ちゃんと洗濯してあげてほしい!
かみさんが、ジュモクさんに蜘蛛の巣が張っていたと言ってたこともあり…。






[PR]

by s_space_s | 2016-08-10 12:57 | あほばなし | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 08日

2年ぶりの海釣り

昨年は入院したりしてそれどころではなかったので、海釣りに出かけるのは久しぶり。
毎度のことながら、船から仕掛け餌までK師匠にお任せです。
今回は名古屋に住んでいる坊主も同行させていただきました。
e0064783_22085488.jpg
台風の影響なのか、神島沖に出たらうねりが高く、慣れていないわしらは釣りをはじめて1時間も経たないうちに酔ってしまいました。
K師匠は元気いっぱいなのに。

このメバルの引きは気持ちいかった。
e0064783_22085737.jpg
釣ってるときはいいのですが、仕掛けを直したりしていると、もういけません。
e0064783_22085030.jpg
カサゴ、メバル、イサキ、子ダイなどボチボチ釣れて頑張れば大物の予感もしたのですが。
e0064783_10494584.jpg
結局ギブアップ。

K師匠には申し訳ありませんでしたが、早めに納竿、午前中で帰港となりました。
上陸してみると、喉元過ぎればなんとかみたいに、お腹がすいてきました。
中川区の「餃子苑」で坦々麺を食して帰りました。
e0064783_22084545.jpg

この店は、なかなかグレード高いです。
e0064783_22084703.jpg
ほんとうに…






[PR]

by s_space_s | 2016-08-08 22:10 | 釣り | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 04日

晩酌の店「三平」で縛り方談義をすること

「夏休み源流キャンプ」の打合せを口実にコザエモンさんと飲みに行きました。
今回はちょっと店を変えて「おふく」の隣の老舗飲み屋「三平」で飲みました。
常連さんに大学の先生が多いとこですが、偶然にもよく知っている先生(元バトミントン仲間)が入ってみえて、一気に常連さんの仲間に入れてもらえました~。
たまに一人で来ても気楽に飲める店です。
e0064783_21490801.jpg
JRが雨の影響で運転を見合わせていたので、コザエモンさんは後から到着。
生ビールはないので、最初は瓶ビールを頼みました。
ここではビールの銘柄を番号で呼ぶのが常連さんの符丁なんだそうです。
キリンなら2番とか、スーパードライなら4番とか(野球の打順からきてるらしい)。
面白いのが、ヱビスも他のビールも値段が同じこと。
ママさんが計算しやすいようにそうやってるらしい。
それを聞いてからヱビスばっか頼んでました(貧乏人根性)。

ビールを数本開けて、腹がだぶだぶになりそうなので、熱燗に切り替えます。
ここからは、最早止めどもなく…。
ママさんから三千盛の大吟醸をいただいたりして。
e0064783_21490863.jpg
玉ねぎとナスのサラダが特にいけました。
食べるホウズキは???

毛バリの結び方の話から、いろんな結び方の話に広がって、コザエモンさんから面白い話を聞きました。
彼のお父さん(お祖父さんやったかも)は繊維工場をやってみえて、糸が切れたときに「ひとえつぎ」という結び方で繋ぐのだとか。
コザエモンさんも小さいころから目をつむっても素早くできるよう練習させられたそうです。

e0064783_21490829.jpg
e0064783_21490858.jpg
e0064783_21490836.jpg
この結び目を見てピンときました。
ガイドでよく使うシートベントと同じです。
けど持っていきかたが違います。
シートベントのほうは、まず、巻きつける客体となるU字型を作ることから始めます。
たぶんこれでは目をつぶってはできないでしょう。

よく見ると、ベントとノットの違いはありますが、形はブーリン(ボーライン)と同じです。
昔、山岳会の先輩から目をつむって結べないとだめだと教わったのがブーリンです。
けど、わしは今でも手探りでブーリンが結べません。
というか、結局、手探りで結んでも目で確認しない限りクライミングには使えず、見世物的な意味しかないと思っているからやらないのです。
どのような結び方でも綺麗な形にできているか確認のうえ、ドレッシングするのが基本です。


常連さんもみんな帰ってしまい、気が付くとお客はわしら2人だけ。
お勘定してすぐ帰ればいいものを、例によって「くしびき」に寄って何本か飲んで、またうだうだ。
ママさんのきれいな娘さんもJR遅延の影響で店に来ていて楽しく飲めました。

翌日はお疲れサマー。




[PR]

by s_space_s | 2016-08-04 17:50 | うまいもん | Trackback | Comments(5)