blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 24日

とりあえず間に合った。

今日は天気がいいのに家にいます。
な〜んでか?
先週の錫杖の疲れが出たのかも知れませんが、3日前から軽いぎっくり腰。
「岐阜県の山」の原稿締め切りも間近なので、ルートマップ描きと写真整理をおとなしくやっております。
お昼まででなんとか、6月中に提出するコンテンツはそろえることが出来ました。
描いたルートマップを数えてみたらA4サイズ換算で39枚もありました。
e0064783_14003923.jpg
写真の整理をしながらルートマップに撮影ポイントのマークをしていると、楽しかった取材の思い出が浮かんできます。
本になったところを見るのが今から楽しみです。
予定では10月出版だそうです。





[PR]

by s_space_s | 2017-06-24 14:02 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 22日

錫杖岳烏帽子岩前衛フェース北沢側フランケ「注文左」

【山域】北アルプス
【場所】錫杖岳烏帽子岩前衛フェース北沢側フランケ「注文左」
【日時】2017年6月17日(土)
【タイム】槍見温泉8:00 北沢大滝取付10:00 登攀終了15:00 注文の多い料理店取付16:30 槍見温泉18:00
【メンバー】イシハラさん(Right&Fast)、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】晴れ

ルート図(クリックしてね)→
e0064783_12455598.jpg
注文の多い料理店の終了点から北沢大滝上部に目をやると、バナナのように反り返った特徴的なピナクル(バナナタワー:仮称)が目に入る。
その左手のすっきりしたフェースにはクラックシステムがあり、イシハラさんの発案で登ってみることにした。
e0064783_22004901.jpg
結果的に、クラックに入る前に前傾壁のセクションがあり上部もクラックというより悪そうなチムニーということで当初想定のラインを放棄し、合理的なラインに見えたバナナタワーの左コーナーに繋げるラインで抜けた。
非常に面白いNPのフリークライミングであったのだが、終了点には古い残地スリングがあり、既にトレースされているのは明らかであった。
以前、横山ジャンボさんにいただいた冬期クライミングの情報を確認したところ、ミックスの好ルートとして紹介されていた「注文左」のラインを登っていたのであった。
また、ジャンボさんたちは2003年ごろの夏にこのラインを登っていることも確認できた。

開拓のつもりで登っていたので余計に面白く感じたということもあるが、それを差し引いても楽しい岩登りのできるラインで、特にあのバナナタワーに登れるだけで満足感の得られる好ルートである。
キャメ3.5までとエイリアン数個、ビレー点補強のためピトン数枚があるとよい。
バナナタワーてっぺん周辺は浮石が多いので落石に注意が必要。
下降は左方カンテの終了点に簡単に周ることができる。

【行動概要】
錫杖沢の出合のテン場が雪で埋まっていた。
6月上旬に廣川さんから残雪が多いという話は聞いていたので大滝取付付近の残雪を心配したが、上部は例年並みで中央稜側から回り込むことができた。
e0064783_21525096.jpg
1ピッチ目 
北沢大滝に取り付き、途中から右上してテラスへ。

2ピッチ目
北沢の本流を跨ぎ右壁のジグザクに入ったチムニーに入る。
ここから注文左。
上部はかぶり気味となるがホールドは豊富。
オフウィズスのテクニックはそれほど必要ない。
e0064783_21535317.jpg
3ピッチ目
ラインが左右に分かれる。
ハング下を右上するラインは古くから登られているようでハーケンの残置がみられた。
草付きの階段状を登りピナクルで切る。
e0064783_21541115.jpg
e0064783_21542918.jpg
4ピッチ目
バナナタワー左のコーナーチムニーを登る。
このラインのハイライト。左右にスタンス豊富。
脆い部分があるので慎重に登る。
チムニーが広がり、浮石が積み重なったコルに出てピッチを切る。
タワーのてっぺんから乗り出して下を見ると高度感がすごい。
落石注意。
e0064783_21544372.jpg
5ピッチ目
脆い凹角を登り左のチムニーに入る。
チョックストンをくぐり、大木のあるテラスに出て終了。
e0064783_21551482.jpg

その他の写真へ




[PR]

by s_space_s | 2017-06-22 22:06 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 18日

この夏のプロジェクト(錫杖岳注文左)

e0064783_14190452.jpg
イシハラさんの発案で注文の終了点から錫杖本峰側に見えるすっきりしたフェースに走るクラックを登りに行きました。
結果的に、わしらの手におえるものではなく、合理的と思われるラインを登りました。
後で確認してみると、ジャンボさんが2003年ごろの夏に登って、最近では冬期のミックスラインとして定着しつつある注文左のラインを登っていたのでした。
わしとしては久しぶりの奮闘的クライミングになりました。
あのバナナタワー(仮称)は錫杖のロストアローです。

錫杖沢出合でこんな残雪見たことない。
e0064783_14244662.jpg
北沢大滝をまず1ピッチ
e0064783_14250732.jpg
ジグザグチムニー
e0064783_14250766.jpg
バナナタワーてっぺんから見下ろすコーナーチムニー
上部に行くほど立ってくる
e0064783_14245749.jpg
気の抜けない最終ピッチ
e0064783_14245834.jpg
注文の終了点から見るバナナタワー
こうやって見るとなんか折れそう
さっきまであのてっぺんに居たと思うと・・・
e0064783_14324411.jpg
注文に周って懸垂下降
e0064783_14250786.jpg
いや~。充実した。by 宇宙のS




[PR]

by s_space_s | 2017-06-18 14:34 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 16日

国立登山研修所講師研修会

秋の中央研修会の講師をやらせていただくことになり、3日間の講師研修に参加しました。
今回は読図に特化した内容でしたが、講師の皆さんは登攀の世界では凄い方達ばかりで恐れ多い感じでした。
懐かしい顔にも会えたし、皆さん気の置けない方ばかりで楽しく研修できました。
自分自身のメタ認知(村越先生の受け売り)にとって非常に有意義な研修会でした。
さて、これをどうやって伝えたらいいのか。
これから模索してみようと思います。
e0064783_02125592.jpg

e0064783_02105219.jpg
e0064783_02102281.jpg






[PR]

by s_space_s | 2017-06-16 02:16 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 12日

蕪山の株杉とコシアブラ大木

岐阜大学御嶽会の山行で板取の蕪山に登りました。
この山は14年前に当時所属していた岐阜ケルン山岳会の「公開ハイク」という公募のイベントで登って以来です。
なんとなく単調でつまらない山というイメージができてしまっていたのが、今回かなり良い方に変わりました。

株杉がこんなに大きかったとは。
14年前は何を見ていたのでしょう。
e0064783_05150926.jpg
白山にはまだ雪が残っていました。
谷なら滑れそうに見えました。

e0064783_05151319.jpg
中腹でブナかと思うほど太いコシアブラの木がありました。
ブナ、コシアブラ、ホウ、タカノツメは樹皮が滑らかで地衣類も付いていたりするので、ぱっと見よく似ています。
葉っぱが全然違うので区別は簡単です。

これだけ高木になると芽が採れませんね。
写っているのは一緒に登った小1のくーちゃん。
(わしの孫ではありません。)
e0064783_05150346.jpg





[PR]

by s_space_s | 2017-06-12 17:26 | 巨木巡礼 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 10日

たのしい岩登り

本日は近所の岩場で半日遊んだ。
一緒に遊んでもらったのはマッチャンとビビビ氏
ひとの登っているのを見るのはとても参考になった。

フリークライミングをしているマッチャンのレア写真
やっぱ凄いわ。
それとも「俺壁」の効果?
e0064783_21460671.jpg
ビビビ氏はさすがジムで登りこんだ理にかなった足さばき。
e0064783_21460372.jpg
わしは少しでも岩に慣れるのが目的。
思うような登りができるようになるにはもう少しかかりそう。
e0064783_21460078.jpg
マッチャンとビビビ氏には不思議なご縁があるみたいで、クライミングの合間のお話も楽しかった。
ビビビ氏はテレマーク倶楽部にもお誘いしたかったけど、山スキーに転向してしまったとのこと。
滑り系には違いないので、そのうちお手合わせ願えると思う。
その前に沢もいいね。
e0064783_21461112.jpg
午後は網戸の張替え、雨具のアイロンがけ、洗濯ものハンガー直し、かみさんのハイキングシューズのソール貼り付けなど家の仕事ができてよかった。




[PR]

by s_space_s | 2017-06-10 22:22 | クライミング | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 07日

疑わしきは罰せず

東海地方も例年どおり梅雨に入りました。
我が家のまわりでもアマガエルが嬉しそうに鳴いてます。
本日の話題はそのアマガエルとメダカの関係について。

うちには2014年秋に近所の用水で取ってきたメダカがいます。
もう4代目になります。
たぶん60匹ぐらいはいると思います。

春になってアマガエルが水槽の中にいることが増えました。
アマガエルは水槽のガラスにぴたっとくっついていることが多い。
かみさんは絶対メダカをねらってると言うのですが。
わしは、単純に水のある環境を求めて寄ってくるのだろうと思ってました。

この話題に関しインターネットでも様々な意見が飛び交っています。
先日、メダカを食べたという情報を見つけました。
動くものならやっぱ食いつくんですね。

映画「ジュラシックパーク」で、じっとしてれば恐竜は襲ってこないというシーンがありました。
カエルもこれに近いようで、虫ぐらいの大きさで動くものであれば何にでも跳びつきます。
田んぼに散歩に行ったとき、たまにやる遊びに「カエル釣り」があります。
長い茎のある小さな花の首を揉んでくたくたにして、カエルの隠れている穴や、じっとしているカエルの前でひらひらする。
うまいこと動かすと跳びついてぱくっとくわえます。
あと、毛鉤釣りのとき、ヒキガエルの前で毛鉤をひらひらすると大変なことになるので注意。

というわけで、水面近くを泳いでいるメダカが食われた可能性はあるわけです。
けど、カエル好きのわしとしては、疑わしきは何とかの精神で、追い出す程度にしています。
気になりだすと、水槽にアマガエルの姿を探す自分がいたりして。逆に…
e0064783_10153146.jpg
昔こんな話もありました。




[PR]

by s_space_s | 2017-06-07 17:22 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 06日

納古山追加情報

納古山の頂上近くに大人がやっと通れる石門があります。
かってに「胎内くぐり」と命名。
e0064783_20193861.jpg
きっと、彩ちゃんは生まれ変わったことと思います。







[PR]

by s_space_s | 2017-06-06 20:26 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 05日

なんとか最終回(納古山)

土曜日はコウムラと久しぶり(5か月ぶり!)にクライミングをしたので。
三角筋が筋肉痛です。
半日だけでしたが、岩登りは面白いです。
夏の2つのプロジェクトに向けてそろそろ始動せねば。

翌日もさわやかな風の吹く晴天。
納古山へ撮影と登山道の調査に行きました。

これで予定の取材が終わりました。
これまで近場(美濃)の登山道はあまり歩いたことがなくて、沢の下山で使うぐらい。
色々調べて実際に歩いてみると結構、興味深いものが多いことが発見でした。
これからも継続して面白いところを探していきたいと思います。

記念すべき?最終回には彩ちゃんがつきあってくれました。
最初は便所の横から登る尾根コース。
植林の谷の中を行く中級コースよりも楽しいのでは。
e0064783_21552278.jpg
天空岩の登り

e0064783_21360954.jpg
途中のテラスから御嶽と恵那山が

e0064783_21360936.jpg
上の岩場のほうがクライミングっぽい?

e0064783_21360809.jpg
ノコリンの顔が変わっていた

e0064783_21360961.jpg
2年前のノコリン
e0064783_05555138.jpg

写真で撮ると小さな恵那山
e0064783_21363881.jpg
凍らせたゼリーがうまかった~!

e0064783_21360897.jpg
明治41年設置の村界石標に興味深々
これは江戸時代の街道跡である塩の道にあるもので、初級コースの尾根上にもまったく同じものがあります。
すぐ近くに2つある意味がわかりません。
e0064783_21363991.jpg
塩の道のコアジサイ・ロード
e0064783_21363891.jpg
微妙なにおいのするガクウツギ
e0064783_21543057.jpg
これまで取材にご一緒していただいた皆さん。
ありがとうございました。





[PR]

by s_space_s | 2017-06-05 12:52 | 山登り | Trackback | Comments(0)