2017年 01月 12日

ねじまき鳥クロニクル

昨年秋から読みだした、村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」を読み終えました。
3編に分かれていて、それぞれが厚めの文庫本なのでかなりの長編です。
面白いのでどんどん読んでしまい、そんなに長い感じはしませんでした。
ジョン・アーヴィングと同じで、ストーリーテラーです。

村上春樹って人物描写、特に女性を描くのが上手いですね。
笠原メイという17歳ぐらいの女の子が出てくるのですが、くっきりとしたイメージが湧いてくる。
わしが頭に描いた女優さんを言ってしまうと顰蹙を買うかもしれませんが、清水富美加がぴったり。
笠原メイが書いた何通かの手紙は17歳の少女のナイーブさが出ていて、手紙っていいなと思いました。
この手紙については最後、ちょっとしたビックリがあります。

戦争や暴力もこの小説の大きなテーマです。
それがいいとか悪いとかではなく、社会や人間のなかに厳然としてある暴力的な衝動を描いています。
あと、愛とか性とか不思議な体験とかは読んでて面白かったけど、それだけでした。
細かい分析や考証はできないのですが、ポール・オースターの描く不思議な世界と雰囲気が似ていると感じました。
そんでもって、わしはこういう何のためにもならない、ただその世界に浸れる話が好きなのです。

1994年から1995年にかけて発表された作品です。
そのころの時代の匂いがしました。

新潮文庫




[PR]

# by s_space_s | 2017-01-12 17:57 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 08日

またまた諏訪山団地の裏山へ

雪がないですね~。
NSネットのネイチャースキーが中止になっちゃったので、ホントは執筆活動をしないといけないのに、コウムラを誘って裏山へ遊びに行ってしまいました。

最初、とかげ岩の正面壁にラインを引きに行きました。
かぶったフェースからのラインは脆すぎたのとムカデが陽気に誘われて出てきていて断念。
少しブッシュ斜面を右上してピナクルのコルからのラインを登りました。
e0064783_10383377.jpg
やったー!
e0064783_21083863.jpg
とかげ岩正面壁 5.6 20m NP

これで自宅からも登ったラインが見えるようになりました。
e0064783_21085657.jpg
場所移動して次はヤグラ岩。
e0064783_21081175.jpg
コウムラには「昼下がりの団地妻」をリードしてもらいました。
こういうルートは見ているほうが緊張します。

次にトカゲ岩から見て面白そうなラインだと思ったヤグラ岩の左カンテラインを登ってみました。
e0064783_21085750.jpg
ピナクルに見えている小ハングはダイレクトに越えると面白い。
ヤグラ岩左方カンテ 5.7 NP 20m
すっきりした良いラインです。
手前味噌ですが、脱ゲレンデクライマーが自分のラインを引くための練習として面白い岩場だと思います。
ムーブの一手一手からカムの設置まですべて岩を確認しないと登れません。
e0064783_10381729.jpg
あとはもっと上にあるツイン・フェースに触ってみたい。




[PR]

# by s_space_s | 2017-01-08 21:30 | クライミング | Trackback | Comments(3)
2017年 01月 01日

明けましておめでとうございます

年末は乗鞍の位ヶ原山荘に連泊してスキーを楽しみました。
本年もよろしくお願いいたします。

平成29年 元旦
e0064783_23375012.jpg
e0064783_23501484.jpg
e0064783_23375080.jpg
e0064783_23374937.jpg
e0064783_23375058.jpg
e0064783_09411691.jpg
e0064783_23375018.jpg
e0064783_23431672.jpg
e0064783_23431621.jpg
e0064783_23505332.jpg
e0064783_23374981.jpg
e0064783_23503726.jpg
e0064783_23503757.jpg
e0064783_23503701.jpg
同宿したリズムワークスのあさひさんやご一緒されていた魔性の女性とのお話も楽しかった山小屋生活でした。
むつじさん、ありがとうございました。またお邪魔します。





[PR]

# by s_space_s | 2017-01-01 23:59 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 01日

裏山で開拓ごっこ

各務原権現から「猪の道」を少し下ったところの谷の右岸、左岸に両門のようになった岩場があります。
特に左岸にある岩は自宅からもよく見え、子供たちも「トカゲ岩」とか名前を付けていました。
今年の春にコウムラとこのあたりで遊んでもっと下の右岸側にある岩に登ってみました。
両門の岩には時間がなくて触れなかったので、テレマーク倶楽部のビーコン練習会の後に、コザエモンさんとイシハラさんを誘って行ってみました。

ビーコンもたまには練習しないとね。
e0064783_22150856.jpg
まずは谷の右岸のヤグラ岩(仮)。
5mほどの滝壺のある滝のところからすぐ左斜面を登っていきました。
ヤグラ岩にはちょっと手前過ぎでした。
e0064783_22152283.jpg
団地妻の昼下がり 5.7 NP 20m
e0064783_22152429.jpg
結構、傾斜があり、面白いラインです。
e0064783_22152467.jpg
年の瀬ルート 5.5 NP 18m
e0064783_22152301.jpg
上部は体のすっぽり入るチムニーです。
岩のてっぺんから見る諏訪山団地
e0064783_22152484.jpg
次は対岸のトカゲ岩を見に行きました。
この岩は団地から見るより複雑な構成でラインが見えにくい。
まず谷側のランぺから取付いてみました。
e0064783_22152331.jpg
イシハラさんはしょぼいブッシュでランナウトしながら結構悪いリッジを登っていきました。
魚の背びれみたいなリッジです。
e0064783_22152235.jpg
フォローするわし
e0064783_22152251.jpg
トカゲ岩テールリッジ 5.6 25m
次回は団地側の傾斜の強いフェースを登ってみたい。

トカゲ岩から見るヤグラ岩
e0064783_22150465.jpg
簡単な岩でも自分のラインを引くというのは面白い遊びです。
誰かまた付き合ってください。




[PR]

# by s_space_s | 2017-01-01 22:46 | クライミング | Trackback | Comments(2)
2016年 12月 24日

金華山で岩登り

今日は午前中、登山教室で金華山へ。
意外と暖かく岩戸公園でのんびりできました。
こうむらにも手伝ってもらったので、終わってから一緒にこうむらの設定したラインで遊びました。

e0064783_22412926.jpg
岩戸公園の人工滝のある左手の垂壁です。
ちょっと脆いけど面白いよ。
岩戸公園左フェース、カンテ右クラックルート(こうむら命名)
クラックに入る所が核心。
カンテダイレクトルートちゅうのもあります。
クラックの左側の膨らんだところを登ります。

こうむらが帰った後、一人で登攀具を担いで東坂~頂上~めいそう~馬ノ背~頂上~東坂と歩きました。
この体力ではとても大きな山には行けないなと思いました。




[PR]

# by s_space_s | 2016-12-24 22:57 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 23日

新版アイスクライミング

廣川健太郎さん編集の新版「アイスクライミング」が送られてきました。
わしは錫杖岳正面ルンゼ、グラスホッパーなど4本のルートを紹介しました。
e0064783_20571698.jpg
廣川さんからサインもいただきました。
廣川さんとは春日井山岳会で入れ違いだったこともありお話したことはありました。
これだけの本を自力編集されるのには脱帽です。
e0064783_20571229.jpg
他の皆さんの書かれたルートを見ると、わしらのルートは取るに足らないものという気もしてきます。
でも、記録をできるだけ残すのは意味のあることだと思いなおし、このような機会をいただけたことを感謝したいと思います。



[PR]

# by s_space_s | 2016-12-23 21:10 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 23日

蒲郡の旅

家族旅行で蒲郡温泉に行ってきました。

竹島橋
風が強かった
なぜか走って来るかみさん

e0064783_20161931.jpg
八百富神社
e0064783_20162456.jpg
竹島水族館は楽しめました。
e0064783_20162946.jpg
サメやタカアシガニに触れる水槽
オオグソクムシにも触れます(触りたくないけど。)
e0064783_20164186.jpg
アシカ(オタリア)のラブちゃんのショーを見ました。
満席でした。

e0064783_20164633.jpg
そんなことないと思います。
e0064783_20165085.jpg
アンモナイトはイカ・タコの仲間
地元の漁師さんが持ち込む珍しい魚がごちゃまぜに展示されていて、どれだけでも観ていられます。
e0064783_20170305.jpg
丘の上の宿から眺める三河湾
e0064783_20171210.jpg
日が暮れるのが早い

e0064783_20171770.jpg
日本酒が美味い
メヒカリの唐揚げも美味かった。

e0064783_20172559.jpg
暗いうちに起きて、かみさんと散歩に行きました。
日の出が見えました。
手前はラグーナ蒲郡
e0064783_20210441.jpg
30mの弘法太子像
e0064783_20210495.jpg
海鮮市場でメヒカリの唐揚げとアナゴの干物などを買ったあと、隣の青果市場でミカンとシクラメンを買いました。
e0064783_20210575.jpg
最後、地図に載っていた清田の大クスを見に行きました。
これは一見の価値がある巨木です。
幹回り14m以上、樹齢1000年以上だそうです。
e0064783_20210312.jpg
明治初期まで、このあたりはクスの樹海だったそうです。

案内板(クリックしてね)
e0064783_20505909.jpg







[PR]

# by s_space_s | 2016-12-23 20:53 | 巨木巡礼 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 15日

テレマーク練習会とビーコン練習会やります。

TAJの公認指導員てれカズさん講師でテレマーク練習会を開催します。
今のところ倶楽部のメンバー7名が参加予定です。
期日は1月15日(日)です。
場所・集合時間など詳細はおって。

これも倶楽部の有志の練習会ですが、今年もシーズン前のビーコン練習会をやります。
期日は12月25日(日)の午前中です。
諏訪山グランド西側駐車場に9時集合です。




[PR]

# by s_space_s | 2016-12-15 12:53 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 11日

高木山の岩場へ行ってきました。

いしはらさんとこうむらを誘って、高木山へ行ってきました。
触ったのとがないルートも何本か登れて、楽しいクライミングでした。

この岩場の開拓をしてみえるやまなかさんにもお会いしました。
南稜4ピッチルートの奥に新しい50mほどのルートができそうです。
南向きで風が当たらないので、冬に遊ぶにはいいところです。

「ディエードルがお好き」を登るわし
むっちゃ気持ちのいいルートです。

e0064783_22375567.jpg
薄かぶりのお薦めルート「赤壁もどき」
こうむら奮闘中。

e0064783_22380180.jpg
猫みたいに静かに簡単そうに登るいしはらさん。
何が違うのか?

e0064783_22380268.jpg
「ルート・イレブン」をリードするわし。
イレブンって?

e0064783_22375450.jpg
TR課題ダーリンフェース2,3で遊びました。
右の3ほうが定光寺っぽい。
e0064783_22375425.jpg
こうむらが用事で帰った後、「一人旅」を登って、「年寄のあがき」をトップロープで触ってみました。
すごいルーフハングのラインで、プロテクションがハーケンなので無理しませんでした。
いしはらさんは当然問題なく完登。
わしも最後ぎりぎりでしたが初見でいけました。
リードはどうかな?

また来よう。





[PR]

# by s_space_s | 2016-12-11 23:03 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 09日

これ何に見える?

先日、飯盛山に登ったとき、変な模様のある岩を見つけました。
これ、何に見えますか。

e0064783_22054501.jpg
ベルトの付いたズボン、ワニの頭、のこぎり・・・

e0064783_22055001.jpg
K先生に写真をお送りして尋ねてみたら、化石の専門家の先生に問い合わせてくださいました。
これは、ウミユリの化石なのだそうです。
真ん中のギザギザの先っちょのほうは触手の斜めの断面らしいです。
ウミユリは植物ではなくイソギンチャクみたいな太古の動物です。
珍しいものではないそうですが、形が絶妙ですよね。




[PR]

# by s_space_s | 2016-12-09 22:20 | 自然 | Trackback | Comments(0)