blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アイスクライミング ( 18 ) タグの人気記事


2017年 01月 18日

(新アイス本没原稿)錫杖岳中央稜P2右岩壁左ルート~本峰東尾根

没になった原稿ですが、もったいないのでここに載せときます。

錫杖岳中央稜P2右岩壁左ルート~本峰東尾根
氷雪壁と雪稜が織りなす美しいクラシックライン
4級 Ⅳ 1泊2日
ガイド
P2右岩壁の氷のルンゼから取付き、上部の雪壁、雪稜をじっくり楽しむ比較的長いルートである。P2右岩壁の核心はチムニーに張り付いたベルグラを際どいダブルアックス2ピッチで抜ける。上部の雪壁は頼りないブッシュにランニングを取りながらじわじわ高度を稼ぐ。
錫杖岳の頂上へ抜けるラインとして北沢大滝~本峰正面ルンゼは最短で合理的なラインとすれば、本ルートは最も美しいラインと言えるであろう。
アプローチ 
槍見温泉からほぼクリヤ谷登山道沿いにラッセル。雪に埋まり雪原となった出合いから錫杖沢を詰める。大滝手前で中央稜側に入るルンゼが取付き。
クライミングノート
(1日目)
P2右岩壁のチムニーは青氷、ベルグラ、トンネル状雪壁などコンディションの変化が激しい。
1ピッチ目
ダブルアックス45mでボルトテラスへ。一部悪い部分あり。
e0064783_11033187.jpg
2ピッチ目
チムニー手前のベルグラのミックスを抜けると後は良く氷り、快適なダブルアックスとなる。 非常に楽しめるピッチ。
e0064783_11033119.jpg
3ピッチ目
溝状の氷雪壁
4ピッチ目
雪壁からP2直下の岩場を登り、上部垂壁は右の悪い雪壁から抜ける。
5ピッチ目
雪壁からキノコ雪のP2の頭へ。確保支点なし。スノーアンカーがあると安心。
6ピッチ目
P1のコルへは雪庇をスコップでルート工作し下降。
7ピッチ目
P1を左から巻き、ルンゼ状雪壁から尾根に出る。
8から11ピッチ目
易しい雪稜にロープを伸ばす。
e0064783_11033163.jpg
グラスリンネ右下に快適なテラスのビバークポイントあり。

(2日目)
グラスリンネは完全な雪壁2ピッチで東尾根上に出る。
e0064783_11033164.jpg
3ピッチ目
小岩峰は左の雪壁をトラバースする。
4ピッチ目
ルンゼ状雪壁からナイフリッジへ。
5ピッチ目
ナイフリッジが非常に不安定のため、左のミックス壁をトラバースし 垂直雪とブッシュ登りで尾根上に出る。
6ピッチ目
本峰のピークを右の易しい斜面から巻き主稜線に出る。
下降ルート
北尾根経由でクリヤ谷下降。
適 期 2月上旬~3月下旬
参考タイム 槍見温泉(3時間)取付き(5時間)P2(3時間)中央稜上端テラス(ビバークポイント)(6時間)頂上(1時間)錫杖沢出合(1時間)槍見温泉
装 備 アイスハーケン5~6本、ロックハーケン各種6枚、カム少々、スコップ
地 図 「笠ヶ岳」
記 録 2003年3月22日、23日、石際淳、加藤毅(岐阜ケルン山岳会)再登


e0064783_11033101.jpg



[PR]

by s_space_s | 2017-01-18 12:47 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 23日

新版アイスクライミング

廣川健太郎さん編集の新版「アイスクライミング」が送られてきました。
わしは錫杖岳正面ルンゼ、グラスホッパーなど4本のルートを紹介しました。
e0064783_20571698.jpg
廣川さんからサインもいただきました。
廣川さんとは春日井山岳会で入れ違いだったこともありお話したことはありました。
これだけの本を自力編集されるのには脱帽です。
e0064783_20571229.jpg
他の皆さんの書かれたルートを見ると、わしらのルートは取るに足らないものという気もしてきます。
でも、記録をできるだけ残すのは意味のあることだと思いなおし、このような機会をいただけたことを感謝したいと思います。



[PR]

by s_space_s | 2016-12-23 21:10 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 18日

荘川アイスフェース

この土曜日、荘川のODファームの氷が出来てきたので、登れるかチェックしに行きました。
ただ登ってみるだけかと思っていたら、CBCの夕方5時に放送される「イッポウ」という報道番組の取材が入りました。
わしはピンマイクまで着けて、小川アナがアイスクライミング体験するお手伝をすることに。
見本で登ってくれと言われ、今シーズン1本目を撮影されてしまいました。

明日19日に放送予定です。
小川アナの爽やかさが素敵でした。
e0064783_21520546.jpg




[PR]

by s_space_s | 2015-01-18 21:57 | クライミング | Trackback | Comments(1)
2014年 04月 21日

奥美濃・夜叉壁中央ルンゼ(仮称)初登(宮城さんの記録)

岳人4月号のクロニクル欄に宮城さんの書かれた夜叉壁の記録が掲載されました。
当然ながら編集部の手が入って面白さが半減しているので、ここにオリジナル版をこそっと掲載させていただきます。
写真はこちら
ところで、岳人って8月号で東京新聞発行が終了するそうですね。
モンベル発行になるとスタッフとか編集方針とか変わるのでしょうか?

【山域】奥美濃
【場所】夜叉壁
【日時】2014年1月18日(土)
【コース】広野ダム~夜叉ヶ池~夜叉壁登攀~夜叉ヶ池~広野ダム
【メンバー】宮城公博 30(right&fast)、石原和宏 42(right&fast、岐阜テレマーク倶楽部)、
      石際淳 53(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】曇りのち雪
【タイム】広野ダム7:10 夜叉ヶ池登山口8:00 夜叉ヶ池11:00 夜叉壁へ出発11:45 夜叉壁登攀終了15:00
     登山口16:40 広野ダム17:50 
 

「奥美濃・夜叉壁中央ルンゼ(仮称)初登」
テレマークスキーとウィンタークライミングの融合

 

週末、予定があいてしまい、誰かパートナーはと探していたら、アイスクライミングのゲレンデに行かれるという石際・石原さん達に混ぜて頂ける事になった。「アイスクライミング?いいですね、僕もお邪魔していいですか?ところで、奥美濃に夜叉壁ってのもあるんですが・・・」と半ば強引に切り出してみた。
 

夜叉壁?どこだそこ?と、思われる方が多いかと思う。夜叉壁は奥美濃・三国岳と三周ヶ岳の稜線直下、 標高1000m付近に存在する岩壁帯だ。隣には夜叉ヶ池と呼ばれる、稜線上にありながら周囲230mの規模で存在する不思議な池がある。神秘的で非常に美しい場所で、夏はトレッカーに大人気となっているそうだ。夜叉ヶ池にはヤシャゲンゴロウという、この池にしか生息しない固有種がおり、レッドリストの絶滅危惧種で、夏期はボランティアの方々をはじめ、多くの人が環境保護に尽力しているそうである。
 

そんな夜叉ヶ池の側にある夜叉壁はスケールこそ大きくないものの、春~秋は極一部のマニアックなクライマーに極まれに登られているらしい。ネットでの記録の少なさから、登攀数はおそらく両手で数えられる程ではないかと思う。少なくとも積雪期の記録は未見である。実はこの課題、私がクライミングを始めて間もない9年以上も昔から温め続けきたのだ。あまりに長期に渡り、温め過ぎて、私自身、ここ数年は忘れてしまっていた程だ。
 

この壁の魅力を語り始めれば、きりがない。岩壁がそのまま稜線に突き上げるロケーションの美しさ、丸い樹林の山が連なる奥美濃という山域の中に有りながら、何故かここにだけ岩壁があるというアンバランスさ、名前の格好よさ、何より好きな漫画の舞台ともなっている事。僕にとって今すぐに行かない理由が無いような壁なのだ。
 

しかし、問題はずっとパートナーだった。長いアプローチに加え、冬にあの壁がどうなっているかは全くの未知数、行ってみて、全く登攀意欲を注がれない泥の斜面だったり、思いの他、傾斜がゆるくてほとんど雪で埋まっている可能性も有りうる。そのような事情から、大きな壁で高難度ミックスクライミングを志しているような、いきりたったクライマー達を、遠方からここ奥美濃に呼びつけるのはちょっと気が引けた。そう、この課題に取り組むには樹林の丸い低山の聖地、奥美濃への愛がないとダメなのだ。


つまり、奥美濃を主戦場とする石原・石際ペアがパートナーと決まった以上、もう夜叉壁しかありえなかった。
 

冒頭に書いた通り、もともとゲレンデアイスの予定だったお二人を、直前にかなり強引な誘い方をしたが、そこは奥美濃を愛するお二人、私の目論見通りすぐに快諾してくれた。流石の振る舞いである。
 

夜叉壁のネックはおそらく登攀そのものよりも、長いアプローチだと考えていた。日帰りの予定だったので、ワカンでは時間的に苦しい距離だが、3人交代のラッセルでなんとかこなすつもりでいた。しかし、テレマークスキーを愛用する二人の提案でテレマークでアプローチする事になった。ちなみに私はテレマークどころか、スキー自体、ゲレンデで数度の経験しかない。
 

当日未明、石際邸で車を乗り合わせ、朝方、広野ダムにつく。思ったより雪はしまっており、アプローチの林道をスキーで快適にとばす。ただの林道歩きでも、小さな葉っぱや、動物の糞、足跡、本当に小さな小さな山の生き物たちの息遣いまで見ている二人のいい山屋っぷりが目立つ。

林道が終わり、夜叉ヶ池の南尾根に取り付いてからは、スキー素人の私はもたもたしてしまっていたが、雪も少なく予定よりずいぶん早く、雪で埋まった夜叉ヶ池に到着することができた。実は時間的に偵察だけになる可能性も視野にいれていたので、これは嬉しい。壁のスケールを考えると、弱点を登れば登攀は2~3時間で済むとの目論見で、登攀を結構する事に決めた。スキーと不要な荷物を夜叉ヶ池にデポし、夏場登山道となっているであろうルンゼを150m程くだり、夜叉壁を見上げた。
 

「カッコいい。」
 

正直、想像の5倍は見栄えがした。小雪がチラつき、壁を白く化粧してくれているのもプラス要因だ。夏の写真では壁の全容はよくわからなかったが、大きな一枚の岩壁というよりは、急峻なリッジがいくつか並んでいるいう感じだ。どこを登ろうか迷ったが、回り込んでみていると、なんと、中央に見栄えのする氷瀑が現れるではないか。
 

1月とはいえ、基本的に温かい山域である奥美濃、それも標高1000mという低さにある壁で、まさか氷瀑が発達しているとは思わなかった。「これは冬ならではのライン、登らざるを得ませんね!」と、アイススクリューを持ち合わせていないにも関わらず、二人を強引に氷のラインへとお誘いした。ちなみに石際さんはアイスアックスを持ってきておらず、ピッケルとサブバイルという氷登りでは大変なスタイルだ。割と無茶な提案にも関わらず、二人とも笑顔で「任せますよ。」とまた快諾してくれた。
 

「まるで鹿島槍の氷のリボンみたいだ。チリ雪崩もでてきて演出にも余念がない。」
 

とは石際さんの言葉。氷瀑下の岩までラッセルし、ビレイ点をつくる。この手の岩場ではよくある事なのだが、ボロい上に、摂理がなくて支点作りに苦労する。私の夜叉壁への情熱を察し、全てリードさせてもらえることになった。持ってきたのが44mロープなので、ルートの長さを考えると氷瀑を抜けたところででビレイ点が作れない可能性がある。その場合、最悪コンテになると告げておいた。
 

まずは氷瀑までの雪壁をラッセル。雪もそこそこ降っていて寒いかと思って上着を着ていたのだが、すぐに汗まみれになる。暑すぎる。こんな気温でよく凍るものだと思っていたのだが、氷瀑に付けば、想像通りすぐ下を水が流れるカキ氷状のスカスカ氷だ。うむ、このスカスカ氷ならスクリューなど持ってきてたとしても使う余地がないので持ってこなくて正解だ。氷爆基部横の岩で支点をとると、あとは氷瀑を抜け口までランナウトで対応した。氷を抜けると雪壁になるが、案の定、ビレイ点が作れず、すぐにロープがいっぱいに伸びてしまいコンテになる。雪壁の途中に苦し紛れにアイスアックスを埋めて支点をつくり、その後は上部リッジ下までロープを伸ばし、カムでセルフをとって肩絡みでビレイ。フォローの二人を迎えた。
 

2p目は傾斜の強いリッジだ。小指ぐらいの藪がちょこちょこ生えており、それを掴んで登ることもできたが、せっかくなので奥美濃に似つかわしくないドライツーリングでガシガシ登っていく。なかなか楽しい!最後は気持ちのいい雪稜に飛び出した。周囲の景観はまるで北アルプスのようだ。フォローの二人を迎えると、二人とも笑顔だ。奥美濃でこんなクライミングができるなんて思っていなかっただけに、最高に嬉しい。
 

しかし、核心は登攀の後にまっていた。柔らかい登山靴でテレマークという変則スタイルなので、うまく滑れない。素人の私は当然として、ベテランスキーヤーの二人も苦労している。私はそうそうに諦めてワカンを履いて下り出し、スキーの調子の悪い石原さんも最後はツボ足で歩いておりる事となった。お楽しみのテレマークスキーとはいかず、苦労の下山となってしまった。ただ、林道はやっぱり早く、スキーの機動力を今更ながらに知らされた。
 

帰り際、「宮城くん、ほんとは山スキー楽しいから。靴さえ違えば楽しいから。」と繰り返す石原さんが印象的であった。
 

テレマークスキーとウィンタークライミングを組み合わせることで、また遊びの可能性が無限に広がった。

 

 

 


[PR]

by s_space_s | 2014-04-21 12:03 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 12日

荘川アイスフェース

荘川のOD-FARMにできたアイスフェースで遊んできました。
あまり大きく見えませんが、高さは8mぐらいだそうです。
横から見たのが下の写真。
e0064783_04494740.jpg
裏から見るとこんな感じ。
足場の中の階段を上ってトップロープをセットしに行くのですが、足場の中も氷の洞窟のようになっていてアイゼンがないと登れません。
e0064783_04500062.jpg
一緒に行った友人Kはアイスクライミングが始めてでした。
筋がいいようで上手く登っていました。
e0064783_04500965.jpg
始めはリーシュレスでやってましたが、すぐに腕がパンパンになって登れなくなってしまいました。
こういうツララ状の氷をダイナミックに登るにはフリークライミングをやってないといかんなあと痛感しました。
e0064783_04501730.jpg
11日(祝)はわしらの他、岐阜ケルンのKガイドら4人組、古川の2人組と盛況でした。
皆さんの登りを見せていただき勉強になりました。

昼過ぎまで遊んで、近くの蕎麦正でそばを食べて帰りました。
お手軽過ぎる感じもしますが、結構楽しかったです。















[PR]

by s_space_s | 2014-02-12 12:10 | クライミング | Trackback | Comments(5)
2014年 01月 18日

夜叉壁中央ルンゼ(仮)~テレマークスキーとウィンタークライミングの融合~

【山域】奥美濃
【場所】夜叉壁
【日時】2014年1月18日(土)
【コース】広野ダム~夜叉ヶ池~夜叉壁登攀~夜叉ヶ池~広野ダム
【メンバー】Mさん(R&F、セクシー登山部)、いしはらさん(R&F、岐阜テレマーク倶楽部)、
      わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】曇りのち雪
【タイム】広野ダム7:10 夜叉ヶ池池登山口8:00 夜叉ヶ池11:00 夜叉壁へ出発11:45 夜叉壁登攀終了15:00
     登山口16:40 広野ダム17:50
【アプローチルート図】クリックしてね
e0064783_10595430.jpg



3人とも登山靴にテレマークスキーという変則スタイルで出発。
e0064783_23524278.jpg
登山口の大カツラ
e0064783_23323024.jpg
登山道のある谷の南尾根から登る。
靴がぐにゃぐにゃなので足場が作れず急斜面は登るのが難しい。
少しブッシュがうるさい所もあるが雰囲気のいいスキー向きの尾根であった。
夜叉ヶ池は完全に雪の下。
e0064783_23321830.jpg
登攀具を着け、空身で夜叉壁基部へ。
天気は下り坂だが、まだ穏やか。
昇龍の滝は雪の下。
e0064783_23530317.jpg
尾根を回り込むと、見栄えのする氷瀑が現れる。
スクリューを持ってきていないので迷ったが、Mさんは岩でプロテクション取りながら行けるというので取り付くことにする。
e0064783_23531572.jpg
鹿島の北壁みたい。
時折、塵雪崩も落ちてきて演出にも手抜きがない。
e0064783_23532363.jpg
岩は綺麗なクラックの少ないチャートなので、ボンバーなアンカーが作れない。
今日のクライミングはMさんにお任せムード。
氷瀑の基部の岩に2か所プロテクションを取っただけで、アイス部分はランナウトで上部の雪壁に上がっていった。
e0064783_23325323.jpg
落ち口にはアンカーが作れないことは想定していたので45mロープが伸びきったらコンテで後続する。
e0064783_23534145.jpg
Mさんといしはらさんはアイス専用アックスを真面目に持ってきていたが、わしは山スキー用のおもちゃみたいなピッケルと古いカドタのバイル。
コンテなので絶対落ちれない。慎重に登った。
雪壁を登りビレー点につくと、カム一個でセルフをとったMさんが肩がらみで確保中であった。
 
e0064783_23330618.jpg
次のピッチは細いブッシュの生えた傾斜の強いミックス壁。
Mさんはドライツーリングしながらガシガシ登って行った。
わしはクラシックなクライミングしかできないため、頼りないブッシュを祈るような気持ちで握りしめながらところどころ小さくハングしたような壁を登った。
e0064783_23542819.jpg
ルート図 
e0064783_13343554.jpg
ミックスのピッチを抜けると気分のいい雪稜に飛び出した。
e0064783_23543928.jpg
さすがのMさん。
e0064783_23544780.jpg
池から、往路の尾根を下山する。
登山靴でもある程度滑れると思っていたが、足首の柔らかいクライミング用のブーツではとても急斜面でターンできず、我慢我慢のスキーになった。
e0064783_23545731.jpg
登山口まで明るいうちに降りてこれてほっとする。
e0064783_23551394.jpg
林道にアップダウンがあるためシール滑降となり、あまり時間短縮にならなかった。
e0064783_23552112.jpg
ああ、充実の夜叉ヶ池であった。

おしまい

Mさんの記録




[PR]

by s_space_s | 2014-01-18 23:59 | クライミング | Trackback | Comments(2)
2013年 12月 05日

旧クォーク改造

南極以来、押し入れで眠っていたアイスアックス、旧クォークを改造してみました。
すでにアックスはリーシュレスの時代です。
リーシュレスはプロテクションのセットやシェイキングなどにメリットが多いですが、シャフトエンドがスッポンポンでは握力を消耗するのでグリップレストをつけることにしました。
新クォークを見たら、トリグレストという何だか便利そうなフックが付いていたので、ついでにこれも付けてみようと思いました。

写真は新クォークです。
e0064783_15254806.jpg
楽山荘で聞いてみると旧クォーク用のグリップレストは既に製造中止で在庫もないとのこと。
トリグレストは旧クォークにも付くとカタログに書いてあったので、こちらだけ注文しました。
その後ネットをチェックしていると新クォーク用のグリップレストも加工すれば付くという情報を得たので、こちらも注文。

先日の土曜日、物が入ったので早速作業にかかりました。
まずグリップレストをはめてみようとすると、がーん!
プレート状の石突きが厚すぎてスリットに入りません、新クォークはかなり軽量化されていると聞きましたが、こんなところも薄くしているのでした。
プレートを薄く削るかパーツのスリットを削って広げるか悩みましたが、プラスチックを削るほうが楽かなということで、薄いヤスリで削って広げました。
ぴったり合うまではめたり削ったりするのは、なかなか大変な作業です。
何回も繰り返し、気分はもう歯医者さん。

やっとセットできると、旧クォーク用のグリップレストよりスマートだしカラビナホールもできて、いい感じです。
次はトリグレスト。
こっちは規格が合っているはずなので楽勝だろうと取り付けてみると、がーん!
シャフトが太すぎて全然はまりません。
新クォークは見た目のデザインはあまり変わっていませんが、シャフトも細くして徹底的な軽量化を図っていることにやっと気が付きました。

参考データ:新 550 g (本体 + ピック + ハンマー + トリグレスト + グリップレスト)
      旧 650g?( 同上 )(まだ恐ろしくて測っていません。)

結局、トリガーは使えず、固定式のグリップレストとして使用することになりました。

後でカタログをよく読んでみると…
「下部のパーツを外して、位置を固定して使用することもできます。(『エルゴ』、新旧『ノミック』、旧『クォーク』、『アズター』)」
と、ちゃんと書いてありました。

軒先にひっかけて懸垂などしてみると、やっぱ違います。
新クォークを購入するまでのモチもないので、当分これで遊ぼうと思います。



[PR]

by s_space_s | 2013-12-05 17:18 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2008年 11月 25日

Go climb an iceberg!

e0064783_13322774.jpg

[PR]

by s_space_s | 2008-11-25 13:32 | クライミング
2008年 03月 25日

アイスごっこ

管理棟裏の氷化した雪壁に水をかけて、2mちょっとのアイスボルダーを作りました。
仕事が終わってからちょっと遊ぶにはお手頃です。
e0064783_23421059.jpg

e0064783_23425043.jpg

トラバったり、シットダウンでスタートしたりして遊んでます。
e0064783_2344241.jpg

初めての隊員もTRでやってます。
e0064783_23444393.jpg

何故かカマキリのポーズ
e0064783_23451692.jpg

[PR]

by s_space_s | 2008-03-25 23:45 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 15日

岳人クロニクルの写真コメント訂正

本日発売の岳人720号クロニクル欄137ページに下の写真が掲載されましたが、コメントが間違っています。
この写真のコメントには「グラスホッパー左上部」とありますが、「右ルンゼの氷柱」が正解です。
岳人編集部には連絡済みです。

関連情報

e0064783_12461931.jpg

[PR]

by s_space_s | 2007-05-15 12:48 | 山登り | Trackback | Comments(2)