タグ:ガイド試験 ( 5 ) タグの人気記事


2012年 10月 01日

登山ガイド義務講習(安全管理技術基礎)

日本山岳ガイド協会が主催する登山ガイドの義務講習(安全管理技術)に参加しました。

登山ガイドの職能範囲で想定される事故対応や事故回避の技術について2日間で講習を受けました。
この講習は秋,冬2回実施されていて,いずれも丹沢の南登山口,寄(やどりき)周辺で行われています。

参加者は登山ガイドステージⅠ・Ⅱの筆記試験合格者30名ほど。
4班に分かれて講習を受けましたが,我が班を見る限り,受講生の技術レベルのバラツキが大きく,中にはほとんど素人と言えるような方もいました。
当然,認定講習や実技検定までに技術を高めて挑まれるのだと思いますが,ある程度,クライミングを経験するか仕事としてガイド業務に従事していないと,使いものになる技術を身につけるのは難しいと思いました。

来年度からは,「雪の安全管理技術」(雪崩リスク管理)を含め義務講習ではなく検定になる予定だそうです。

自分としては,ショートロープ歩行技術をみっちりやっていただき実際にも使える技術であると感じました。
搬送関係については,まだまだ実地経験不足であると自覚しました。

写真はストックと雨具を利用した担架です。
このまま人が載ったらストックは折れるでしょう。
長さも足りない。
貴方ならどうしますか?
e0064783_20542752.jpg

春~秋は立山,冬はニセコでスノーボーダーの写真を撮っているOさん、若くてやる気があって良いガイドになりそうなO2さんなど、良い雰囲気で講習を受けさせていただきました。
竹川先生ありがとうございました。
皆さん,どこかでお会いしたらよろしく!
e0064783_20554681.jpg

わしの場合は,この義務講習が昨年度の積み残しだったので,修了の通知が来ればこれで試験・講習はすべて終わりです。
あとは認定講習の推薦審査とガイド協会への会員登録です。
これからも自己研鑽に励み,講師の先生方が言われたような,格好良く信頼される登山ガイド・オフピステスキーガイドを目指します。


台風の予報が出ていたため,1日目の夜まで講習があり,2日目の昼に解散となりました。
寄のバス停へ行ってみるとバスは出たばかり。
1時間ばかり近くの酒屋で缶ビールを買ってきて,川を眺めながらのんびりしました。
e0064783_2056484.jpg
e0064783_20561832.jpg
e0064783_20562579.jpg

豊橋のあたりで強風のため新幹線が一時ストップしましたが15分程度の遅れで名古屋に着きました。
岐阜への快速が遅延で,普通に乗って岐阜に着く頃には暴風圏に入りそうなところでした。
かみさんに迎えにきてもらい無事帰還。
[PR]

by s_space_s | 2012-10-01 17:54 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 06日

登山ガイドⅡ受験者義務講習(雪崩対策技術基礎)

3月2日から4日まで栂池で実施された雪崩対策技術の講習会に行ってきました。

20人の受講者があり、雪崩対策の基本的な技術と実際のガイドの場面での状況判断などについて講習を受けました。
労山の雪崩講習会に出てからかなりの年数経っているので、基本的な事項の再確認とJANに準拠した積雪観察記録の方法など、いろいろ勉強になる講習でした。
参加者が持ち寄ったいろんなビーコンに触れたのもよかったです。

最終日は、2人のお客さんをガイド中に他パーティーから救助要請を受けた場合、どのように対処するかというシチュエーション・トレーニングを行いました。
漫才を観ているより面白い寸劇を披露してくれる方もあり、人の振り見て我が振り直せではありませんが、現場のイメージを膨らますうえで大変有意義なトレーニングでした。

参考になった話としては
・統計的にはビーコンを装着していても10%(25→35)ほど生存率が上がるだけ。
 (当然、個々のケースではスキルが高いほど生存率は上がる)
・樹林帯で流された雪崩では8割以上が樹木などに激突して重傷を負っている。
・スラブの形成を常に意識すること。
・低体温症に陥った埋没者のケア
・プロービングによる積雪内情報収集
などなど。
あと、恥ずかしながら「フットペン」という言葉を初めて知りました。

同室になった尾瀬と裏磐梯のガイドさんたちともお話しできて、この業界も厳しいものがあるなあと思いました。
今回はODSSのたっつぁん、もっさんの車に同乗させていただき、大変お世話になりました。
皆さん、ありがとうございました。

1日目
フルピットの積雪観察
e0064783_20501665.jpg

ビーコン捜索訓練
講師が意地悪して木に発信ビーコンをぶら下げました。
期待どおり笑わせていただきました。
e0064783_20502875.jpg

2日目
栂池自然園に上がりました。
e0064783_7594556.jpg
e0064783_801830.jpg

3班の講師は三浦理事
e0064783_802827.jpg

ルッチブロック・テストを行いました。
断面観察だけでは見つけられなかった滑り面がはっきり表れぞっとしました。
e0064783_803911.jpg

こんなワカン使っているのはわしだけでした。
e0064783_804994.jpg

3日目
雪崩事故のシチュエーション・トレーニング
e0064783_81725.jpg

この写真でおかしいのはどこ?
e0064783_811569.jpg

[PR]

by s_space_s | 2012-03-06 12:48 | 山登り | Trackback | Comments(3)
2012年 02月 10日

オフピステ・ガイド検定

先日、乗鞍岳で行われた日本山岳ガイド協会のオフピステ・ガイド検定(中部山岳ガイド協会主催)に行って来ました。
ODSS上高地・乗鞍ブランチのバックカントリースキーガイド・トップ2、ミネさん、もっさんとの受験は勉強になることが多かったです。

検定員も含め全員テレマークだったのも足並みが揃ってよかった。
検定は主に顧客への必要な情報の伝達、安全管理、荒天時等のルート判断等の対応、ホワイトアウト・ナビゲーション、オフピステ・スキー技術、初歩的な氷雪技術といった項目でチェックを受けました。

特に、猛烈な冬型となり吹雪となった2日目、位ヶ原山荘から2610mの避難小屋経由、ツアーコース下山のホワイトアウトナビゲーションは本番の緊張感でした。
現地を知り尽くしているODSSのお二人のおかげで無事終了できました。
e0064783_2236880.jpg

おまけは、位ヶ原からこの荒天で貸し切りとなったツアーコースのパウダーラン。
受験の3人とも検定なのにニコニコで大はしゃぎ。
お客さんにスキーの楽しさを伝えるのもガイドの仕事です、ってか?(古くてすみません)
宿泊した位ヶ原山荘は非常にいい雰囲気の小屋で、また泊ってスキーをしてみたいと思いました。
むつじさん、お世話になりました。

あとは雪崩講習3日間とレスキュー講習2日間。
頑張ります。
[PR]

by s_space_s | 2012-02-10 17:37 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 22日

乗鞍高原研修

ガイドの研修に乗鞍高原のODSS上高地・乗鞍ブランチに行ってきました。

1日目の午前中は乗鞍高原をスノーシューで散策する松さんのツアーに付いて行きました。
スノーシューは初めて履きましたが、何点かの注意点だけ押さえれば、誰でも楽しめる道具でした。
国民休暇村から出発しました。
e0064783_23163153.jpg

氷った牛留池を歩いて渡ります。
e0064783_23164631.jpg

近くにあった、面白い木。
「ねじねじの木」という名前が付いています。カラマツです。
e0064783_2317026.jpg

途中、尻セード(とは言っていませんでしたが)したり、スノーシューダウンヒルしたりしながらメインの善五郎滝へ。
残念ながら、ここ数日の温かい天気で7割ぐらいの氷が落ちてしまっていました。
e0064783_22275379.jpg

その後、いい斜面を見つけて橇滑りをしました。
大人になっても、こういう遊びは楽しいもんです。
皆さん適度な疲労感でご満足のようでした。

お昼はキタさんと地元のおばちゃんたちがやっている蕎麦処「いがや」へ行きました。
e0064783_22281353.jpg

十割蕎麦は素朴な感じ。
定食を頼みましたが、葱味噌を塗った蕎麦おやきがめちゃ美味しかったです。
ご飯が切れていて、ご飯なしの定食でも満腹でした。(蕎麦が大盛なんで)
e0064783_2228274.jpg


午後はステップソールのテレマークで北さんとスキー場から一の瀬園地へのツアーをやりました。

乗鞍スキー場の第3駐車場から左のゲレンデをスキーで歩き、クワッド1本でかもしかゲレンデ下に着きます。
そこから左手の「子リスの小径」に入り途中から右にそれて南に向かいます。
特徴のない地形なので、初見では地図、コンパス必携です。
薮と重い新雪で滑降は少し苦労。(そこがまた楽しい)
e0064783_22284454.jpg

一の瀬園地はネイチャースキーの天国です。
e0064783_22482433.jpg

大きなウラジロモミ
e0064783_2229598.jpg

ネズミが新雪にトンネルを掘って進む足跡を見つけました。
e0064783_22501077.jpg

わしは板のメンテが悪く、湿雪が下駄になり平坦地では北さんに置いていかれました。
反省。反省。
スーパー林道を頑張って歩き、ODSSのオフィスがある観光センターに夕方着。
半日で楽しめるお勧めコースです。

ルート図
e0064783_2395197.jpg

いがやスキー場にある社員宿舎に戻り、少しビールと酒を飲んでから、国民宿舎「ふもと」の温泉に入れてもらいに行き、夜は居酒屋になっている喫茶店でまた飲んで帰りました。

社員宿舎のわしの部屋は暖房が入らず、シュラフに入って寝ました。
なんか変な夢を見ました。(どこかの工場みたいなところに屋根から忍び込む夢)
e0064783_22503170.jpg


2日目は4時起きで、上高地スノーシューツアーをガイドするもっさんとシミズさんに付いて行きました。
新しい釜トンは初めて歩きました。
長さ1.3km、最大斜度は11%です。
歩きやすくなりました。
e0064783_2321666.jpg

大正池の立ち枯れの木立はほとんど無くなっていました。
e0064783_2322913.jpg

河童橋からの岳沢の景色
e0064783_2323950.jpg

シナノキの由来と信州の関係、ウエストンの逸話、お客さんを楽しませる演出などもっさんのガイドについて回って勉強になることが多かった。
ニホンザルの糞と食痕、カラマツの老木の幹など面白いものも観察できました。

お客さんを送った後、宿舎へ送っていただき、研修は無事終了しました。
上高地・乗鞍ブランチの皆様、お世話になりありがとうございました。
2月の検定でまたお世話になります。

いがやスキー場にある宿舎ベルン
e0064783_2324896.jpg

[PR]

by s_space_s | 2012-01-22 23:22 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 11日

眠いです。

昨日は登山ガイドの筆記試験を受けに東京に行ってきました。
往きはさすがに新幹線を使いましたが、帰りはけちって安い高速バス。
なので今すごく眠いです。

試験にはODSSのメンバーが15人も来ていてにぎやかでした。
肝心の試験のほうは、基礎的知識とガイド業務関連知識がかなり難しく、微妙かも。
小論文は予告のあった出題テーマがそのままだったので、なんとか800字を埋めることは出来ましたが、最近、長い文章を手書きすることが全然ないので、変なところに力が入って手がつりそうになりました。

終わってから、東京にいる娘と有楽町で落ち合って、飲み屋を数件はしごして帰りました。
[PR]

by s_space_s | 2011-11-11 08:19 | 日常 | Trackback | Comments(2)