blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ガイド ( 42 ) タグの人気記事


2017年 11月 20日

地図・コンパス勉強会(第3回)を開催しました。

延期になっていた地図・コンパス勉強会を日曜日に開催しました。
参加者は8人+アシスタントのコザエモンさん。
その中に、はるばる大阪から参加された、BC愛好家のお二人もみえました。
「チーム三匹のおっさん」のメンバーtsutomuさんも。
こんな方々ががっかりされると申し訳ないので、下見も行い準備を整えての開催でした。
今、終わってほっとしています。

非常に寒くて、小雨も降るような天気予報だったので、昔ファミリーキャンプで使っていたコールマンのテントを持っていきました。
ポールのバンジーコードがびろんびろんで立てるのが大変でした。
寒いので、まずはテントの中で地形図の基本をおさらいしました。
e0064783_14020824.jpg
地図とコンパスを使うにあたって重要なポイントは、コンパスのN極は地図の真北を指さないということです。
最近では、パソコンから磁北線付きで印刷できるので、いままで西偏度数の変化は気にしていませんでした。
事前の準備で中部地方でも10年経てば西偏角度が変化することを確認でき、皆さんにもお伝えしました。
ちなみに、参考資料として持って行った平成9年測量の岐阜北部では西偏7度。
現在の地理院地図では7度50分でほぼ1度の変化がありました。
実用では7度と覚えていても支障はありませんが。
e0064783_14020966.jpg
基礎知識は必要最小限にして外に出ます。
まずは、コンパス1・2・3と地図の正置から。
e0064783_14020906.jpg
午前中から雨が降り始めました。
地図に記入するような作業はテントの中でやりました。
e0064783_14020954.jpg
地図ロイドも参考に使ってみました。
ヘッドアップに設定すると正置を自動的にやってくれるので、説明に便利でした。
e0064783_14020937.jpg
歩測の体験もしてみました。
20mを複歩で測っておいて、グランドの長辺を測ってみたら、皆さん短めに出るようでした。

午後は、本日のメインテーマ。
見通しのきかないフィールドでのコンパス直進です。
e0064783_14021012.jpg
何種類か設定したコースを、方法を変えながら歩いてみました。
なかなか面白かったです。
わしもコザエモンさんと組んでホワイトアウト・ナビゲーションをやってみましたが、コンパスのベースプレートが短いタイプのせいなのか、参加者の皆さんより精度がわるいようでした。
このあたりもコンパスを変えて検証してみたいところです。

1時間ほど予定をオーバーして終了。
皆さん真剣に練習されて、主催者冥利に尽きる思いでした。
e0064783_14021041.jpg
コザエモンさんとうちの近くの珈琲屋に寄って帰りました。

次回は、分岐が複数あるヤブ尾根の下降体験とナビゲーションマップの作り方でもやろうかな。





[PR]

by s_space_s | 2017-11-20 17:28 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 10日

11月19日地図・コンパス勉強会の集合場所など

11月19日に変更したところ、ご都合が悪くなった方が数名みえましたので、追加募集いたします。
お申込み先はこちらです

内容は地図を読むことは最小限で、地図とコンパスで進行方向を定めて進む方法や現在地を特定する方法などです。
視界のきかないフィールドでナビゲーションする方法など応用技術のテクニックも練習します。
時間があれば、自分は普段使わないのですが、スマホのGPSアプリなども使って比較してみたいと思います。

遠くから来ていただく方もみえるので、集合場所の地図を作りました。
e0064783_14132518.jpg
当日、持ってきていただきたい装備などは下記のとおりです。
少雨決行したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

・プレート付きコンパス
・軍手(藪漕ぎナビゲーションやります)
・タオルor手ぬぐい
・草の種のつきにくいヤッケ、古カッパなど
・20cmくらいの定規
・鉛筆、赤ペン
・昼食(近くに水場はありません)
・飲み物
・その他、日帰り低山ハイキング装備

先日、フィールドの下見をしてきました。
面白い練習ができそうです。





[PR]

by s_space_s | 2017-11-10 14:16 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 28日

分県登山ガイド「岐阜県の山」が発刊となりました。

2年前から取材してきた「岐阜県の山」が9月22日に発売となりました。
20年ほど前に飛騨山岳会の島田先生に初版本をいただいたとき、自分が分担させていただくとは夢にも思いませんでした。
e0064783_20402381.jpg

改めて本になったものを見ると、取材山行のことが懐かしく思い出されます。
今回、奥美濃の薮山をコンセプトに道のはっきりしないルートをいくつか入れています。
もう一つの方針は、往復コースではなく縦走できるコースとなるようルートを選定しています。
本屋で立ち読みでもされて、ご意見・ご感想をいただけると嬉しいです。
今後も地元の山について勉強していこうと思います。

詳しい内容はこちら



[PR]

by s_space_s | 2017-09-28 20:43 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 24日

11月19日(日)に地図・コンパス勉強会(第3回)を開催します。

過去2回、地図・コンパス勉強会を開催してきましたが、今回は地形図に関する勉強は最小限にして、コンパスの使い方を徹底的にやってみたいと思います。
コンパスを登山に活用したいと思ってみえる方、一緒に練習しましょう。
e0064783_12551816.jpg


詳細はこちら
[PR]

by s_space_s | 2017-09-24 17:38 | 山登り | Trackback | Comments(3)
2017年 08月 27日

8月最後の土日

上旬に剣に行ってから休日は荘川のシャワクラに明け暮れた8月でした。
この土曜日は増水のためツアー中止だったので、珍しく家でのんびりしました。
手持ちの毛ばりが少なくなってきたので、10本巻いてみました。
e0064783_22174311.jpg
デバイスもマテリアルもいい加減なので、非常に不細工な出来具合です。
でも、そこそこ釣れるのでこれで十分です。
肩凝った~!


先週の木曜日に国立登山研修所の主任講師をやっているキム師と飲む機会がありました。
11月に中央研修会で講師をやらせていただくことになっているのですが、プログラムが登攀と読図があって、参加者の申し込み状況によってどっちかの講師をやらせていただく予定です。
わしは、どっちもできそうなので便利なのだとか。
登攀のほうは確保技術中心で、研修の資料をおさらいしました。
ダイナミックロープという中心的な道具の革新的な進化が30年前からないので、わしでも経験的に説明できる内容でした。


たまにですが「飛騨の山とある日」というblogを興味深く拝見しています。
プロフィールははっきり書いてありません。
多分わしより10数年年配で、かなり山の経験を積んでみえる方だと拝察しています。
そして、この題名は、昭和42年に出版された上田哲農の画文集「山とある日」からとられたのではないかと。

この画文集は学生時代に下宿屋の近くの古本屋で買いました。
当然、文庫本です。
当時、大学のサイクリング部で、寝袋持って日本中をうろうろしていただけで、雪山や登攀のことなど解るわけもないのです。
このころから山に対する憧れがあったのかもしれません。
というか、上田哲農に洗脳されたのかも。

話のミソはもっと単純なことです。
「ある日」という意味は「或る日」なのか「山とともにあった日」なのか。
疑問が湧いたので本棚から引っ張り出して読み直しました。
その答えは最初のページの前書きに筆者自身から解説がありました。
バカだな、わしは。


そして今日、日曜日は荘川シャワクラの今シーズン、シフト最終日。
午前17人、午後7人のお客様をご案内しました。
水が多めで滝登りや渡渉が大変でした。(特に子供たち)
自分の山ではないけれど、参加された皆さんの楽しそうな様子を見ると、やらせていただいて良かった。
満足感に浸りながら、156号に気持ちよく車を走らせて岐阜へ帰りました。





[PR]

by s_space_s | 2017-08-27 23:33 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 14日

荘川シャワークライミングガイド

盆休み前の3日間、ODSSの荘川シャワクラガイドしてきました。
連日30人以上のお客様で結構大変でした。
e0064783_19505109.jpg
子供って面白いね
e0064783_19505002.jpg
けど、終わってからのガイドハウスのパーティーで疲れも吹っ飛んで
e0064783_19505004.jpg
e0064783_19505107.jpg
翌日も頑張れる

1 hour guide, 4 hour laundry





[PR]

by s_space_s | 2017-08-14 20:03 | ガイド | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 25日

美並のミツバツツジ(ARJS長良川大会)

日曜日は3時半起きでARJS長良川大会の会場、美並のアースシップへ。
今日はオリエンテーリングポストの回収を担当する予定。
昨夜はナイトセクションもあって最終ゴールは1時を回っていたらしい。
美並のキャンプ場の朝は5℃以下に冷え込んだ。

e0064783_16372611.jpg
6時にレーススタート。
今回は10チームのエントリーがあり、選手の中には超有名な方もちらほら。
オリエンテーリングのセクションはポイントが7つで累積標高差700mを超えるコース設定。
ここをトップチームは1時間ちょっとで周ってきてしまう。

オリエンテーリングに続いてバイクセクションのスタート
e0064783_16372696.jpg
オリエンテーリングのゴールチェックのお手伝いが終わると、いよいよわしの出番。
選手と同じ地図を片手にナイトセクションの未回収ポイント2個を含め9個のポイントを歩いて回収する。
今回はスタッフが足りないみたいで一人の作業となる。
気楽な反面、ちょっと意地悪な設定のポイントを探したりするときは先入観があると罠にはまることも。

前半のポイント2個で少し時間をくってしまった。
尾根上は気持ちのいいところが多かった。
e0064783_16372609.jpg
これは素直なやつ。
進行方向からは見えない場合が多い。
ブッシュの陰につけられていたりするとすぐ横を通っているのに気が付かないことも。
トップレーサーは凄い。

e0064783_16372684.jpg
このゲーム、狩猟・採集本能を刺激するところがある。
レースではそれどころではないと思うけど、ポイントをゲットしたとき、回収する前にちょっと一服したり、何か飲んだり食ったりして感慨にふける。
この気持ち、分っかるかな~。いえぃ。
飯田蛇笏の「茸をたずねる」という随筆にも似たようなことが書いてあったなあ。

―― 不図傍らを見ると、背を薄黒く染めて地に低く生え立った猪の鼻と呼ぶ茸が、僅(わずか)に落葉の間から顔を出している。私はその時急速に上体をかがめて近寄り、すぐに手を出したくなるのであるが、じっとその心を制(おさ)えて一休みすることにする。ポケットから取り出される煙草が火を点けられる。煙草の煙の中から見張る眼に、次ぎ次ぎに茸の親族が見え出してくる。――

読み返してみると、感慨というのとは少し違う気もします。

美並のあたりは暗い杉林が多いけど、ミツバツツジの咲いているところはライトを点けたよう。

e0064783_16372651.jpg
全部回収するのに3時間もかかってしまった。
けど、1つもルートミスをしなかったのは(自己)満足の出来であった。
予定どおり昼前にアースシップへ戻ってくるも、本部はもぬけの空。
うめさんとも連絡がつかないので道の駅へ行って、顔を洗い、東屋で賞味期限切れのカレーメシを食す。
e0064783_16372728.jpg
あまり美味しそうに見えないけど、食べれないことはない。
山でならこれをかけて白飯が食えそう。

e0064783_16372615.jpg
昼けちった分、夕飯はかみさんとうまいものを食いに行った。





[PR]

by s_space_s | 2017-04-25 12:01 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 24日

川と山のぎふ自然体験活動の集いに行ってきました。

23日(木)は休日出勤の代休をあてて、今回で13回目になる集いに参加しました。
例によってかなりゆるい企画でしたが(失礼)、ODSSのキタさんの絶妙な進め方で、いろんな方とお話ができて非常に有意義な会でした。

わしは「指導者・ガイドのプロ化」という分科会のゲストということでしたが、中部山岳ガイド協会の現状についてはキタさんが全部説明してくれたので、ほとんど一般参加の皆さんと同じぐらいの話で済みました。
お金をいただいてガイドするので当然プロとしての責任や求められる質は同じなのですが、わしの場合それで飯を食っているわけではないところが、他のゲストの方々と違うところでした。
保険の話や料金の設定などについても考えさせられることが多かった。

岐阜県内のガイドの4団体のうち飛騨山岳ガイド協会の方が都合でおみえにならなかったのが残念でした。
いろいろ訊いてみたい話もあったのですが。
あと、「森のようちえん」というのがすごいブームで、ブランド化してるけど活動内容は非常に多様だという話が面白かったです。

集いが終わってから、キタさんのプライベート・バーで美味しい日本酒とどぶろくをいただきました。
岐阜登高会のTさんと山の話ができたのがよかったです。
これを機会に遊んでもらえそうで楽しみです。
白川トレイルのAさんにもっと話を伺いたかった~。

また今度。





[PR]

by s_space_s | 2017-03-24 18:17 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 14日

石徹白バックカントリーガイド(ウイングヒルズ~水後山~石徹白)

3月11日の土曜日、ウイングヒルズから水後山に登り石徹白へ滑り込むルートをガイドさせていただきました。

新雪があることは予想していましたが、スノーシューを履いても膝まで潜る状況で、予定の時間を大幅に過ぎての下山になってしまいました。
往復のコースなら時間をみながら途中で戻れますが、今回のようなラインでは、エスケープルートを考えておくべきでした。
底なしの新雪ではスキーやスプリットボードとスノーシューとでスピードが全然違うことを再認識しました。

e0064783_21520671.jpg
滑りで満足していただけたのはよかった。
結構なパウダーです。
e0064783_21520636.jpg
午後は新雪が腐ってきました。
今回のメンバーのボード技術なら楽しめたのでは。
けど、テレマークでは難しい雪でした。

e0064783_21520718.jpg
バックカントリーガイドの前にはいつも、Powder Search(新雪情報)をチェックしてしています。
8日の夜から9日の朝にかけて長滝(平地)において6時間ほどで30cm積雪が増えています。
また10日の明け方にかけて降水量が急激に増え、それに伴って積雪も10cm以上増えています。
これは警報レベルの降り方で、山がどのような状況になっているのかイメージできなかったのは反省点です。

また、積雪グラフの2つのピークから積雪内が層になっていることも予測されました。
水後山頂上でコンプレッションテストを行った結果、積雪深20cmにタップ5回でSPが観察されました。
60cmにはタップ15回でRP。
比較的傾斜のない尾根上にルートを取りました。
e0064783_08361273.jpg

先日、ご案内したTさんがbcaのニューモデルのポールを持ってみえました。
グリップにスクレイパーが付いているのが便利そうだったので、例によって自分で付けてみました。
要らなくなったスクレイパーを切ってスーパーボンドとアルミビスで固定しただけです。
歩きながらスキーに載って氷りついた雪もこそげれるし、シール張替のときエッジやシールの氷も取れるので、なかなか便利ですよ。

e0064783_21520673.jpg






[PR]

by s_space_s | 2017-03-14 17:34 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 07日

赤のれんの味噌おでん

今日は中部山岳ガイド協会の総会とファーストエイドに関する研修がありました。
講師は日本山岳ガイド協会の講師もされている家永先生。
研修の後の懇親会にもご出席いただき大変有意義な研修でした。
ガイド協会のファーストエイド講習も受けてみたくなりました。

翌日、石徹白へ滑りに行くメンバーもいて、2次会の話も特に出なかったので、大人しく帰ろうかと思ったのですが…。
結局「赤のれん」に寄って串カツと味噌おでんで3杯飲んで帰りました。

小学校のころ、そろばん塾の近くに菓子屋がありました。
塾の帰りに、冬は味噌おでん、夏はかき氷を食べるのが楽しみでした。
みんなが「チクロ」と呼んでいた人工甘味料を使ったキャンデー。
蓋の裏に当たりマークがある小さいヨーグルトみたいなお菓子。
連続5回当たったことがありました。
ある日、この店に「ちんどんや」が休憩していて、店を出て商店街を練り歩くのに付いて回ったことがありました。

「赤のれん」のこんにゃくはすごく大きくて、1本で酒一杯はいけます。
まっちゃっちゃの三角の塊は初めて見たらびっくりするかも。
懐かしい味です。




[PR]

by s_space_s | 2017-03-07 12:28 | うまいもん | Trackback | Comments(0)