blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ガイド ( 42 ) タグの人気記事


2017年 03月 03日

第13回 川と山のぎふ自然体験活動の集いのご案内

NSネットの良さんから、恒例の自然体験活動の集いの案内が届きましたので、ここに掲載させていただきます。
わしは、セッション2「指導者・ガイドのプロ化」にゲストとして参加予定です。

***** 以下、案内です。*****

第13回 川と山のぎふ自然体験活動の集いのご案内

毎年一度、岐阜県とその周辺の自然体験活動指導者が集う楽しいイベントです。
この集いは12年も続いていて岐阜県各地で開催してきました。
そのお陰で、岐阜県は全国で一番自然体験活動指導者がつながり、結束していると評価されています。
それはこの集いがあるからなんです。

岐阜県内には200を超える自然体験活動団体があると言われていますが、「つながることで見えてくることがある」、「知合えば友達」、「出会いとつながり」、まずは知り合うということを目的に活動を始めましたが、各地に点在する専門家たちが相互に協力・連携することで、多様な活動が展開され、各地で講演会・講習会が実施され、地域づくりに大きく貢献するようになりました。
週末の活動が多いみなさんの実情を考え、今年は平日に開催することにしました。
どなたでも参加できる、規則も会費もない集いです。
みなさんが声を掛け合って集い、活動の今と今後を語り合い、交流し、新しいネタと活力を充電しましょう。

日時 : 2017年3月23日(木) (14:00~20:00)
場所 : みんなの森ぎふメディアコスモス内 考えるスタジオ(岐阜市司町)
参加費 :無料(どなたでも参加できます。事前に参加申込をお願いします)
参加定員 :100名ぐらい
主催 :川と山のぎふ自然体験の集い実行委員会
後援(予定):岐阜県、岐阜市教育委員会
内容:
4つのテーマ別に分科会を企画しました。
それぞれの分野で活動されている団体や個人がお互いに事例報告をして、課題を共有し、解決のアイデアを出し合いましょう。
みなさんがゲストで、みなさんが参加者です。

(日程)
14:00  オープニングセッション(受付:13:30より)< 催しの全体説明をします >
14:30  「セッション1」 (分科会1.2)
16:00  「セッション2」 (分科会3.4)
       (休憩 約30分)
18:00  「セッション3」  情報交換会
20:00  終了

「セッション1」 (14:30-15:50)
●分科会1.岐阜の宝を生かした活動   
コーディネーター:田村明(朝日大学経営学部)・井田琢也(岐阜県自然環境保全課)
ゲスト:熊崎潤(飛騨小坂200滝)、平野彰秀(石徹白地域連絡協議会)、原令子(岐阜県シェアリングネーチャー協会)、平工顕太郎(結の舟・清流オフィイス)、伊藤来(名門カヤック大学)、興膳健太(猪鹿庁)、小寺春樹(山菜の里いび)、佐名敏已(天空の茶畑)
山・川・滝・森・歴史・自然など岐阜の自然を生かした活動をしている人たちがいます。
岐阜の良さを発信する人たちがどんどん増えています。
そうした活動に全国各地から岐阜に来てくれた人たちも参画しています。

●分科会2.ものつくりを通して岐阜の素材を生かす活動  
コーディネーター:小野敦(NPO法人グリーンウッドワーク協会)、長沼慶拓(岐阜県)
ゲスト:入江鐡夫(行灯工房)、栗谷本征二(栗くり工房)、小木曽賢一(森林たくみ塾)、野村純也(郡上割り箸)、酒井慶太郎(酒井産業)、浅野美香子(NPO法人岐阜県木育推進協議会)
今、自然豊かな岐阜県だからできる「ものづくり」が掘り起こされています。
消え去ろうとしている「手仕事」や「伝承文化」を守る、昔の若者たちと、今の若人たちが活躍しています。


「セッション2」 (16:00-17:30)
●分科会3.指導者・ガイドのプロ化   
コーディネーター:北川健司(中部山岳ガイド協会)、山田俊行(トヨタ白川郷自然學校)
ゲスト:岩佐勝美(飛騨の森自然ガイド協会)、蟻原陽一(白山白川郷トレイルクラブ)、岩本さやか(飛騨山岳ガイド協会)、石際淳(中部山岳ガイド協会)
岐阜県には、公益社団法人日本山岳ガイド協会に加盟している54団体の内、4団体と1割ものガイド団体が登録され、全国に先駆けて自然体験指導者のプロ化が進んでいます。
プロとしてガイド・指導者とは、講師料の設定、保険や契約などの手続きや責任について、これらの問題をゲストと一緒に考えていきます。

●分科会4.子どもたちの自然体験を進める活動   
コーディネーター:高屋良平(NPO法人エヌエスネット)、河合高志(岐阜県恵みの森づくり推進課)
ゲスト 高見美茶(だんごむし)、浅野純一(大垣プレイパーク)、村瀬典康(環境教育事務所エム企画工房)、千葉篤志(ガイアニック)、初音美奈(岐阜☆森のようちえん)
「森のようちえん」、「プレイパーク」、「冒険あそび場」、「放課後ランド」岐阜県各地の森や公園でさまざまなコンセプトの活動が広がっています。
岐阜県内では子供だけで参加できるキャンプ活動など催しも盛んに行われています。
多様な活動団体が一堂に会し、子どもの活動のあり方について一緒に考えます。


「セッション3」 (18:00-20:00)
●情報交流会(無料)
いろんな活動をする人が集まって交流する時間です。ここからでのつながりがあなたの活動を拡げます。
新しいネタと活力を充電してください。
各自で食べ物・飲み物を持参して(場内にはローソンやスターバックコーヒーもあります)気軽に話し交流しましょう。
食べ物、飲み物などの差し入れ大歓迎です。(待っています!)
さらに延長してのトーク会場も用意しています。

参加申込書
 
■お申し込み・お問い合わせ
川と山のぎふ自然体験の集い実行委員会 事務局
〒500-8886岐阜市西野町北町5
(NPO法人エヌエスネット内)
TEL /FAX 058-216-4533
ryo@odss.co.jp



[PR]

by s_space_s | 2017-03-03 17:16 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 28日

石徹白バックカントリーガイド(水後山)暖かい冬山って?

今日は名古屋のスノーボーダーの方をご案内しました。
気温が高く雪が悪かったのが申し訳なかったですが、
最後の広大バーンは楽しんでいただけたかも。
e0064783_22283031.jpg
e0064783_21585619.jpg
いただいた自然薯と百春の今朝しぼりたての酒でいい気分です。
郡上のひね鶏もうまい!
e0064783_21585234.jpg







来週は野伏です。









[PR]

by s_space_s | 2017-01-28 22:09 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 03日

登山教室

半年ほど市内のカルチャーセンターの登山教室の講師を担当しています。
単発のガイドと違って生徒さんの登山技術屋や知識を高めていく工夫をするのは難しいけど楽しいことでもあります。
一番困るのが、登山という活動の特質で、天候に左右され毎月第2第4土曜とか日程どおりにできない場合が多いことです。
来年はちょっとやり方を変えないといけないかも。

今日は揖斐の飯盛山へ行ってきました。

幹周6m以上あるケヤキの大木「月の株」
この木には天狗が住むと言われ、いかにも座り心地の良さそうな枝ぶりです。

e0064783_17085612.jpg
四つ股になったところは大人が数人立てるほどの広さがあります。
種のたくさん入った糞がありました。クマが座っていたのでしょうか。

天狗になった気分?
e0064783_17084664.jpg
頂上でキノコ汁をしてゆっくりしました。
e0064783_17085037.jpg
帰ってから、イチジクの剪定と蛇口の水漏れ修理をしました。
明るいうちから飲み始めたけど、明日はまっちゃんと楽しみなクライミングなのでこのぐらいでやめときます。
e0064783_17085729.jpg




[PR]

by s_space_s | 2016-12-03 20:13 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 16日

暑い夏の定番

若者3人を案内して美並の粥川へシャワークライミングに行ってきました。

三枚滝の下で(水量少な目)
e0064783_10080293.jpg
ねじれ滝(見かけより簡単)
e0064783_10080285.jpg
5m滝に挑戦
e0064783_10080264.jpg
やったー!
e0064783_10080241.jpg
クライミングの動画(ガイドの骨董品的ヘルメットに注目)




禁断の矢納ヶ淵
e0064783_10080275.jpg
e0064783_10080295.jpg
星宮神社
e0064783_10080218.jpg
境内の三本杉
e0064783_10080233.jpg
帰りはプールで泳いだ後みたいな心地よいだるさが。





[PR]

by s_space_s | 2016-08-16 10:20 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 03日

夏だ!荘川ODファーム

シャワークライミングのガイドに行ってきました。
二晩、荘川ハウスでお世話になりました。
今年もニュージーランドからブルース親子が来てました。
「チョー、モンダイナイ!」

ハウスの裏はお墓です。
e0064783_21184278.jpg
1日目午前は36名の団体でひるがの叺谷、午後は2ファミリーを荘川源流にご案内しました。
2日目の午前中はツアーがなかったので、荘川ハウスでのんびりしました。
e0064783_21184262.jpg

2日目の午後ツアー(ひるがの)のゴール地点で降り始めた雷雨は夕方には上がりました。
二重の虹
e0064783_21184283.jpg
3日目は66名のビックツアー。
ガイドそのものより、段取りと片付けが大変でした。
リーダーのかおりんお疲れ様!

3日目のお昼ごろODファームに現れたカモシカ
e0064783_21185925.jpg
美並村、渡辺菓子舗のクリーム大福(1個100円)
美並のあたりから凄い土砂降りで、前も見えないほど。156号は渋滞。
洞戸へまわって帰りました。
e0064783_21185902.jpg
荘川の夏、日本の夏











[PR]

by s_space_s | 2016-08-03 21:39 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 21日

第2回地図・コンパス勉強会を開催しました

5月21日の土曜日、講習会やってるのがもったいないようないい天気でした。
10人集まっていただいた皆さんの貴重な1日を少しでも有意義に過ごしていただけるよう頑張りました。

今回は、机上の説明を最小限にして、実際に地図とコンパスに触れていただく時間を長くしました。
基本的にはオリエンテーリングのテクニックを実際の登山に応用することを中心に実技を行いました。
地図に道として示されていないルートを設定し、実際に歩いていただきました。
国立登山研修所のテキストを資料にして勉強しましたが、この資料には地図の正置(整置)という基本中の基本が抜け落ちていていました。
今年度から研修所の講師を仰せつかっているので、実際の講習の中で確認していきたいと思います。

今回は朝9時から午後3時までの勉強会でしたが、終わっても皆さん帰られず、ふれあいの森のあずまやで山登りの話題に花が咲きました。
参加者の皆さんにも楽しんでいただけたようです。(こちらは褒めすぎかも。

家に帰っていつもながら飲むビールの旨かったこと!
受講されたあやさんからいただいたハイボールもわし好みのお酒でした。
e0064783_20211630.jpg
昨日、Tさんに採っていただいたウドのきんぴらによくあいました。





[PR]

by s_space_s | 2016-05-21 23:32 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 18日

5月21日(土)に地図・コンパス勉強会(第2回)を開催します。

日時:2016年5月21日(土)9:00~15:00(予定)
定員一杯になりました。


詳細はこちら
[PR]

by s_space_s | 2016-05-18 20:12 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 14日

第12回川と山ぎふ自然体験の集い

毎年恒例のぎふ自然体験の集いのポスターが完成しました。
わしは26日(土)のNPO法人エヌエスネット企画の「長良川Eボート下り体験ツアー」(船頭か陸上サポートか未定)と両日開催の中部山岳ガイド協会他企画の「岐阜の山歩き相談会」のお手伝いをします。
夜は多分懇親会もありますよ。
皆さん会場でお会いしましょう!


(クリックすると大きくなります。)
e0064783_11173675.jpg



[PR]

by s_space_s | 2016-03-14 18:16 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 28日

石徹白バックカントリーガイド(水後山)

三重のスノーボーダーの方を案内させていただきました。
同年代なので、ハイクアップしながら話がはずみました。
肝心の滑りですが、昨年、良いラインだと思っていたところが、雪少なくブッシュがうるさくスノーボードでは厳しかったのが申し訳なかったです。

下部の広大バーンはもちろんGOOD!
ボードにはこういうとこが似合いますね。



e0064783_22040355.jpg
一番のミズナラ
e0064783_22040393.jpg
洞に出入りした跡がありました。
たぶんテン
e0064783_22040376.jpg
水後山手前のジャンクション

e0064783_22040280.jpg
雪が少なく杉の苗が出てました。
e0064783_22040374.jpg

谷も渡渉です。
e0064783_22040311.jpg
鬱憤を晴らすような最後の広大バーン。
e0064783_22040330.jpg
しゃわしゃわでしたが、気持ちいかったです。
e0064783_22040377.jpg
















[PR]

by s_space_s | 2016-02-28 22:20 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 12日

石徹白バックカントリーガイド(毘沙門岳)

雪が少ない今シーズンですが、好天に恵まれて楽しいツアーができました。
ご案内したのは大学時代基礎スキー部に在籍し、今も年間何十日も滑ると言われるIさん。
普通なら苦労する毘沙門直下の藪交じりの新雪でも楽しんでいただけたようです。

別山を望む
e0064783_08321031.jpg
ウサギが輪を描いた
e0064783_08321049.jpg
テムレスいい感じです。
e0064783_08321081.jpg
白鳥高原からのトレースと合流
笹と藪が全然隠れていません。
e0064783_08321016.jpg
狭い新雪斜面を縦に落ちていく
e0064783_08321061.jpg
こりゃあ気持ちいい!
e0064783_08321058.jpg
振り返ると、やっぱり藪ヤブです。
e0064783_08321015.jpg
最後のお楽しみの新雪
e0064783_08321079.jpg
スキー場跡ではボーダーの皆さんが遊んでみえました。
おおシーハイル!

e0064783_08321030.jpg
バックカントリースキーガイドのご案内






[PR]

by s_space_s | 2016-02-12 08:41 | ガイド | Trackback | Comments(0)