blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:キノコ ( 26 ) タグの人気記事


2016年 11月 24日

食べてみましたクリフバー

小津集落から小津権現に登りました。
登り口の広いコナラの森あたりが紅葉の見ごろでした。
風が吹くと色づいた葉っぱが舞ってとてもきれいでした。

e0064783_21215692.jpg
途中から紅葉は落ちてしまい、登山道に積もった落ち葉を鑑賞しながら登りました。
旧登山道分岐
e0064783_21221579.jpg
頂上でカップヌードルを食べましたが、コーヒーのお供になにか食べたくなり、非常食として何回も山に連れて行ってたクリフバーに手をつけました。


e0064783_21222375.jpg
想像してたのと少し違う味。
ピーナッツバター味ということですが、きな粉の味がしました。
おいしゅうございました。

e0064783_21222795.jpg
もう一つ別の味もコザエモンさんの奥様にいただきました。
楽しみです。

高屋山では雨量測量施設の撤去作業が行われていました。
その少し上で変な形の二股になったブナを見ました。
ちょっと痩せたおしりです。
e0064783_21220621.jpg
下山途中で大きなキノコが列になって生えているのに出くわしました。
e0064783_21222764.jpg
いかにも美味しそうなので、持って帰りましたが、結局はっきり同定できないので食べませんでした。
e0064783_21222701.jpg
気になったので、いろいろ調べてみると、シロノハイイロシメジというやつらしい(いかにもグレーな名前です)。
美味しいけど中毒することもあるということでした。
今度採ったら試食してみよう。




[PR]

by s_space_s | 2016-11-24 17:55 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 20日

キノコの季節


Tさんのリクエストにお応えしようと・・・
e0064783_14295312.jpg

e0064783_14300304.jpg


e0064783_14301272.jpg
こっち方面です。

e0064783_14303102.jpg





[PR]

by s_space_s | 2016-11-20 22:42 | 山菜・きのこ | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 09日

錫杖は雨

シーズン最後のクライミングでコウムラとイシハラさん3人パーティーで錫杖に向いました。
前日はコパンの登山教室がお昼過ぎまであっただけで、夕方早く出発できました。
先に槍見に入っていたコウムラが張っていたテントに8時半には入ることが出来ました。

あとは飲むしかない。
三岳大人気。
e0064783_20423801.jpg
夜半にテントを叩く雨の音で何回か目が覚めました。
多分、明日の朝には上がるでしょう。


ところが・・・。
e0064783_20420123.jpg
清見でキノコ採りでもするか。

なかなかいい森です。

e0064783_20425272.jpg
クリタケ
e0064783_21042801.jpg
シロナメツムタケ
e0064783_20424391.jpg
ミズナラの大木

e0064783_20423370.jpg
紅葉真っ盛り
e0064783_20425577.jpg

もうそろそろスキーの季節です。
帰りの車の中で、どこか海の向こうの山へ行く話も出ました。




[PR]

by s_space_s | 2016-11-09 21:05 | 山菜・きのこ | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 28日

蝿帽子峠越えして蝿帽子川東カスミ谷遡行

【山域】奥美濃
【場所】蝿帽子峠、這星嶺
【日時】2016年9月25日(日)
【コース】根尾谷~蝿帽子峠~蝿帽子川二俣~東カスミ谷~這星嶺~蝿帽子峠~根尾谷
【メンバー】コザエモンさん、ツトムさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】曇り時々晴れ
【タイム】駐車場6:30 登山口6:40 蝿帽子峠9:00 蝿帽子川10:10 這星嶺12:40~13:00 蝿帽子峠13:30 駐車場15:00
【概念図】
e0064783_11225375.jpg
幕末の尊王攘夷派、水戸天狗党が12月に1000人ほどの大部隊で峠越えをした蠅帽子峠へ行ってきました。
馬や大砲を牽いて越えた峠道は今どうなっているのか興味深々で、できれば完全に峠越えして蠅帽子川へ降りてみたいと思いました。
川まで降り立ったら、往路を戻るのはつまらないので、這星嶺に突き上げている東カスミ谷を遡行して戻る計画を思いついてしまいました。

同行してくれることになっていた、コザエモンさん、ツトムさんはこの手の山には慣れているので、二つ返事で了解を得ました。
福井側の記録がほとんどなく、藪漕ぎ覚悟でしたが、奥美濃の藪山の基準ではハイウエイレベルの道でした。
蠅帽子川の二俣にはいい雰囲気の台地があり、のんびキャンプするのもいいなと思いました。


根尾川を徒渉して乳くれ地蔵と一本杉のある登山口へ。
旧街道に合流するまでは尾根上の踏み跡をたどる。
街道との分岐点は、上から降りてくると自然に街道のほう(地形図の破線)へ行ってしまうので注意!

街道は一部藪が被っているところもあるが、明瞭である。
標高900mあたりから、ほとんど大きなアップダウンのないのんびりとした尾根になる。
「洞ミズナラ」の看板のあるミズナラより立派な洞のあるミズナラがあった。

e0064783_22144575.jpg
太くて高いブナの大木のプロムナード
e0064783_22075587.jpg
特に小倉谷側の斜面がすばらしい。
池も見られた。

e0064783_22075284.jpg
上部で踏み跡が交錯しているところもあった。

わーいわーい Y字郎~♪ 傘がないので 勘まかせっと
e0064783_22074607.jpg
根上がりヒノキ(アヤちゃん風)

e0064783_22081011.jpg
蠅帽子峠

e0064783_22082788.jpg
お地蔵さま

e0064783_22131821.jpg
変なおじさん達
e0064783_22072392.jpg
心配だった峠の向こうの道も街道の痕跡が明瞭

e0064783_22083214.jpg
ブナ、ミズナラの大木もある

e0064783_22083631.jpg
シロモジ、クロモジを潜りながら快調に下っていくと、やがて蠅帽子川の谷の音が聞こえてくる。
標高700m前後の急斜面もつづら折れになっていて非常に歩きやすい。
大砲を牽いて行軍したというのも納得の道であった。

二俣に降りると道が藪ではっきりしなくなる。
古い石組が残っていた。

e0064783_22084390.jpg
コザエモンさんたちが古い看板を発見。
こちら側も登山道として整備されたことがあったらしい。

e0064783_22070023.jpg
二俣で沢の足回りに替え、左俣に入る。
癒し渓である。
東カスミ谷に入るところで少し遊んでみた。(ロスは30分ぐらい?)

e0064783_22123998.jpg
ときおり出てくる滝も癒し系
e0064783_22071561.jpg
石の上にマムシ

e0064783_22124514.jpg
上流部で5m~10mぐらいの滝が連続で出てくるが、どれも全身ずぶ濡れになって越えることができる。

e0064783_22125064.jpg
唯一水際を登れなかった12m滝

e0064783_22130311.jpg
ハングの上にはナメが

e0064783_22130819.jpg
詰めはほとんど藪漕ぎもなく登山道に跳び出した。

e0064783_22131304.jpg
三角点「這星」の周りは少し切り開きがあるだけで、藪のピーク
帰りも蠅帽子峠経由で下山。
ツトムさんのおかげで北尾根に迷い込まずに済んだ。
峠を経由ぜず、這星嶺の西肩に直登するコースのほうが良く歩かれているみたいだった。

街道の脇にあった夫婦ブナ
ツトムさん曰く「絡み合っていないので、倦怠期ブナ」
けど、こんだけくっついていれば仲がいいのでは。
e0064783_22150645.jpg
雨後のキノコオンパレード

アカヤマドリ(別名デカメロン)
e0064783_22151457.jpg
ヤマドリタケモドキ(非常にうまかった)
e0064783_22152093.jpg
あとクリフウセンタケが食べごろ。

最後は運動靴のまま徒渉すれば、洗い物が減るでしょう。

e0064783_22145044.jpg
酷道157号線は対向車が怖いので、猫峠経由で本巣に戻った。





[PR]

by s_space_s | 2016-09-28 12:46 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 26日

テンカラ・ガール誕生&巨木街道&御神体キノコ

大日ヶ岳の取材に行くのに、沢からアプローチしてみました。
ついでに、はなえちゃんのリクエストにお応えして毛鉤釣りもやってみました。

アプローチに使った谷は釣り師が頻繁に入る谷で、この日も入渓地点に2台の車が止まっていました。
谷の雰囲気は非常にいいのですが、全然魚が走りません。
滝もほとんどなく本日の唯一のアトラクションが釣りだったので、わしも少々あせりました。

源流近くになり、ようやく魚影を発見。
せっかくなので竿を出してみました。
いくつかポイントを変えて毛鉤を落としてみると、20cmぐらいのイワナが釣れてほっとしました。

では、選手交代。
e0064783_23434414.jpg

ピンクのジャケットが目立つのか、イワナに逃げられて、なかなか釣れません。
e0064783_20471993.jpg
でも、何回か毛鉤を咥えるイワナの感触を覚えて、テンカラにも興味を持ってくれたようでした。

この25cmはいい引きしました。
e0064783_23434540.jpg

E田さんも何匹か引っかけそこないました。
e0064783_23434574.jpg

今回は取材が目的なので、適当に切り上げ、頂上を目指します。
写真を撮るには残念ですが、ガスが掛かって涼しいのは助かります。
大日如来にお参り。

e0064783_23434503.jpg

下山は「ひるがの」へ降りる登山道を使いました。
「ひるがの」方面がほんとは見えてるのですが、写真にすると…。
e0064783_23434545.jpg

この登山道は10年前の秋にも歩いたことがあるし、スキーでもトレースしています。
今回歩いてみて、ブナ、トチ、ミズナラなどの大木がこんなに多いのと、登山道が街道のように開けているのには驚きました。

トチのベンチに座って休憩

e0064783_23434578.jpg

特に「一ぷく平」前後が素晴らしい。
ブナの落ち葉が積もった広場は乾いていて、気持ちがいい。
横になって寝てしまった人もいました。

e0064783_23434509.jpg

一ぷく平の三角点(3世代同居)

e0064783_23434554.jpg

一ぷく平から少し下った登山道わきに見慣れないキノコが生えていました。
その独特の形状に興味深々。
家のキノコ図鑑で調べてみたらタケリタケと回文みたいな名前のキノコでした。
正確に言うと、ヒポミケスキンという菌に寄生されたテングタケが奇形化したものだそうです。
探すと何本もニョキニョキ出ていました。
某神社のお祭りの御神体を髣髴させるため御神体キノコと命名。
e0064783_20552594.jpg
なかなか立派なものをお持ちで。
e0064783_23434594.jpg

最近は「男たちの熱き挑戦」を下山のときも履いたままで、余計な荷物を減らしています。
これにはひとつ難点があって、ネオプレンソックスの中で蒸れた足がめっっちゃ臭くなる。
下山時に足を洗うところがなかったので、困りました。





[PR]

by s_space_s | 2016-07-26 12:14 | 山登り | Trackback | Comments(4)
2016年 02月 05日

夾竹桃に生えたきのこ

先日、かみさんの実家の家族を呼んで、石窯ピザでパーティーをやりました。
石窯の準備をしていると、近所のご婦人が訪ねてみえました。
何年か前に庭で生えたキノコを見てほしいといわれた方で、その後も何回か出たというお話を聞いていました。

そのときの写真(ヒラタケ)

e0064783_13594041.jpg
裏の石垣を登って庭にお邪魔すると、今回も朽ちた切り株に出たばかりのヒラタケがありました。
わしを呼びに来た訳は、その切り株がキョウチクトウだったからです。
キョウチクトウに毒があるのをご存じで、そこから生えたキノコに毒があるかご心配のようでした。

菌床になる木の毒でキノコが毒を持つという話は今まで聞いたことがなかったので、
「安心してください。たべられますよ。」と請け負いました。
けど、ご婦人はちょっと心配だったのか、
「持って行ってください。」と言われたので、ありがたくいただいて帰りました。
かみさんに渡すと、さっそくピザのトッピングにしてくれて、皆でおいしくいただきました。

翌週になり、キョウチクトウについて調べていると、その毒はかなり強烈で、土壌にも毒が残るほど。
中毒症状は、嘔気・嘔吐、四肢脱力、倦怠感、下痢、めまい、腹痛などです。
数日経って症状がないので、結果的にはOKだったわけですが、少し気になりキノコ関連のサイトを見て回っても答えはありませんでした。
そこで、毒キノコに関する情報を発信している岐阜県健康福祉部生活衛生課に問い合わせてみました。
以下、その回答です。

*******************
岐阜県健康福祉部生活衛生課 ○○と申します。
お体が大丈夫だったとお聞きし安心いたしました。

お問い合わせいただいたヒラタケについてキノコを研究している県森林研究所の担当者に確認しました。
それによると、
「キノコがキョウチクトウの毒成分を吸収していないと言い切れないので、一概にキノコの毒は菌床となる木の毒と関係ないと言えない。」
とのことでした。

野生のキノコ採取の際、食べられるかどうか少しでも迷ったら絶対に「採らない・食べない・売らない・人にあげない」ようにお願いします。
岐阜県のHPで「毒キノコによる食中毒に注意!」と情報提供していますので、参考にしていただければ幸いです。
http://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/shoku/shokuhin/11222/syokutaku-news.data/H27-7.pdf

*******************

ということで、キノコについてはもう少し慎重に判断しないといけないと反省しきり。
ドースル?か迷ったら、自分だけで少量食べましょう。
(また、怒られそう。)




[PR]

by s_space_s | 2016-02-05 17:25 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 12日

これも異常気象の影響?

近所の山を散歩していたら、こんなものが。
e0064783_23380612.jpg
この30年あまりで、初めて見ました。
e0064783_23380641.jpg
けっこう採れた。
e0064783_23380671.jpg
当然、美味しくいただきます。
ナメコおろしと味噌汁、あとは干しました。
e0064783_23381219.jpg
じいちゃんのとこにおすそ分けに寄ったら、いただき物の大吟醸をくれました。
「こんな麹臭いのはどもならん。」
e0064783_23380658.jpg
わしもあれば何でも飲むけど、フルーティーな酒って女の飲み物かと思う。






[PR]

by s_space_s | 2016-01-12 23:47 | 山菜・きのこ | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 17日

揖斐の山へ行ってきました。

先日の土曜日。
コウムラとどこか歩きに行く予定でしたが、あいにく朝から雨の予報が出ていて中止にしました。
一人なら、ピークを踏まなくても適当に山を歩いてキノコでも探そうと、揖斐の山に入ってみました。
雨に煙る森の奥から、鹿の声が寂しげに聞こえてきます。
逃げていく鹿の白い尻を見ました。

やっぱり今年は乾燥続きで出が悪いようです。
e0064783_23070584.jpg
それでもたま~に、こんな感じの立ち枯れも
e0064783_23070520.jpg
近づいてみると、ちょうど食べごろ

e0064783_23070537.jpg
こんな木が何本かあれば、ザックは一杯になります。
e0064783_23070561.jpg
お昼までで切り上げ、帰りは揖斐の街に下る手前の国道沿いある「さか上がり」という食堂に寄りました。
おばちゃんと、トンネルが出来てから揖斐峡が寂れてしまった話や、山菜採りの話などしながらのんびりしました。

「明日はツルニンジン採りに行く予定だけど、雨が心配。」
e0064783_23070579.jpg
卵丼550円也をいただきました。キノコや蒲鉾が入っていて美味しかった。
ナメコをおすそ分けしたら、お返しに花梨をいただきました。
車の中がいい香り。

家に帰って、道具を片づけ、メダカの水替えなどをしてから、夕方かみさんとピアノリサイタルに出かけました。

岐阜県庁近くののサラマンカホールです。
パイプオルガンが立派。いつか聴いてみたい。
e0064783_23070523.jpg
演奏は、竹内康佑君という、うちの町内出身の子(もう社会人ですが)。
かみさんは、康佑君が小さいころ、発表会のリハーサルの様子を見ていて、この子はちょっと違うと感じたそうです。
曲目はベートーヴェンのピアノソナタ第14番などの独奏と声楽をやるお仲間の伴奏でした。
わしには、演奏を評価できるような耳はありませんが、歌手を引き立てる伴奏は素晴らしいと感じました。

最近、昔聴いていたレゲエをまた聴くようになりました。
自動車を運転するときブラック・ウフルのダブ・アルバムを大音量で聴いてます。
けど、この夜はコンサートの余韻がもったいなくて、何も聴かず運転して家に帰りました。



[PR]

by s_space_s | 2015-11-17 12:45 | うまいもん | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 08日

春日村でキノコ採り

春日村にナメコを探しに行ってきました。
けど、1日ぐらい雨が降っただけでは、まだカラカラでした。
5年前はザックに入りきらないほどだったのに。

まあ、晩秋の山の中を歩いているだけで楽しいし、いろんな物を観察しながらゆっくり歩きます。
ほんとにゆっくりしか歩けないので。

ヌタ場にシカの座った跡がありました。
前足の両膝と胸の骨の跡がくっきり。
何をしてたのでしょう?
e0064783_10473030.jpg
ここにも膝の跡とおしっこの跡が。
e0064783_10473010.jpg
たまに条件のいい木があって、そこそこ取れました。
e0064783_10473077.jpg
よさそうな林があったので、尾根を外れて少し下ってみると、池塘がありました。
e0064783_10474184.jpg
こんな木の根元に座って、カップヌードルを啜りました。
e0064783_10474148.jpg
タムシバの面白い樹皮
e0064783_10474181.jpg
葉を揉むといい香りがします。
既にモクレンのような毛の生えた花芽が付いていました。
e0064783_10474125.jpg
獲物が少ないときは、クリタケも貴重です。
e0064783_10474124.jpg
最後は裸足で川を渡渉して、痛くて死にそうでした。
e0064783_10474165.jpg







[PR]

by s_space_s | 2015-11-08 11:13 | 山菜・きのこ | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 18日

帰雲山荘きのこ鍋

帰雲山荘のEさんからお誘いがあったので、キノコを探しに御母衣に向かいました。
9時半ごろ山荘に着くと、山荘の主Sさんはじめ懐かしいおっちゃんたちの面々。
焚火にあたりコーヒーを淹れていただいて、この夏の手術の話など少し話をしてから小屋の周りのキノコを見て回りました。
e0064783_20192760.jpg
この数日、晴天が続き、気温も高かったので、キノコには良い条件ではなかったけど、チャナメツムタケ、シロナメツムタケ、ホテイシメジ、スギエダタケなど美味しいキノコが採れました。

e0064783_20193222.jpg
これだけあれば十分です。
e0064783_20193512.jpg
Sさんがキノコ鍋にしてくれました。
e0064783_20195369.jpg
うっ!キノコにあたった!
なに言うとるか!
e0064783_20195782.jpg
コザエモンさん、お代わりして3杯目
e0064783_20194369.jpg
久しぶりに訪れた山荘はかなり快適な小屋になっているようでした。
泊まってみたい。
ここを訪れる若い人たちが増えるといいですね。
e0064783_20200059.jpg
SさんたちはODファームへ石窯ピザを食べに行かれましたが、わしらは御母ダム湖畔の風地原小屋へ蕎麦をすすりに。
行ってみると休業で、諦めて、キノコを少し採って帰りました。
ムキタケとハナイグチがありました。


e0064783_20200272.jpg

風邪で喉が痛いし、腹の傷は痛むし、帰りのドライブ中にもいつになく?寡黙なわし。
すごく楽しかったのに、コザエモンさんすみません。

きのこは、家で味噌煮にして酒がすすみました。





[PR]

by s_space_s | 2015-10-18 20:47 | 山菜・きのこ | Trackback | Comments(2)