blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:クライミング ( 87 ) タグの人気記事


2017年 11月 27日

この飛び石連休

以前は11月下旬は初滑りしたくて、うずうずしていたものだが、最近はスキーモードになるのが遅い。
この時期はナメコのシーズンだし、近場の岩場も乾燥してクライミングによい。
この連休も遠出はしないで、近所で遊んだ。

23日の祝日は揖斐の山にナメコ採りに行った。
このあたりは数年前には何袋もナメコが採れるときがあったけど、ミズナラの立枯れも終息したのか、めっきり出なくなった。
採れなくても、この時期の山を歩くのは気持ちがよい。

もう少し開いたほうが味も香りも最高になる。
e0064783_12305988.jpg
山はもう冬のたたずまい。
北風がさっと吹いてきたと思ったら、雪が降ってきた。

e0064783_12305142.jpg
おふくの女将に約束していたので、食べごろのやつを一袋届けて帰った。
家では新鮮で大きなやつを割いて、すき焼きに入れて食べた。
松茸にも引けをとらない味と香りであった。


25日の土曜日は、コウムラとNさんちの岩場のプロジェクトをやりに行く。
車で向かう途中に雨が本降りになり、諦めムードで駐車場へ。
百々ヶ峰の下見でもよかったが、小雨になったので行くだけ行ってみる。

全体的に前傾しているため、沁みだしのある上部を除いて、登れる状態だった。
6月にビビビ氏に見せてもらったムーブをトップロープで試してみる。
1回目は前回と同じで足が上がらず、やはり体のサイズと柔軟性の問題かとおもいきや。
2回目手順を変えてみたら出来てしまった。
問題はムーブなのであった。
ヘッドウォールにも触り、進展のあった半日だった。
コウムラは相変わらず。

午後、時間ができたのでファミリーキャンプ用のテントのポールを修理した。
庭で張ってみると、透かして見るフライシートがまだら模様に。
袋にマジックで書いた購入年月日をみると、1998年8月8日となっていた。
出動回数は年に1回あるかないかなのに、経年劣化はしかたがない。

e0064783_12354812.jpg
今年も、この時期になった。
e0064783_12354763.jpg

26日の日曜日は、コウムラと美濃加茂の岩場へ行くことも考えたけど、朝、起きると久々のクライミングで筋肉痛。
気になっていた、鈴鹿北部のダイラというところへ歩きに行くことにした。

アプローチは時山集落の上流の毘沙門谷
e0064783_12520657.jpg
ダイラは名前のとおり平らな台地
e0064783_12515991.jpg
瓢箪池(琵琶池)にも寄って、のんびりした。
e0064783_12521372.jpg
3か所とも独特の雰囲気のある場所であった。
山行報告は後日。




[PR]

by s_space_s | 2017-11-27 18:40 | 山菜・きのこ | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 02日

初冬の穴毛谷で肘鉄を食らう(穴毛岩試登)

【山域】北アルプス
【場所】笠ヶ岳穴毛谷
【日時】2017年11月1日(木)
【コース】新穂高~穴毛谷~穴毛岩試登~穴毛大滝見物~穴毛岩試登2回目~穴毛谷下降~新穂高
【メンバー】イシハラさん、わし、まっちゃん(穴毛岩から別行動)

10月に2回計画して台風のために延期にした穴毛谷。
遂にしびれを切らして年休を取って行ってきました。
穴毛岩の秘部に触れてみようと2回も手を出してみましたが、結果は敗退。

大滝から上はもう冬の様相でした。
まっちゃんは別行動で穴毛谷を抜け、笠新道から下山しました。
なんと、地下足袋に綿の靴下で杓子平では膝下ラッセルだったそうです。
ようやるわ。


まっちゃんの地下足袋とイシハラさんの登山靴。
このギャップはいったい?

e0064783_06230799.jpg
雪のある時期しか通ったことがない穴毛谷は、ちゃんと水の流れる、普通の谷だった。

e0064783_06230717.jpg
四ノ沢を覗く。正面にピナクル
e0064783_06224863.jpg
穴毛岩の下に到着
これは穴と言うよりアーチ橋
e0064783_06224895.jpg
まっちゃんは、ここから別行動で本谷を登る。

両脇の岩壁は弱点がなく、登れそうもないので、下流から見えていた右手の壁に廻ってみる。
イシハラさんリードで一段上のテラスに上がる。
階段状に見えていた壁は、傾斜がきつく、プロテクションも取れず、おまけに脆いという3Kの壁であった。
e0064783_06224706.jpg
無理をすることもないので、取付きに戻り、時間があるので大滝見物に出かける。
大きなスノーブリッジが残っている。
左手奥に大滝が見えてきた。
e0064783_06223864.jpg
陽が当たると壁の氷が落ちてくる。
e0064783_06223875.jpg
まっちゃんの地下足袋の足跡はザイテンタールに向かっていた。

下降中、穴毛岩の下を通過して、未練がましく振り返ると、さっきのラインの右のリッジが良いラインに見えてきた。
イシハラさんに「登ってみいへん?」と訊くと「いいですよ」といつもの答え。
ガレ場を詰めて、小滝の横から取付く。
今度はわしがトップをやらせてもらう。

下部は岩が安定していて楽しく登れたが、20mほど登ると脆くなってきて気を遣う。
30mほどでコメツガのある安定したテラスに着いた。

e0064783_06224717.jpg
あと10mほどでブッシュラインに届く。
しかし、傾斜はさほどないものの、脆く、プロテクションも取れそうにない。
ロープも重いような気がしたので、ここでピッチを切ったが、そのまま伸ばすべきだったかもしれない。
というのは、次のリードのイシハラさんは、落下係数2のリスクを負って登ることになるから。
まあ、イシハラさんが降りると判断するぐらいのボロさなので、わしには無理だったとは思うが。

取付きから右岩稜を見上げる
e0064783_10375920.jpg
穴毛岩右岩稜全景
e0064783_10503447.jpg
あとは歩きにくいゴーロの谷を黙々と下るのみ。
飛び石の渡渉数回。

林道の案内板
e0064783_13050718.jpg
多分、まっちゃんを待つことなるだろうとの予想で、のんびり林道を歩いて車に戻る。
ロックしたはずのドアが開くので、車上狙いにやられたかと思った。
後ろシートからがばっと顔が出てきてびっくり。
まっちゃんが寝て待っていたのであった。

穴毛には性懲りもなく、また来るかも。





[PR]

by s_space_s | 2017-11-02 12:35 | クライミング | Trackback | Comments(4)
2017年 10月 02日

2日続けてまったりクライミング(錫杖岳・美濃加茂)

岐阜登高会のK先生と2日続けて岩登りをしました。

9月30日(土)は錫杖岳の中央稜P2右岩壁左ルート。
K先生は錫杖が初めてだったので、まず前衛フェースの各ルートの取付きをご案内しました。
e0064783_21051915.jpg
2ピッチ目はチョックストンをくぐらず、すぐ右のフェースから小さく巻いて上に出ました。
なめてアプローチシューズで登っていたらちょっと微妙なところがあり緊張しました。
湿った穴に入ったほうがよかった。
対岸の注文は「行列のできる料理店」になっていました。

3ピッチ目は見た目歩いて登れそうですが、足元が笹で滑るので、ノーロープでは怖い。
e0064783_21051968.jpg
4ピッチ目すっきりしたフェースを登ってP2へ。
P1とのコルへはクライムダウン。
e0064783_21051842.jpg
P1正面のフェースは左手の灌木帯から巻いて上部の気持ちの良い草原に出て終了。
烏帽子岩西肩ルートは登ってみたいかっこいいラインです。
すごい自然の造形ですね。
e0064783_21051948.jpg
西肩から裏の沢を下りクリヤ谷へ降りました。
e0064783_21051828.jpg
せせらぎ街道で岐阜へ帰りました。
夕飯に間に合い、ビールが美味かった。

10月1日(日)もいい天気。
午前中はかみさんのやっている畑の収穫祭の準備。
10時半ごろからピザ窯に火を入れて、まずは安納芋の焼き芋をしながら窯を温めます。
次は焼きリンゴ。
そのうち、かみさんの友人2人も来て、ピザを作り始めたので、わしはどんどん焼いて運びます。
もちろん食べながら。
ビールを飲めないのがつらい。

ピザ作りも一段落で、庭で収穫祭開始。
芋もリンゴも美味しく焼けました。
お腹いっぱいになったころ、K先生とMさんが到着。
ピザと焼きリンゴを食べていただいてから美濃加茂の岩場へ行きました。
焼き芋はお土産。

ショートルートのエリアへご案内し、
「森のちから」「ハッピークラック」「赤壁そっくり」を登りました。

「森のちから」は初めて触りましたが、面白かった。
Mさん奮闘中
e0064783_03251875.jpg
わしも登ってみました。
e0064783_20390256.jpg
NPのハッピークラック
K先生、猛烈なランナウト
e0064783_21043417.jpg
某サイトの情報ではこのクラックは5.9~10aとなっていますが、Ⅳ級ぐらいだと思います。

K先生が登りたかった「赤壁」
e0064783_21043450.jpg
日が暮れるまで遊んで帰りました。




[PR]

by s_space_s | 2017-10-02 03:32 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 06日

剱岳八ツ峰Ⅵ峰Cフェース剣稜会ルート

【山域】北アルプス
【場所】剱岳八ツ峰
【日時】2017年8月3日(木)~5日(土)
【コース】室堂~剣沢~長次郎雪渓~熊ノ岩(泊)~Ⅵ峰Cフェース~八ツ峰上半~剱岳~別山尾根~剣沢(泊)~別山乗越~立山三山縦走~室堂
【メンバー】コウムラ、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
e0064783_13125825.jpg
前回、コウムラの希望でDフェースを登りに来てからもう3年の月日が流れた。
コウムラは3年間まじめに努力した。
このルートならツルベで登っても安心できるまでになった。
今後は、禁煙して強いクライマーになってもらいたい。

剱は岩と雪の殿堂だ。
自分の小ささが実感できる。

1日目 曇り夕方小雨

室堂はスキーができそうなほど残雪が多い。
剣沢小屋の横に2泊目の食料などをデポして長次郎に向かう。
e0064783_13171055.jpg
長次郎谷出合から剣沢を振り返る。

e0064783_13171082.jpg
3年前の9月に雪渓が切れていたところも快調に登れる。

e0064783_13171079.jpg
チェーンスパイクとアプローチシューズはぎりぎりの選択だった。
この足回りでは下降は難しい。
e0064783_13161110.jpg
3時ごろ熊ノ岩に到着。
この風景、既視感がある。

e0064783_13171003.jpg
テントサイトはほとんど残雪に覆われ、5張ほどのスペースしかなかった。
テントキーパーしていた女性に1段下の快適なスペースを教えていただいた。
草原状の尾根に小さく人影が見えるところ。
e0064783_13143813.jpg
水は雪渓の下から豊富に流れ出していた。
手の切れそうなほどの氷水。
e0064783_13144032.jpg
今日のねぐらはツエルト
e0064783_13161122.jpg

2日目 曇り時々晴れ、夕方小雨

一段上のテントサイトを見上げる。
今日はCフェースも貸切かと気を抜いたのがまずかった。
e0064783_13192599.jpg
キジを打ったりしてゆっくり準備していると、5人のパーティーが長次郎を登ってきて、Cフェース基部に着いてしまった。
雪渓を横断してわしらも行ってみると、大学生パーティーで全員が剣稜会を登るという。
2パーティー目は新人2人をドッペルするというので、腹をくくってのんびり待つことにする。
e0064783_13192588.jpg
1ピッチ目の取付きは雪渓のシュルンドになっていて登りにくい。
写真は先行1パーティー目。
e0064783_13215656.jpg
1時間以上待ってスタート。
今日はジャンケンでオーダーを決める。
1ピッチ目はわしから。
ファイブテンのシューズは非常に快適で楽しく登れる。
残置はかなり古く、また少な目なのでカムが有効だ。

2ピッチ目の出だし。
安心して見ていられるようになったコウムラのリード。
学生パーティーは何回か落石を起していた。
確保技術も怪しい感じだったが、口を出さず。
e0064783_13192501.jpg
3ピッチ目の長いスラブがハイライト。
e0064783_13215602.jpg
リッジの尖がった先からのハンドトラバースがよく写真になっているピッチ。
コウムラはリッジを行かず、フェースを登ってしまった。

e0064783_13133718.jpg
最後、2級の岩場を少しで終了。
この時点で既に11時になってしまい、時間に追われることとなった。

八ツ峰上半はⅥ峰はクライミングダウン、Ⅶ峰は巻いて時間をかせぐ。
コウムラは2年前にも来ているので案内してもらった。
e0064783_13192477.jpg
e0064783_13133768.jpg
八ツ峰の頭は割愛して池ノ谷乗越へ。
ここからコウムラのスピードがガクンと落ちる。
先に歩くと置いていってしまいそうなので、先に歩かせる。
不思議なことにセカンドを歩いていると、その間のルートの記憶が曖昧になる。

14時半ごろ頂上着。
ガスに覆われ展望はない。
e0064783_13133791.jpg
コウムラのザックがやけに大きい。
協同装備はツエルトとラジオだけなのに。
装備を切り詰めるのも技術のうち。
e0064783_13192466.jpg
前剣のあたりでガイドの松原さんに会って懐かしかった。
お名前を間違えて申し訳ありません。
剣山荘のあたりで雨が降り出したが、すぐに上がってほっ。
e0064783_13192499.jpg
夜中におしっこに起きるとヘッドランプが要らないほどの月夜だった。

3日目 晴れ

剣沢キャンプ場のアサ~。
e0064783_13133701.jpg
9時ごろ出ればいいなとか言っていたけど、準備が出来てしまったので7時ごろ出発。
もう少し歩きたくて、別山乗越で立山三山縦走を提案するもコウムラは瞬時却下。
別行動でみくりが池集合とする。

別山方面からの剣

e0064783_13143986.jpg
雄山までは人も少なく気持ちが良かった。
e0064783_13143917.jpg
雄山の社務所には学校集団登山の人だかり。
この集団が降りだしたら大変な渋滞になると思い、休憩もそこそこに下山開始するも時既に遅し。
一ノ越からずら~っと登山の行列が出来ていた。
この人数はキャパを明らかにオーバーしている。
学校の集団登山はせめて休日は避けてもらいたい。

e0064783_13143964.jpg
こういう状況だと悪い人間性が出てきてしまい、いかん。

それでも3時間で集合場所に着く。
コウムラも道草しながら来たようで、そんなに待たせなかったみたい。
誕生日の前祝にコウムラがおごってくれた。
e0064783_13143928.jpg
わしらの夏が終わった。




[PR]

by s_space_s | 2017-08-06 15:39 | 山登り | Trackback | Comments(6)
2017年 07月 19日

この連休

この3連休。
まだ梅雨も明けないとの予想から近場でのトレーニング中心に計画を立てました。

1日目
郡上の沢に釣りに行きました。
釣りが2回目のYさんをご案内しました。
入りやすいところなので、状況は厳しかったけど、いい型が釣れたので、まあ良かった。
e0064783_21044916.jpg
お昼はタモをザル代わりに素麺を食べました。
素麺ってビールと同じで最初はすごく美味しく感じるのですが、そのうち飽きる。
e0064783_21044987.jpg
クロモジの串はいい香り。
お土産もできました。

e0064783_21044161.jpg
2日目はコウムラと剣に行くトレーニング。
美濃加茂の岩場の南稜を2往復(8ピッチ)してから高木山まで尾根を登りました。
本番は登山靴で登る予定なので、今回も登山靴。

e0064783_21051035.jpg
少し動くだけで心臓がアブつく危険な状況でした。

e0064783_21051045.jpg
健康の森から1㎞ほどで戻れる予定が、地図を忘れたばっかりに、7㎞の行軍となりました。
冬の登山靴で舗装路を歩くのはきつかったです。

高木山からこんなに離れてしまいました。
左の尾根末端にあるのが美濃加茂の岩場。
e0064783_21050906.jpg
駐車場に着いてからコウムラのザックの重量を計ったら明らかにわしより負荷をかけていました。
集中豪雨で苔が流されすっきりした川浦川に浸かってクールダウンして帰りました。
家に帰って発泡酒をいくら飲んでも乾きが癒えませんでした。(当たり前)

3日目は近場でNさんち。
はなえちゃんも参加。
e0064783_21054859.jpg
夜半の雨で壁は水がしたたる状況。
やぶ蚊に襲われ落ち着けませんでした。
わしとコームラはトレーニングと割り切って登ればいいのですが、はなえちゃんが外岩嫌いにならないかと心配しました。
けど、蚊に刺されまくりながらも、楽しそうに登っていたので、よかった。
e0064783_21054864.jpg
ここは日陰なので思ったより涼しく、熱中症の心配はありませんでした。
家に帰っておいしく発泡酒が飲めました。

早く涼しい山に行きたいです。





[PR]

by s_space_s | 2017-07-19 08:26 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 07日

エクストリーム出社(燻製作りとNさんち)

昨夜は4月の赤ん坊を連れて広島の姪っこが遊びに来たので、気分が良くて飲みすぎた。
なので、4時に目覚ましを掛けておいたのに止めて危うく二度寝しそうだった。
今朝、やらないといけないことが二つあるのだ。

一つは先日釣ってきたイワナとアマゴを燻製にする準備。
もう一つは、岐阜登高会のK先生と約束したクライミングの朝練である。

まずはコーヒーメーカーをセットしてから、魚のぬめり取りにかかる。
バットに出してみると25cm前後のが8匹で、いい燻製ができそうだ。
水を流しながらたわしでこする。
ぬめりが取れたイワナは意外とサメ肌だ。
それを昨夜酔っ払いながら適当に作ったソミュール液と一緒にジップロックに入れて冷蔵庫へ。

朝飯を食べている時間がないので、これも昨夜握っておいた塩むすびを持って出かける。
集合場所にはすでにK先生が来ていて、ストレッチをしていた。
Nさんちの岩場までは5分もかからない。

酒が残っていて体も重いのでトップロープでお茶を濁す提案をするも、K先生からは、それではお互いのロープワークなどの確認にならないのでリード形式にしましょうとのもっともなご意見。
1ピッチ登って懸垂下降で取りつきに戻る設定でやることになった。

最近、Aさんにボルトを打っていただいた左クラックを登ることにする。
5.9ぐらいなので丁度いいと思ったが、湿気ていることもあり結構真剣に登らされた。
下降器を忘れたので、半マストで降りる。
K先生がもう一本と言われるので、こんどは右クラックをTRで登る。

町のほうからはラジオ体操の音楽が聞こえてくる。
岩のテラスで確保していると朝日が当たってきて気持ちがいい。
蚊も思ったほどいなくてまずは快適に登ることができた。
7時ちょっと過ぎまで遊んで出勤する。

職場に着くとまだ始業1時間前で、部屋で一番だった。

e0064783_21280569.jpg
写真はイメージです。

エクストリーム出社協会公式HP

ここの定義では家での燻製作りは範疇外ですね。
長良川の河原で焚火して塩焼きでもすればよかったかも。





[PR]

by s_space_s | 2017-07-07 12:17 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 22日

錫杖岳烏帽子岩前衛フェース北沢側フランケ「注文左」

【山域】北アルプス
【場所】錫杖岳烏帽子岩前衛フェース北沢側フランケ「注文左」
【日時】2017年6月17日(土)
【タイム】槍見温泉8:00 北沢大滝取付10:00 登攀終了15:00 注文の多い料理店取付16:30 槍見温泉18:00
【メンバー】イシハラさん(Right&Fast)、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】晴れ

ルート図(クリックしてね)→
e0064783_12455598.jpg
注文の多い料理店の終了点から北沢大滝上部に目をやると、バナナのように反り返った特徴的なピナクル(バナナタワー:仮称)が目に入る。
その左手のすっきりしたフェースにはクラックシステムがあり、イシハラさんの発案で登ってみることにした。
e0064783_22004901.jpg
結果的に、クラックに入る前に前傾壁のセクションがあり上部もクラックというより悪そうなチムニーということで当初想定のラインを放棄し、合理的なラインに見えたバナナタワーの左コーナーに繋げるラインで抜けた。
非常に面白いNPのフリークライミングであったのだが、終了点には古い残地スリングがあり、既にトレースされているのは明らかであった。
以前、横山ジャンボさんにいただいた冬期クライミングの情報を確認したところ、ミックスの好ルートとして紹介されていた「注文左」のラインを登っていたのであった。
また、ジャンボさんたちは2003年ごろの夏にこのラインを登っていることも確認できた。

開拓のつもりで登っていたので余計に面白く感じたということもあるが、それを差し引いても楽しい岩登りのできるラインで、特にあのバナナタワーに登れるだけで満足感の得られる好ルートである。
キャメ3.5までとエイリアン数個、ビレー点補強のためピトン数枚があるとよい。
バナナタワーてっぺん周辺は浮石が多いので落石に注意が必要。
下降は左方カンテの終了点に簡単に周ることができる。

【行動概要】
錫杖沢の出合のテン場が雪で埋まっていた。
6月上旬に廣川さんから残雪が多いという話は聞いていたので大滝取付付近の残雪を心配したが、上部は例年並みで中央稜側から回り込むことができた。
e0064783_21525096.jpg
1ピッチ目 
北沢大滝に取り付き、途中から右上してテラスへ。

2ピッチ目
北沢の本流を跨ぎ右壁のジグザクに入ったチムニーに入る。
ここから注文左。
上部はかぶり気味となるがホールドは豊富。
オフウィズスのテクニックはそれほど必要ない。
e0064783_21535317.jpg
3ピッチ目
ラインが左右に分かれる。
ハング下を右上するラインは古くから登られているようでハーケンの残置がみられた。
草付きの階段状を登りピナクルで切る。
e0064783_21541115.jpg
e0064783_21542918.jpg
4ピッチ目
バナナタワー左のコーナーチムニーを登る。
このラインのハイライト。左右にスタンス豊富。
脆い部分があるので慎重に登る。
チムニーが広がり、浮石が積み重なったコルに出てピッチを切る。
タワーのてっぺんから乗り出して下を見ると高度感がすごい。
落石注意。
e0064783_21544372.jpg
5ピッチ目
脆い凹角を登り左のチムニーに入る。
チョックストンをくぐり、大木のあるテラスに出て終了。
e0064783_21551482.jpg

その他の写真へ




[PR]

by s_space_s | 2017-06-22 22:06 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 18日

この夏のプロジェクト(錫杖岳注文左)

e0064783_14190452.jpg
イシハラさんの発案で注文の終了点から錫杖本峰側に見えるすっきりしたフェースに走るクラックを登りに行きました。
結果的に、わしらの手におえるものではなく、合理的と思われるラインを登りました。
後で確認してみると、ジャンボさんが2003年ごろの夏に登って、最近では冬期のミックスラインとして定着しつつある注文左のラインを登っていたのでした。
わしとしては久しぶりの奮闘的クライミングになりました。
あのバナナタワー(仮称)は錫杖のロストアローです。

記録はこちら

錫杖沢出合でこんな残雪見たことない。
e0064783_14244662.jpg
北沢大滝をまず1ピッチ
e0064783_14250732.jpg
ジグザグチムニー
e0064783_14250766.jpg
バナナタワーてっぺんから見下ろすコーナーチムニー
上部に行くほど立ってくる
e0064783_14245749.jpg
気の抜けない最終ピッチ
e0064783_14245834.jpg
注文の終了点から見るバナナタワー
こうやって見るとなんか折れそう
さっきまであのてっぺんに居たと思うと・・・
e0064783_14324411.jpg
注文に周って懸垂下降
e0064783_14250786.jpg
いや~。充実した。by 宇宙のS




[PR]

by s_space_s | 2017-06-18 14:34 | クライミング | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 10日

たのしい岩登り

本日は近所の岩場で半日遊んだ。
一緒に遊んでもらったのはマッチャンとビビビ氏
ひとの登っているのを見るのはとても参考になった。

フリークライミングをしているマッチャンのレア写真
やっぱ凄いわ。
それとも「俺壁」の効果?
e0064783_21460671.jpg
ビビビ氏はさすがジムで登りこんだ理にかなった足さばき。
e0064783_21460372.jpg
わしは少しでも岩に慣れるのが目的。
思うような登りができるようになるにはもう少しかかりそう。
e0064783_21460078.jpg
マッチャンとビビビ氏には不思議なご縁があるみたいで、クライミングの合間のお話も楽しかった。
ビビビ氏はテレマーク倶楽部にもお誘いしたかったけど、山スキーに転向してしまったとのこと。
滑り系には違いないので、そのうちお手合わせ願えると思う。
その前に沢もいいね。
e0064783_21461112.jpg
午後は網戸の張替え、雨具のアイロンがけ、洗濯ものハンガー直し、かみさんのハイキングシューズのソール貼り付けなど家の仕事ができてよかった。




[PR]

by s_space_s | 2017-06-10 22:22 | クライミング | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 18日

(新アイス本没原稿)錫杖岳中央稜P2右岩壁左ルート~本峰東尾根

没になった原稿ですが、もったいないのでここに載せときます。

錫杖岳中央稜P2右岩壁左ルート~本峰東尾根
氷雪壁と雪稜が織りなす美しいクラシックライン
4級 Ⅳ 1泊2日
ガイド
P2右岩壁の氷のルンゼから取付き、上部の雪壁、雪稜をじっくり楽しむ比較的長いルートである。P2右岩壁の核心はチムニーに張り付いたベルグラを際どいダブルアックス2ピッチで抜ける。上部の雪壁は頼りないブッシュにランニングを取りながらじわじわ高度を稼ぐ。
錫杖岳の頂上へ抜けるラインとして北沢大滝~本峰正面ルンゼは最短で合理的なラインとすれば、本ルートは最も美しいラインと言えるであろう。
アプローチ 
槍見温泉からほぼクリヤ谷登山道沿いにラッセル。雪に埋まり雪原となった出合いから錫杖沢を詰める。大滝手前で中央稜側に入るルンゼが取付き。
クライミングノート
(1日目)
P2右岩壁のチムニーは青氷、ベルグラ、トンネル状雪壁などコンディションの変化が激しい。
1ピッチ目
ダブルアックス45mでボルトテラスへ。一部悪い部分あり。
e0064783_11033187.jpg
2ピッチ目
チムニー手前のベルグラのミックスを抜けると後は良く氷り、快適なダブルアックスとなる。 非常に楽しめるピッチ。
e0064783_11033119.jpg
3ピッチ目
溝状の氷雪壁
4ピッチ目
雪壁からP2直下の岩場を登り、上部垂壁は右の悪い雪壁から抜ける。
5ピッチ目
雪壁からキノコ雪のP2の頭へ。確保支点なし。スノーアンカーがあると安心。
6ピッチ目
P1のコルへは雪庇をスコップでルート工作し下降。
7ピッチ目
P1を左から巻き、ルンゼ状雪壁から尾根に出る。
8から11ピッチ目
易しい雪稜にロープを伸ばす。
e0064783_11033163.jpg
グラスリンネ右下に快適なテラスのビバークポイントあり。

(2日目)
グラスリンネは完全な雪壁2ピッチで東尾根上に出る。
e0064783_11033164.jpg
3ピッチ目
小岩峰は左の雪壁をトラバースする。
4ピッチ目
ルンゼ状雪壁からナイフリッジへ。
5ピッチ目
ナイフリッジが非常に不安定のため、左のミックス壁をトラバースし 垂直雪とブッシュ登りで尾根上に出る。
6ピッチ目
本峰のピークを右の易しい斜面から巻き主稜線に出る。
下降ルート
北尾根経由でクリヤ谷下降。
適 期 2月上旬~3月下旬
参考タイム 槍見温泉(3時間)取付き(5時間)P2(3時間)中央稜上端テラス(ビバークポイント)(6時間)頂上(1時間)錫杖沢出合(1時間)槍見温泉
装 備 アイスハーケン5~6本、ロックハーケン各種6枚、カム少々、スコップ
地 図 「笠ヶ岳」
記 録 2003年3月22日、23日、石際淳、加藤毅(岐阜ケルン山岳会)再登


e0064783_11033101.jpg



[PR]

by s_space_s | 2017-01-18 12:47 | クライミング | Trackback | Comments(0)