blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:テレマーク記録 ( 161 ) タグの人気記事


2016年 05月 19日

鳥海山・月山テレマークツアー(4日目)


月山の大斜面を姥ヶ岳に向かって飛ばす
e0064783_22480483.jpg
2016年5月8日
ルート:月山スキー場~月山往復
天気:濃霧・強風のち晴れ
タイム:ほていや6:00 スキー場休憩所6:40~9:00 頂上11:00 ほていや12:00


今日はツアーの最終日。
4時に目覚ましをかけたのに寝過ごして起きるともう5時でした。
まだ酒が残っている感じです。
昨夜のうちに精算は済ませていたので、荷物をまとめて宿を出ました。
まだ、ゲレンデトップは雲の中です。


e0064783_22490029.jpg
リフトは8時からの運行なので、時間のない我々はシールでゲレンデを登ります。
250mほど登るとリフトの終点。
強風とガスでとても登れる状況ではないので休憩所で待機することにしました。

e0064783_22490386.jpg
2時間以上待って、時折ガスが切れるようになったので出発しました。
目標物がないのでトレースと地形図・コンパス頼りに登ります。
強風でバランスを崩しそうになることもありました。
e0064783_22482444.jpg

斜面が氷化してきたのでシートラーゲンしましたが、結局その上はハイマツ帯でスキーを使えるのはここまででした。
e0064783_22482099.jpg
頂上小屋にスキーをデポして月山頂上神社にお参り

e0064783_22481663.jpg
当初の予定では、頂上小屋から清川行人小屋方面の大斜面を滑って戻る予定でしたが、この天気では無理です。
スキー場方面へ戻るのも強風に煽られて必死でした。

ハイマツ帯から雪の斜面に入るそのとき奇跡が起こりました。
今までの強風とガスが嘘のようにさっと上がって晴れ間が覗いたのです。

e0064783_22491187.jpg
いしはらさん決まってます
e0064783_22481351.jpg
こざえもんさん絶好調

e0064783_22491565.jpg
日本ばなれした大斜面
e0064783_22481014.jpg

スキー場を滑らず尾根の四ッ谷川側を滑って駐車場に戻りました。
斜滑降が多く、ただ効率的なだけのラインでしたが、スキー場手前のブナ林を楽しく滑ってフィニッシュ。
e0064783_22480792.jpg
ちょうど12時に駐車場に着きました。
泊まった部屋の前で記念写真

e0064783_22492295.jpg
帰りの道も渋滞せず8時間ほどで岐阜へ帰れました。
半分以上スキー以外のことをしていたツアーでしたが、楽しい旅になりました。

R112沿いにあった気になるボルダリングジム
e0064783_21043638.jpg





[PR]

by s_space_s | 2016-05-19 12:40 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 16日

鳥海山・月山テレマークツアー(3日目)

朝起きてみるとやはり雨降り。
それも本降りです。

e0064783_21582187.jpg
朝飯の前に温泉に入ってから、ぷしゅっと。
宿のおいしい朝食をゆっくりいただき、10時ごろまで部屋でごろごろしました。


e0064783_21591240.jpg
宿をチェックアウトして、すぐ隣の鳥海イヌワシみらい館へ行ってみました。
目的は昨日鳥海山で見た鳥がイヌワシだったか確認するためです。
エントランス・ホールの床に貼ってあった実物大のイヌワシの絵を見て、違っていたことはすぐ分かりました。
わしらの上を悠々と旋回していたのは結局トビでした。
この博物館はイヌワシ以外の猛禽類の展示も充実していて勉強になりました。
e0064783_21582169.jpg
昼食は近くの手打ち蕎麦の店鳳来へ。
開店前でしたが入れていただき、準備のできるまで待たせてもらいました。
外は雨と強風です。
ウドの煮物でお茶をいただく。

e0064783_21581300.jpg
太めの二八蕎麦はとてもこしが強く、食べごたえがありました。
この蕎麦は噛んで食べるのがよろしい。

e0064783_21581378.jpg
山を降りると雨も上がってきました。
「ごばえちゃんライン」という広域農道を南下して月山に向かいました。
このときは「こばえちゃん」ってなんかのキャラクター?コバエ?とか思っていたのですが、帰ってから確認してみると、「来ばえちゃ(こばえちゃ)」であって庄内弁で「また来てね」という意味でした。

国道112から九十九折れの坂を上り、数件の宿があるスキー場にとうちゃこ。
でも、こざえもんさんが手配してくれた「ほていや」が見当たりません。
この「えびすや」さんは一見して廃業している感じ。

e0064783_21581439.jpg
こざえもんさんが向かいにあった、ここも宿なのかどうか定かでない建物に入って尋ねると、ここが「ほていや」でした。
店の看板は強風で飛ばされてしまったのだそうです。
この外観から、いやがうえにも期待(何の?)が高まります。

e0064783_21581324.jpg
若い主人に案内されて部屋に入ってみると、学生時代の下宿を彷彿させるいい雰囲気。
女将は赤ん坊をおんぶしながら夕食の支度中。
5歳ぐらいの坊主が階段の踊り場で「あちょー」とか言ってエアーヌンチャクしている。
「えびすや」の向かいの「ほていや」なんて、まるでつげ義春の漫画みたいですね。

板を打ち付けてある窓から覗くと。
e0064783_21581424.jpg
外は強風、おじさんたちはスキーをする気もないので、もう飲むしかない。
「ふっつ・とみうら」の続きを読んだりする。
e0064783_21525241.jpg
風呂から出たところで、お客らしい姉さまがスキーのヘルメットをドライヤーで乾かしていました。
わしの顔を見て、「ヘルメットが濡れてると気持ち悪いよね。ドライヤー使ってるけどいい?」
わしの頭を見て、「必要ないみたいね。」

夕食のとき隣の席に座っていたのは、さっきの姉さまでした。
話を聞くと、この宿の常連さんだそうで、毎週ぐらい一人で東京から車を飛ばしてくるのだそうです。
この宿はスキー狂が集まるところで、一見が予約できたのはラッキーだったみたいです。
「リアリズムの宿」とは違い、夕食は特上の和牛とギョウジャニンニクの焼肉でした。

e0064783_21524889.jpg
銀嶺月山がうまい!
いつも姉さまにもてるこざえもんさんは、近々月山スキー場であるバンクレースに誘われていました。
姉さまの毒気にあたったか、部屋に戻ってからも変な踊りを踊りだすこざえもんさん。
e0064783_21581438.jpg
明日の朝がちょっと心配です。
それはお前も同じだろうってか?





[PR]

by s_space_s | 2016-05-16 17:27 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 14日

鳥海山・月山テレマークツアー(2日目)

2016年5月6日
ルート:湯の台~滝の小屋~行者岳~新山(頂上)~千蛇谷滑降~文殊岳~行者岳~林道終点
天気:快晴のち曇り
タイム:林道H750mあたり5:20 滝の小屋7:00 伏拝岳9:30~10:00 頂上11:10 拝伏岳13:50 林道16:00

千蛇谷の超快適斜面
e0064783_21561660.jpg

朝4時起き。
パンなど食べてから鍵を開けておいてもらった玄関から宿を出る。
車で林道?を登っていくと標高750mあたりで残雪に阻まれた。
e0064783_20433409.jpg
荒木川の橋の手前から心もとない残雪をひろって右岸の尾根に出る。
藪がうるさい。
灌木の枝に付けられた赤布は3mは頭上にある。
宮様ルートの切り開きはよく分からなかった。
e0064783_21381755.jpg
宿の箸袋に印刷されていた歌

お花畠(鳥海山の歌)
作詞・作曲 土方達雄

ここのお山は 東北(あずま)一
出羽富士の名ある 鳥海よ
嶺に白雪 白雪や
夏でも消えやせぬ 夏でも消えぬ

消えぬその雪 心字雪
とけて流れる 河原宿
お花畠や 花畠
眺めはつきやせぬ 眺めはつきぬ

つきぬ眺めの 滝の小屋
南に月山 蔵王山
窓の灯(ともしび) 灯や
名残りはつきやせぬ 名残りはつきぬ

名残りつきせぬ 鳥海に
残るシュプール あざやかに
清き流れや 岩つつじ
また来る日まで 来る日まで

鳥海山七合目河原宿
海抜五千尺
大正十三年七月七日作

歌にあった滝の小屋。
ここに来てみたかった。
滝は雪の下。

e0064783_20433701.jpg
伏拝岳への大斜面
途中からシートラーゲン
e0064783_20421603.jpg
昨日の嵐の名残り
e0064783_20424977.jpg
稜線に出たところにみえた仏さま
e0064783_20433924.jpg
1801年に出来た新山

e0064783_20434209.jpg
大物忌神社からの快適斜面
やりたい放題
e0064783_20431727.jpg
千蛇谷に滑り込む
e0064783_20434561.jpg
歓声があがってしまう気持ちよさ~。
e0064783_20425404.jpg
どこまでも滑っていきたい
e0064783_20425772.jpg
けど、このあたりで尾根に復帰
e0064783_20440503.jpg
二羽の大きな鳥が稜線上を飛んでいった。
その一羽が我々の頭上を旋回している
イヌワシではないかい?
飛び方も悠々としているし、やっばイヌワシは違うね!
(お詳しい方が下の写真をご覧になればこれが間違いなのは明瞭です。)
e0064783_20430652.jpg
行者岳への尾根を登っているうちに風が強くなってきた。
e0064783_20440933.jpg
振り返ると昨日登りたかった鳥海湖
e0064783_20422954.jpg
コザエモンさんはガス欠ぎみだったが、モナカになるのが怖いので休憩もとらず早々に滑降に移る。
e0064783_20441386.jpg
なかなかいいんでないかい。
e0064783_21443693.jpg
小回りしてみたりする。
e0064783_20431189.jpg
下部でひどい藪の横断

e0064783_22315447.jpg
下から見ると一番広いところを横断してないかい?
同ルート下降でないので、これもまた楽し。
e0064783_20423566.jpg
林道の残雪を繋いでかなり下まで滑れた。

e0064783_20441688.jpg

今日は露天風呂に入ろう。
明日は雨の予報なので、のんびりできそうだ。




[PR]

by s_space_s | 2016-05-14 21:46 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 11日

鳥海山・月山テレマークツアー(1日目)

期間:2016年5月4日~8日
メンバー:コザエモンさん、イシハラさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部)

5月4日(水)の夜、8時半に美濃市役所集合。
3人で運転を交代しながら日本海沿いを北上。
翌朝、5時ごろ道の駅・鳥海に着く。
ブルーラインのゲートが開く8時前まで仮眠。

ブルーライン沿いの新緑が美しい。
登山口の大平の駐車場まで上がるも、ガスと強風のため登山は無理な状況。

e0064783_23114467.jpg
午後は回復するかもという淡い期待により車の中でごろごろする。

川崎長太郎「ふっつ・とみうら」
e0064783_23111656.jpg
11時ごろまで大平山荘の売店をひやかしたりしながら時間をつぶすが、天気は悪くなる一方なので下山することに決定。
ブルーラインの反対側の登り口、にかほ市方面に降りてみる。
象潟海水浴場で海を眺める。

流木

e0064783_23115836.jpg
コザエモンさん俳優みたい。
「さすらい…」
e0064783_23114890.jpg
漁港の野良
片耳が切れている。
もう一匹の黒猫は兄弟か。
e0064783_23114035.jpg
まさに「マサ苑」
e0064783_23112175.jpg
お店のいち推し、レモン入り辛子ラーメン
予想外の優しい味
e0064783_23113624.jpg
吹浦の十六羅漢

e0064783_23115574.jpg
吹浦ではお祭りの最中であった。
いい天気になってきて鳥海山が気になり、見上げると山は雲に隠れており、なぜか安心する。
鳥海山大物忌神社にお参りし、明日は奥宮に上げていただけるようお祈りする。
e0064783_23113128.jpg
2泊予定の湯の台温泉「鳥海山荘」に早めにチェックインし、温泉に入る。
強風おさまらず、景色も見えず。
2人は露天風呂に挑戦していたが、わしは遠慮した。
宿泊は3グループのみ。
夕食はご馳走。地酒「麓井」の熱燗をいただく。

明日は4時起きだ。




[PR]

by s_space_s | 2016-05-11 17:31 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 17日

白山大白川ワリ谷源頭ボウル

e0064783_13395349.jpg
【山域】白山
【場所】大白川支流ワリ谷源頭2168mピーク
【日時】2016年4月15日(金)
【コース】平瀬~自然休養林~ワリ谷右俣~2168mピーク~源頭ボウル2本滑降~右俣~自然休養林~平瀬
【メンバー】はなえちゃん、わし
【天気】快晴
【ルート図】クリックしてね
e0064783_15044339.jpg

YASUHIRO先生に敬意を表してコブラツリーのポーズ
e0064783_13395325.jpg
ケツが痛い
e0064783_13395320.jpg
自然休養林のブナ林の間から白山が
e0064783_13402215.jpg
取水堰堤
e0064783_13395339.jpg
やっぱり渡渉
e0064783_13460357.jpg
雪渓はズタズタ
e0064783_13460342.jpg
中間から上はメンツル
右俣は正面の狭い谷
e0064783_13460343.jpg
予想外の崩壊地
e0064783_13460116.jpg
上部はめっちゃ急
e0064783_13395399.jpg
ここまで来てほっ。
e0064783_13460279.jpg
ワリ谷源頭ボウル
見たら滑らざるをえまい!
e0064783_13460255.jpg
2168mピーク手前から白山本峰
e0064783_13460284.jpg
ピークにて…。
e0064783_13395478.jpg
ピークから一発
e0064783_13503006.jpg
ボトムから対岸の斜面を登り返す。
ボウルトップにて。
e0064783_13395435.jpg
来るのがちょっと遅かった。
日が陰るとモナカに。
泣く泣くツーステップ。
e0064783_13565765.jpg
はなえちゃんは度胸がいいねえ
e0064783_13503024.jpg
時間が押してきたので、2本で切り上げ、ワリ谷へ。
南面だけにいい腐れぐあい。
e0064783_13503099.jpg
落石地帯は慎重に
e0064783_13503056.jpg
二俣から下はまた快適

e0064783_13503050.jpg
腐れ雪最高っ!
e0064783_13395344.jpg
トトロでも住んでいそうなハルニレの古木
e0064783_13503090.jpg
ダウンヒルではなえちゃんにぶっちぎられる。





[PR]

by s_space_s | 2016-04-17 14:46 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 14日

賞味期限切れ?よも太郎山・願教寺山

【山域】白山山系
【場所】石徹白、よも太郎山・願教寺山
【日時】2016年4月10日(日)
【コース】石徹白大杉登山口~願教寺谷~よも太郎山~願教寺山~願教寺谷右俣滑降(滝上まで)~よも太郎山~願教寺谷~登山口
【メンバー】コザエモンさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】高曇り
【タイム】登山口7:00 よも太郎山10:10~30 願教寺山12:50~13:10 よも太郎山15:30 登山口18:20

コザエモンさんの記録(写真はほとんど同じです。)

ルート図(クリックしてね)
e0064783_10572691.jpg

白鳥あたりから大日を見て完全に雪が消えていたのに驚きました。
これほど雪が消えているとは想像していませんでした。
石徹白に入って周囲の山を見て絶望的だと思ったのですが、コザエモンさんと協議の結果、せっかくなので板を担いで入山することに。
結果的に、渡渉、藪こぎなどありましたが、焼き魚の骨についた身をしゃぶりつくすように、残雪スキーを楽しむことができました。
杏より梅が安し。


例年なら急な雪壁になってトラバースが恐ろしい大滝上も楽勝です。

e0064783_21283811.jpg
笠羽橋まで来ても、まだスキーは使えそうにありません。
でも、コザエモンさんと協議の結果、渡渉して突っ込むことに。
ここは水量が多く、スキーブーツでの飛び石が恐ろしかった。
e0064783_21283846.jpg
北願教寺谷出合あたりからスキーが使えるようになりました。
こうなればこっちのもんだ。
e0064783_21324584.jpg
本谷を渡渉し、願教寺谷へ入ります。
e0064783_21283993.jpg
ここは大したことない。
e0064783_21324618.jpg
なかなかいい感じですが…。

e0064783_21283825.jpg
やっぱり谷は割れています。

e0064783_21302216.jpg
渡渉を数回
e0064783_21324545.jpg
よも太郎と日岸山のコルへ向かう谷を詰めました。
途中に全層雪崩のデブリが。
e0064783_21352561.jpg
左手の日岸山の斜面は笹が出ていました。
e0064783_21352607.jpg
コルの手前からよも太郎へ。
帰りが楽しみな斜面です。

e0064783_21302247.jpg
銚子ヶ峰は滑るとこなさそう。
e0064783_21352614.jpg
よも太郎から見る願教寺。
稜線上は雪が消えています。
時折、ガラガラと落石の音が響きます。
e0064783_21352621.jpg
願教寺へは相当苦労することが予想されましたが、コザエモンさんと協議の結果、突っ込むことに。
コルまでは1回藪漕ぎが入りましたが、まずまずの斜面でした。
e0064783_21370082.jpg
雪が付いていない南東尾根を乗越て願教寺谷の右俣にルートを取ろうとしましたが、谷を覗いてみたら雪が繋がっておらず。
戻って主稜線に出ることにしました。
完全に藪漕ぎです。
e0064783_21302231.jpg
願教寺の壁が素晴らしい迫力で迫ってきます。

e0064783_21370019.jpg
こんな感じ。

e0064783_21370021.jpg
右俣の斜面に入ればスキーが使えます。
コザエモンさんガス欠ぎみです。
e0064783_21433178.jpg
登っていて大きな獣が頂上直下を横切るのが見えました。
肩まで来ると足跡が残っていました。
e0064783_21370836.jpg
クマかと思ったけどカモシカでした。

e0064783_21370931.jpg
頂上直下は少し急ですが、あとは快適斜面です。
縦溝が少し邪魔ですが。
e0064783_21302276.jpg
コザエモンさんいい感じ。
重いファットを持ってきたかいがあった(かな?)。
e0064783_21370030.jpg
わしの自家製ロッカー付ヌーニョも快調です。

e0064783_21302293.jpg
残念ながら滝場で雪が切れており、よも太郎に戻ることになりました。

e0064783_21370905.jpg
よも太郎からもいい斜面が滑れたので、結果オーライです。

e0064783_21324550.jpg
往きに渡ったスノーブリッジがさらに細く。
e0064783_21370988.jpg
往きのトレース上にブロックが落ちてきたところも。

e0064783_21370805.jpg
もう日暮れが近い。
e0064783_21410838.jpg
笠羽橋手前の渡渉。
サンクスゴッドロックを這って進む

e0064783_21410826.jpg
本谷の側壁には雪融け水で幾つか滝ができていました。

e0064783_21410823.jpg
ヘッドランプのお世話にならずに帰ることができました。






[PR]

by s_space_s | 2016-04-14 12:27 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
2016年 03月 27日

弓ヶ洞右俣から三方崩山2058.8m

ボーダーのはなえちゃんから弓ヶ洞へ行ってきた話を聞いて、わしもどうしても行ってみたくなりました。
左俣は昔滑ったことがあるので、今回は右俣を狙いました。
遅い時期だと出合いの滝が出ていることが多いらしいのですが、雪が少ない今シーズンは滝が出ているのは確実です。
周りの地形から、たぶん巻けるのではないかと思いました。

雪の状態によってはかなりリスキーな巻きになると思われます。
滝から上の大斜面はデブリも少なく、スキー天国でした。

【山域】白山山系
【場所】三方崩山
【日時】2016年3月27日(日)
【コース】弓ヶ洞右俣~三方崩山
【メンバー】わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】晴れ
【タイム】
林道駐車地点7:10 二段滝高巻き終了8:10 稜線10:10 頂上11:50~12:00
滝上13:20 高巻き終了13:50 駐車地点14:15 

はなえちゃん情報どおり、かなり奥まで車で入れました。
e0064783_21580236.jpg
すぐに雪が出てきて、スキーが使えます。
正面の谷の奥には左俣の急斜面が望まれます。

e0064783_21583784.jpg
そして、右に目を移せば右俣源頭の大斜面が。
出合いの滝はここからは見えません。
ドキドキ。

e0064783_21584387.jpg
うわ~!
やっぱ出ていた。6mほどの滝です。
でも、よく見ると巻けそう。

e0064783_21584778.jpg
スキーが邪魔になりましたが、滝の上に這い上がると…。
うわ~うわ~!
もっとでかい両門の滝じゃ~。
e0064783_21582146.jpg
単独なので、つっこむかどうか迷いましたが、右岸の急な雪壁をブッシュ頼りに登り、滝上にトラバースして降りました。

e0064783_21585573.jpg
滝上の斜面は、予想どおり快適な斜面が広がっています。
帰りの巻きが不安ですが、とりあえずスキーを楽しもう。(きりぎりす)

e0064783_22003485.jpg
1850mコルに出てから、せっかくなので三方崩のピークを目指します。
新雪とハードクラスとが交互に出てきて、スピードが出ません。
あとでシールを見ると、雪が団子になって氷りついていました。
e0064783_22004419.jpg
平瀬からの尾根(写真)とのジャンクション手前で痩せ尾根となり、スキーをデポしました。
昔、シッタカ谷から三方崩を登り四ノ又谷を滑ったときにも、板を外したとこだと思います。

e0064783_22005379.jpg
三方崩手前から白水湖が見えました。

e0064783_22010563.jpg
奥三方も懐かしいピークです。

e0064783_22011961.jpg
コルまでの下りはスキーの機動力が活かせました。
雪は重いけど、自家製ロッカー付ヌーニョ(後日報告)はよく回ってくれ、楽しく滑れました。

源頭部

e0064783_22012378.jpg
中間部

e0064783_22012680.jpg
下部
e0064783_22012943.jpg
最後まで不安だった巻きも慎重にこなして、2時間で下降することができました。
巻きにはピッケルがあると安心です。




[PR]

by s_space_s | 2016-03-27 22:11 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
2016年 03月 06日

ブナ・ミズメの原生林をテレマークで辿る(赤摩木古山東尾根)

e0064783_21523831.jpg
赤摩木古山って名前が面白いですね。
この山に興味を持ったのは、東に延びる尾根に素晴らしいブナの原生林が広がっているというのを何かで読んだからです。
いつかその大木の間を縫ってテレマークしてみたいと。
大門山から回ってもいいのですが、ラインとして美しくないし、地図を見て空想登山をしていたら良いラインが浮かび上がってきました。

一昨年4月にいしはらさんと行ってみたのですが、赤摩木古谷の二俣まで降りたころに雪が降ってきて、諦めました。
その時は、林道の雪割れが多くてスキーの脱着が20回以上で、非常に疲れました。
今回は夥雪とはいえ1ヶ月早いのでスキーの機動力を活かすことができました。
この尾根の原生林は必見です。
もちろん斜面も素晴らしい。

【山域】白山北方稜線
【場所】赤摩木古山1501m
【日時】2016年3月5日(土)
【天気】曇り時々小雨のち晴れ
【コース】ブナオ林道~赤摩木古谷二俣渡渉~赤摩木古山東尾根(往復)
【メンバー】いしはらさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【タイム】
林道ゲート6:30 赤摩木古谷下降点9:30 同渡渉点9:50 稜線12:20 頂上12:35~13:00 渡渉点14:00
下降点14:50 林道ゲート16:30

ルート図(クリックしてね→)
e0064783_10462109.jpg
今回はゲートから雪がありました。
e0064783_10503683.jpg
雪割れも少ない

e0064783_10503662.jpg
赤摩木古谷への下降点から見上げる稜線
遠いなあ。
e0064783_10503684.jpg
地形図で見るより快適な尾根です。

e0064783_10503613.jpg
二俣は片方ずつ2回渡渉しました。
まずは右俣。
e0064783_10503687.jpg
次は左俣
e0064783_10503610.jpg
渡渉後、対岸を振り返る。
良いラインで降りたもんだ。
e0064783_10524303.jpg
尾根に取り付くと、ブナの大木が点々と
e0064783_10524333.jpg
e0064783_10524337.jpg
少し登るとミズメが混じるようになりました。
こんな枝ぶりのミズメ見たことない。

e0064783_10535577.jpg

中間部のブナは少し小さくなります。
上部は疎林となり、稜線の景色が白山山系らしい。
e0064783_10524334.jpg
後半はいしはらさんにずっとラッセルしてもらいました。
e0064783_10562678.jpg
振り返る東尾根


e0064783_10471545.jpg
大門山方面の斜面

e0064783_10562629.jpg
赤摩木古は想像してたより厳しい感じの山でした。
e0064783_21531225.jpg

雪庇と滑落に気を付けながらスキーのままピークを目指します。
e0064783_10562682.jpg
何もないピーク
向こうには大笠山

e0064783_10562672.jpg
わしはシールでジャンクションに戻りました。
いしはらさんはステップソールです。

計画では東尾根を忠実に戻る予定でしたが、北東尾根の白い大斜面を見てしまったら、滑らざるをえまい!
腐れ雪ですが急斜面なので楽しく滑れます。
e0064783_21531511.jpg
e0064783_10583492.jpg
タ~ンするたび~に、ロールが転がり♪

e0064783_10471564.jpg
いしはらさんヒューヒュー!


e0064783_10583403.jpg
振り返る大斜面
e0064783_11062406.jpg
中間部はメロウな疎林
e0064783_21530867.jpg
e0064783_10583410.jpg
適当に切り上げ、東尾根に戻りました。
東尾根もこんな感じ。
e0064783_10583413.jpg
大満足で渡渉点へ
まずはスキーを対岸に投げてっと。
e0064783_21530556.jpg
さてどうやって這い上がろう。
e0064783_10583467.jpg
林道に戻る登りがきつかった。
e0064783_11002178.jpg
タイヤほどもあるロールケーキ
e0064783_11002142.jpg
何回か雪割れがありましたが、面倒なのでそのまま歩きました。
気分はもうみさお先生。
e0064783_11002116.jpg
ゴールイン。
e0064783_11002138.jpg







[PR]

by s_space_s | 2016-03-06 12:04 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
2016年 02月 28日

石徹白バックカントリーガイド(水後山)

三重のスノーボーダーの方を案内させていただきました。
同年代なので、ハイクアップしながら話がはずみました。
肝心の滑りですが、昨年、良いラインだと思っていたところが、雪少なくブッシュがうるさくスノーボードでは厳しかったのが申し訳なかったです。

下部の広大バーンはもちろんGOOD!
ボードにはこういうとこが似合いますね。



e0064783_22040355.jpg
一番のミズナラ
e0064783_22040393.jpg
洞に出入りした跡がありました。
たぶんテン
e0064783_22040376.jpg
水後山手前のジャンクション

e0064783_22040280.jpg
雪が少なく杉の苗が出てました。
e0064783_22040374.jpg

谷も渡渉です。
e0064783_22040311.jpg
鬱憤を晴らすような最後の広大バーン。
e0064783_22040330.jpg
しゃわしゃわでしたが、気持ちいかったです。
e0064783_22040377.jpg
















[PR]

by s_space_s | 2016-02-28 22:20 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 22日

荘川であいの森から1056.9m三角点(大野間)

【山域】白山前衛
【場所】荘川、1056.9m三角点
【日時】2016年2月21日(日)
【コース】荘川ODファーム~であいの森~ジャンクションピーク~1056.9m三角点~1028mピーク~伐採斜面1180mジャンクション~北東尾根滑降~林道~1028mピーク~であいの森~ODファーム
【メンバー】わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】曇り
【タイム】ODファーム13:00 1056.9m三角点14:00 伐採斜面上15:00 ODファーム16:40

ルート図(クリックしてね→)
e0064783_13185088.jpg
飛び込みのスノーシュー半日ツアーが終わって、このまま岐阜へ帰るのももったいないので、いつもガイドしている「荘川であいの森」の裏山へテレマークで遊びに行ってきました。
であいの森は公園なので、「静けさ度」が若干物足りないのですが、公園を出ると小ピークとはいえバックカントリーの世界が広がっていました。
三角点(点名:大野間)は自然林の静かなピークです。
ブナの大木も残っています。
峠を越えた裏側は、最近伐採されたばかりで、スキー場のような切り開きが凄まじい。
雪が良ければ楽しめそうなところです。

国道からの公園入口は二つあって、これはODファーム側
e0064783_23281614.jpg
最初のジャンクションピーク手前。
尾根の北側はまだ小さな植林です。

e0064783_23281697.jpg
ジャンクションピークから南下し、まずは三角点を目指します。
一番のブナの大木

e0064783_23282510.jpg
三角点1056.9m(大野間)は静かなピーク

e0064783_23281669.jpg
山専ボトルは高いので普通のテルモスで我慢。
これでも十分な保温力があります。


e0064783_23280407.jpg
峠の向こうの伐採跡の境界には大きなブナやミズナラもあって、惜しいことです。

e0064783_23280475.jpg
切り出しのためのワイヤーを張られたブナの大木
最初見たとき上に秘密基地でもあるのかと思ってしまいました。
e0064783_23282498.jpg
モナカとクラストで滑りは修行になりそう。

e0064783_23281645.jpg
ジャンクションに着きました。

e0064783_23281601.jpg
これが新雪ならなぁ。

もなか雪 スキー取られて もらい泣き

e0064783_23280434.jpg
林道まで降りてきました。

e0064783_23282459.jpg
峠手前で林道から別れジャンクションピークに向かいます。
伐採跡を振り返る。

e0064783_23280425.jpg

ニホンザルの落とし物

e0064783_23280459.jpg
同足跡
e0064783_23280482.jpg
この日はスキー場に多くのスキーヤー、ボーダーが繰り出したようで、久しぶりに渋滞を味わいました。
岐阜まで3時間かかりました。





[PR]

by s_space_s | 2016-02-22 17:36 | テレマーク | Trackback | Comments(0)