blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:巨木 ( 55 ) タグの人気記事


2017年 09月 25日

旧徳山村コビクラ谷から蕎麦粒山

【山域】奥美濃
【場所】旧徳山村コビクラ谷・蕎麦粒山
【日時】2017年9月23日(土)
【コース】ホハレ峠~黒谷下降~コビクラ谷~蕎麦粒山~西尾根縦走~ホハレ峠
【メンバー】まっちゃん(北大山の会)、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】曇りのち晴れ
【タイム】林道駐車スペース6:35 新ホハレ峠7:00 コビクラ出合8:00 堰堤9:00 蕎麦粒山11:55~12:15
     ホハレ峠14:15 駐車スペース14:35(内生物生息調査30分)

【簡易遡行図】(クリックしてね)
e0064783_09282840.jpg


ふとしたことがきっかけで大垣山岳協会の方の記録を拝見し、この谷の大滝に興味を持ちました。
日比野さんの百山百渓にも2回、いずれも下降ルートとして登場します。
その記述では30m、奥美濃随一との表記がありました。
谷の名前は「シシヤリ谷(小谷)」となっています。

大滝までは堰堤もあり人臭いですが、大滝を越えると、自然林の素晴らしい、癒し渓でした。
まっちゃんの希望で三角点ドンピシャを狙いました。
頂上直下で何箇所か岩場が出てくるのをあみだくじみたいに避けながら、最後の岩を右にとったので惜しくも20mほど西に出ました。


まっちゃんが心配したとおりホハレ峠手前でダートになると、わしのビッツでは上がれず、苦労してバックして手前の駐車スペースに駐車。
10分ほど歩いてホハレ峠らしいところに到着。
3台駐車してありました。
旧ホハレ峠への林道が生きていると思っていたわしらは、分岐がなく新ホハレ峠に着いてしまったので狐につままれた気分。
むむむ・・・
e0064783_11054435.jpg
地元のご老人みたい。我ながら溶け込んでいる。
e0064783_16104604.jpg
黒谷の踏み跡を下り、コビクラ谷出合の河原で大休止。
まっちゃんに美味しいリンゴをもらう。
e0064783_11054497.jpg
まあ、普通の奥美濃の谷

e0064783_11054539.jpg
コルゲート管あらわる

e0064783_11054464.jpg
2段の堰堤あらわる
これも普通サイズ。
e0064783_16104643.jpg
トライするまっちゃん
e0064783_11055555.jpg
堰堤を越えてすぐにコビクラ大滝が現れた。
どう見ても30mはないが、優美な滝と言ってよい
滝壺の主の姿はない
e0064783_11065967.jpg
ディープウォーターソロするまっちゃん
e0064783_11055681.jpg
コビクラ大滝の落ち口を覗く
股がむずむず
e0064783_11055575.jpg
大滝の上はしばらく河原状

e0064783_11061105.jpg
サワグルミの緑が濃い。既にカツラの甘い香りも。
e0064783_16104677.jpg
H700m左岸のトチの大木に登るまっちゃん
e0064783_11065923.jpg
次第に谷は傾斜を増し、滝が出てくる。
e0064783_11061107.jpg
個性的な6mほどの滝が連続する。
直登は難しい滝が多い。

美しい滝6m

e0064783_11065928.jpg
岩棚状8m滝を登るまっちゃん
e0064783_11065879.jpg
石コブ滝4m
e0064783_11065816.jpg
参考にした記録では源流は傾斜強くH900あたりから右岸尾根に逃げるとある。
わしらは、頂上ドンピシャを狙う。
壁ドンの話などしながら小滝を越えていく。
不安定な大石が多くヒヤッとすること数回

ほぼ、満足の結果
e0064783_11061248.jpg
羽根アリが大量発生して、おまけに噛まれるとむちゃくちゃ痛いので、頂上にのんびりできず。

「岐阜県の山」取材時よりもヤブがひどくなっている気がした。
1000mピークから新道と分かれヤブ漕ぎ開始。
e0064783_11064347.jpg
地形は単純なのでナビは難しくないが尾根上の灌木には体力を吸い取られる。
マーキングがないのが好ましい(by まっちゃん)。
1時間弱で旧ホハレ峠のカーブにぴったり到着。
ちなみに、GPS、高度計は使用していない。
e0064783_11064375.jpg
旧林道は完全に廃道で、歩く人も少なく踏み跡も薄い。
林道に出て今朝の疑問が解消した。

e0064783_11064343.jpg
帰りに揖斐川町手前の食堂「さか上がり」に寄ってみる。
のれんは出ていなかったけど、おばちゃんが天ぷらそばを作ってくれた。





[PR]

by s_space_s | 2017-09-25 12:42 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 12日

蕪山の株杉とコシアブラ大木

岐阜大学御嶽会の山行で板取の蕪山に登りました。
この山は14年前に当時所属していた岐阜ケルン山岳会の「公開ハイク」という公募のイベントで登って以来です。
なんとなく単調でつまらない山というイメージができてしまっていたのが、今回かなり良い方に変わりました。

株杉がこんなに大きかったとは。
14年前は何を見ていたのでしょう。
e0064783_05150926.jpg
白山にはまだ雪が残っていました。
谷なら滑れそうに見えました。

e0064783_05151319.jpg
中腹でブナかと思うほど太いコシアブラの木がありました。
ブナ、コシアブラ、ホウ、タカノツメは樹皮が滑らかで地衣類も付いていたりするので、ぱっと見よく似ています。
葉っぱが全然違うので区別は簡単です。

これだけ高木になると芽が採れませんね。
写っているのは一緒に登った小1のくーちゃん。
(わしの孫ではありません。)
e0064783_05150346.jpg





[PR]

by s_space_s | 2017-06-12 17:26 | 巨木巡礼 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 23日

蒲郡の旅

家族旅行で蒲郡温泉に行ってきました。

竹島橋
風が強かった
なぜか走って来るかみさん

e0064783_20161931.jpg
八百富神社
e0064783_20162456.jpg
竹島水族館は楽しめました。
e0064783_20162946.jpg
サメやタカアシガニに触れる水槽
オオグソクムシにも触れます(触りたくないけど。)
e0064783_20164186.jpg
アシカ(オタリア)のラブちゃんのショーを見ました。
満席でした。

e0064783_20164633.jpg
そんなことないと思います。
e0064783_20165085.jpg
アンモナイトはイカ・タコの仲間
地元の漁師さんが持ち込む珍しい魚がごちゃまぜに展示されていて、どれだけでも観ていられます。
e0064783_20170305.jpg
丘の上の宿から眺める三河湾
e0064783_20171210.jpg
日が暮れるのが早い

e0064783_20171770.jpg
日本酒が美味い
メヒカリの唐揚げも美味かった。

e0064783_20172559.jpg
暗いうちに起きて、かみさんと散歩に行きました。
日の出が見えました。
手前はラグーナ蒲郡
e0064783_20210441.jpg
30mの弘法太子像
e0064783_20210495.jpg
海鮮市場でメヒカリの唐揚げとアナゴの干物などを買ったあと、隣の青果市場でミカンとシクラメンを買いました。
e0064783_20210575.jpg
最後、地図に載っていた清田の大クスを見に行きました。
これは一見の価値がある巨木です。
幹回り14m以上、樹齢1000年以上だそうです。
e0064783_20210312.jpg
明治初期まで、このあたりはクスの樹海だったそうです。

案内板(クリックしてね)
e0064783_20505909.jpg







[PR]

by s_space_s | 2016-12-23 20:53 | 巨木巡礼 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 03日

登山教室

半年ほど市内のカルチャーセンターの登山教室の講師を担当しています。
単発のガイドと違って生徒さんの登山技術屋や知識を高めていく工夫をするのは難しいけど楽しいことでもあります。
一番困るのが、登山という活動の特質で、天候に左右され毎月第2第4土曜とか日程どおりにできない場合が多いことです。
来年はちょっとやり方を変えないといけないかも。

今日は揖斐の飯盛山へ行ってきました。

幹周6m以上あるケヤキの大木「月の株」
この木には天狗が住むと言われ、いかにも座り心地の良さそうな枝ぶりです。

e0064783_17085612.jpg
四つ股になったところは大人が数人立てるほどの広さがあります。
種のたくさん入った糞がありました。クマが座っていたのでしょうか。

天狗になった気分?
e0064783_17084664.jpg
頂上でキノコ汁をしてゆっくりしました。
e0064783_17085037.jpg
帰ってから、イチジクの剪定と蛇口の水漏れ修理をしました。
明るいうちから飲み始めたけど、明日はまっちゃんと楽しみなクライミングなのでこのぐらいでやめときます。
e0064783_17085729.jpg




[PR]

by s_space_s | 2016-12-03 20:13 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 19日

飛騨国分寺の大銀杏

先日、大学のイベントのスタッフとして高山市へ行きました。
泊まった宿は飛騨国分寺のすぐ裏。
朝飯を買いにコンビニへ行くついでに大銀杏を見てきました。
葉が一斉に落ちる年は大雪になると言われるこの巨木ですが、まだ緑の葉を付けていました。
e0064783_13550352.jpg
根周り10m以上の立派な木です。
e0064783_13550410.jpg
市内から眺める乗鞍はもう白くなっていました。




[PR]

by s_space_s | 2016-11-19 14:06 | 巨木巡礼 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 20日

二ツ森山のこうもり岩と大ナラ

本記事におきまして、大ナラが立ち枯れてしまったようなことを書きましたが、地元で保護に尽力されている団体の代表の方から、下記のメッセージをいただきました。
確かに何か所かから若い枝が出ていたのは確認しています。
この処置が功を奏して、この大ナラが元気になってくれることをお祈りしています。
新緑の時期に再訪したいと思います。

(メッセージ)
二ッ森山の登山道の整備とコウモリ岩や薬研洞の大ナラの管理を白川町に委託されている黒川トレッキングクラブ代表の伊藤と申します。大ナラは日本で2番目に大きいと言われています!3年ほど前にカシナガノキクイムシが入ってしまい岐阜樹木医協会でウッドキングを穴を開けて手入れして頂きました(周辺のナラの木30本くらいにも)!樹齢が600年位の古木ですが昨年も新芽を付けていました。これからもこの大ナラと遠見場のハナの木などの巨木の面倒を見ていくつもりでいます。


(以下、記事本文)
切越峠からの二ツ森山はヒノキの植林の尾根を歩くあまり見どころのない登山道です。
二つある展望台もほとんど展望が得られません。
けど、その分岩山になっている頂上の解放感は登ってよかったなぁと感じさせる山であります。

e0064783_22212011.jpg
○穴と巨○好きのわし的には、この登山道から少し外れたこうもり岩と大ナラに興味がありました。
二ツ森山には露岩が点在していて、岩質は触ったところ瓢と同じ感じです。
探せばクラックやボルダーの課題などもありそうな。

こうもり岩もそんな露岩のひとつで、頂上のちょっと手前から右の尾根に入り20分ほど急な踏み跡を下ったところにあります。
写真では大きさがわかりませんが15mほどのかなり大きな岩です。
岩の上にはイワカガミが群生しており、基部には岩屋があります。

e0064783_22205484.jpg
快適にビバークできそうなりっぱな岩屋です。
写真では暗くて分かりにくいですが、奥に木の階段があります。

e0064783_22210962.jpg
登ってみると、さらに広い2階部屋がありました。

e0064783_22211628.jpg
ヘッドライトを点けないと真っ暗です。
天井をよく見ると、名前のとおり3匹の小さなこうもりが寝ていました。

むにゃむにゃ・・・

e0064783_22210614.jpg
五月蠅いなぁ・・・誰?(マントを少し広げて覗いてました。)


e0064783_22205857.jpg
突いて起こしてみたかったけどやめました。
登山道に戻る踏み跡沿いには岩場がいっぱいで、そのうちの一つに登ってみたら奥新田の集落がパノラマのように見渡せました。
頂上でおにぎりを食べてのんびりしてから、南西尾根の登山道を下ります。

こちらも大きな露岩が点在しています。
尾根から外れて薬研洞に少し降りたところに大ナラはありました。
日本のミズナラで5本の指に入るような巨木です。

e0064783_22204817.jpg
幹周は7mほどあります。

e0064783_22212951.jpg
しかし、残念なことに立ち枯れのようで、葉が一枚も付いていません。
今の時期ならまだ少しは枯葉が残っているはずなのに。
寂しい気持ちになって、とぼとぼ林道を歩いて登山口に戻りました。

後で調べてみると数年前からナラ枯れになっていたようでした。
予防対策も実施されましたが、効果がなかったようで残念です。

元気なころの写真






[PR]

by s_space_s | 2016-10-20 12:54 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2016年 07月 26日

テンカラ・ガール誕生&巨木街道&御神体キノコ

大日ヶ岳の取材に行くのに、沢からアプローチしてみました。
ついでに、はなえちゃんのリクエストにお応えして毛鉤釣りもやってみました。

アプローチに使った谷は釣り師が頻繁に入る谷で、この日も入渓地点に2台の車が止まっていました。
谷の雰囲気は非常にいいのですが、全然魚が走りません。
滝もほとんどなく本日の唯一のアトラクションが釣りだったので、わしも少々あせりました。

源流近くになり、ようやく魚影を発見。
せっかくなので竿を出してみました。
いくつかポイントを変えて毛鉤を落としてみると、20cmぐらいのイワナが釣れてほっとしました。

では、選手交代。
e0064783_23434414.jpg

ピンクのジャケットが目立つのか、イワナに逃げられて、なかなか釣れません。
e0064783_20471993.jpg
でも、何回か毛鉤を咥えるイワナの感触を覚えて、テンカラにも興味を持ってくれたようでした。

この25cmはいい引きしました。
e0064783_23434540.jpg

E田さんも何匹か引っかけそこないました。
e0064783_23434574.jpg

今回は取材が目的なので、適当に切り上げ、頂上を目指します。
写真を撮るには残念ですが、ガスが掛かって涼しいのは助かります。
大日如来にお参り。

e0064783_23434503.jpg

下山は「ひるがの」へ降りる登山道を使いました。
「ひるがの」方面がほんとは見えてるのですが、写真にすると…。
e0064783_23434545.jpg

この登山道は10年前の秋にも歩いたことがあるし、スキーでもトレースしています。
今回歩いてみて、ブナ、トチ、ミズナラなどの大木がこんなに多いのと、登山道が街道のように開けているのには驚きました。

トチのベンチに座って休憩

e0064783_23434578.jpg

特に「一ぷく平」前後が素晴らしい。
ブナの落ち葉が積もった広場は乾いていて、気持ちがいい。
横になって寝てしまった人もいました。

e0064783_23434509.jpg

一ぷく平の三角点(3世代同居)

e0064783_23434554.jpg

一ぷく平から少し下った登山道わきに見慣れないキノコが生えていました。
その独特の形状に興味深々。
家のキノコ図鑑で調べてみたらタケリタケと回文みたいな名前のキノコでした。
正確に言うと、ヒポミケスキンという菌に寄生されたテングタケが奇形化したものだそうです。
探すと何本もニョキニョキ出ていました。
某神社のお祭りの御神体を髣髴させるため御神体キノコと命名。
e0064783_20552594.jpg
なかなか立派なものをお持ちで。
e0064783_23434594.jpg

最近は「男たちの熱き挑戦」を下山のときも履いたままで、余計な荷物を減らしています。
これにはひとつ難点があって、ネオプレンソックスの中で蒸れた足がめっっちゃ臭くなる。
下山時に足を洗うところがなかったので、困りました。





[PR]

by s_space_s | 2016-07-26 12:14 | 山登り | Trackback | Comments(4)
2016年 06月 07日

花房山・小津権現で会った大きな木など


仲間と4人で揖斐の花房山から小津権現へ縦走しました。
tsutomuさんの記録

花房への登山道の途中に目通り4m以上のモミの大木がありました。
モミノキ平と名前がついています。

モミノキLOVE by GTO
e0064783_23405056.jpg

少し登ったところにクリとモミの合体木がありました。
ここにはクリノキ平と名前がついています。
モミクリ平あるいはクリモミ平としたほうがいい?(なにか問題でも?)
e0064783_23403257.jpg

花房・小津権現間の縦走路は小灌木の生えた見晴らしのよい尾根のイメージを持っていました。
実際はブナ、ミズナラ、イタヤカエデなどの自然林で、木蔭の多い道でした。
小津権現からの下山尾根に根上がりのヒノキがありました。

いいことあるかな~。by AYA
e0064783_23403244.jpg

楽しみだったブナ爺との対面は悲しい結果に終わりました。

ブナ爺~っ! by tsutomu
e0064783_23405113.jpg
立ち枯れてしまったブナ爺の子供たちが育てられていました。
e0064783_23405163.jpg
車を回収しに花房の登山口の東杉原に戻りました。
この集落は廃村になってしまいましたが、神社の大欅(根回りで8mほどある)が歴史の名残を留めていました。
e0064783_23410613.jpg
ちょっと寄ってみた藤橋城の一角にひとけのないフードコートがありました。
最盛期には10ほどもあったであろうお店も今では2店しか開いていません。
昭和の匂いと「とふそば」という看板に引き付けられ、「麺むつみ」のほうに入ってみました。
e0064783_23410699.jpg
味はラーメンに麻婆豆腐を載せたと思っていただければよい。
e0064783_23410605.jpg
話好きの大将で、徳山ダムのできる前のこのあたりの様子を興味深く聴かせてもらいました。





[PR]

by s_space_s | 2016-06-07 21:53 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 31日

小秀山1981.7m

こうむらとはなえちゃんに付き合ってもらい、小秀山へ行ってきました。

昨年、集中豪雨で一部崩壊し通行止めになっていた夫婦滝までの遊歩道は4月下旬に通行可になりました。
6月中旬から、また補修工事に入るようです。
加子母総合事務所の情報
使っておきながら言うのも何ですが、無理やり設置した人工物は何時までもつかわかりません。

夫婦滝を夫婦そろって眺められるのは一瞬です。
冬に登ったことのある雄滝
e0064783_23401741.jpg
夫婦滝からの上の登山道は変化にとんだ楽しいコースです。
鎧岩の道標に「一周して下さい」と書いてあったので、なにか面白いことでもあるのかと岩塔をぐるっと回ってみました。
たぶん、これは「ぐるっと迂回して下さい」ほどの意味だと分かりました。

e0064783_23401726.jpg

シャクナゲ満開
e0064783_23401754.jpg
兜岩のてっぺんで

e0064783_23401745.jpg
御嶽の眺めは白草を凌ぐほど。
ほとんど雪なし。
e0064783_23401700.jpg
加子母の大杉地蔵尊に寄りました。
樹齢千数百年といわれる大木です。
右下にいるはなえちゃんと比べると、その巨大さが分かると思います。
樹勢もすばらしい。
e0064783_23404119.jpg
山を歩きながら、このあたりでナメクジの集まるお墓があるという話をしていました。
公園で遊んでいた女の子4人に尋ねると場所を教えてくれました。
写真の左奥の四角い石塔が件のお墓です。

e0064783_23401787.jpg
このお墓は、鎌倉時代の高僧「文覚上人」のお墓です。
文覚上人は若いころ友人の妻「袈裟御前」に「横恋慕」をして、夫の身代わりとなって寝ていた袈裟御前の首をはねてしまいます。
この罪を償うために出家し修行を積んだ文覚は、ここ小郷の地で没しました。
袈裟御前の命日、旧暦7月9日の夜になると墓石にナメクジが這い上がるようになりました。
それは文覚の罪を許す袈裟御前の霊だと言われています。

言い伝えは昔からあったようですが、その夜に小郷の祭りが行われるようになったのは比較的最近の1986年です。
地蔵尊のお隣の家で生垣の剪定をしてみえたおじさんに尋ねたところ、ナメクジはお祭りの日だけ現れるのだそうです。
もちろん自分も見たと言ってみえました。
祭りには毎年1500人もの人が集まるということでした。
e0064783_23402748.jpg
今年は8月11日らしい。
なめくじ祭公式ページ

関~金山線を走っていると雨が本降りになりました。






[PR]

by s_space_s | 2016-05-31 12:40 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 21日

越前三国港までサイクリング

この土日で、自宅の岐阜市から「落ちたら死ぬ」で話題?の酷道157「温見峠」を越えて越前海岸の古い港町「三国」へサイクリングに行ってきました。
帰りは越前海岸を南下し敦賀から関ヶ原経由で只管走り、自宅まで戻りました。

ルートはこんな感じです。(クリックしてね)
e0064783_10284274.jpg

1日目は約185km、2日目は180kmちょっと走りました。ハンドルがオールランダーなので、脚よりも腕が疲れました。
26インチの太いタイヤから700×38cに交換したので、結構巡航速度が上がりました。
といっても、タイヤはブロックパターンで「ごー」とか言うし、車体が重く、変速機も蛍光灯なみの反応なので、ロードレーサーには抜かれっぱなしでした。(当たり前)

けど、たまに峠越えのサイクリングを楽しむには十分だと思いました。
今度は輪行して遠くへ行ってみたいです。
古い輪行バックもまだあるし。

残念なことにカメラのバッテリーが途中で切れかけて、あまり写真は撮れませんでした。

(1日目)
久しぶりのサイクリングなので、どのくらいのスピードで走れるのか分かりませんでした。
余裕をみて少し早めの5時頃出発。
最初はいつもの通勤経路で、金華山を眺めながら長良川沿いを走ります。
e0064783_20443106.jpg
本巣経由で、国道157号に入ります。
金原の横ずれ活断層の手前にカラーがいっぱい植えてある池がありました。
e0064783_20452203.jpg
根尾の薄墨桜に寄りました。
この桜を見るのは、就職したばかりのころに最後の本格的サイクリングで寄って以来です。
このときも温見峠を越え、大野には出ずに野宿をしながら伊勢峠、九頭竜を経て白鳥経由で岐阜へ帰りました。

幹周目通り10m。巨木です。
e0064783_20444760.jpg
昔は原っぱのような寂しげな処でしたが、立派な公園になっていました。
二代目のエドヒガンザクラが立派に大きくなっていました。
e0064783_20444936.jpg
根尾川は鮎釣りのおっちゃんたちで賑わっていました。
e0064783_20573673.jpg
最後の集落となる能郷のへの分岐を過ぎて、いよいよ冬期通行止めとなる区間に突入。
確かに「落ちたら死ぬ」かもしれませんが、件の看板は見当たりません。
思ったよりあっさりと黒津の堰堤へ着きました。

越波への分岐を過ぎて、しばらく走ると大河原の集落跡、工事関係者の方が出入りしているようでした。
夏の間だけ住んでいる方がみえるのか、畑などが手入れされている感じでした。
e0064783_20451672.jpg
道沿いのウツギの白い花がきれいです。
峠に近づくにつれてピンク色のタニウツギが多くなります。
e0064783_20451300.jpg
マタタビの白斑。
地味で小さい花に虫を惹きつけるためらしい。
e0064783_20465539.jpg
自転車から降りて、うちで握ってもらったおにぎりを食べます。
e0064783_21001868.jpg
角巻谷あたりで雨が本降りになりました。
崖の下に自転車を止めて上だけ合羽を着ました。
e0064783_20453486.jpg
峠道はだんだんきつくなり、高いギア比のポデローザでも非常にきつい。
山菜取りのおじちゃんに声を掛けられたりしながら、なんとか下りないよう峠を目指します。
雨の中10時20分、温見峠にとうちゃこ~。

能郷白山へ登るという岐阜から来たグループの方達と少しお話をして、写真を撮ってもらいました。
e0064783_20453773.jpg
かなり急で濡れているのでスピードを抑えて峠道を下ります。
道が急すぎて、おまけに悪い。
「人生、下り坂最高~!」と言っている余裕はありません。
e0064783_21005433.jpg
旧温見集落に入ると、畑仕事をしている女性がみえました。
毎週名古屋から温見峠を越えて来るそうです。
この方のおじさんおばさんは、夏の間ずっとこちらに住んでみえる。
昭和38年のサンパチ豪雪と昭和40年の豪雨で全世帯離村となった集落ですが、夏の間だけ戻って来る方が今でも数世帯あるようでした。

畑の見回りをしていたおばあさんとも立ち話をしました。
イノシシが小さいジャガイモを食べてしまうと嘆いてみえました。
「ほう、自転車でみえたの。えらいねぇ。」
こちらは遊んでいるだけなので、恐縮するばかりです。

この橋のすぐ上流に何軒か民家が残っています。
白山神社の跡が寂しい感じでした。
遙かなる大野市温見
e0064783_20454459.jpg
アオガエルの卵。
下の溝には、オタマジャクシを狙うイモリが沢山いました。
e0064783_20454767.jpg
真名川ダムのダム湖「麻那姫湖」に着きました。
真名川は麻那姫(まなひめ)の悲しい伝説からそう呼ばれるようになったそうです。
ちなみに、この麻那姫像は本物の金箔らしいです。
e0064783_20454928.jpg
真名川ダムは高さ127mもあります。
e0064783_20470274.jpg
ダムのすぐ下流に巨大噴水が上がっていました。
ダムの水圧って凄い・・・

e0064783_20470533.jpg
大野市に入ると一転、平坦な道が続くようになります。
なんか北海道をサイクリングしているような気分になります。
e0064783_20455456.jpg
自動車修理工場でたむろしているお兄さんたちに道を尋ねたついでに、蕎麦屋も訊いてみると、すぐ近くにありました。
この蕎麦屋さん、製材工場の敷地内にあって、その名も「欅」
製材工場の社長さんが趣味で蕎麦打ちをやっているとこかと想像しながら入りました。
e0064783_20455972.jpg
玄関には木挽きの古い道具や骨董品などが並べられていて、益々趣味の世界です。
e0064783_20460227.jpg
店をやっているのは感じのいいおばさんとおじさん、定番おろしそばをいただきましたが、非常に美味しかったです。
ここでも、自転車で岐阜から来た話になりました。
店の事情は訊きそびれてしまいました。
e0064783_20460449.jpg
大野から福井まではほぼ平坦で走りやすいのですが、長いトンネルがいくつかあって恐ろしかった。
昔、名古屋から北海道まで自転車で往復したとき、トンネル内でトラックに幅寄せされて死ぬかと思ったことが蘇ってきたりして。
福井から越前海岸へ出る道を国道416号にとったら、疲れも来ているし、山沿いでアップダウンが多くしんどかった。

海岸に出たら、宿まではすぐなのですが、時間があるので三国港まで行ってみることにしました。
e0064783_20462452.jpg
ここが三国サンセットビーチ
e0064783_21003525.jpg
明治15年に造られた三国港突堤、通称エッセル堤が今も役目を果たしています。
先端のほうは時折、波頭が越えて洗われています。
突堤の左側は九頭竜川、右側は日本海です。
e0064783_20462889.jpg
釣りガールが大きなクロソイを釣り上げていました。

e0064783_20463302.jpg
三国は北前船の寄港地で昔から栄えたところだそうで、古い街並みが残っています。
興味深いのが、江戸時代、吉原と並んで評判の高い遊郭街があったというお話です。
遊郭の跡が残っているエリアに行ってみましたが、そちら方面に詳しくないわしは、どの建物がその名残を留めているのかわかりませんでした。

この小さな橋は、遊郭街の入口にある「思案橋」
江戸時代の男たちも?この橋のあたりで、行くか止めとこうか思案したのでしょうか。
e0064783_20470754.jpg
三国から今日の宿まで国道305号を戻りました。
並行して走っている県道との間に緩衝緑地帯があり、遊歩道がつけられているので、走ってみました。
松や背の高い草が生い茂っているので見晴らしはよくありませんが、山の中を走っているようでした。
途中で2匹の子供を連れた大きなキツネと出くわしました。
しばらくにらめっこしていましたが、繁みの中に戻っていきました。

左はラッキョウ畑かな?
e0064783_20464085.jpg
今日のお宿、民宿「荒谷」に着きました。
表から見ると釣具店にしか見えません。
e0064783_20464248.jpg
主に釣り船のお客さんが泊まる宿で、食堂の壁には大物を釣ったお客さんの写真がいっぱい張ってありました。
中には有名人の顔もちらほら。
ご主人は阿部譲二を潮風で締めたらこうなった風のごつい海の男です。

96㎝の真鯛を釣ったら身持ち良いでしょうね。
e0064783_20464518.jpg
今日の客はわしだけ。
一人で夕食をいただきます。
お料理は海の幸中心です。
ビールが美味い!


e0064783_20563476.jpg
後はやることがないので、部屋で寝転がってのんびり。
なんとなくテレビをつけていたらNHKで「55歳からのハローライフ」というドラマをやっていて、観ました。
モーレツ営業マンが早期退職してキャンピングカーで奥さんと旅行したいという夢を持つのですが・・・
かみさんことなど考えているうちに寝てしまいました。

e0064783_21001082.jpg
話が長くなったので、2日目のお話はまた次回。
ごきげんよう。さようなら。





[PR]

by s_space_s | 2014-06-21 12:22 | 自転車 | Trackback | Comments(2)