blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:登山 ( 159 ) タグの人気記事


2017年 10月 16日

板取の白水の滝沢(仮称)から三角点「平瀬戸」再訪

9月13日に板取の白水の滝上流の沢へ行きました。
そのとき、尾根上の802.5m三角点「平瀬戸」あたりから本流に下ったのですが、三角点を目視しないまま降りたのがひっかかっていました。
また、国土地理院の地図の表記のイメージと実際の地形のギャップが大いような気がしたので、再度、地形を確認したいと思っていました。
再訪するにあたり、国土地理院のサイトを漁っていると、より精密な公共測量地図を見つけました。

少し前に、地学のK先生から等高線が1m間隔の地形図を見せていただきました。
この精度の地形図なら再現性が非常に高いため、現場で地形を同定するのは簡単なのだそうです。
今回見つけた地形図は5m間隔ですが、並べてみると明らかに地理院地図より細部の地形が表現されています。
e0064783_18015862.jpg
縮尺は揃えてありません。
両地図を比べてみて驚くのは、地理院地図の等高線のまるめ方です。
現場では谷や尾根として捉えられるような小地形が大胆にカットされて単純化されています。
上図の三角点のある平坦な尾根のような地形ではコンターが10m間隔なので、それ未満の隠れた凸凹が実際にはあることは頭で理解できます。
しかし、等高線の引き方自体かなりの省略がおこなわれていることを実感しました。

10月14日・15日は穴毛谷の予定でした。
両日とも天気が悪そうな予報で山はあきらめていました。
ところが、14日になってみると、まあまあの天気。
半日で三角点「平瀬戸」と地形の確認に行ってみることにしました。
ルートはH405mあたりに右岸から入っている支流を詰めてみました。
大きな滝はないけど、登りが楽しめる滝がいくつかあって面白かったです。
詰めの雰囲気も良く、お勧めです。
カメラも携帯も忘れたので写真なしですが、遡行図をとったので参考にしてください。
e0064783_18180371.jpg
公共測量地図は非常によく地形を反映しているのが確認できました。
地理院地図の限界をちゃんと頭に入れて読図しないと、思わぬミスをする恐れがあります。

それで、目的の三角点は見つかったかって?
今回も見つけられませんでした。残念!
どなたか探しに行ってみてください。
見つけたら教えてね。





[PR]

by s_space_s | 2017-10-16 18:38 | 山登り | Trackback | Comments(1)
2017年 10月 11日

10月22日地図・コンパス勉強会の集合場所など

遠くから来ていただく方もみえるので、集合場所の地図を作りました。
クリックしていただくと大きくなります。
e0064783_14560628.jpg

当日、持ってきていただきたい装備などは下記のとおりです。
少雨決行したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

・プレート付きコンパス
・虫よけスプレー(気になる方)
・軍手(藪漕ぎナビゲーションやります)
・タオルor手ぬぐい
・草の種のつきにくいヤッケ、古カッパなど
・20cmくらいの定規
・鉛筆、赤ペン
・昼食(近くに水場はありません)
・その他、日帰り低山ハイキング装備

先日、フィールドの下見をしてきました。
面白い練習ができそうです。





[PR]

by s_space_s | 2017-10-11 17:24 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 28日

分県登山ガイド「岐阜県の山」が発刊となりました。

2年前から取材してきた「岐阜県の山」が9月22日に発売となりました。
20年ほど前に飛騨山岳会の島田先生に初版本をいただいたとき、自分が分担させていただくとは夢にも思いませんでした。
e0064783_20402381.jpg

改めて本になったものを見ると、取材山行のことが懐かしく思い出されます。
今回、奥美濃の薮山をコンセプトに道のはっきりしないルートをいくつか入れています。
もう一つの方針は、往復コースではなく縦走できるコースとなるようルートを選定しています。
本屋で立ち読みでもされて、ご意見・ご感想をいただけると嬉しいです。
今後も地元の山について勉強していこうと思います。

詳しい内容はこちら



[PR]

by s_space_s | 2017-09-28 20:43 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 24日

10月22日(日)に地図・コンパス勉強会(第3回)を開催します。

過去2回、地図・コンパス勉強会を開催してきましたが、今回は地形図に関する勉強は最小限にして、コンパスの使い方を徹底的にやってみたいと思います。
コンパスを登山に活用したいと思ってみえる方、一緒に練習しましょう。
e0064783_12551816.jpg


詳細はこちら
[PR]

by s_space_s | 2017-09-24 17:38 | 山登り | Trackback | Comments(3)
2017年 08月 22日

今日一日の怠慢をあした取り戻すことはできない

27歳ごろの手帳を整理していたら、2月のページにこんな格言?が大きくメモしてあった。
そのころは子供が1歳になったばかりにもかかわらず、年間80日以上山に入っていた。
今は、やりたくないときはやらないほうがいいと思うのだが。



ちなみに、昨年の山行日数を数えてみたら、93日もあった。
ほとんど取材とガイドなので、登山で充実したというより「忙しかった~!」という感じ。




[PR]

by s_space_s | 2017-08-22 08:22 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 24日

とりあえず間に合った。

今日は天気がいいのに家にいます。
な〜んでか?
先週の錫杖の疲れが出たのかも知れませんが、3日前から軽いぎっくり腰。
「岐阜県の山」の原稿締め切りも間近なので、ルートマップ描きと写真整理をおとなしくやっております。
お昼まででなんとか、6月中に提出するコンテンツはそろえることが出来ました。
描いたルートマップを数えてみたらA4サイズ換算で39枚もありました。
e0064783_14003923.jpg
写真の整理をしながらルートマップに撮影ポイントのマークをしていると、楽しかった取材の思い出が浮かんできます。
本になったところを見るのが今から楽しみです。
予定では10月出版だそうです。





[PR]

by s_space_s | 2017-06-24 14:02 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 16日

国立登山研修所講師研修会

秋の中央研修会の講師をやらせていただくことになり、3日間の講師研修に参加しました。
今回は読図に特化した内容でしたが、講師の皆さんは登攀の世界では凄い方達ばかりで恐れ多い感じでした。
懐かしい顔にも会えたし、皆さん気の置けない方ばかりで楽しく研修できました。
自分自身のメタ認知(村越先生の受け売り)にとって非常に有意義な研修会でした。
さて、これをどうやって伝えたらいいのか。
これから模索してみようと思います。
e0064783_02125592.jpg

e0064783_02105219.jpg
e0064783_02102281.jpg






[PR]

by s_space_s | 2017-06-16 02:16 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 12日

蕪山の株杉とコシアブラ大木

岐阜大学御嶽会の山行で板取の蕪山に登りました。
この山は14年前に当時所属していた岐阜ケルン山岳会の「公開ハイク」という公募のイベントで登って以来です。
なんとなく単調でつまらない山というイメージができてしまっていたのが、今回かなり良い方に変わりました。

株杉がこんなに大きかったとは。
14年前は何を見ていたのでしょう。
e0064783_05150926.jpg
白山にはまだ雪が残っていました。
谷なら滑れそうに見えました。

e0064783_05151319.jpg
中腹でブナかと思うほど太いコシアブラの木がありました。
ブナ、コシアブラ、ホウ、タカノツメは樹皮が滑らかで地衣類も付いていたりするので、ぱっと見よく似ています。
葉っぱが全然違うので区別は簡単です。

これだけ高木になると芽が採れませんね。
写っているのは一緒に登った小1のくーちゃん。
(わしの孫ではありません。)
e0064783_05150346.jpg





[PR]

by s_space_s | 2017-06-12 17:26 | 巨木巡礼 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 06日

納古山追加情報

納古山の頂上近くに大人がやっと通れる石門があります。
かってに「胎内くぐり」と命名。
e0064783_20193861.jpg
きっと、彩ちゃんは生まれ変わったことと思います。







[PR]

by s_space_s | 2017-06-06 20:26 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 05日

なんとか最終回(納古山)

土曜日はコウムラと久しぶり(5か月ぶり!)にクライミングをしたので。
三角筋が筋肉痛です。
半日だけでしたが、岩登りは面白いです。
夏の2つのプロジェクトに向けてそろそろ始動せねば。

翌日もさわやかな風の吹く晴天。
納古山へ撮影と登山道の調査に行きました。

これで予定の取材が終わりました。
これまで近場(美濃)の登山道はあまり歩いたことがなくて、沢の下山で使うぐらい。
色々調べて実際に歩いてみると結構、興味深いものが多いことが発見でした。
これからも継続して面白いところを探していきたいと思います。

記念すべき?最終回には彩ちゃんがつきあってくれました。
最初は便所の横から登る尾根コース。
植林の谷の中を行く中級コースよりも楽しいのでは。
e0064783_21552278.jpg
天空岩の登り

e0064783_21360954.jpg
途中のテラスから御嶽と恵那山が

e0064783_21360936.jpg
上の岩場のほうがクライミングっぽい?

e0064783_21360809.jpg
ノコリンの顔が変わっていた

e0064783_21360961.jpg
2年前のノコリン
e0064783_05555138.jpg

写真で撮ると小さな恵那山
e0064783_21363881.jpg
凍らせたゼリーがうまかった~!

e0064783_21360897.jpg
明治41年設置の村界石標に興味深々
これは江戸時代の街道跡である塩の道にあるもので、初級コースの尾根上にもまったく同じものがあります。
すぐ近くに2つある意味がわかりません。
e0064783_21363991.jpg
塩の道のコアジサイ・ロード
e0064783_21363891.jpg
微妙なにおいのするガクウツギ
e0064783_21543057.jpg
これまで取材にご一緒していただいた皆さん。
ありがとうございました。





[PR]

by s_space_s | 2017-06-05 12:52 | 山登り | Trackback | Comments(0)