タグ:神社 ( 7 ) タグの人気記事


2015年 12月 03日

大矢田ひんここ祭を観てきました。


ひんここ祭は、大矢田神社の例祭(4月第2日曜)と秋のもみじ祭(11月23日)の年2回行われるお祭りで、500年ほど前から始まりました。
現在公開されているのは、ひんここの舞というもので、その他に稚児・獅子渡り、稚児・獅子の舞、猩々・竜の舞などがあります。
かみさんは、関市の池尻というところの出身で、大矢田はひと山越えてすぐ近くです。
非常に素朴な祭ということで、子供のころは観に行く値打ちがないように思っていたそうです。

お昼に武芸川の道の駅で新蕎麦をすすってから、大矢田に向かいました。
舞台の近くには駐車場がないので、大矢田小学校が臨時駐車場になっています。
ここからひんここの舞台までは1㎞ほどあり、途中、古呂婆受宮(ころばずのみや)という霊場の前を通ります。
案内板によれば、ここには伝説の蛇の胴が祀られていて、ひんここの舞の行列もこの坂に来るとお囃子を止め静かに畏敬して通るのだそうです。

e0064783_21312081.jpg
ひんここの役者は休憩中。
手前が神主と須佐之男命の二役を演ずる祢宜殿。
ラモスそっくりです。
農民は、庄屋を先頭に火種持ち2、鍬持ち2、肥料持ち2、種持ち2、土かけ1、足跡付け(何をするの?)1、弁当持ち1の計12体あります。
e0064783_21334498.jpg
大蛇は、頭、胴2つ、尾に分かれています。
いい表情しています。
e0064783_21334778.jpg
舞台は小山の中腹にあります。

e0064783_21312858.jpg
登ってみました。

e0064783_21313385.jpg
かみさんが、地元の方がやってみえる売店で焼き芋を買ってきました。
e0064783_21323821.jpg
安納芋というやつで、甘くておいしかった。
e0064783_21324201.jpg
開演の2時まで時間があったので、大矢田神社に行ってみました。
紅葉はもう終わった感じです。
e0064783_21352454.jpg
ここでも気になるのがずらっと並んだ屋台です。
e0064783_21352158.jpg
地元のおばちゃんたちがやっている五平餅に行列ができていました。
e0064783_21353401.jpg
柚子がたっぷりかかっていて、これも美味しかった。

e0064783_21363262.jpg
夫婦杉

e0064783_21353279.jpg
上演時間は30分ほど。
下の広場からお囃子と一緒に舞台へ登っていくところから始まります。
踊りは、祢宜殿のお祓いから始まり、農民の麦まき、大蛇の襲撃、大蛇と須佐之男の戦いと続き、須佐之男勝利の舞で終わります。
その間、同じお囃子が延々と続き、クライマックスではテンポが速くなり、擦鉦(すねがね)が鳴り響きます。
人形は首が前後に動くだけの素朴な仕掛けで、大蛇に頭を挟まれた農民は幕下に消えていきます。
大蛇と戦う須佐之男命の武器は、神主の時持っていた大麻(おおぬさ)のまま。
神通力で大蛇を倒したのでしょう。

小さい子供がお母さんに、呑みこまれた農民は大蛇のお腹から助け出されるの?と訊いていました。
お母さんは「そうだよ」と言ってましたが、そんなに甘くはない。
呑まれた農民は最後まで出てきませんでした。




舞台から降りてきた役者が並んでお披露目があります。
人形は20㎏もあるそうです。
見かけより大変な舞なんですね。





ひんここの舞には登場しませんが、これがひんここ祭の中心になる神人の猩々姫(櫛稲田姫命)です。
500年の年月を感じさせる風貌とぼろぼろの着物です。
持っているおじさんも一体化して、雰囲気を醸し出しています。
e0064783_21363909.jpg
観客との触れ合いもあって、肩ひじはらないレイドバック感が、好ましい祭でした。
e0064783_21364243.jpg





[PR]

by s_space_s | 2015-12-03 11:34 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 01日

奥美濃春日村寺谷から鎗ヶ先と六社神社の鎌倉踊り

寺谷(てらんだに)は短いながら直登できる花崗岩の滝が多く、自然林が残る良い谷でした。
中流と上流にかたまって残っているトチの大木も一見の価値ありです。


【山域】奥美濃
【場所】春日村、鎗ヶ先
【日時】2014年10月25日(土)
【コース】大堰堤~寺谷~鎗ヶ先~寺谷左岸尾根~大堰堤
【メンバー】わし
【天気】晴れ
【タイム】林道終点 大堰堤下9:30 鎗ヶ先11:30~12:00 大堰堤下13:40

シカ除けのゲートがある林道に入らせていただき、大堰堤下の駐車スペースに駐車。
 
e0064783_20544409.jpg
取水施設を過ぎたあたりからちょっとした廊下になります。
e0064783_20545028.jpg
その奥に2m、5mの2段の滝が掛かっていました。
あっさり諦めてまとめて巻きました。

e0064783_20550142.jpg
上の滝を巻くと二俣に出ます。
右俣に入り谷が開けるとトチの大木が数本。
e0064783_20550699.jpg
なかなか立派です。
e0064783_20552046.jpg
ここから、トイ状の滝が続きます。

e0064783_20552017.jpg
両門の滝。
ここは二俣になっていて、左滝を登りました。
e0064783_20552059.jpg
10m滝。これは直登。
e0064783_20552065.jpg
上流、水が枯れるころに出て来る大トチ数本
e0064783_20552037.jpg
稜線直下は急なうえに、鹿に下草が食べられてコアジサイ(毒があるからでしょう)ぐらいしかブッシュがなく、ふくらはぎが疲れました。
e0064783_20553153.jpg
鎗ヶ先頂上。
近くでヒューンと鹿の声がしました。
e0064783_20553137.jpg
下降した尾根は植林と2次林が交互に出て来る感じでした。
今回は高度計は使わず、地図読みだけで下ってみました。
e0064783_20553263.jpg
クリタケ

e0064783_20553280.jpg
種本の六社神社の前を通りかかると道沿いに沢山の車が駐車していて、祭でもやっているようでした。
e0064783_20553122.jpg
神社にも興味があったので、階段を登って行ってみました。
e0064783_20562237.jpg
境内に何本もある杉の大木が歴史を感じさせます。

e0064783_20562274.jpg
たぶんムササビもいるんじゃないかな。
e0064783_20562301.jpg
重要無形文化財の鎌倉踊りが始まりました。
e0064783_20562385.jpg
夜まで踊りがあるそうです。
e0064783_20562328.jpg
谷汲踊りに似ています。
e0064783_20562289.jpg
観光のためではなく、地元の方たちが大切に守ってきた鎌倉踊り。
カンカコカンの鐘太鼓と長老達の唄が、秋晴れの山里にしみじみと染み渡るようでした。









[PR]

by s_space_s | 2014-11-01 10:16 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 30日

サイクリングクラブOB会2014

今年もMの発案で、大学のサイクリングクラブのOB会ポタリングに行ってきました。
他のメンバーにも声を掛けるような話もありましたが、結局、メンバーは昨年と同じになりました。
今回は犬山周辺で走るということで、走って行くことにしました。

岐阜から犬山までは15kmほどしかないので、のんびり走っても1時間弱。
10時半の待ち合わせに余裕をもって、8時半に家を出ました。
苧ヶ瀬池に寄りながら、木曽川右岸に到着。

木曽川を挟んだ犬山城

e0064783_21385383.jpg
上流にまわって2000年からツインブリッジになった犬山橋を渡りました。
最近来たことがありませんでしたが、昔、車道と電車の軌道が一緒になっていた記憶は今でも残っています。
高校時代の彼女がこっち方面の娘だったので、何回か自転車で来たことがあったので。

e0064783_21355925.jpg
待ち合わせの(と、このときは思っていた)名鉄犬山駅には、やっぱり1時間で着いてしまいました。
時間があるので、犬山城方面へ行ってみました。
美濃町の町並みのように綺麗に観光地化されていて驚きました。
路地裏に入ってみると、宇宙人の基地がありました。
e0064783_21355940.jpg
早めに駅に戻り、駅西のロータリーでベンチに腰掛けてぼけ~としていると、Kから電話がありました。
Kは10時から駅東の郵便局の前で待っていたけど、だれも来ないので電話したとのこと。
後でMからの携帯メールを確認したところ、郵便局前に10時半ということになっていました。
Kは時間を、わしは場所を間違えていたわけです。

なんとか集合できました。
e0064783_21355900.jpg

昨年は、電動アシスト付きママチャリだったMは、DAHONの折りたたみスポーツ車になっていました。
モデルは違いますがKとお揃いブランドです。
わしは、もちろん・・・。

Mから今日のコースの発表がありました。
犬山城方面ではなく、入鹿池をぐるっと廻って、尾張パークウェーを走って戻る、なんとなく走りメインのプランです。
e0064783_21355904.jpg
とは言っても、話をしながら走れるぐらいの、のんびりペースです。
e0064783_21355910.jpg
尾張富士の麓、浅間神社の入口に???という感じの看板がありました。
この神社には、火中出産の神話がある木花咲耶姫(コノハナノサクヤビメ)がお祀りしてあるそうです。
e0064783_21355922.jpg

ここから、明治村までの峠道がきつかった。
明治村の正門になっているのは、我が母校の前身である第八高等学校の正門を移築したものです。
Mはこの正門前で記念写真を撮りたかったようです。
e0064783_21363363.jpg

峠から短いダウンヒルで入鹿池につきました。
休日なのに閑散としています。
こういう場所が好きです。
e0064783_10385399.jpg
Mは少し腹の調子が良くないので、トイレを探しましたが、湖畔には売店や食堂が数軒あるだけで見つかりません。
そこで昼飯も兼ね、端っこにあって1軒だけ違う雰囲気のレストランに入ることにしました。
年配のご夫婦?がやってみえるお店でした。
e0064783_10390658.jpg
今日のランチは魚フライとささみのピカタ。
洋食のことはよく分かりませんが、ちゃんとスプーン、ナイフ、フォークが出てきて、こだわりのある店のようでした。
ランチを食べてからコーヒーを飲んでゆっくりしました。
不愛想なシェフが、調理の後、レンジ周りをピカピカに磨いているのが印象的でした。
e0064783_10391553.jpg
お腹も膨れたところで、ゆっくり出発。
e0064783_10393108.jpg
尾張パークウェーはアップダウンの傾斜も適度で、走っていて気持ちよかった。
e0064783_21371253.jpg
国道41号をまたいで、最後は犬山モンキーパークが終点です。
わしは、ここで観たかったものがありました。
岡本太郎の「若い太陽の塔」です。

2年前に大阪万博跡の「太陽の塔」を観てから、この塔が近所にあることを知って是非観たいと思っていました。
この塔は、モンキーパークの敷地内にあり、近くから観るのは入園料がかかるので、Mが園外から観ることができるスポットを見つけてくれました。
e0064783_21371922.jpg

これだけで、わしは感動!
昔、彼女とモンキーパークのジェットコースターに乗ってふらふらになり、スピードとGにはめっぽう弱いことを自覚した苦くも甘い記憶も蘇ってきたりして…。

まだ時間があったので、近くにある「すきまスポット」桃太郎神社に行ってみました。
e0064783_10400084.jpg
なんか綺麗すぎる。

KとMは大事なバイクを担いで本殿まで上がります。
わしは鍵もかけず下に置きっぱなし。
e0064783_10394150.jpg
鳥居をはじめ各種のモニュメントは、コンクリート群像作家として知られる浅野祥雲による作品です。
30年ほど前に来たことがありましたが、もう少し怪しい雰囲気があったような気がします。
2012年に修復プロジェクト活動が実施されたようです。

e0064783_10400942.jpg
修復の前はこんな感じでした。
(説明パンフより)
e0064783_10403927.jpg
「やさしい鬼です 背中へどうぞ」
土足で乗って写真を撮ってもらっている若い女性がいました。
e0064783_10402810.jpg
猿と雉ですが、何となくウルトラマンの怪獣を想わせる風貌です。
左:半漁人 右:ラドン
e0064783_10401849.jpg
まだまだ時間があるので、犬山城方面へ行ってみました。
朝来た時より観光客で賑わっていました。
地ビールの売店で1杯だけビールを買って3人で乾杯!
また近いうちに走ろうなと言って解散しました。
e0064783_10405089.jpg
わしは、坂祝から関経由で帰りました。
関市内で昔、美濃町線の電車が走っていた道には自転車専用レーンが出来ていました。
けど、舗装の質は悪いし、交差点の縁石も出ていてほんとに自転車乗りのことを考えて作ったのか疑問も残りました。

4時半に無事帰宅。


こんな感じで70kmちょっと走りました。
自転車通勤で毎日30km弱をママチャリで走っています。
その2倍ちょっとを1日かけて走っただけですが、日頃走らない道を走ったり珍しいものを眺めたりするのは楽しいことです。

e0064783_09515959.jpg



[PR]

by s_space_s | 2014-04-30 23:12 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 17日

神明神社の川祭り

7月16日(火)
朝、長良鵜飼屋の神明神社の前を通りかかると、幟を上げたり提灯を下げたり、祭りの準備をしているようでした。
仕事帰り7時半頃、近くを自転車で走っていると、盆踊りのお囃子が流れてくるのが聞こえました。
完全に忘れていた、神明神社のことを思い出しました。
少し戻って神明神社の前まで行ってみると、やっぱりお祭りでした。
e0064783_154045100.jpg

いつも長良川で遊ばせていただいているので、お参りさせていただきました。
鳥居の前で法被を羽織った地元のおじちゃんに声をかけられました。

もう暫くすると鵜飼船が一艘ずつ神社の前まで来て、川の上からお参りをするのだそうです。
面白そうなので、道ばたのコンクリの杭に一緒に座って鵜飼い船を待つことにしました。
川風が吹いて、とても気持ちがいい夜です。

待ちながら、ぽつりぽつりですがおじちゃんの話を聞きました。

昔は・・・
川沿いに出店が並んで楽しかったこと
川祭りが終わらないと川遊びは禁止されていて、子供はこの日が待ち遠しかったこと
川祭りのときは観覧船は出ず、鵜飼船だけでお参りをしたこと
(この日は沢山の観覧船が出ていました。)

岸辺に鳥居と三重の塔の形に提灯を飾った2艘の船が浮かんでいます。
鳥居船がなぜか川上の石金(ホテル)の前に留まっていて、神社の前に来ないのがおじちゃんには不満のようでした。
通りかかった別のおじちゃんとの立ち話を聞いていると、町内の男手が高齢化していて祭の準備が大変みたい。
鵜匠の○○さんは昼の参拝では裸足やったけど、足が痛いので鵜飼のときは(見えないから)長靴を履いているなんて話も。

やっと総がらみが終わって鵜飼船が神社のほうへ流れてきました。
e0064783_1541106.jpg

順番に留まってお参りするかと思ったら案外するっと通り過ぎて拍子抜けでした。
そのとき、川上でいつもより豪華な花火が上がりました。

おじちゃんに挨拶して、川風を受けながら自転車を漕いで帰りました。
[PR]

by s_space_s | 2013-07-17 19:33 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 11日

十五社神社の逸見杉

正月3日が暇だったので、ODSSのカトちゃんが神職をしている山県市の十五社神社にお参りに行きました。
この神社には樹齢800年の逸見杉と言う大杉があると聞いていたので、それを見るのも目的でした。

神社のある山県市大桑のあたりは、岐阜市の近郊なのに田んぼと山が多い、いいところでした。
県道沿いの小さな集落から少し山の中に入ったところに神社はありました。
参道脇には大きな杉が並んでいて、境内入口の左の脇にひときわ大きい逸見杉が立っています。
e0064783_5495586.jpg

境内では、カトちゃんが普通の格好で松明の世話などしていました。
参拝者は、わしらの他に一家族だけ。
元旦には賑わって、神職の装束も着たそうです。

西暦826年に神々がここに降り立ち神社を創るよう命ぜられたのが始まりといわれます。
e0064783_5502267.jpg

逸見杉は、目通り5m以上ある大杉で、端正な姿の大木です。
幹の中ほどの枝にヤドリギのような植物が丸く玉を作っていて、カトちゃんが心配していました。
e0064783_550515.jpg

大杉の後ろにカトちゃん。
しめ縄にはユズリハ(カトちゃんはトコワカと言ってました)の葉っぱが挟んでありました。
e0064783_5501320.jpg

神仏混交の古い形態が残っていて、拝殿右隣のお堂には大日如来などがお祀りしてありました。
今では、お経をあげることはしていないのだそうです。
e0064783_55030100.jpg

夕方になり、そろそろ片付けるというので、帰りました。
カトちゃんによると、ムササビも住んでいるようなので、今度は夕方来てみようと思います。
[PR]

by s_space_s | 2012-01-11 05:50 | 巨木巡礼 | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 07日

富士宮ルートから富士山、オカマ滑降

2011年6月5日(日)
晴れのちくもり
メンバー:良さん、がおろ

HPで情報が流れていたスカイラインの時間規制は建前で、実際は夜中でも入れました。
私たちは、夕方4時過ぎには新5合目に着いてのんびりしました。
標高2400mからの雲海と夕焼けがきれいでした。

翌5日は6時前にのんびり出発。
自然林のカラマツから萌え出た絵の具ブラシのような新芽の淡い緑が美しい。

上部雪渓
e0064783_4504215.jpg

富士山は下山する体力を温存しながら登る山です。
体と相談しながらゆっくり登り、11時頃富士宮頂上着。
e0064783_4512196.jpg

ついでに火口へも滑り込みました。
少し前に新雪が降ったようで、なかなか快適な標高差150mでした。
オカマだけにきんもちえ~。(失礼)
e0064783_574911.jpg

12時に険ヶ峰を踏んで下山。
6合5勺まで雪渓がありました。
雨による立て溝は皆無で、滑りやすいザラメでした。



2時過ぎに駐車場着。
良さんの安定した燻銀のテレマークにヒントをいただいた、楽しい板納めでした。

帰りに山宮浅間神社にもお参りしてきました。
このお宮は富士山信仰の最も古い形態を残す貴重なものです。
e0064783_4583059.jpg

案内板
e0064783_4584489.jpg

古代に本殿を何度も建てようとしては災いが起こり、本殿を建てないことにしたのだそうです。
ここが遥拝所です。
e0064783_4594364.jpg

ご神体の小さな岩とその後ろにしめ縄の張られたアカガシの木が2本。
裏の杉林が切り開いてあり、晴れれば富士山が拝めるようになっています。
こんな感じです。見慣れた富士山の姿と違いますね。
e0064783_535540.jpg

[PR]

by s_space_s | 2011-06-07 18:02 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
2010年 11月 19日

神渕神社の大杉

所用で飛騨の萩原へ行くことになったので、通り道の神渕で大杉を見てくることにした。

お昼は金山の蕎麦屋さん「おおふくや」
e0064783_10132774.jpg

手打ち蕎麦らしい蕎麦で素朴な味。
ダシは少しからいような気がする。
最後は蕎麦湯を入れて美味しくいただく。
e0064783_10131093.jpg

関~金山線(こぶし街道)を走り、いつも曲がるT字路の信号を直進し神渕へ向かう。
龍門寺前から峠道に入り少し登ると、神渕神社の参道入口。
左右に石碑があるが、少し分かりにくい。
参道は、舗装してある。車1台分の幅しかない。
道祖神を数えながら登っていくと、磨崖文字の下を抜けて、思いがけず開けた境内に着く。

境内右手にはコロッセウムのように杉の大木が並んでおり、その中でひときわ立派なのが、樹齢800年と言われる大杉である。
看板には、云われなどの説明もなく素っ気ない。
目通り10m、樹高47.6mとあった。
幹がすっと天に伸びて非常に端正な大杉であった。
e0064783_1014161.jpg

スサノオノミコトと十拳剣(トツカツルギ)を祀る神渕神社。
e0064783_10144347.jpg

この日は午になっても気温が上がらず、ピリッとした空気の境内には神々しい雰囲気がある。
e0064783_1015762.jpg

手書きの案内図があり、本殿左右の脇に蛇尾神社、蛇骨神社とあるのが興味深い。
トツカノツルギで半分に切られたヤマタノオロチがまた合体しないように封じ込めてあるのだろうか。

案内図
e0064783_10211842.jpg


本殿裏手の杉林も大木が多くすばらしい。
小道に誘われてどんどん登っていくと尾根上に出た。
左の踏み跡を辿ると見晴らしのよい場所に着いた。
石碑のように立ててある小さな岩があり、どうやら天王山と呼ばれるピークらしい。
途中、大きなキツツキ、アオゲラを観た。
e0064783_10154020.jpg

神渕神社に戻り、カシなどの落ち葉や樹皮を観察して周辺をうろうろする。
磨崖文字には御佩郷と書いてあるらしい。
意味は勉強不足でわからない(あとでご紹介するサイト参照)。
e0064783_10155897.jpg

龍門寺にも寄ってみる。
お茶畑の奥にきちんと佇む由緒ある古刹である。
e0064783_10161389.jpg

飛騨の匠、左甚五郎作の龍の彫り物がある山門など、見るべきものがたくさんあるようだ。
e0064783_10162478.jpg

お寺の左隣は神渕稲荷神社。
鳥居の左の山の斜面には甚五郎桜という老桜が立っていた。
樹皮からみると枝垂れ桜のようだ。
e0064783_10163363.jpg

時折しぐれるこぶし街道を、もの思いしながら自動車を走らせて帰った。
道の駅平成で買った豆腐の味噌漬はなかなかの珍味。
e0064783_10164445.jpg

今日会ってお話した人のこと、見てきた大木のことなど思い出しながら、また酒がすすむのであった。

場所はこちら
巨木・蕎麦MAP

WEBで検索していたらこんな素晴らしいサイトがあった。
神淵の世界
[PR]

by s_space_s | 2010-11-19 19:01 | 巨木巡礼 | Trackback | Comments(0)