blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:美味しいもの ( 207 ) タグの人気記事


2016年 08月 16日

夏休み源流キャンプ(尾上郷川支流ブナゴヤ谷左俣)

【山域】白山
【場所】尾上郷川・ブナゴヤ谷左俣
【日時】2016年8月14日・15日
【コース】石徹白大杉~神鳩避難小屋~ブナゴヤ谷左俣下降~別山谷(泊)~同ルート下山
【メンバー】コザエモンさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】1日目:晴れ、2日目:雨

今回の夏休み源流キャンプは、石徹白から山を越えて尾上郷川源流に入りブナゴヤ谷を周遊する計画でした。
3日間の計画を立てたところ、2日目は天気が崩れる予報が出たため、1泊2日のミニ・キャンプに縮小しました。
2日目の朝から雨が降り始め、目的の右俣へは入れませんでしたが、2晩分の酒も持ち込み、焚火、岩魚、飯盒の飯と必要条件は十分クリアして、楽しいキャンプとなりました。

次回は右俣を覗いてみたいです。
ブナゴヤ谷の紹介 by @yamanecobossさん

大杉登山道を避難小屋まで1ピッチで登る。


e0064783_11443901.jpg



源流は穏やか
e0064783_22151654.jpg

ブナゴヤ谷最初の滝
e0064783_11451056.jpg
中流の大滝は両岸絶壁
e0064783_11444588.jpg
この下にも美しい滝があり、気持ちの良い谷である。
下部のゴルジュ帯は大巻き。

素晴らしい造形美のブナゴヤ谷F1。
いったいどうやって登るのか?
その夜、寝ながらも色々思いめぐらせ、寝付かれない原因となる。
e0064783_11450095.jpg
本流は渇水。

e0064783_22111395.jpg

出合の河原に砂地を見つけ、タープ(ツエルト)を張って、今夜のねぐらとする。
e0064783_22122655.jpg

夏の入道雲

e0064783_11445036.jpg
このあたりまで釣り師が入ったばかりで岩魚は食いが悪い。
周辺に足跡やキャンプの跡がありちょっとがっかり。
釣り師のエゴですが。

それでも3匹キープして焚火の友とした。
これがないと寂しいので。

スマートな25cm
e0064783_11451981.jpg
今回のシェフはコザエモンさん。
メインはオクラ、ナス、ししとうなど野菜のホイル焼き。
ショウガ醤油で食べて大変美味しかった。
ムニエル用に持って来たオリーブオイルをかけたら、これがバカ美味。
e0064783_11460999.jpg
飯盒の飯も上手く焚けた。
e0064783_11452509.jpg
イワナもいい感じになってきて…
e0064783_11453525.jpg
齧って「美味っ!」とコザエモンさん
e0064783_11452839.jpg
毎回ですが、もはや止め処もなく…。
e0064783_11455505.jpg
夜半、雨が降る。


2日目朝、飯盒の飯と味噌汁を掻きこみ、準備を急いでいると、小雨が降り始める。
e0064783_11463809.jpg
出発するころには、本降りに。
相談の結果、大人しく左俣を戻ることにする。
沢の水も濁ってきて、突っ込まずよかったと思った。

二日酔い気味だったコザエモンさんもちょっと元気になった?
e0064783_11464337.jpg
大滝手前の美しい滝も水量が増えている。
e0064783_11464833.jpg
ネマガリタケの藪漕ぎで登山道に復帰。
e0064783_11465078.jpg
避難小屋でコザエモンさんはズックに替える。
わしはタビのまま下る。
登山道が沢のようになっていて、こちらのほうが正解だったみたい。


郡上大和の餃子飯店で五目あげそばを食って帰る。
岐阜へ帰るとカラッとしたいい天気に。
濡れたギアの片付けにはありがたかった。





[PR]

by s_space_s | 2016-08-16 12:49 | 山登り | Trackback | Comments(3)
2016年 08月 16日

白いらんちう

真っ白ならんちうを
眺めてはあきもせず
e0064783_10413492.jpg
2年前に20匹ほどいただいたらんちゅうもご近所にあげたりして今では9匹になり。
最初、黒かったのがみんな赤くなりました。
中でも、一番大きいのは小さいのの5倍以上の重量があるのでは。
やっぱり遺伝的な素質でしょうか。
上手な尾さばきと裾味でサラ~サラ~と優雅な泳ぎで、楽しませてくれてます。

それが最近少しずつ白い部分が出てきたなと思ったら、真っ白になってしまいました。
らんちうの三色変化や~!

もうモヒカンがどれだったかは分かりません。


メダカの子供もたくさん生まれました。
e0064783_10413485.jpg
お盆休みの前半は、この暑いのにと思われるかもしれませんが、石窯ピザパーティーをしました。
e0064783_10413427.jpg
e0064783_10413411.jpg
e0064783_10413406.jpg
e0064783_10413403.jpg
e0064783_10413480.jpg
火が消えるまで、コップ片手に窯の前に座ってました。










[PR]

by s_space_s | 2016-08-16 11:18 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 08日

2年ぶりの海釣り

昨年は入院したりしてそれどころではなかったので、海釣りに出かけるのは久しぶり。
毎度のことながら、船から仕掛け餌までK師匠にお任せです。
今回は名古屋に住んでいる坊主も同行させていただきました。
e0064783_22085488.jpg
台風の影響なのか、神島沖に出たらうねりが高く、慣れていないわしらは釣りをはじめて1時間も経たないうちに酔ってしまいました。
K師匠は元気いっぱいなのに。

このメバルの引きは気持ちいかった。
e0064783_22085737.jpg
釣ってるときはいいのですが、仕掛けを直したりしていると、もういけません。
e0064783_22085030.jpg
カサゴ、メバル、イサキ、子ダイなどボチボチ釣れて頑張れば大物の予感もしたのですが。
e0064783_10494584.jpg
結局ギブアップ。

K師匠には申し訳ありませんでしたが、早めに納竿、午前中で帰港となりました。
上陸してみると、喉元過ぎればなんとかみたいに、お腹がすいてきました。
中川区の「餃子苑」で坦々麺を食して帰りました。
e0064783_22084545.jpg

この店は、なかなかグレード高いです。
e0064783_22084703.jpg
ほんとうに…






[PR]

by s_space_s | 2016-08-08 22:10 | 釣り | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 04日

晩酌の店「三平」で縛り方談義をすること

「夏休み源流キャンプ」の打合せを口実にコザエモンさんと飲みに行きました。
今回はちょっと店を変えて「おふく」の隣の老舗飲み屋「三平」で飲みました。
常連さんに大学の先生が多いとこですが、偶然にもよく知っている先生(元バトミントン仲間)が入ってみえて、一気に常連さんの仲間に入れてもらえました~。
たまに一人で来ても気楽に飲める店です。
e0064783_21490801.jpg
JRが雨の影響で運転を見合わせていたので、コザエモンさんは後から到着。
生ビールはないので、最初は瓶ビールを頼みました。
ここではビールの銘柄を番号で呼ぶのが常連さんの符丁なんだそうです。
キリンなら2番とか、スーパードライなら4番とか(野球の打順からきてるらしい)。
面白いのが、ヱビスも他のビールも値段が同じこと。
ママさんが計算しやすいようにそうやってるらしい。
それを聞いてからヱビスばっか頼んでました(貧乏人根性)。

ビールを数本開けて、腹がだぶだぶになりそうなので、熱燗に切り替えます。
ここからは、最早止めどもなく…。
ママさんから三千盛の大吟醸をいただいたりして。
e0064783_21490863.jpg
玉ねぎとナスのサラダが特にいけました。
食べるホウズキは???

毛バリの結び方の話から、いろんな結び方の話に広がって、コザエモンさんから面白い話を聞きました。
彼のお父さん(お祖父さんやったかも)は繊維工場をやってみえて、糸が切れたときに「ひとえつぎ」という結び方で繋ぐのだとか。
コザエモンさんも小さいころから目をつむっても素早くできるよう練習させられたそうです。

e0064783_21490829.jpg
e0064783_21490858.jpg
e0064783_21490836.jpg
この結び目を見てピンときました。
ガイドでよく使うシートベントと同じです。
けど持っていきかたが違います。
シートベントのほうは、まず、巻きつける客体となるU字型を作ることから始めます。
たぶんこれでは目をつぶってはできないでしょう。

よく見ると、ベントとノットの違いはありますが、形はブーリン(ボーライン)と同じです。
昔、山岳会の先輩から目をつむって結べないとだめだと教わったのがブーリンです。
けど、わしは今でも手探りでブーリンが結べません。
というか、結局、手探りで結んでも目で確認しない限りクライミングには使えず、見世物的な意味しかないと思っているからやらないのです。
どのような結び方でも綺麗な形にできているか確認のうえ、ドレッシングするのが基本です。


常連さんもみんな帰ってしまい、気が付くとお客はわしら2人だけ。
お勘定してすぐ帰ればいいものを、例によって「くしびき」に寄って何本か飲んで、またうだうだ。
ママさんのきれいな娘さんもJR遅延の影響で店に来ていて楽しく飲めました。

翌日はお疲れサマー。




[PR]

by s_space_s | 2016-08-04 17:50 | うまいもん | Trackback | Comments(5)
2016年 07月 21日

花の能郷白山

3連休の最終日、急に梅雨が明けたので、能郷白山へ行ってきました。
このルートは温見峠までの国道(酷道?)が核心部です。

ブナ林を抜けた最初のビューポイント。
e0064783_22051581.jpg
シモツケソウ
e0064783_22051573.jpg
一番多かったヨツバヒヨドリ
e0064783_22051515.jpg
アジサイに似たノリウツギ
e0064783_22051570.jpg
根尾側に落ちている崩壊地はみんなお花畑になっていました。

e0064783_22051509.jpg
マルバタケブキは遠目に見たほうがよいお花。
e0064783_22051572.jpg
シシウドもね。
アザミは食べても美味い才色兼備。
e0064783_22052527.jpg
奥の宮に続く長い一本道は~♪
e0064783_22052657.jpg
着いたらお参りします。
e0064783_22052664.jpg
カップヌードルとおにぎりを食べたらゆっくり下山。
e0064783_22052550.jpg
クロマメノキを摘まんで疲れをとります。

e0064783_22052526.jpg
ショートローピングを練習しながら下山しました。

淡墨桜に寄ってみました。
淡墨桜の歌を声楽家のように歌っている男女ペアがいました。
e0064783_22052621.jpg
うすずみ温泉の売店で買ったアザミの煮物
e0064783_22053451.jpg





[PR]

by s_space_s | 2016-07-21 21:54 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2016年 07月 11日

帰雲山荘のえんちゃんと飲む!

土曜日の夕方、えんちゃんと岐阜の街で飲みました。
えんちゃんは「くしびき」に行ってみたそうでしたが、3日前に行ったばかりだったので1軒目は「おふく」へ。
「おふく」では相変わらず若い兄ちゃんが多く、ママさんに恋愛相談している子も。
ママさんに出会い系居酒屋というものが岐阜に出来たと聞いたが、そんなの初めて聞きました。

ここはあまり長居するところではないので、適当に切り上げて次の店に。
えんちゃんは、わしの「ディープな世界」があると勘違いしているらしく、その世界へ連れて行ってもらいたそうでした。
そんなのないので、えんちゃん馴染みのお店を希望する。

柳瀬方面へ移動して、えんちゃんの水泳部の先輩がやっている焼き鳥の店「田なか」へ連れて行ってもらいました。
jazzが流れるいい感じのお店で、熱燗は立山。
やきとりは店長のお奨めを出してもらいました。

えんちゃんは大将と水泳部OBの噂話?などで盛り上がります。
わしは酒を飲んで、ここのキュートな娘さんを眺めているだけで幸せ。
けど、話が弾んで大将の焼き鳥を焼く手が止まるのが、女将さんには気に入らないらしく、厨房の雰囲気がちょっと怖かった。

e0064783_20410814.jpg
3次会もえんちゃんのよく行くは御浪町の「わらべうた」。
こういうところが一番落ち着きます。
ご夫婦でやってみえるお店です。

e0064783_20410811.jpg
帰雲山荘仲間のA見さんも仕事が終わってから駆けつけていただきました。
女将さんや他のお客さんが帰っても宴は続きます。

e0064783_20410827.jpg
次の朝は、もう飲まんとこうと思いましたが、夜になったらやっぱり飲んでました。
酒飲んで忘れたいこともあったので…。

e0064783_20405065.jpg






[PR]

by s_space_s | 2016-07-11 17:54 | うまいもん | Trackback | Comments(2)
2016年 06月 07日

花房山・小津権現で会った大きな木など


仲間と4人で揖斐の花房山から小津権現へ縦走しました。
tsutomuさんの記録

花房への登山道の途中に目通り4m以上のモミの大木がありました。
モミノキ平と名前がついています。

モミノキLOVE by GTO
e0064783_23405056.jpg

少し登ったところにクリとモミの合体木がありました。
ここにはクリノキ平と名前がついています。
モミクリ平あるいはクリモミ平としたほうがいい?(なにか問題でも?)
e0064783_23403257.jpg

花房・小津権現間の縦走路は小灌木の生えた見晴らしのよい尾根のイメージを持っていました。
実際はブナ、ミズナラ、イタヤカエデなどの自然林で、木蔭の多い道でした。
小津権現からの下山尾根に根上がりのヒノキがありました。

いいことあるかな~。by AYA
e0064783_23403244.jpg

楽しみだったブナ爺との対面は悲しい結果に終わりました。

ブナ爺~っ! by tsutomu
e0064783_23405113.jpg
立ち枯れてしまったブナ爺の子供たちが育てられていました。
e0064783_23405163.jpg
車を回収しに花房の登山口の東杉原に戻りました。
この集落は廃村になってしまいましたが、神社の大欅(根回りで8mほどある)が歴史の名残を留めていました。
e0064783_23410613.jpg
ちょっと寄ってみた藤橋城の一角にひとけのないフードコートがありました。
最盛期には10ほどもあったであろうお店も今では2店しか開いていません。
昭和の匂いと「とふそば」という看板に引き付けられ、「麺むつみ」のほうに入ってみました。
e0064783_23410699.jpg
味はラーメンに麻婆豆腐を載せたと思っていただければよい。
e0064783_23410605.jpg
話好きの大将で、徳山ダムのできる前のこのあたりの様子を興味深く聴かせてもらいました。





[PR]

by s_space_s | 2016-06-07 21:53 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2016年 06月 07日

雨上がりの小さい沢

クラムボンはわらったよ。
クラムボンはかぷかぷわらったよ。


お父さん、お魚はどこへ行ったの。
魚かい。魚はこわい所へ行った


*****************

日曜日、まっちゃんと荒島岳西面の沢へ行く予定でしたが、朝から雨で中止。
朝飯をゆっくり食べてから読書でもしようと思っていたら、雨が上がってきて、腰が落ち着かなくなりました。
そそくさと釣りの準備をして、釣りにしては遅めの出発となりました。

目的は揖斐の小さな谷。
20年以上前の沢登りのノートを読み返してみるとあまり好い印象ではなかったみたい。
今回は、あるものの確認もしたかったので、ダメ元で行ってみました。

谷に入ってみると、雰囲気が記憶とは違っていました(いい意味で)。
雨後のため毛ばりでは食いが浅く何匹も釣り落としました。くそ~っ。
15匹ほど引っかけて納竿。
e0064783_23274373.jpg
車に戻るとヤマビルがいっぱい這い上がってきていました。

小さいアマゴが多かったので、家でから揚げにしてもらいました。
採ってきたばかりの新鮮なアマゴは驚くほど反り返ります。
e0064783_23274368.jpg
酒は頂きものの銀河高原ビールです。
岩手で作られているんですね。
高山に住んでいたころ飲んだのと違う印象(いい意味で)。

谷でも酒でも時間が経つと印象が変わるもんだと思いました。
人もそうであればいいのに。
風呂上り、数ヶ所あるヒルの噛跡から血が流れ出し、パジャマがえらいことになりました。

********************


待て待て、もう二日ばかり待つとね、こいつは下へ沈んで来る、それからひとりでにおいしいお酒ができるから、さあ、もう帰って寝よう、おいで

 宮沢賢治 やまなし




[PR]

by s_space_s | 2016-06-07 12:33 | 釣り | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 26日

おちょぼ稲荷サイクリング

今日はぞろ目で晴れマーク!
大学サイクリングクラブOBのおっさん2人と3人で御千代保稲荷へサイクリングです。
e0064783_23144293.jpg
仲間は養老鉄道のサイクルトレインで西大垣駅へ来るというので、わしは岐阜から走っていきました。
のんびり走って岐阜から2時間。

墨俣の一夜城

e0064783_23144207.jpg
大垣宿を通りかかると、祭の屋台を片付けているところでした。
e0064783_23144140.jpg
近くの本陣跡が歴史資料館になっていて、ちょうどこの屋台の資料が展示されていました。
大垣祭りは先週あったらしく、この屋台はからくり屋台でした。

e0064783_23144181.jpg
これは昔のからくり人形

e0064783_23144190.jpg
管理人の奥様とたまたま用事でみえていたMさん(屋台関係者?)に色々なお話を伺いました。

Mさんの家は大垣藩の家臣の家柄で、ご先祖が芭蕉の大垣三人弟子のお一人だったとか
芭蕉が大垣に着いたとき親戚の娘が肩をもんで介抱したとか
芭蕉からの古い手紙があったとか、それを紛失したとか
大石内蔵助の思案柱は実は今展示されている場所ではなく、本陣隣の宿にあったものだとか

下の模型の右の大きいのが本陣、左は思案柱のあった宿
e0064783_23144193.jpg
案内していただいた奥様(芭蕉の句碑の前で)
e0064783_23144163.jpg
もっとお話を伺いたかったのですが、集合時間が近づいたので、西大垣駅に向かいます。
e0064783_23144154.jpg
自転車を押してKとMが登場
e0064783_23144169.jpg
言い出しっぺのMは特にプランがないらしく、その場で相談のうえ、奥の細道むすびの地記念館に行ってみる。
3人とも特に芭蕉に興味があったわけではないですが、Kの「ここが今日のメインエベントかも」の一言で入ってみることにしたのでした。
e0064783_23163080.jpg
入ってみると今まで知らなかった芭蕉のことや、あらかじめ奥の細道のゴールとして計画されていた大垣の地のことが興味深く、かなり長時間、展示を観覧しました。
芭蕉は鳥海山・月山にも足を延ばしていたんですね。
e0064783_23163044.jpg
一夜城には入らず、おちょぼ稲荷に向かう。
長良川右岸ぞいにサイクリング・ロードがあるけど、舗装が痛んでいて走りにくい。
e0064783_23163062.jpg
2時半ぐらいに御千代保稲荷に到着。はら減ったー。
e0064783_23163095.jpg
面白いお店がたくさんあって飽きません。
e0064783_23163076.jpg
お腹が減ってしかたがないが、まずはお稲荷さんに参拝します。
e0064783_23163022.jpg
ここにも重軽さんがありました。
願をかけた後、重くなるか軽くなるか(同じは×)自分で決めたとおりになるかどうかで占うのがここのやり方。
e0064783_23163042.jpg
日龍峰寺のおもかる様
曼荼羅寺のおもかる地蔵様

わしは同じ重さで、ク~ッ!

ようやく串カツの店に入ってのんびりします。
本当はakiさんのお店に行ってみたかったのですが、電話番号を控えて来るのを忘れて残念。
e0064783_23163063.jpg
いい雰囲気のお店です。
e0064783_23012741.jpg
東京育ちのKは、どて食べるのが初めてと聞いて驚いた。
e0064783_23163056.jpg
草餅をお土産に買おうとしたら、店のおばちゃんが
「自転車の人やね。最近よう来とるね~。このあいだも見たわ。」
といわれて、「3回ぐらいやけどね」と言っておいたが、生まれてからこれが2度目なのでした。
(こころ旅と間違えてないかい?)



お腹も膨れたので、近くの珍スポット乙姫公園へ行ってみました。

池のある公園の中に浦島太郎
e0064783_23180433.jpg
誰かに似ている。
e0064783_23180492.jpg
乙ちゃ~ん!
e0064783_23180426.jpg
かなり巨大です。
e0064783_23202100.jpg
鶴もかなり大きい。
e0064783_23180496.jpg
痩せた馬の表情がリアルです。
e0064783_23181029.jpg
公園はお稲荷さんと繋がっています。
ここに紹介した以外にも色んなコンクリート像があります。
好きな人にはたまらないでしょう。
鳥居のトンネルには蜘蛛の巣が張ってました。
e0064783_23181038.jpg
もっと見たい方はこちらをどうぞ。

この公園で2人とさいならしました。
今度会うのはまた来年?

  蛤のふたみに別れ行く秋ぞ


たまたま新幹線からよく見るソーラーアークの近くを通りかかったので、寄ってみました。
守衛さんに敷地内に入れるか尋ねたけど当然断られ、ここまではいいというラインから写真を撮りました。
全部入らん。
e0064783_23181044.jpg
右手からと左手からの写真を繋ぎ合わせてみました。
歪んでます。

e0064783_23290693.jpg
海風が吹いて順風満帆。
自動車が入ってこない堤防道路は非常に快適でした。






[PR]

by s_space_s | 2016-05-26 22:44 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 24日

居酒屋「稲穂」

岐阜市で一番お値打ちな居酒屋と評判の「稲穂」
岐阜北高の北の交差点を西に入ったところです。
たまたまコパン忠節に用事があり、前を通りかかったらカウンターがいっぱいでした。
少しだけ開いていた椅子にねじりこんで1杯呑んで帰りました。
e0064783_21205705.jpg
ビール大瓶420円、お酒(日本泉)180円とここは昭和かと思うようなお値段です。
鳥皮、砂肝の串、牛筋のどてが美味かった。
大将はちょっとこわもての方で隣の常連のおっちゃんは怒られていました。
その分、若いバイトの娘2人が和ませてくれます。
おっちゃんによると40年ぐらい前からやってるらしい。
わしが北高に通っているころからあったと思うと感慨もひとしお。
おっちゃんと老後の性生活の話題で盛り上がり?ました。
11時半までやってます。





[PR]

by s_space_s | 2016-05-24 21:43 | うまいもん | Trackback | Comments(6)