blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:美味しいもの ( 209 ) タグの人気記事


2016年 01月 03日

明けましておめでとうございます

初日の出は裏山の各務ヶ原権現で見ました。
毎年、人が多くなってる感じです。
e0064783_21365797.jpg
娘のおなかに不思議な光が。
もしや…。

e0064783_21365420.jpg
目出度い、目出度い
e0064783_21365409.jpg
名古屋のツインタワーまで見えました。

午後から石窯でピザを焼きました。
火を熾すのが楽しい時間です。
もちろん、一杯やりながら。
e0064783_21365435.jpg
年季の入ったヤカン

e0064783_21365419.jpg
2回目の今回は失敗することもなく、台がパリパリの美味しいピザが焼けました。

差出人のない年賀状が届きました。
可愛い姉妹にも小さく映ったたぶんご両親にも見覚えがないような。
どなたか心当たりのある方みえませんか?

e0064783_21395092.jpg
2日はかみさんの実家でお昼から飲みました。

3日にポタリングに出かけました。
関市津保川ぞいの林道奥に奇妙な雰囲気の場所がありました。
何か出てきそうな…

e0064783_21403718.jpg
ここまでの道はこのお地蔵様にお参りするための道だったのでしょうか。
最近、人が来ていないような荒れようでした。
e0064783_21404217.jpg
その隣にはヒラタケがびっしり生えた、半分枯れたモクレンの木

e0064783_21403909.jpg
マーゴで預けていたメガネをピックアップしてから、中学2年まで住んでいた関の街をポタリングしました。
友達の「ぶーぼー」の店「ねりや」あたりも昔の面影はありませんでした。

あっという間の年末年始のお休みでした。
本年もよろしくお願いいたします。



[PR]

by s_space_s | 2016-01-03 21:41 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 21日

おでん屋おふくで美味い酒を飲むこと

昼間はテレマーク倶楽部のメンバー+アルファでビーコン練習会をやった。
ビーコンも年々進化していることを実感した練習会であった。
まだ2回目しか使った経験がないメンバーが、最新機種を使ってわしよりずっと早かった。
登山研修所講師のワルテル師にも参加いただき、1日かけていろんな練習や確認ができた。
うちの団地の裏山でやったので雪は当然なかったけど、ビーコンの操作練習だけなら工夫次第で雪上と変わらないことができそうだ。
グリッド・サーチを練習するのに、基本は雪面に近づけて行うことを確認したうえで、肩ぐらいの高さでやってみると、ある程度深く埋没したシチュエーションで練習できる。tsutomuさんのメモ

余談ではあるが、この場所は団地のすぐ奥とは思えないような静かな広場で、勝手に「ミニ上高地」と呼んでいる。
e0064783_10073703.jpg
練習会終了後、ワルテル師と家でちょこっと復習したり、世間話したりして、かみさんが仕事から帰ってくるのを待つ。
5時前に帰ってきたので、少し早いが、駅前まで送ってもらう。
ハルちゃんが岐阜に着く予定が7時なので、先にどこかで飲むことにしようと、水谷に行ってみた。
土曜日なのでサラリーマンの出が少ないかと期待していたのが、見事に裏切られる。
もう暖簾をしまって閉めるところであった。
「ネタがなくなってまったのでゴメンね。」と、おばちゃん。
昼間っから飲んでいるおっちゃんたちのことを迂闊にも忘れていた。

くしびきへ行くという安易な考えもちらと浮かんだが、ワルテル師が最近晩酌をするようになり、それもうまい酒を1合だけという話を聞いていたので、面白いママさんがいて旨い酒が置いてある「おふく」で飲むことにした。
6時ごろから飲み始め、結構気持ちよくなってきた7時ごろ、ハルちゃんから電話が入った。
店の電話番号で場所がわかるらしい。便利な世の中になったものだ。

ハルちゃんが到着して早速飲み始めしばらくして、今日はスベシャルゲストを呼んであると言う。
誰なのかはお楽しみで教えてくれない。
3人で飲んでいて、このメンバーはチーム・ハーフドームだという話がでた。
いや、それにはG木田君が足りない。
それじゃ、チーム滝谷なら、キム師が足りないなどと言いながら飲んでいた。

おでん屋の小さい引き戸を開けて入ってきたお客の顔を見て驚いた。
誰あろう、先ほど話題に出たキム師が名古屋から来てくれたのであった。
もうその後は昔に還った感じで話がはずみ、〆張鶴、三千盛を何本もお代わりして、心地よい酩酊に沈んでいったのであった。

てかり具合の順(昇順)に、左からハルちゃん、キム師、ワルテル師、わし
e0064783_20234906.jpg
最近、山で亡くなった仲間の話も出た。
この歳まで死なずに山を続けてこれて、今の山を語れることだけでも、有難いことなのだと思った。
いや、こうやって酒が飲めることだけでも。



[PR]

by s_space_s | 2015-12-21 12:02 | 山登り | Trackback | Comments(6)
2015年 12月 03日

大矢田ひんここ祭を観てきました。


ひんここ祭は、大矢田神社の例祭(4月第2日曜)と秋のもみじ祭(11月23日)の年2回行われるお祭りで、500年ほど前から始まりました。
現在公開されているのは、ひんここの舞というもので、その他に稚児・獅子渡り、稚児・獅子の舞、猩々・竜の舞などがあります。
かみさんは、関市の池尻というところの出身で、大矢田はひと山越えてすぐ近くです。
非常に素朴な祭ということで、子供のころは観に行く値打ちがないように思っていたそうです。

お昼に武芸川の道の駅で新蕎麦をすすってから、大矢田に向かいました。
舞台の近くには駐車場がないので、大矢田小学校が臨時駐車場になっています。
ここからひんここの舞台までは1㎞ほどあり、途中、古呂婆受宮(ころばずのみや)という霊場の前を通ります。
案内板によれば、ここには伝説の蛇の胴が祀られていて、ひんここの舞の行列もこの坂に来るとお囃子を止め静かに畏敬して通るのだそうです。

e0064783_21312081.jpg
ひんここの役者は休憩中。
手前が神主と須佐之男命の二役を演ずる祢宜殿。
ラモスそっくりです。
農民は、庄屋を先頭に火種持ち2、鍬持ち2、肥料持ち2、種持ち2、土かけ1、足跡付け(何をするの?)1、弁当持ち1の計12体あります。
e0064783_21334498.jpg
大蛇は、頭、胴2つ、尾に分かれています。
いい表情しています。
e0064783_21334778.jpg
舞台は小山の中腹にあります。

e0064783_21312858.jpg
登ってみました。

e0064783_21313385.jpg
かみさんが、地元の方がやってみえる売店で焼き芋を買ってきました。
e0064783_21323821.jpg
安納芋というやつで、甘くておいしかった。
e0064783_21324201.jpg
開演の2時まで時間があったので、大矢田神社に行ってみました。
紅葉はもう終わった感じです。
e0064783_21352454.jpg
ここでも気になるのがずらっと並んだ屋台です。
e0064783_21352158.jpg
地元のおばちゃんたちがやっている五平餅に行列ができていました。
e0064783_21353401.jpg
柚子がたっぷりかかっていて、これも美味しかった。

e0064783_21363262.jpg
夫婦杉

e0064783_21353279.jpg
上演時間は30分ほど。
下の広場からお囃子と一緒に舞台へ登っていくところから始まります。
踊りは、祢宜殿のお祓いから始まり、農民の麦まき、大蛇の襲撃、大蛇と須佐之男の戦いと続き、須佐之男勝利の舞で終わります。
その間、同じお囃子が延々と続き、クライマックスではテンポが速くなり、擦鉦(すねがね)が鳴り響きます。
人形は首が前後に動くだけの素朴な仕掛けで、大蛇に頭を挟まれた農民は幕下に消えていきます。
大蛇と戦う須佐之男命の武器は、神主の時持っていた大麻(おおぬさ)のまま。
神通力で大蛇を倒したのでしょう。

小さい子供がお母さんに、呑みこまれた農民は大蛇のお腹から助け出されるの?と訊いていました。
お母さんは「そうだよ」と言ってましたが、そんなに甘くはない。
呑まれた農民は最後まで出てきませんでした。




舞台から降りてきた役者が並んでお披露目があります。
人形は20㎏もあるそうです。
見かけより大変な舞なんですね。





ひんここの舞には登場しませんが、これがひんここ祭の中心になる神人の猩々姫(櫛稲田姫命)です。
500年の年月を感じさせる風貌とぼろぼろの着物です。
持っているおじさんも一体化して、雰囲気を醸し出しています。
e0064783_21363909.jpg
観客との触れ合いもあって、肩ひじはらないレイドバック感が、好ましい祭でした。
e0064783_21364243.jpg





[PR]

by s_space_s | 2015-12-03 11:34 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 29日

石窯火入れ

今日はまっちゃんと奥美濃の沢に行く予定でしたが、予定を変更して、石窯に火を入れてみることにしました。

ピザピールを買うとかなり高いので自作してみました。
ステンレスに穴を空けるのがハンドドリルでは大変でした。
欲張って大きなステンレス板を使ったら、我が家の石窯には大きすぎました。
これでも使えないことはないけど、取り回しが悪いので少し切ろうかな。
e0064783_20264795.jpg
薪は、青年の家に行ったとき、岩井の集落手前で薪を切っているおじさんに分けてもらいました。
火を焚くのは楽しいね。
e0064783_20264757.jpg
最初の2枚は表面が焼ける前に底が焦げてしまい、味は良かったけど食べにくかった。
じいちゃんばあちゃんも呼んでビールを飲みながら、試作品を食べているうちにお腹が膨れてしまいました。
3枚目ぐらいから上手く焼けるようになり、ご近所に食べていただきました。
e0064783_20264732.jpg
ピザは下段で焼いたほうが上手く焼けることが分かったので、上段でパンを焼いてみました。

e0064783_20264778.jpg
これがまた美味い!
e0064783_20264783.jpg
最後は、かみさんが余熱で岩魚のストックをカリカリに焼いてくれて、つまみに最高でした。
これでピザ&牡蠣パーティー準備完了。






[PR]

by s_space_s | 2015-11-29 20:49 | うまいもん | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 17日

揖斐の山へ行ってきました。

先日の土曜日。
コウムラとどこか歩きに行く予定でしたが、あいにく朝から雨の予報が出ていて中止にしました。
一人なら、ピークを踏まなくても適当に山を歩いてキノコでも探そうと、揖斐の山に入ってみました。
雨に煙る森の奥から、鹿の声が寂しげに聞こえてきます。
逃げていく鹿の白い尻を見ました。

やっぱり今年は乾燥続きで出が悪いようです。
e0064783_23070584.jpg
それでもたま~に、こんな感じの立ち枯れも
e0064783_23070520.jpg
近づいてみると、ちょうど食べごろ

e0064783_23070537.jpg
こんな木が何本かあれば、ザックは一杯になります。
e0064783_23070561.jpg
お昼までで切り上げ、帰りは揖斐の街に下る手前の国道沿いある「さか上がり」という食堂に寄りました。
おばちゃんと、トンネルが出来てから揖斐峡が寂れてしまった話や、山菜採りの話などしながらのんびりしました。

「明日はツルニンジン採りに行く予定だけど、雨が心配。」
e0064783_23070579.jpg
卵丼550円也をいただきました。キノコや蒲鉾が入っていて美味しかった。
ナメコをおすそ分けしたら、お返しに花梨をいただきました。
車の中がいい香り。

家に帰って、道具を片づけ、メダカの水替えなどをしてから、夕方かみさんとピアノリサイタルに出かけました。

岐阜県庁近くののサラマンカホールです。
パイプオルガンが立派。いつか聴いてみたい。
e0064783_23070523.jpg
演奏は、竹内康佑君という、うちの町内出身の子(もう社会人ですが)。
かみさんは、康佑君が小さいころ、発表会のリハーサルの様子を見ていて、この子はちょっと違うと感じたそうです。
曲目はベートーヴェンのピアノソナタ第14番などの独奏と声楽をやるお仲間の伴奏でした。
わしには、演奏を評価できるような耳はありませんが、歌手を引き立てる伴奏は素晴らしいと感じました。

最近、昔聴いていたレゲエをまた聴くようになりました。
自動車を運転するときブラック・ウフルのダブ・アルバムを大音量で聴いてます。
けど、この夜はコンサートの余韻がもったいなくて、何も聴かず運転して家に帰りました。



[PR]

by s_space_s | 2015-11-17 12:45 | うまいもん | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 03日

坂内村白川支流尾ノ谷(下半部のみ)


坂内村の尾ノ谷へ行ってきました。
源流まで詰める気力と体力がないので、右俣に少し入ったところで尾根を乗越して火箸谷へ下降しました。
2つ大きめの滝があり、沢登り気分を味わいました。
1回尻餅をついて、右ケツを岩にしたたかぶつけました。

1個目の大滝
出口の小滝が微妙でした。
e0064783_15484211.jpg
2個目の大滝
こちらは多段で、見栄えは劣ります。

e0064783_15484269.jpg
秋晴れと紅葉

e0064783_15484318.jpg
右俣の大トチ
e0064783_15484256.jpg
こんなお土産も。
e0064783_16251137.jpg
こんな落とし物も。
とぐろを巻いたクマの糞は珍しい。
e0064783_16251131.jpg
下降した火箸谷は中流部に竹藪があり、人臭い谷でした。

家に帰って、じいちゃん家の裏山のチビ柿を取りました。
今年は不作でした。
じいちゃんとこに頂き物の蜂の子があって、それを肴に酒を飲みました。
e0064783_16251132.jpg
柿は、買ってきた蜂屋柿と一緒に、かみさんが吊るしてくれました。
e0064783_16414262.jpg

(後記)
干し柿は、雨模様の天気と温暖のためカビが生えて、全滅でした。







[PR]

by s_space_s | 2015-11-03 16:48 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 30日

味どろぼう

最近、お昼の弁当のご飯の上に赤カブの漬物を千切りにした「味どろぼう」という漬物が載っています。
昔から高山では「めしどろぼ漬」という漬物があって、それによく似てます。
色がきれいなピンクで味は浅い即席な感じ、値段は安いみたいです。

気になったのが「味どろぼう」というネーミングです。
「めしどろぼ」というのは、これを食べると、よその家の飯まで盗んでくるほどご飯がすすむという意味です。
「味どろぼう」のほうは多分、「めしどろぼ漬」の「どろぼう」というインパクトのある言葉に、美味しいという意味の「味」をくっつけたのかな。
けど、通しで意味を考えると、味も盗んだことになってしまう。
名は体を表すとはこのことでしょうか。
まあ、美味しければいいか。

チッチャイことは気にするな! ワカチコ!ワカチコ! by ゆってぃ

似たようなネーミングの商品がたくさんありました。

麺どろぼう:麺つゆ → おいしくて麺を盗んででも食べたくなる(以下、うますぎる系という。)
酒どろぼう:漬物 → うますぎる系
肉どろぼう中辛:焼肉のたれ → うますぎる系
虫どろぼう:殺虫剤 → 虫があっという間にいなくなるから?
脂肪どろぼう:健康食品 → 脂肪がよくとれるから?韻を踏んでる
ごはん泥棒:薬味味噌・醤油、塩辛 → うますぎる系
めしどろぼう:食べるラー油 → うますぎる系
豆どろぼう:せんべい → 豆を盗んできて作ったから?
酒盗:魚の内臓の塩辛(普通名詞)→ うますぎる系

岐阜市内に「歌どろぼう」という居酒屋があります。
女将さんが飛騨出身ということもあり、昔からたま~に覗いています。
大将はレコードも出している演歌歌手です。

この店の名前もなんか気になってきた…。



[PR]

by s_space_s | 2015-10-30 17:27 | あほばなし | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 24日

ピザ石窯完成

夏に熱中症になりながら土台を作ってから、側壁と中間棚を作ってきました。
基本的にかみさんと娘が自分で作るという企画なので、頼まれないかぎり手を出しません。

中間棚を作るときは少しアイデアを出しました。
段ボールで作った型にビニールを張り、耐火コンクリートを流し込んで棚板を作りました。
本格的な施工なら木枠を作るのでしょうが、できるだけお手軽、低コストということで、いろいろ工夫します。

秋に娘が帰ってきて、天井を積むのも、段ボール活用。
カマボコ型の箱を作って支えにしてました。

e0064783_19524533.jpg
こんな感じ

e0064783_19530101.jpg
だいぶ積めました。
e0064783_19525838.jpg
わしは、ジャズ喫茶「隣の家」でレコード聴いてレイモンド・カーヴァ―を読みながら、たまに進行具合を眺めるだけ。
まだ力仕事は無理だしね。

煙突設置作業
e0064783_19520960.jpg
娘が東京へ帰る朝、段ボールの型枠に火を点けました。
e0064783_19510043.jpg
なかなか良いアイデアです。
ほんとの火入れではないけど、釜の中で火が燃えているのを見るのは良いものです。
e0064783_19510098.jpg
あとは釜口の扉だけ。
ここも本格的にやるなら、板金で鉄の扉を付けるところです。
ところが自分では溶接なんかできないし、オーダーメイドで作ってもらうと数万円仕事。

そこで、ホームセンターで石膏ボードを買ってきて、3枚重ねにしてボルトで固定し、ガボッと嵌め込む蓋を作りました。
e0064783_19440948.jpg
こんな感じになりました。
取っ手が熱くなりそうなので要注意です。

e0064783_19440974.jpg
娘が帰ってこないと火入れができないことになっているらしい。
石窯ピザとパンは正月かな。
そのうちピザパーティーやるので、皆さん食べに来てね。




[PR]

by s_space_s | 2015-10-24 20:48 | 日常 | Trackback | Comments(2)
2015年 10月 18日

帰雲山荘きのこ鍋

帰雲山荘のEさんからお誘いがあったので、キノコを探しに御母衣に向かいました。
9時半ごろ山荘に着くと、山荘の主Sさんはじめ懐かしいおっちゃんたちの面々。
焚火にあたりコーヒーを淹れていただいて、この夏の手術の話など少し話をしてから小屋の周りのキノコを見て回りました。
e0064783_20192760.jpg
この数日、晴天が続き、気温も高かったので、キノコには良い条件ではなかったけど、チャナメツムタケ、シロナメツムタケ、ホテイシメジ、スギエダタケなど美味しいキノコが採れました。

e0064783_20193222.jpg
これだけあれば十分です。
e0064783_20193512.jpg
Sさんがキノコ鍋にしてくれました。
e0064783_20195369.jpg
うっ!キノコにあたった!
なに言うとるか!
e0064783_20195782.jpg
コザエモンさん、お代わりして3杯目
e0064783_20194369.jpg
久しぶりに訪れた山荘はかなり快適な小屋になっているようでした。
泊まってみたい。
ここを訪れる若い人たちが増えるといいですね。
e0064783_20200059.jpg
SさんたちはODファームへ石窯ピザを食べに行かれましたが、わしらは御母ダム湖畔の風地原小屋へ蕎麦をすすりに。
行ってみると休業で、諦めて、キノコを少し採って帰りました。
ムキタケとハナイグチがありました。


e0064783_20200272.jpg

風邪で喉が痛いし、腹の傷は痛むし、帰りのドライブ中にもいつになく?寡黙なわし。
すごく楽しかったのに、コザエモンさんすみません。

きのこは、家で味噌煮にして酒がすすみました。





[PR]

by s_space_s | 2015-10-18 20:47 | 山菜・きのこ | Trackback | Comments(2)
2015年 08月 17日

しばらくさようなら(パンダ銭湯)

明日から2週間ほど入院します。
その間、スマホもないので、このblogの更新ができません。
9月の何時になるかはっきりしませんが、それまで皆さん御機嫌よう。


8月15日(土)
長男坊が揖斐川の下流になまず釣りに行くというので、付いて行きました。
e0064783_21471429.jpg
結果はぼうず。
掛かるのは 外道のブルーギル ばかりなり
わしは、川風に吹かれてビールを飲むのが目的なので、全然問題ないのです。
多分ブラックバスに追われてだと思いますが、小魚の群れが逃げ回って、そこだけつむじ風が起きたようにさざ波が立っていました。
e0064783_21464285.jpg
8月16日(日)
昨日のリベンジに4時起きで長男坊と高鷲の大洞谷へ釣りに行きました。
お盆休みに釣人が入ったのか、魚の警戒心が強く、会心のリベンジとはなりませんでした。
e0064783_21465049.jpg
脱力系のトントン・ホウウェンのCDを聴きながらドライブ。

家に帰ると、近所のまっちゃんから一杯のお誘いがありました。
が、ちょっと疲れたのでご無礼しました。
まっちゃんは昼間にも寄ってくれたとのこと。

玄関先に新潟のお土産が置いてありました。
小粒ながらおかきの味がちゃんとして、亀田の柿の種より断然うまい。
e0064783_21465777.jpg
かみさんの友人から、手術前に読んでなごんで下さいと、こんな絵本をいただきました。
わしは何かあっても飄々としている風に見えるようです。
自分でもストレスをあまり感じないので、かみさんはそこに腹が立つそうです。
けど、十円禿が出来たりするところをみると、隠れストレス人間なんですよ。

この絵本でかなりなごみました(家中)。
e0064783_21465334.jpg
パンダの秘密は・・・

恐ろしくてお話しできません。





[PR]

by s_space_s | 2015-08-17 22:41 | 日常 | Trackback | Comments(6)