blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:自然 ( 285 ) タグの人気記事


2017年 08月 23日

雷雨

たまたま会議が長引いて、職場を出る時間が1時間ほど遅くなった。
少し前までゴロゴロと空が鳴っていたので、すこし心配。
外に出てみると雷雲がちょうど東に抜けたところだった。
金華山の向こうではいくつも雷が落ちている。
なかには下から上に広がるような雷もあって、その下にいなくてラッキーと思った。

伊自良川の堤防に上がって携帯のカメラで写真を撮ってみた。
うまくタイミングつかめず。
e0064783_09040478.jpg
あんまり早く走ると雷に追いついてしまわないかとゆっくり目に走る。
それも余計な心配で雷雲はどんどん東の山の向こうに消えていった。
あとはまだ星も出ていない夜空。
日が短くなったなあ。



[PR]

by s_space_s | 2017-08-23 12:46 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 04日

カモシカ角のキーホルダー

まっちゃんからも珍しいものと言っていただいたので、先っちょを整えてキーホルダーにしてみました。
e0064783_20290479.jpg
適度な重量感で掌にしっくり馴染み、いい感じになりました。

この角は正確に言うとニホンカモシカの頭骨の角に被さっている鞘みたいなものだそうです。
だから空洞なんだ。
これはNSネットのナオさんと隠し岩魚の谷へ行ったときの写真。
e0064783_20373073.jpg
根元にある輪のような皺「角輪」は年齢とともに増えるということでその数を調べると歳がわかると言われることもありますが、いつも参考にしている「哺乳類のフィールドサイン:熊谷さとし」によれば、「カモシカの子どもには、はじめから5~6本の角輪があり、それが成長とともに蛇腹のように伸びるのだそうだ。」とあり、迷信だそうです。

カモシカの角がシカの角と違うお話はこちら

ヤスリで削っているとき鰹節のような匂いがしたので、削ってダシをとったら旨そうやなと言ったら、かみさんに気持ち悪いと言われました。






[PR]

by s_space_s | 2017-07-04 20:40 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 07日

疑わしきは罰せず

東海地方も例年どおり梅雨に入りました。
我が家のまわりでもアマガエルが嬉しそうに鳴いてます。
本日の話題はそのアマガエルとメダカの関係について。

うちには2014年秋に近所の用水で取ってきたメダカがいます。
もう4代目になります。
たぶん60匹ぐらいはいると思います。

春になってアマガエルが水槽の中にいることが増えました。
アマガエルは水槽のガラスにぴたっとくっついていることが多い。
かみさんは絶対メダカをねらってると言うのですが。
わしは、単純に水のある環境を求めて寄ってくるのだろうと思ってました。

この話題に関しインターネットでも様々な意見が飛び交っています。
先日、メダカを食べたという情報を見つけました。
動くものならやっぱ食いつくんですね。

映画「ジュラシックパーク」で、じっとしてれば恐竜は襲ってこないというシーンがありました。
カエルもこれに近いようで、虫ぐらいの大きさで動くものであれば何にでも跳びつきます。
田んぼに散歩に行ったとき、たまにやる遊びに「カエル釣り」があります。
長い茎のある小さな花の首を揉んでくたくたにして、カエルの隠れている穴や、じっとしているカエルの前でひらひらする。
うまいこと動かすと跳びついてぱくっとくわえます。
あと、毛鉤釣りのとき、ヒキガエルの前で毛鉤をひらひらすると大変なことになるので注意。

というわけで、水面近くを泳いでいるメダカが食われた可能性はあるわけです。
けど、カエル好きのわしとしては、疑わしきは何とかの精神で、追い出す程度にしています。
気になりだすと、水槽にアマガエルの姿を探す自分がいたりして。逆に…
e0064783_10153146.jpg
昔こんな話もありました。




[PR]

by s_space_s | 2017-06-07 17:22 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 13日

谷汲山から横蔵寺まで名刹を結ぶ”巡礼”の道

今年も庭のユズに蕾が付いた。
e0064783_04080599.jpg
かみさんに呼ばれて行ってみると、こんなものが柚子の棘に刺さっていた。
モズの仕業である。
e0064783_04080561.jpg
連休の最終日、1日予定が空いたので妙法ヶ岳へ取材に行くことにした。

昭和56年に中日新聞から発行された「東海自然歩道中部特選25コース」(稲熊金久著)というガイドブックがある。
大学4年のころだったかサイクリングから山に志向が変わったてきたころ購入した本で、当時はこの本を参考に自転車を担いで山に入ったり、歩いたりしていた。
谷汲山へから横蔵寺へ抜けるこのコースも名古屋から電車とバスを乗り継いで登りに来たことがあった(今のかみさんと)。
そのとき参道の菓子屋で「ぶんたこ」(草餅)を買って食べた。
登山道の記憶はほとんどないのに「菅原ぶんたこ」とか言って笑っていたことは憶えている。
あと、横蔵寺の舎利仏(ミイラ)と。

若いころは面白い道とは思わなかったけど、歳をとったせいか、このコースはなかなか楽しめるとこだと思った。

e0064783_04065181.jpg
満願堂から奥の院までのミニ巡礼コース。
三十三体の阿弥陀様がみんな違ってみんないい。
e0064783_04074099.jpg
岩窟の中から湧き出す泉
e0064783_04074083.jpg
中に不動明王が祀ってある。
e0064783_04074050.jpg
登山道わきの木で気になるのがあった。
確認するとユズリハとクロモジの成木であった。
どちらも直径が20cm以上でこんな太いの初めて見た。

東海自然歩道のテーブルでのんびりハイキング気分
ラジオから聴こえてきた柴門ふみの話が面白かった。
e0064783_04073968.jpg
562mピークの近くにある二又の大杉。多分、真ん中にもう1本あったのが枯れたようだ。
根周りは相当な大きさで巨木といってもいい。
e0064783_04073904.jpg
その奥の祠の周りにシャクナゲ
e0064783_04073994.jpg
横蔵寺の旧本堂跡の池
e0064783_04073912.jpg
そのほか僧兵の馬場跡、熊谷直美の墓など興味深いものがいろいろあった。
横蔵寺に降りてバス停の時間をみると、次のバスが来るまで1時間以上あった。
ベンチに座って、ぼけ~っとしたり、小川の魚を眺めたり、駐車場係のおばちゃんの話を聴くでもなく聞いたり・・・
e0064783_04132518.jpg
コミュニティバスの乗客はわし一人。料金100円。
e0064783_04074051.jpg
谷汲山に戻り、参道を歩いてみたけど、すでにほとんどの店が閉まっていた。
1軒だけ開いていた土産物屋があった。
「ぶんたこ」はなかったけど、草餅とにっき餅を2個ずつ買う。
店のおばちゃんと話しをしながら1個食べて、ひと気のない参道を下って行った。
e0064783_04074031.jpg




[PR]

by s_space_s | 2017-05-13 10:44 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 25日

美並のミツバツツジ(ARJS長良川大会)

日曜日は3時半起きでARJS長良川大会の会場、美並のアースシップへ。
今日はオリエンテーリングポストの回収を担当する予定。
昨夜はナイトセクションもあって最終ゴールは1時を回っていたらしい。
美並のキャンプ場の朝は5℃以下に冷え込んだ。

e0064783_16372611.jpg
6時にレーススタート。
今回は10チームのエントリーがあり、選手の中には超有名な方もちらほら。
オリエンテーリングのセクションはポイントが7つで累積標高差700mを超えるコース設定。
ここをトップチームは1時間ちょっとで周ってきてしまう。

オリエンテーリングに続いてバイクセクションのスタート
e0064783_16372696.jpg
オリエンテーリングのゴールチェックのお手伝いが終わると、いよいよわしの出番。
選手と同じ地図を片手にナイトセクションの未回収ポイント2個を含め9個のポイントを歩いて回収する。
今回はスタッフが足りないみたいで一人の作業となる。
気楽な反面、ちょっと意地悪な設定のポイントを探したりするときは先入観があると罠にはまることも。

前半のポイント2個で少し時間をくってしまった。
尾根上は気持ちのいいところが多かった。
e0064783_16372609.jpg
これは素直なやつ。
進行方向からは見えない場合が多い。
ブッシュの陰につけられていたりするとすぐ横を通っているのに気が付かないことも。
トップレーサーは凄い。

e0064783_16372684.jpg
このゲーム、狩猟・採集本能を刺激するところがある。
レースではそれどころではないと思うけど、ポイントをゲットしたとき、回収する前にちょっと一服したり、何か飲んだり食ったりして感慨にふける。
この気持ち、分っかるかな~。いえぃ。
飯田蛇笏の「茸をたずねる」という随筆にも似たようなことが書いてあったなあ。

―― 不図傍らを見ると、背を薄黒く染めて地に低く生え立った猪の鼻と呼ぶ茸が、僅(わずか)に落葉の間から顔を出している。私はその時急速に上体をかがめて近寄り、すぐに手を出したくなるのであるが、じっとその心を制(おさ)えて一休みすることにする。ポケットから取り出される煙草が火を点けられる。煙草の煙の中から見張る眼に、次ぎ次ぎに茸の親族が見え出してくる。――

読み返してみると、感慨というのとは少し違う気もします。

美並のあたりは暗い杉林が多いけど、ミツバツツジの咲いているところはライトを点けたよう。

e0064783_16372651.jpg
全部回収するのに3時間もかかってしまった。
けど、1つもルートミスをしなかったのは(自己)満足の出来であった。
予定どおり昼前にアースシップへ戻ってくるも、本部はもぬけの空。
うめさんとも連絡がつかないので道の駅へ行って、顔を洗い、東屋で賞味期限切れのカレーメシを食す。
e0064783_16372728.jpg
あまり美味しそうに見えないけど、食べれないことはない。
山でならこれをかけて白飯が食えそう。

e0064783_16372615.jpg
昼けちった分、夕飯はかみさんとうまいものを食いに行った。





[PR]

by s_space_s | 2017-04-25 12:01 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 24日

舟伏山のイワザクラ

この土日、うめさんのご依頼でARJS長良川大会のサポートが入っていたのだが、舟伏山のイワザクラを取材するチャンスが重なってしまった。
ドタキャンで土曜日は免除してもらって、舟伏に行ってきた。
いつもの仲間を誘っても急だったので皆さん都合が悪く、結局、気楽に一人で行くことに。
7時ごろ登山口に着いたが、駐車場には既に20台ほどとまっている。
桜が満開である。新緑にはまだ早い。

時計周りで縦走することにする。
山県市のパンフで逆時計回りのコースが紹介されているためか人に会わず、静かな山を楽しめた。

e0064783_16272599.jpg
西コースはH700mあたりにある仏様から上は自然林となる。
石灰岩の地質で伊吹の植生に似ている。

ボタンネコノメソウ
e0064783_16273232.jpg
カタクリ
e0064783_16272018.jpg
稜線に出るとコバイケイソウとヤブレガサだらけ。
コバイケイソウは毒があるのでシカに食べられないのは分かるけど、山菜のヤブレガサを食わないのは好みの問題?
頂上は大きな広場になっていた。
大阪からみえた4人組の方々とお話しする。
e0064783_16274774.jpg
下りは東ルートから。
目的のイワザクラは少し下った岩場に群生していた。

e0064783_16273658.jpg
満開です。
e0064783_16274394.jpg
桜峠手前の急斜面トラバースは恐ろしい。
落石を起こしそうなとこもあり、東コースの下りは山慣れていない方には難しいかも。
市のパンフどおり反時計回りが無難。

桜峠には桜の木が一本
e0064783_16275155.jpg
地元の方がみえて、神崎から桜峠を越え西ルートの仏様のところまで舟伏の中腹を横切って根尾に通じる街道があったことを教えていただいた。
今植林してある上縁に沿った道だったらしい。
こうやって見るとなるほどと思う。
e0064783_16280417.jpg
桜峠で、もとODにいたきょうこちゃんに会った。
さっき旧街道の話を聴いているとき、横でずっと立っている人がいるので、ふと見ると懐かしい顔。
彼女は今クライミングジムにいるので、岩で遊んでもらう話をして別れる。

桜峠の少し下から登山口までは皆伐されている。
谷底に登山口の駐車場が見えた。

e0064783_16275799.jpg
帰りに岐北厚生病院前の岡山商店でたい焼きを買う。
大将がいなくて若いお兄さんが焼いていた。息子さんか。

e0064783_16280834.jpg
相変わらず羽が付いているのがうれしい。


e0064783_16281206.jpg
近くのみのや食堂に行ってみるも行列ができていたので、長良の日の出食堂に転進。
ここも黄色地に赤の看板。
e0064783_16281696.jpg
ここの人気は肉の天ぷら定食だけど、たい焼きを食べてしまったので中華飯にしておく。
こちらは味も量も普通です。

懐かしくて?つい写真を撮ってしまった。


こんなの今でもあるんだなぁ。
[PR]

by s_space_s | 2017-04-24 12:21 | 山登り | Trackback | Comments(2)
2016年 12月 09日

これ何に見える?

先日、飯盛山に登ったとき、変な模様のある岩を見つけました。
これ、何に見えますか。

e0064783_22054501.jpg
ベルトの付いたズボン、ワニの頭、のこぎり・・・

e0064783_22055001.jpg
K先生に写真をお送りして尋ねてみたら、化石の専門家の先生に問い合わせてくださいました。
これは、ウミユリの化石なのだそうです。
真ん中のギザギザの先っちょのほうは触手の斜めの断面らしいです。
ウミユリは植物ではなくイソギンチャクみたいな太古の動物です。
珍しいものではないそうですが、形が絶妙ですよね。




[PR]

by s_space_s | 2016-12-09 22:20 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 15日

湧谷山周遊

11月3日(木)くもり時々雨

昔、コザエモンさんたちとスキーで辿ったルートで湧谷山へ行ってきました。
登りに使ったスキー場右手の尾根は、藪も気にならずブナ林が素晴らしい、わし好みの尾根でした。

小さな切り開きがあるだけの湧谷山頂上
ボロの合羽を着てきたので雨が滲みて寒い寒い。
カップヌードルを作って食べる気にもなれず、早々に下山しました。
e0064783_23351622.jpg
登山道の尾根も良かったけど、自然に帰りつつありました。
下山途中でこれ本当に登山道?と不安になるところもありました。(標高700m前後)

e0064783_23351553.jpg
登りの尾根で見かけたヌタ場
足跡に副蹄の跡がはっきりありました。
爪が大きく開いていたのでカモシカかと思いましたが、糞や鳴き声からニホンジカのようです。

e0064783_23351781.jpg
大きな塊りになった糞がありました。

e0064783_23351552.jpg
突いてみると、シカの糞でした。
「コーヒー豆に姿を変えた俺はチョコレート」という昔のCMを思い出しました。

e0064783_23351590.jpg




[PR]

by s_space_s | 2016-11-15 12:27 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 01日

釜ヶ谷山696.0mは結構ワイルドだど~!

9月までは岐阜市内の山を登っていたコパンの登山教室でしたが、10月に入り市外の山に少しだけ足を伸ばしてみました。
今回は伊自良湖の奥の釜ヶ谷山です。

伊自良キャンプ場に駐車し、奥の院コースを登ります。
今日は欠席の方が多く、参加者はお二人のご婦人だけです。
谷から尾根に出たところにある東屋で休憩していて、ぎゃーと大変な騒ぎになりました。

ヒルです。
当日は思ったより暖かく、這い出して来たようです。
特に最後尾を歩いていたOさんに10匹以上取りついていました。
Nさんの靴の中にも大きいのが。
前日に雨が降ってヒルが出るんじゃなかろかと、飽和食塩水は持参していました。
靴下を脱いでチェックし、シューズにも塩水を吹きかけて、登山再開。
以後はわしが最後尾を歩くことにしました。

クマの生々しい爪跡もありました。
e0064783_19395088.jpg
奥の院の登山道沿いには三十三体の仏様が番号付きで並んでみえます。

e0064783_19394983.jpg
一つ一つ違う表情で見飽きません。

e0064783_19394981.jpg
奥の院に着きました。

e0064783_19395163.jpg
素朴な仏様です。
木の壁には何か獣が住処にしているのか、齧って開けた穴がいっぱい。
e0064783_19394894.jpg
奥の院の奥にもう一つお社があると思ったら、こちらが本当の奥の院でした。

e0064783_19395003.jpg
期待していた行者岩には岩穴はなく、小さなハングがあるのみ。
岩の上からの眺めは大変よろしい。

e0064783_19395080.jpg
頂上近くまで杉の植林が続きます。
頂上の避難小屋でお湯を沸かしコーヒータイムにします。
おにぎり、リンゴ、お菓子などお二人から色々ご馳走になり、お腹一杯です。

下山は龍神コースから。
この尾根は自然林で、アカマツ、イヌブナ、リョウブ、ホウノキなどの高木が独特の景観を作っています。
下草がほとんどないのは、シカの食害?それとも薄い土壌のせい?

赤谷へ降り始めると、東海自然歩道のようなコンクリートの手すりが現れます。
手すりは地盤の流出と落石や倒木などで痛めつけられ、自然に帰ろうとしています。
このような厳しい地形にあった構造物ではないのです。
この遊歩道を全て改修しようとしたら莫大な改修費がかかると思われます。
まあ、人間の愚かな行為の名残りを偲ぶだけの踏み跡が残れば、それもいいのでは。

赤谷は滝もあり渓谷美が楽しめるところです。
遊歩道はここだけにしとけば良かったのにね。

林道にはどんぐりが沢山落ちていました。
「どんぐりを踏んだ時のプチプチって癖になるね。」
などと言いながらキャンプ場までのんびり歩きました。


夕方から、かみさんの畑を手伝って玉葱の苗を植えました。
暖かく、ちょっと早い小春日和のような一日でした。

e0064783_19390503.jpg






[PR]

by s_space_s | 2016-11-01 18:57 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 11日

自転車or徒歩どこが境い目?

能郷谷ルートで能郷白山へ行ってきました。
天気は快晴。
平日なので山頂に誰もいなくて、静かな山を満喫しました。

e0064783_14572947.jpg
目についた物をいくつか。

旧登山口から少し登ったあたりにこんなお地蔵様が安置されていました。
見たところあまり古い感じはしなかったのですが、昔からあるものなんでしょうか。
e0064783_14573752.jpg
ミズナラの虫こぶ(ちゅうえい)
まるでフキノトウみたいです。

e0064783_14573797.jpg
根上がりのサラサドウダンがありました。
これほど太いのは珍しいのでは。
e0064783_22582697.jpg
アケビとヤマブドウ
アケビはいっぱいあったので家で肉詰めにしてもらいました。

e0064783_14574134.jpg
ポデローザ3号のハンドルポジションがワイドかつ低すぎて、二の腕が疲れるので、ハンドルポストを長いものに替え、おまけにハンドレストを付けました。
登りでも力が入って調子よかった。

e0064783_14574155.jpg
昼過ぎに下山して時間があったので、能郷白山神社をゆっくり見学しました。
e0064783_14573741.jpg
明治30年再建の本殿のうえに鉄骨造りの屋根ができていました。
雪害対策だと思います。こんなの初めて見た。
e0064783_22581771.jpg
ところで、今回、能郷谷の林道が途中までしか入れないという情報だったので、自転車を使いました。
距離は短く3km弱しかありませんでした。
このぐらいの距離だと徒歩と比べてどちらがいいのか微妙です。
車への出し入れや、終点でのデポなどに掛かる時間もあります。
e0064783_22592629.jpg
おまけに今回、ダートで立ちゴケしてサイドポケットに入れてあった水筒を落としてきてしまいました。
サイクリング用にトウストラップ付けているので、足がつけず、そのまま倒れて腰と肘を強打。
駐車場に戻って気が付いたので、探しに戻るのに、また急な林道をヒイヒイハアハア。
下手すると余計に時間がかかったかもしれません。

あとひとつ、余計な道具を使うことで、登山がすっきりしないものになるということもありますね。
皆さんの境い目って何キロくらい?





[PR]

by s_space_s | 2016-10-11 17:48 | 山登り | Trackback | Comments(0)