blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:自然 ( 285 ) タグの人気記事


2005年 10月 21日

はーと

ミケランジェロ作のダビデ像の瞳はハートマークになっているというトリビアが,某TV番組で紹介されていた。
その視線の先には女性の肖像があるというから,また面白い。ヘエ!

つづき
[PR]

by s_space_s | 2005-10-21 20:28 | 日常 | Trackback | Comments(2)
2005年 10月 05日

あぶらびれ

渓流釣のメインターゲットといったら,あまごや岩魚などのサケマス類の魚であろう。釣師のあいだではオイカワやウグイなどのコイ科の魚は外道などと呼ばれ嫌われ者だ。川の魚は海の魚のように種類が多くないので見分けるには苦労しないが,釣師はサケマス類の魚を見分けるのにたぶん脂びれがあるかないかを指標にしているのではないかと思う(誰かに聞いてみたことはないが)。

つづき
[PR]

by s_space_s | 2005-10-05 18:23 | 釣り | Trackback | Comments(1)
2005年 09月 19日

川エビ

昨日,近くの公園の小川にエビ捕りに行きました。
なんというエビかまだ調べていませんが,たくさん取れたので10匹ほどはビオトープに入れ,あとは掻揚げにして食べてしまいました。まったく癖がなく上品な味でした。
いっしょに庭で採れたアシタバとキクラゲも入れました。
e0064783_10321650.jpg

調べてみたらこのエビは,
十脚目テナガエビ科スジエビ属 スジエビ
でした。もっとも一般的な川エビだそうで,市場にも出ているそうです。
から揚げがうまいらしい。

それから,この公園のしたの田んぼの脇の用水にはメダカがいました。
自然のメダカを見たのは初めてです。
[PR]

by s_space_s | 2005-09-19 10:33 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2005年 09月 17日

庭で楽しむ

今日は午前中,庭の草取りと庭木の剪定をしました。
小さな庭でも,いろいろ楽しめます。

子供が作ったビオトープ
現在,ヤゴ(自主的移入),ドジョウ(強制移民),トノサマガエル(強制移民)が生息?
明日はここに入れる川エビを採りに行ってきます。
e0064783_20484611.jpg

棘のないタラの木
生協で購入した苗木の一つが根をつけました。
まったく棘がなく脇を通るにも都合がいいです。
昔,各務原山岳会の日比野さんの「百山百渓」の記録にある谷の源頭で「棘なしタラ」の群生があったとの記述があって,最初これを読んだときは,コシアブラかなにかの間違いじゃないかと思っていたのでですが,こういう種類もあるのだとわかりました。
e0064783_20511023.jpg

サイケな芋虫 デザインセンスに脱帽
スポットの色が3個目から変わっているところがすごい。
e0064783_20515364.jpg

[PR]

by s_space_s | 2005-09-17 20:56 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2005年 09月 07日

ヤモリの卵

先日,車庫の掃除をしていたら,古くなった網戸の桟にチョコボールぐらいの白い卵が3個くっついているのを見つけた。

古い幌布が掛けてあったので知らずに剥ぐってみると,小さいヤモリが1匹逃げ出した。1個抜け殻がくっついている。残りは2個あったのだが,1個は知らずに潰してしまった。中から胎児ちゃんがぐちゃっと出てきて気持ちが悪かった。ヤモリちゃんごめんなさい。

残る1個は桟にしっかりくっついて無理に剥がそうとするとまた割れそう。嫁さんと子供を呼んで見せたら,嫁さんが「卵が孵るまでそのままにしておいたら」という。それでは掃除ができないので,のこぎりでその部分を切り取ることにした。のこぎりの振動で胎児が死んでしまうかも知れないと思い慎重に切り取って,玄関の金魚の水槽の横に置いておいた。

それから暫く卵のことは忘れていたのだけれど,数日後見てみると卵が抜け殻になっていた。ああ無事孵ったんだなと思い玄関のあたりを探してみたが,ヤモリは見つからなかった。

それきりヤモリのことは忘れてしまっていたのだけれど,夜,隣で寝ていた嫁さんが変な声を出してわしを呼ぶので,足元を見てみると,小さなヤモリだった。捕まえて窓から出してやる。

ヤモリのちょっと湿った冷たいふにゃふにゃ感が好きだ。
[PR]

by s_space_s | 2005-09-07 12:58 | 日常 | Trackback | Comments(0)