blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:自然 ( 285 ) タグの人気記事


2015年 07月 14日

第3回たかすシンポジウムのご案内

白山行者道調査などでお世話になっている、みずかみさんから、第3回たかすシンポのご案内をいただきましたので、お知らせします。
わしも、長良川源流の滝などの写真展示をさせていただく予定です。
興味深いお話がたくさん聴けそうです。

**************
第3回たかすシンポジウム
**************
主催 「たかす自然文化」保護研究会
協力 ユネスコ白山郡上エコパーク研究会、認定NPO自然環境復元協会、
   ぎふ環境再生医の会、NPO日本未来遺産保護保存継承推進プロジェクト、
   NPO地域ICT研究開発事業共同体、長良川・白山エコツーリズム研究会、
   ぎふ白山自然文化研究会
後援 郡上市、郡上市教育委員会、高鷲町文化財保護協会

下記のように第3回たかすシンポジウムを開催しますので、どなた様もぜひご参加いただけますようお願いいたします。
なお、講演数が多いため、お聞きになりたい講演のみを聞いていただいて結構ですのでぜひご参加下さい。
また、同時に高鷲の自然と文化等に関するパネル・写真等を展示していますのでご覧ください。

日時 平成27年8月9日(日)9:00~17:45

会場 高鷲町民センター(岐阜県郡上市高鷲町大鷲1244)
  (電話0575-72-6321)


9:00開会
開会挨拶 「たかす自然文化」保護研究会会長 山田幸男氏
来賓挨拶 高鷲町振興事務所長 福手 均氏


<午前講演> (講演時間 一般講演20分)

9:10 白山神・菊理姫(ククリヒメ)について
      「たかす自然文化」保護研究会 平井道則氏
9:40 郡上市高鷲町中洞の秋葉神社の役割について
      「たかす自然文化」保護研究会 仲谷常夫氏
10:10 山川新輔先生の高鷲村史作成事業とその思い出
      「たかす自然文化」保護研究会長 山田幸男氏

10:40~10:45 休憩

10:45 郡上市高鷲町における鷲見氏の歴史について(1)
       高鷲町文化財保護協会長 馬渕旻修氏
11:15 郡上市高鷲町「切立」の地名の由来とミズバショウの群生池づくり
       高鷲町切立 長尾 幹氏
11:45 地域資源・資料の保存法について
       NPO日本未来遺産保護保存継承推進プロジェクト理事長 武藤康正氏

12:15~13:10 昼休み


<午後講演> (講演時間 特別講演50分、一般講演20分)

13:10 高鷲町児童・生徒の研究発表 高鷲町小学校・中学校児童生徒
14:15 (特別講演)ヘラジカの贈り物-北米先住民カスカと動物の人類学
        岐阜大学地域科学部教員(文化生態学) 山口未花子氏

e0064783_10183453.jpg
15:15~15:20 休憩
15:20 (特別講演)白山美濃馬場の寺社群の歴史と白山・大日岳信仰について
        郡上市文化財審議会委員長 高橋教雄氏
16:20 (特別講演)「郡上藩凌霜隊140年記念事業」を振り返る
        郡上市高鷲振興事務所長 福手均氏
17:20 地域福祉の役割と活性化の課題について
        郡上市議会議員 森 喜人氏
17:50 閉会挨拶
       「たかす自然文化」保護研究会副会長 仲谷甚作氏


<懇親会> 18:30~20:00
仲谷甚作氏古民家(高鷲町大鷲1091)にて開催


*シンポジウムは参加無料ですのでどなたでもご参加下さい。
 またプログラムは変更することがありますのでご了承下さい。


連絡先 「たかす自然文化」保護研究会事務局 080-6970-2702



高鷲町からみる左から大日ヶ岳(1709m)別山(2399m)白山(2702m)

e0064783_10184418.jpg
高鷲町鮎走白山神社における白山信仰三所仏

e0064783_10185733.jpg
中世白山中宮濃州長瀧寺之圓

e0064783_10185167.jpg


[PR]

by s_space_s | 2015-07-14 12:04 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 08日

伊自良川河畔にて

お昼に伊自良川の堤防道路をジョギングしました。
小雨が降っていて、自殺行為とはならず、気持ちよく走れました。
生い茂ったヨシ原のあちこちから、オオヨシキリの仰々しいさえずりが。
いかにも夏という感じです。

 よしやあし 知らねどぎょぎょし ぎょぎょしかな



[PR]

by s_space_s | 2015-07-08 18:12 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 03日

世代交代

5月ごろから産卵を始めた親メダカが徐々に死んでいって、昨日、全部いなくなってしまいました。
自然界のメダカの寿命は1年ということですが、産卵を終えて力尽きたのか。
飼育下だと5年ぐらいは生きるという話もあるので、飼い方が悪かったのか。

残された稚魚は30匹ほど元気にしているので、大事に育てたいと思います。
大きいのは1cmぐらいになりました。




[PR]

by s_space_s | 2015-07-03 18:23 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 20日

とこわか

何年か前にODSSのカトちゃんに、十五社神社の逸見杉のしめ縄に挟んであった葉っぱが「とこわか」だと教えてもらったことがありました。
とこわか(常若)というと、ユズリハのことらしいですが、神棚に供えるサカキも葉っぱがずっと緑で長持ち。
「とこわか」というイメージがあります。
だから目出度いのですね。

6月の初めごろ神棚のサカキの葉っぱが落ち始めました。
実は、このサカキ、正月用として大晦日に裏山で採ってきたものです。
なんと5か月以上元気だったわけです。
新しいサカキを採って来るのを怠けていたわけではありません。(ホントか?)
ただ、いつまでこの葉っぱが持つのか見届けてみたいと、水だけはちゃんと替えてました。
e0064783_22323241.jpg
葉っぱが落ち始めたので、これまでだったかとサカキを替えようとして、枝を抜いてみると…。
根っこが~!
e0064783_22303069.jpg
この頑張りに敬意を表して、庭の片隅に移植しました。
3週間ほど経ちますが、根付いたようです。
すごい生命力です。
e0064783_22371611.jpg
すごい生命力と言えば、この可愛らしい花も。
e0064783_22422955.jpg
困ったやつです。

オオキンケイギクにご注意ください




[PR]

by s_space_s | 2015-06-20 09:07 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 14日

鍋倉山ハイキング

職場の仲間で揖斐から東海自然歩道の鍋倉山へハイキングに行きました。
和佐谷林道から続く登山道は思ったより自然の残る楽しい道でした。

e0064783_20012473.jpg
e0064783_22151597.jpg
リョウブの幹に泡が付いていたのでかき回してみると虫が入っていました。
泡吹き虫?
e0064783_20012043.jpg
立派なシカの角と三角点
e0064783_20013014.jpg
立派な避難小屋。トイレもあります。
e0064783_22151956.jpg
マタタビの白い葉がきれいでした。

e0064783_20011694.jpg
今度は秋に行ってみたいな。











[PR]

by s_space_s | 2015-06-14 20:08 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 03日

たのしいメダカ飼育

2年ほど前に、近所の用水にメダカがいるのを発見しました。
昨年秋に、東京の姪っ子家族が遊びに来た時、チビちゃんを連れて魚取りに行きました。
飼えない大きな魚は逃がしましたが、ちょうどアブラボテの親分が死んで水槽が寂しい感じだったので、メダカとドジョウ数匹を飼うことにしました。

アブラボテに使っていた濾過装置(水流が弱い)はランチュウ用に使ってしまったので、メダカには別の手持ちの水流が強い濾過装置を使いました。
この春まで元気にしていたのが、4月に入って立て続けに2匹死にました。
飼い方が悪いのかもと思い、飼育法を調べてみると、メダカは水流を嫌うと書いてある。
元々いた用水は流れがある所だったので、ある程度水流があるほうが運動?になっていいと思ってました。
メダカちゃんごめんなさい。
e0064783_21225124.jpg
こんな手水鉢に移してみました。
流れゼロ!
e0064783_21224423.jpg
餌も良く食べるし、元気です。
ある日、尻びれに卵を付けているのに気が付きました。

e0064783_21224064.jpg
産卵床としてヒカゲノカズラの干したのを入れてみました。

e0064783_21223776.jpg
翌日にはもう卵をくっつけていました。
粘着性の糸で付着させるのだそうです。
よく見ると、目玉も。

e0064783_21224679.jpg
10日ほどで稚魚が孵りました。
e0064783_21224861.jpg
現在、20匹以上の赤ちゃんが泳いでいます。
いったんペットとして飼い始めた魚を川へ戻すのは問題が多いので、増えたら、近所の子供たちにでも配ろうかな。
ご希望の方があればご連絡ください。



らんちうも大きくなりました。
まだコブはできてませんが。
特に大きい子2匹は貰われて行きました。
e0064783_22181942.jpg




[PR]

by s_space_s | 2015-06-03 22:10 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 31日

白山の岩魚釣り

いしはらさんと白山の谷へ釣りに行ってきました。
当初は、テレマークの予定でしたが、この暑さでテレマークって気分じゃなくなったので。

下流部では毛ばりを追った岩魚でしたが、雪渓が残る上流ではさすがに喰いがしぶかったです。
源流は桃源郷のような原生林。
岩魚も住みやすそうなとこでした。
次の源流キャンプ最有力候補です。


谷とおしは厳しい
e0064783_21420648.jpg
大滝の落ち口から
e0064783_21420653.jpg
滝の上にも岩魚
尺2本、泣き尺数本
e0064783_21420688.jpg
e0064783_12560444.jpg
e0064783_21420634.jpg
中流にはスノーブリッジ。
白山ではあたりまえ?
e0064783_21420690.jpg
e0064783_12560722.jpg
下降は目を付けていた尾根から。
1時間半で戻れた。
e0064783_21420666.jpg

亡くなった叔父さんからもらった熊鈴を、納竿地点に忘れてきてしまいました。
次に行く時まで流されずにあるといいのですが。





[PR]

by s_space_s | 2015-05-31 21:48 | 釣り | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 20日

鷭ヶ池のバン

ちょっと前のお話です。
4月9日の朝の通勤途中のことです。

大学近くの伊自良川を渡る橋の上から上流を見たら、黒い水鳥が20羽ほど群れで泳いでいました。
くちばしが白か銀色で、キンクロハジロかと思いましたが、どうも頭やくちばしの感じがカモっぽくない。
よく見ると、くちばしから額にかけて白い部分が伸びていて、顔がクイナっぽい。

橋の上から見ているわしをみんな意識しているようで、時折振り返りながら、ゆっくりと上流へ泳いで行きました。
真っ黒い体に白いくちばしがよく目立ち、可愛いとか美しいというより、何か奇妙な鳥を見てしまったという印象でした。
インターネットで調べてみると、すぐオオバンということが確認できました。

昭和58年に黒野の湿原に岐阜大学が移転して、自然保存池として伊自良川とキャンパスの間に残されたのが鷭ヶ池(ばんがいけ)。
昼休みに伊自良川の堤防道路をジョギングしていても、この30年あまりでバンを観たことがありませんでした。
昔、生息していたのはバンのようで、オオバンは最近になって生息するようになったのかもしれません。
けど、バンの仲間が生息しているのは、なんだか嬉しい気分です。

その後、オオバンがいないかと毎朝、川を眺めながら通勤していますが、一度も姿を見かけません。
あれは幻だったのでしょうか。

オオバンは日本固有種ではなく外国にも生息しています。
英語で bald as a coot というイディオムがあって、完全禿げ頭という意味です。
オオバンの名誉?のために言っておきますが、禿げているように見えるのは額のとこだけですよ。





[PR]

by s_space_s | 2015-04-20 17:59 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 09日

狐の嫁入り?

こんどの土曜日の天気が気になります。
週刊天気情報を見ていたら、こんな予報が出ていました。
e0064783_16255432.jpg
珍しい予報だと思いますが、狐の嫁入りみたいなのを想像すればいいのでしょうか。

このあいだ、はなえちゃんから「狸の嫁入り」っていうのもあるということを聞きました。
お日様が出てるのに雪が降っている天気のことだそうです。




[PR]

by s_space_s | 2015-04-09 17:23 | 自然 | Trackback | Comments(4)
2015年 04月 04日

初渓流

今シーズン初めての釣りに行ってきました。
雨の予報が週末に近くなってだんだん良いほうに変わってきて、朝起きてみるといい天気。
久しぶりに読書でもしようと本を開いていても、外が明るいとそわそわしてしまう。

結局、家から1時間足らずのお手頃渓流に出かけることにしました。
関市山田の松井釣具店に寄ると、156号沿いの旧店舗が閉まっていて、裏に立派なお店が出来ていました。
お店には親父さんとよく似た、若大将が座ってました。
300円のミミズを買っただけなのに粗品までいただきました。
ここのミミズは大きくて良く釣れます。

桜が満開の街道沿いから山道に入って、いつも釣り始めるポイント近くに車を止めました。
河原に腰を下ろして仕掛けを用意して、そのまま竿が届く小さな淵に投入。
一投目で目印に変な動きがあり、合わせるときれいなアマゴが釣れました。

これは幸先がいいわいと釣り始めましたが、なんだか当たりが遠い。
釣れるとアドレナリンの放出があるためか、疲れを感じないのだけれども、釣れないと徐々に疲労がたまって来る。
気分を変えて支流に入ってみました。
すぐに岩魚特有のコツコツした当たりがありました。

20㎝ちょっとの岩魚が釣れました!(^^)!(顔文字を初めて使ってみた)

e0064783_19155935.jpg
お腹が妙に膨らんでいると思ったら…
e0064783_19160826.jpg
山椒魚を食べていました。
岩魚は悪食です。

釣果はいまいちでしたが、暖かくて気持ちのいい1日でした。




[PR]

by s_space_s | 2015-04-04 19:19 | 釣り | Trackback | Comments(2)