blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:自然 ( 285 ) タグの人気記事


2015年 04月 02日

美味しいものには棘がある?

昔、奥美濃の沢登りの記録集「百山百渓」で日比野さんが棘なしタラのことを書いてみえました。
それを読んだときは、失礼ですが「何か違う植物じゃないの?」とか思っていました。
ところがその後、かみさんが生協で購入したタラノキの苗を庭に植えたら、この木が棘の全然ない種類だったのです。

たらの木は、棘の多い「鬼たら」・「おん(男)たら」と、ほとんどない「もちたら」・「女たら」に分けられるのだそうです。
狭い庭に植えるには、棘が邪魔にならないので、非常に都合がいいし、芽を食べるときも葉柄に棘がないので食べやすい。
今、何代目かの苗が何本か出て来ています。


e0064783_21364196.jpg


ご希望の方があれば、取りに来て下さい。お分けします。
ただ、棘が少し出るものが増えてきたような気がします。
周囲のタラノキと交配しているものと思われます。

今朝、通勤途中で、男タラの芽を沢山見つけました。
庭のタラノ芽を採るのと違って、その棘の真剣さを感じながらの採取でした。

e0064783_21364155.jpg

想像するに、棘なしタラはシカとかウサギなどがいないところで代々繁殖してきたものではないでしょうか。




[PR]

by s_space_s | 2015-04-02 18:01 | 山菜・きのこ | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 22日

hammerhead worm

雨の日に出勤しようとして、庭先に出たときに地面を這っていました。
コウガイビルという名前が付いていますが、ヒルの仲間ではありません。
e0064783_11545543.jpg





[PR]

by s_space_s | 2015-03-22 11:56 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 20日

美味しそう?

通勤途中で道の脇にいるのを見つけました。
おとなしいし、動物園で人気のカピバラやビーバーに似て可愛いやつです。
あまり人間にいじめられていないのか、悠々としています。

水かきのある後ろ足が大きいですね。
e0064783_10110858.jpg
ゆっくりと道を渡って、
e0064783_10111380.jpg
川へ帰っていきました。
e0064783_10112196.jpg
ところで、ヌートリアってすごく美味しいって話、聞いたことあります?
わしは、最近知りました。
外国ではヌートリア料理というのがあるそうです。
はちみつ村村長さんにお願いしたら捕ってくれるかな?

→ お願いしたら空気銃で撃ってくれるみたい。楽しみ~。

こんな団体もあるのにね。
日本ヌートリア交流協会



[PR]

by s_space_s | 2015-02-20 00:19 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 08日

スノーシューガイド(冬の上高地散策)

上高地のスノーシューツアーガイドに行ってきました。
e0064783_20343812.jpg
冬の穂高を見てたら、なんか登りたくなってきました。

紅い霞のように見えるケショウヤナギの冬の木立が美しかった。
冬も雪に覆われない田代池の流れ。
e0064783_20344350.jpg
サルの群れが食事中でした。
e0064783_20344343.jpg
上高地のサルは、植物の食害という問題はあるかもしれませんが、人間ずれしていないのが良いと思います。






[PR]

by s_space_s | 2015-02-08 20:44 | ガイド | Trackback | Comments(2)
2015年 01月 11日

雨宿り

e0064783_21132521.jpg








[PR]

by s_space_s | 2015-01-11 21:14 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 25日

白菜に腰掛けるカラス

先日、畑に白菜を採りに行ったかみさんが、うちの白菜にカラスが腰掛けているのを見た。
両脚を前に出して、すご~く可愛かったらしい。
ちっとも逃げないので、「こら~!」と叱ったら、飛んでいったそうだ。
e0064783_18044856.jpg


写真撮らなかったのが残念!







[PR]

by s_space_s | 2014-12-25 18:23 | あほばなし | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 15日

日本それとも朝鮮?

昨日10月14日の朝、通勤途中に長良橋下流右岸の国際会議場裏口あたりでイタチの死体を見つけました。
死体に損傷は見あたらなかったけど、たぶん車に跳ねられたものと思われます。
e0064783_21462735.jpg
この写真は恐ろしげな顔に見えますが、愛嬌のある風貌です。
e0064783_21463694.jpg
前肢と後肢の指と水かきも観察できました。
指は5本ずつありました。
大きさは、スケールがなかったので正確ではありませんが、手のひらスケールで測ると、体長(頭胴長)35~40cmほど、尾長20cmほどでした。
e0064783_11354764.jpg
図鑑で調べるとニホンイタチはオスが体長27-37cm、メスが16-25 cm。尾長は、オスが12-16 cm、メスが7-9 cm。
尾長の割合が40%ぐらいだそうです。
今回の個体はこれと比べると尾が長すぎるように思われます。
最近、東海地方にも進出していると言われるチョウセンイタチはオスが体長28-39cm、メスが25-31 cm。
尾長は、オスが16-21 cm、メスが13-16 cm。
尾長の割合が50%以上だそうです。

尾長の割合が50%以上で体色が黄色がかっていることから、オスのチョウセンイタチのようです。

在来種であるニホンイタチはチョウセンイタチに駆逐されつつあり、生息域を山間部に移しているといわれます。
長良川の川下りをしていると、砂地によくイタチの足跡を見かけることがあります。
岐阜市内は既にチョウセンイタチの生息域になっているのかもしれません。
ちなみに、チョウセンイタチは特定外来生物には指定されていません。




[PR]

by s_space_s | 2014-10-15 17:17 | 自然 | Trackback | Comments(2)
2014年 10月 07日

10月8日水曜日に皆既月食

明日の夜8時ごろ皆既月食が観察できそうです。
地域によって時間は多少ずれますが、岐阜のあたりですと7時25分に皆既食が始まり、7時55分に最大、8時25分まで続くそうです。
双眼鏡があれば、月の隣に天王星も観察できるそうです。
天気が良さそうだし、楽しみですね。

詳しくは下記のHPをご覧下さい。
国立天文台情報

2011年12月10日にもありました。
e0064783_11075119.jpg








[PR]

by s_space_s | 2014-10-07 12:52 | 自然 | Trackback | Comments(1)
2014年 10月 06日

紅葉の白草山(御嶽遠望)

久しぶりにかみさんと山歩きに行ってきました。
まだ沢山の方が行方不明のままの御嶽が見える下呂の白草山です。
朝ゆっくり家を出て、乗政キャンプ場上の登山口に10時ちょっと前に着きました。

今、注目されている御嶽を見たいという人が多いのでしょう。
駐車スペースは満杯で、かなり手前の路肩に止めてある車もありました。
わしらは、登山口を200mほど通り過ぎた空き地に止めさせてもらいました。

林道歩きが長いので、なにか面白い物はないかと物色しながら歩きます。
山栗のイガが沢山落ちていますが、中身の栗がほとんどありません。
誰かが拾っていったのかと思ってよく見ると・・・。
お尻の赤い山の住人の仕業でした。
e0064783_10524058.jpg
登山道に入ってからは、かなり上部までヒノキの植林です。
登山道脇に数本あったカラマツの根元にハナイグチが出てました。
e0064783_10524077.jpg
日本の山の紅葉が美しいのは、いろんな色が混ざっているから。
e0064783_10534505.jpg
三ッ岩の岩塔

e0064783_10524054.jpg
稜線に出たところに池塘があり、ミズバショウが枯れてました。
e0064783_10524184.jpg
ここは箱岩山の分岐になっていて、すこし白草山のほうへ進むと笹原が前面に開け、御嶽がでーんと姿を現しました。
地獄谷の大きな噴煙のほかに残雪と見間違うほど白く細く幾筋かの煙が出ています。
この3月、4月に登った地獄ノ中尾根の上部にも煙が出ていました。

山ガール(ファッション)のグループと前後しながら頂上を目指します。
e0064783_10524116.jpg
頂上には大勢の登山者がお昼の休憩中。
御嶽もこんな状況で噴火したかと思うと、被災された方々の驚きと恐怖を想像してしまうのでした。
今日は時間がたっぷりあるので、頂上から少し外れた笹の切り開きに陣取って、みそ煮込みうどんを作りました。
途中で採ったハナイグチと家から持ってきたアゲ、ネギで具沢山です。
e0064783_10524119.jpg
キノコのダシが出て一味違う味噌煮込みになりました。
e0064783_10524171.jpg
鹿の毛が落ちていました。
ディアヘアカディスでも巻けそう。
e0064783_10524138.jpg
ゴヨウツツジ(シロヤシオ)の実だと思います。
面白いですね。
e0064783_15453929.jpg
山頂脇に1本だけこの木が残されていました。
葉が5枚輪生するのが名前の由来。
花の時期に来てみたいと思いました。
e0064783_15453683.jpg
デジカメのオートフォーカスが調子悪くなってきて、マクロモードにするとピントが合わなくなりました。
バックに焦点があってしまうので、手で隠すようにしたら、なんとか使えます。
なので、写したくない手が写ってます。

のんびりしていたら、たくさんいた山頂の登山者がほとんどいなくなりました。
風が出て寒くなってきたので、わしらもボチボチ戻ることにしました。
御嶽にも雲がかかってきました。

バックは箱岩山
e0064783_10524114.jpg
箱岩山はどうでもよかったのですが、ひょっとすると御嶽の雲が切れないかと思ったので登ってみました。
箱岩山の北東面は植林で御嶽は見えませんでした。
下呂方面は笹原が広がり、隣の高森山がいい感じ。
踏み跡がありそうだったので回ってみたいとちらっと思いましたが、かみさんと一緒なので我慢。
ミズバショウの分岐まで戻り、山頂がほとんど雲に隠れてしまった御嶽に手を合わせて下山しました。

サラサドウダンの紅葉
e0064783_22050475.jpg
ドウダンツツジの仲間の花は下向きに咲くのに実になると上向きになります。
e0064783_22050785.jpg
帰りも同じルートなのでちょっと退屈。
林道に出てから、かみさんが走り出しました。
走ったほうが楽なのだそうです。

駐車スペースに戻ると、あんなにあった自動車がわしらのほか1台になってました。
帰路は下呂に出ずに、亡くなった叔母さんの実家がある門和佐をドライブして金山に出て岐阜に戻りました。



[PR]

by s_space_s | 2014-10-06 17:57 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 26日

長良川川下り

9月20日の川下りは小学校の運動会シーズンとバッティングしたこともあり、参加が子供3人と少々寂しかったです。
川の状態は渇水のため、水垢が石にべっとり付いて気持ちが悪いほどでした。
けど流れが遅いので、漕ぎ手が少ないボートに都合が良かった。
長良橋からスタートし小紅の渡しまで遊びながらのんびり下りました。

金華山をバックに。
瀬張り網もこの渇水では意味ないのでは。
e0064783_21521541.jpg
こういうとこはやっぱり気持ちがいい

e0064783_21521594.jpg
懐かしい忠節橋(北高だったので。)
e0064783_21521572.jpg


忠節橋で良さんに船頭を交替して、小紅の渡し上流の水門まで車を廻しました。
流れが遅いので、ボートはなかなか見えてきません。
テトラブロックに座って、うつらうつらしたり、群れている小魚を眺めたりしながら気長に待ちました。

子供達が到着し、好きなように遊びます。
このあたりで、スナヤツメやマシジミなど珍しい生物を観察することができました。

e0064783_21521535.jpg
昔、石徹白ネイチャースキーで一緒にお手伝いしたことがある「けんぼう」が長良川の船頭を始めたと良さんから聞きました。
結の舟
川遊びの達人(今はプロの漁師)なので、また話をきかせてもらいたいと思います。




[PR]

by s_space_s | 2014-09-26 12:51 | 自然 | Trackback | Comments(0)