blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:自転車 ( 37 ) タグの人気記事


2017年 07月 14日

岐阜東バイパスの舟伏山トンネルの勾配を測ってみた

千鳥橋下の遊歩道が通行止めになってから、日野に出るのに岐阜東バイパスの舟伏山トンネルを利用している。
このトンネルは西口(日野側)のほうが低くなっていて、通勤の帰りに東口(岩田側)に向かって自転車で走っていると、非常にえらい(岐阜弁で厳しいの意)。
このトンネルは1001mあり、あと200mぐらいになると乳酸がたまってくる感じがする。
見た目にはほとんど勾配があるようには見えないので実際にどのぐらい登っているのか知りたくなった。

まず、ヤマレコの地図機能で標高差を表示してみると22mの標高差があった。
国土地理院の地図データでも主曲線2本分ほどの差が読み取れる。
一般的な建築なら1階あたりの高さは3.5mほどなので、6階建の屋上まで登っていることになる。
e0064783_17484577.jpg
この数字が感覚的に信じられなかったので、デジタル表示の高度計で実測してみることにした。
通勤帰りにまず西口で20mに補正して2分ほど変化がないのを確かめてスタート。
気圧による計測なので通行車両の風圧などによってブレはあるも、高度はどんどん上がっていく。
中間地点で27m。東口では34mの表示となった。

正確な計測とは言えないけど、それでも4階建ての建物の屋上に上がるぐらいの標高差は示された。
この1.5/100ほどの勾配は見た目にはそれだけ登っているようには見えないのに体感的にははっきり判る不思議な比率だと思った。
トンネルの構造としては流れ込んだ雨水などがちゃんと流れて排出されるための計算された勾配なのであろう。

理(ことわり)によって流れ候・・・





[PR]

by s_space_s | 2017-07-14 20:07 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 11日

自転車or徒歩どこが境い目?

能郷谷ルートで能郷白山へ行ってきました。
天気は快晴。
平日なので山頂に誰もいなくて、静かな山を満喫しました。

e0064783_14572947.jpg
目についた物をいくつか。

旧登山口から少し登ったあたりにこんなお地蔵様が安置されていました。
見たところあまり古い感じはしなかったのですが、昔からあるものなんでしょうか。
e0064783_14573752.jpg
ミズナラの虫こぶ(ちゅうえい)
まるでフキノトウみたいです。

e0064783_14573797.jpg
根上がりのサラサドウダンがありました。
これほど太いのは珍しいのでは。
e0064783_22582697.jpg
アケビとヤマブドウ
アケビはいっぱいあったので家で肉詰めにしてもらいました。

e0064783_14574134.jpg
ポデローザ3号のハンドルポジションがワイドかつ低すぎて、二の腕が疲れるので、ハンドルポストを長いものに替え、おまけにハンドレストを付けました。
登りでも力が入って調子よかった。

e0064783_14574155.jpg
昼過ぎに下山して時間があったので、能郷白山神社をゆっくり見学しました。
e0064783_14573741.jpg
明治30年再建の本殿のうえに鉄骨造りの屋根ができていました。
雪害対策だと思います。こんなの初めて見た。
e0064783_22581771.jpg
ところで、今回、能郷谷の林道が途中までしか入れないという情報だったので、自転車を使いました。
距離は短く3km弱しかありませんでした。
このぐらいの距離だと徒歩と比べてどちらがいいのか微妙です。
車への出し入れや、終点でのデポなどに掛かる時間もあります。
e0064783_22592629.jpg
おまけに今回、ダートで立ちゴケしてサイドポケットに入れてあった水筒を落としてきてしまいました。
サイクリング用にトウストラップ付けているので、足がつけず、そのまま倒れて腰と肘を強打。
駐車場に戻って気が付いたので、探しに戻るのに、また急な林道をヒイヒイハアハア。
下手すると余計に時間がかかったかもしれません。

あとひとつ、余計な道具を使うことで、登山がすっきりしないものになるということもありますね。
皆さんの境い目って何キロくらい?





[PR]

by s_space_s | 2016-10-11 17:48 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 13日

新車購入

今まで乗っていたのが壊れてしまったので、新車を買いました。
それも黒塗りの外車です。


More
[PR]

by s_space_s | 2016-07-13 21:57 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 26日

おちょぼ稲荷サイクリング

今日はぞろ目で晴れマーク!
大学サイクリングクラブOBのおっさん2人と3人で御千代保稲荷へサイクリングです。
e0064783_23144293.jpg
仲間は養老鉄道のサイクルトレインで西大垣駅へ来るというので、わしは岐阜から走っていきました。
のんびり走って岐阜から2時間。

墨俣の一夜城

e0064783_23144207.jpg
大垣宿を通りかかると、祭の屋台を片付けているところでした。
e0064783_23144140.jpg
近くの本陣跡が歴史資料館になっていて、ちょうどこの屋台の資料が展示されていました。
大垣祭りは先週あったらしく、この屋台はからくり屋台でした。

e0064783_23144181.jpg
これは昔のからくり人形

e0064783_23144190.jpg
管理人の奥様とたまたま用事でみえていたMさん(屋台関係者?)に色々なお話を伺いました。

Mさんの家は大垣藩の家臣の家柄で、ご先祖が芭蕉の大垣三人弟子のお一人だったとか
芭蕉が大垣に着いたとき親戚の娘が肩をもんで介抱したとか
芭蕉からの古い手紙があったとか、それを紛失したとか
大石内蔵助の思案柱は実は今展示されている場所ではなく、本陣隣の宿にあったものだとか

下の模型の右の大きいのが本陣、左は思案柱のあった宿
e0064783_23144193.jpg
案内していただいた奥様(芭蕉の句碑の前で)
e0064783_23144163.jpg
もっとお話を伺いたかったのですが、集合時間が近づいたので、西大垣駅に向かいます。
e0064783_23144154.jpg
自転車を押してKとMが登場
e0064783_23144169.jpg
言い出しっぺのMは特にプランがないらしく、その場で相談のうえ、奥の細道むすびの地記念館に行ってみる。
3人とも特に芭蕉に興味があったわけではないですが、Kの「ここが今日のメインエベントかも」の一言で入ってみることにしたのでした。
e0064783_23163080.jpg
入ってみると今まで知らなかった芭蕉のことや、あらかじめ奥の細道のゴールとして計画されていた大垣の地のことが興味深く、かなり長時間、展示を観覧しました。
芭蕉は鳥海山・月山にも足を延ばしていたんですね。
e0064783_23163044.jpg
一夜城には入らず、おちょぼ稲荷に向かう。
長良川右岸ぞいにサイクリング・ロードがあるけど、舗装が痛んでいて走りにくい。
e0064783_23163062.jpg
2時半ぐらいに御千代保稲荷に到着。はら減ったー。
e0064783_23163095.jpg
面白いお店がたくさんあって飽きません。
e0064783_23163076.jpg
お腹が減ってしかたがないが、まずはお稲荷さんに参拝します。
e0064783_23163022.jpg
ここにも重軽さんがありました。
願をかけた後、重くなるか軽くなるか(同じは×)自分で決めたとおりになるかどうかで占うのがここのやり方。
e0064783_23163042.jpg
日龍峰寺のおもかる様
曼荼羅寺のおもかる地蔵様

わしは同じ重さで、ク~ッ!

ようやく串カツの店に入ってのんびりします。
本当はakiさんのお店に行ってみたかったのですが、電話番号を控えて来るのを忘れて残念。
e0064783_23163063.jpg
いい雰囲気のお店です。
e0064783_23012741.jpg
東京育ちのKは、どて食べるのが初めてと聞いて驚いた。
e0064783_23163056.jpg
草餅をお土産に買おうとしたら、店のおばちゃんが
「自転車の人やね。最近よう来とるね~。このあいだも見たわ。」
といわれて、「3回ぐらいやけどね」と言っておいたが、生まれてからこれが2度目なのでした。
(こころ旅と間違えてないかい?)



お腹も膨れたので、近くの珍スポット乙姫公園へ行ってみました。

池のある公園の中に浦島太郎
e0064783_23180433.jpg
誰かに似ている。
e0064783_23180492.jpg
乙ちゃ~ん!
e0064783_23180426.jpg
かなり巨大です。
e0064783_23202100.jpg
鶴もかなり大きい。
e0064783_23180496.jpg
痩せた馬の表情がリアルです。
e0064783_23181029.jpg
公園はお稲荷さんと繋がっています。
ここに紹介した以外にも色んなコンクリート像があります。
好きな人にはたまらないでしょう。
鳥居のトンネルには蜘蛛の巣が張ってました。
e0064783_23181038.jpg
もっと見たい方はこちらをどうぞ。

この公園で2人とさいならしました。
今度会うのはまた来年?

  蛤のふたみに別れ行く秋ぞ


たまたま新幹線からよく見るソーラーアークの近くを通りかかったので、寄ってみました。
守衛さんに敷地内に入れるか尋ねたけど当然断られ、ここまではいいというラインから写真を撮りました。
全部入らん。
e0064783_23181044.jpg
右手からと左手からの写真を繋ぎ合わせてみました。
歪んでます。

e0064783_23290693.jpg
海風が吹いて順風満帆。
自動車が入ってこない堤防道路は非常に快適でした。






[PR]

by s_space_s | 2016-05-26 22:44 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 03日

明けましておめでとうございます

初日の出は裏山の各務ヶ原権現で見ました。
毎年、人が多くなってる感じです。
e0064783_21365797.jpg
娘のおなかに不思議な光が。
もしや…。

e0064783_21365420.jpg
目出度い、目出度い
e0064783_21365409.jpg
名古屋のツインタワーまで見えました。

午後から石窯でピザを焼きました。
火を熾すのが楽しい時間です。
もちろん、一杯やりながら。
e0064783_21365435.jpg
年季の入ったヤカン

e0064783_21365419.jpg
2回目の今回は失敗することもなく、台がパリパリの美味しいピザが焼けました。

差出人のない年賀状が届きました。
可愛い姉妹にも小さく映ったたぶんご両親にも見覚えがないような。
どなたか心当たりのある方みえませんか?

e0064783_21395092.jpg
2日はかみさんの実家でお昼から飲みました。

3日にポタリングに出かけました。
関市津保川ぞいの林道奥に奇妙な雰囲気の場所がありました。
何か出てきそうな…

e0064783_21403718.jpg
ここまでの道はこのお地蔵様にお参りするための道だったのでしょうか。
最近、人が来ていないような荒れようでした。
e0064783_21404217.jpg
その隣にはヒラタケがびっしり生えた、半分枯れたモクレンの木

e0064783_21403909.jpg
マーゴで預けていたメガネをピックアップしてから、中学2年まで住んでいた関の街をポタリングしました。
友達の「ぶーぼー」の店「ねりや」あたりも昔の面影はありませんでした。

あっという間の年末年始のお休みでした。
本年もよろしくお願いいたします。



[PR]

by s_space_s | 2016-01-03 21:41 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 22日

長良川・木曽川堤防道路サイクリング

7月後半の3連休、足の調子が悪かったので、家で読書三昧してました。
3日目は晴天。
村上春樹の初期の短編集など再読していて、このいい天気に、年上の人妻と寝て彼女が泣いて云々とか読んでる場合ではないと思いたち、急遽サイクリングに出かけることにしました。

読書以外にも通勤用自転車の修理とか庭にピザ窯を作る準備とかすることはありましたが、出かけたくなったらどうしようもなく、1時間で準備して11時前に家を出ました。

目指すは長良川の河口です。
往復120㎞ちょっとかな。

まずは、通いなれた道で長良川左岸に出て、下流に向かいました。
長良橋下の川原町の街並みも、炎天下に人影まばら。
e0064783_21251130.jpg
忠節橋から河渡橋までの左岸道路は日曜・休日の昼間は自動車進入禁止のため、のんびり走れます。
合渡橋過ぎても、右岸の車びゅんびゅんの道に比べ自動車が少なく、サイクリング向きです。
e0064783_21252348.jpg
羽島市の南端、桑原輪中の南で長良川と木曽川が合流します。
正確には堰堤を挟んで並行して南へ流れるようになります。
その地点に大正12年に建てられた「三川分流の碑」があります。
この三川とは木曽川、長良川、揖斐川の総称で、過去、合流・分流を繰り返し、そのたびに水害を引き起こしていました。
三川分流の治水工事は、オランダ人技師デ・レーケの計画により、明治20年(1887)に着工、明治45年(1912)に完成しました。
e0064783_21253924.jpg
石碑からすぐ南の地点に、ゲートがあり、木曽川・長良川間の堤防道路は、ずっと南の木曽三川公園手前まで、自動車進入禁止になっていました。
e0064783_21263813.jpg
景色もいいし、自動車も来ないので、サイクリング天国みたいな道路です。
ロードレーサーが沢山走っていました。
e0064783_21254976.jpg
木曽川側には、こんな感じの突堤が多い。
シジミ?を採っている人がけっこういました。
午後になると海風が強くなり、しんどくなってきました。
e0064783_21263863.jpg
伊勢湾岸道路
e0064783_21254990.jpg
ホワイトサイクロンから歓声と悲鳴が
e0064783_21260756.jpg
木曽川河口の導流堤
これもデ・レーケの設計で、明治23年(1890年)竣工
e0064783_21260708.jpg
伊勢湾台風の水位(上)と現在の満潮位(下)
e0064783_21260751.jpg
長良川河口堰、左岸魚道
e0064783_21260788.jpg
魚道観察窓口
e0064783_21260774.jpg
帰りも「三川分流の碑」まで中間堤防道路を走りました。
帰りは、追い風です~いすい。
途中で、インラインスケートのトレーニング中のおじさんに追いつきました。
ホイールが普通のやつの2倍はあろうかと思われ、スピード競技用だと思いました。
一声かけて追い越してから、しばらくすると、なんと追いついてきて後ろにぴたりと付かれました。

走りながら、しばらく話をして、こんどは「お先に」と言って、40㎞/hぐらいのスピードで追い抜いて行きました。
かなりの年輩(他人のことは言えませんが)とお見受けしましたが、大腿の筋肉がスピードスケーターのそれでした。
e0064783_21254943.jpg
東海大橋手前で休んでいるおじさんに声をかけて別れました。

木曽川合流点からは長良川と別れ、木曽川右岸道路を走ります。
笠松に近づくと車が多くて、走りを楽しむというより、黙々と苦行に励むという感じです。
こういうのも悪くない。

夕方、笠松競馬場を通りかかり、厩舎周辺の様子を見てみたかったので、寄ってみました。
敷地に入っていくと、門番の守衛さんに見とがめられました。
「○×▽□・・・?」
何を言っても無駄と感じる、コミュニケーションの断絶に諦めて、脇道からレースの終わったひと気のない砂場のコースを見るだけにしました。
e0064783_21263848.jpg
あとは金華山を目印にして走るのみ。
赤のれんに捕まるのをぐっとこらえて、家に向かいました。





[PR]

by s_space_s | 2015-07-22 21:44 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 03日

しもやけ防止パッド

NHKの朝のニュースで「まちかど情報室」というコーナーご覧になってますか?
鹿島アナと鈴木アナの掛け合いが面白いですね。
最近の鹿島アナってすっぴんみたいなメイクです。
何かあったのでしょうか。

少し前の情報で、スリッパに入れるアルミのインナーが紹介されていました。
それで思いついたのが、これで~す!
e0064783_10124530.jpg
要らなくなった、テントマットを扇型に切ってズック靴のつま先甲側に入れるだけです。
自転車通勤していると、体はそのうち温まってくるのですが、辛いのが手足の先の痛さです。
これを入れたら非常に温かく、しもやけ気味だったつま先が治りました。

冬期クライミングを始めた頃、耐寒訓練とかいって、12月になっても薄着で自転車通勤したり、薄いせんべい布団で我慢して寝たりしてました。
今から考えると、冬合宿のとき風邪気味だったりして、あまり効果がなかったように思います。
同じノリで、冬に素手・素足・サンダルで自転車に乗ってましたが、やはりしもやけになってました。
しもやけになると血行が悪くなり、かえって凍傷になりやすくなるのにね。

気合い入れる意味はあったと思いたい・・・。




[PR]

by s_space_s | 2015-02-03 17:48 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 05日

犬小屋

犬小屋には昔、犬が住んでいました
大人しい小さな雑種の犬でした
通勤で犬小屋の前を通るようになって数年で犬は死にました

犬が居なくなったあとも、犬小屋はそのまま立っていました
そのうち新しい犬を飼うつもりなのかなと思って
毎日、その前を自転車で走っていました

ご主人は個人タクシーの運転手でした
庭先でタクシーを洗っているのをよく見かけました
もう何年も前から、ご主人も見かけなくなりました

犬とご主人が居なくなったあとも、犬小屋はそのまま立っていました
数えてはいないけど、10年以上の月日が流れました
最近、犬小屋がきれいに塗り替えられているのに気がつきました
犬小屋の入口は庭の奥に向いています
新しい犬がいる気配はありません
物置にでも使っているのでしょうか

中に何があるのか気にしながら
毎日、その前を自転車で走っていました
そして今日、思い切って犬小屋をのぞいてみたのです

中には何もありませんでした
人には見えない何かが住んでいるのでした




[PR]

by s_space_s | 2014-12-05 17:41 | あほばなし | Trackback | Comments(2)
2014年 08月 05日

もうパンクしそう!

通勤用ママチャリの後タイヤが薄くなってきました。
コードが見えるまではいってないけど、黒ゴムのトレッドがなくなり、最初は所々見えるだけだった灰色ゴムの部分が全体的に広がってきました。
早くタイヤを交換すればいいのに、ママチャリの後タイヤの交換は駆動系を分解しないとできないのが面倒で、延ばし延ばしにしています。
交換用のタイヤは買ってきてあるのですが、面倒なことは後回しにする悪い癖。

こうなると、バーストしそうで、恐くて空気圧を上げられません。
いつパンクするかひやひやものです。

わしの体の中にもパンクしそうなところがあります。
2年前に人間ドックで見つかった腹部大動脈瘤です。
そのときは、エコーでひっかかり、CT検査の結果、経過観察となりました。
大動脈瘤が破裂すれば、大量出血で、まず昇天だそうです。

半年ごとにCT検査で大きさをチェックして、基準の大きさになったら、手術を検討することになっています。
先日CT検査したところ、少しずつ大きくなっているのに加え、変な所?も膨らんでいる可能性があると主治医の先生に言われました。
いつパンクするかひやひやものです。

膨らんだ場所をはっきりさせるため、今日は造影CT検査を受けてきました。
腕の血管から造影剤を入れると、全身に熱いものが走り抜ける面白い感覚を味わいました。
来週、先生から検査結果と診療計画について教えていただく予定です。

普通に何かやっていて、突然、大動脈瘤がパンクして、ハイそれまでよ♪というのも悪くない。
けど、自転車がパンクしたら乗ってた人がその後、大変困ります(まあ何とかなるもんですが)。
わしの場合も困る人たちがいることを考えると、きちんと治しておかんといかんと思います。
サイクリング車の後輪みたいに簡単にパンク修理できたらいいのにね。


[PR]

by s_space_s | 2014-08-05 17:49 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 23日

越前三国港までサイクリング(2日目)

サイクリング2日目のお話です。
1日目のお話はこちら。

ルートは越前海岸の民宿「荒谷」から海岸線を南下し関ヶ原を越えて岐阜へ戻ります。
e0064783_10284274.jpg

(2日目)
無理を言って6時に朝飯を準備していただきました。
朝から三杯ご飯を食べてエネルギーチャージ。
e0064783_21121782.jpg
7時少し前に出発。

三里浜
e0064783_21122052.jpg
鷹巣海水浴場
シーズンオフの今、海の家にひと気はありません。
e0064783_21122227.jpg
走っていて大きな松が目に留まりました。
景観重要樹木(初めて聞きました)に指定されている「能登家の松」でした。
すぐ横に住んでみえるお婆ちゃんにこの木の話を伺いました。
このお婆ちゃんのお祖母ちゃんは終戦後まで生きてみえたということですが、小さいころには子供でも登って遊べるくらいの松だったそうです。
今では根回り3mぐらいはある大木で、国道の向かい側まで届く枝ぶりです。
大人でもとても登れません。
松は大きくなるのが早いと言ってみえました。
あと、松葉の掃除は大変なようです。
e0064783_21125677.jpg
柱状節理の岩場。
ミニ東尋坊みたいです。
e0064783_21122465.jpg
このあたりには、サザエアワビ密漁禁止の看板がよく出ています。
許すな!密○」と赤字で大きく書いてあるのも沢山あって、なんとなく密漁禁止の看板かと思っていました。
けど、ちゃんと読んでみたら「密航」と書いてあるのでした。

弁慶の洗濯板
e0064783_21122746.jpg
呼鳥門。かつてはこの下を国道が走っていました。
今は崩落の危険があるので通行止めになっています。
e0064783_21123217.jpg
表からは近づけませんが、旧道の洞門が開いていたので、裏から回ってみました。
e0064783_21123463.jpg
このあたりの岩場は一見、八ヶ岳の大同心あたりの岩質に似ています。
説明板によると礫岩などの堆積岩だそうです。
e0064783_21125852.jpg
越前岬灯台という看板が出ていました。
灯台マニア?のわしとしては行かずばなるまい。
ところが、この道の傾斜がスキー場の中級者コースなみ。
何度も降りて押す誘惑にかられましたが、蛇行走行しながらやっと登り切りました。
e0064783_21130022.jpg
灯台を過ぎても、急坂は続きます。
e0064783_21130307.jpg
下りのルートがまた急なこと。
向かいに見える岩場は鳥糞岩といって、冬に営巣する海鳥の糞で壁が白くなるところです。
今の時期はうっすら白い程度でした。
e0064783_21123945.jpg
越前海岸も南下して若狭湾沿いを走るようになると、荒々しさは薄れ、景色も穏やかになります。
しおかぜラインは平坦で走りやすい。
海の上を高架で走る部分もあります。
ここで、カメラがバッテリー切れになりました。
e0064783_21124872.jpg
敦賀に着いて、まず港にいってみました。
特に見たいものもないし、お腹も空いたので、市内へ向かいます。
ウロウロしていたら、由緒ある氣比神宮の前を通ったのでお詣りしました。
この時だけ一時的にバッテリー復活。
e0064783_21125141.jpg
国道沿いにあった「あすか食堂」に入りました。
カウンターでおっちゃん数名が泡の出る飲み物を飲んでいるのを見て、我慢できずわしも頼んでしまいました。
当たり前ですが、乾いた砂に水が浸みこむように入っていきました。
店のお姉さんと日本が負けるサッカーを見ながらゆっくり飯を食ったあと、しぶしぶ暑い国道に戻ります。

誘惑に負けた代償は大きいだろうと覚悟していた割に調子よく、滋賀に抜ける国道8号線のだらだら峠も何となく越し、関ヶ原も何となく越し、特に休憩するでもなく、大垣まで戻ってきました。
国道21号線を走るのが嫌で、途中から北上して瑞穂市内を横切って行こうとしたのが判断ミス。
信号が多くて走るリズムがつかめず、疲れた足と腕に堪えました。

河渡橋を渡り、左岸の自動車通行止めの堤防道路を気持ちよく走って、懐かしい金華山の麓へ。
あとは通勤経路で5時ごろ家に着きました。
ポデローザにシャワーをかけてやってから、自分もシャワーを浴びて、ふぅ〜。

かみさんは旅行中で、坊主が餃子炒飯を作ってくれました。
今日もビールがうまい!




[PR]

by s_space_s | 2014-06-23 12:53 | 自転車 | Trackback | Comments(4)