タグ:英語 ( 16 ) タグの人気記事


2014年 10月 02日

Swich Bitch

e0064783_17291399.jpg


日本では「チャーリーとチョコレート工場」などの児童文学で知られているが、わしとしては、ダールの毒を持った奇妙な味の短編が好き。
残念ながら、短編集は、Kiss Kiss など4冊しか発表されていない。
Swich Bitchは、それらの最後となる1974年発表のかなりきわどく、エロい大人の短編集。
それほど古い作品ではないが、知らん単語が多くて苦労した。

The Visitor
世界(の女性)を股にかけた冒険家のオズワルド叔父から形見?として箱いっぱいの日記が送られてきた。
数奇な物語満載の日記なのだが、内容がやばすぎて関係者が生存中は公表できない話ばかり。
なんとか出版できそうなエピソードを探し出した第1弾。

エジプトの砂漠で自動車が故障し、大富豪の家に泊めてもらうことになったオズワルド叔父。
例によって富豪の美しい妻と娘に手練手管でアプローチ。
その夜、顔も確認できない暗闇の中でベッドに熱い訪問者を迎えることになる。
翌朝、妻にも娘にも昨夜の情事を匂わせるような態度が見られず、困惑するオズワルド。
富豪との別れ際、この屋敷のある秘密が明らかに…。

富豪のおっさんが夜這いしてきたのかと思ったが、いくら暗闇でも男なら分かるわな。

The Great Switcheroo
隣の旦那と、お互いのかみさんが寝ているうちにスワッピングしてしまうという、めちゃくちゃなお話。 
自分のほうがうまくいったと思ったら、あれまぁ、隣の旦那はうちのかみさんに何してくれたの…。
下唇の描写がいやらしい。

The Last Act
最愛の夫を交通事故で亡くした未亡人アン。
彼女が、その痛手から立ち直るとこまではいい話。
出張先で、若かりしころの彼氏と再開し、ベッドを共にするところで悲劇が。

Bitch
好色冒険家オズワルド叔父さんのエピソード第2弾。

ヘンリ博士は嗅覚の研究者。
現代人には失われた第5の嗅覚があることを発見し、それを覚醒する香水を発明する資金をオズワルドから出資してもらう契約を結ぶ。
その嗅覚とは、刺激されると生殖以外のことは考えられなくなる強烈な反応を引き起こすものだった。
昆虫のフェロモンみたいなものかな。

3年後、発明に成功したとの連絡を受けたオズワルドは、博士の実験室で香水の驚くべき効果を目のあたりにする。
2人は、この香水をBitch(雌犬)と命名。
Bitchがあれば、世界を征服することも夢ではない。
ところが、博士はBitchを使った助手(メガネっ娘)に迫られ、製造法も書き残さないうちに心臓発作(腹上死)で昇天してしまう。

残された香水は1ccのみ。
オズワルドはアメリカ大統領を陥れるため、テレビの公開対談で大統領と同席する女性にBitchを使った細工をしかける。
その女性というのはフェミニスト団体のリーダーで小錦なみのデブ女。
オズワルドは大統領からの使いを騙り、女に時計仕掛けの香水時限爆弾を仕掛けようとするのだが・・・。


ロアルド・ダール著




[PR]

by s_space_s | 2014-10-02 12:52 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 24日

Pygmalion

この連休は御嶽で痛めた膝を休めるため、家でず~っと本を読んでいました。
1913年にイギリスで初演されたバーナード・ショーの戯曲 'Pygmalion' のペーパーバック版です。
辞書を片手に3日間かかりました。

天才的音声学者のヒギンズはドヤ街でその日暮らしの花売り娘イライザと偶然知り合います。
イライザの英語はひどい下町訛りで、何を言っているのか、わしではよく分かりません。
イライザは花屋の店員の職を得るため、ヒギンズの話し方講座?を受けたいとヒギンズの研究所に押しかけます。
6ヶ月で社交界に出ても通用する話し方と作法を身につけさせるという賭をした、これまた音声学者であるピカリング大佐とヒギンズは、イライザの特訓を始めます。

もともと耳がよく、才能もあったイライザは見違えるようなレディになって、舞踏会で注目の的。
ところが毒舌家のヒギンズは褒めもしないし、嫌みばかりいいます。
このあたりにヒギンズの心の変化が現れているような気がするのですが、その機微を説明するのは難しい。
ピカリング大佐のほうは、イライザをレディとして尊重する態度が終始一貫しています。
読んでいる方は、ピカリングとくっつくのではないかと想像したりして。

ヒギンズの母の家で、イライザとヒギンズは最後の言い争いをします。
このやりとりは、「好きや。どこへも行くな。」って早よ言え!バーカ!と”やきもき”するほど上手く描かれています。
結局、イライザは若く金もない没落貴族の息子フレディといい仲になり、ヒギンズの家を飛び出してしまいます。

ここで舞台は終わりですが、この本には2年後にショーによって追加された続編が掲載されています。
この戯曲が原作になっている映画「マイ・フェア・レディ」ではイライザが帰ってくるようです。
この続編では、さてどうなったのか・・・。
わしとしては、ピカリング、フレディ、フレディの妹クララも含めた後日談がしみじみとして心に残りました。
続編は、戯曲の形式ではなく、かなり読みにくいです。
最初は編者による解説かと思いました。


ピグマリオンのイメージはギリシア神話が元になっています。
彫刻家のピグマリオンが、理想の女性ガラテアを彫刻し、その像に恋してしまうお話です。
下の写真はジャン=レオン・ジェロームが描いた「ピグマリオンとガラテア」です。
後ろからと前からのアングルがあって、よほどこのモチーフが気に入ったのでしょう。


Pygmalion and Galatee 1890
Jean-Léon Gérôme
e0064783_14502849.jpg
e0064783_14523548.jpg


ジャン=レオン・ジェロームは19世紀後半のフランスの画家、彫刻家です。  
1872年「指し降ろされた親指」などスペクタキュラーな作品が興味深いです。
いくつかの作品はWEBでも鑑賞できます。


[PR]

by s_space_s | 2014-03-24 17:32 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2013年 06月 20日

Don't try.

1994年に亡くなったアメリカの「酔いどれ」詩人チャールズ・ブコウスキーの墓石には"Don't try"の墓碑銘がある。

e0064783_14534561.jpg


この墓碑銘の意味についてリンダ夫人がインタビューで語った記事がブコウスキーのオフィシャル・サイト(必見です)に載っていた。
"Don't try"は「無理すんな。」みたいな意味ではなく、「試しにやってみるようなことはするな。(やれ!)」という、非常にポジティブなものとして捉えていると、彼女は語っている。

しかし、ブコウスキーが書いた手紙を読むと、わしには「やれ!」とは言っていないような気がする。
ブコウスキーは、詩とは無理矢理ひねり出すようなものではない、自然に出てくるのを待てと、言っている。

夫婦であっても考え方の違いはある。
こんな捉え方のできる女性なのでブコウスキー夫人が務まったのかもしれない。
[PR]

by s_space_s | 2013-06-20 11:45 | あほばなし | Trackback | Comments(2)
2013年 01月 26日

Allen & Mike's Really Cool Telemark Tips

テレマークスキーは人生を楽しむためのものですが、フィールドやゲレンデで自分のイメージどおりに滑れないと悩んだりすることもありますよね。
そこで試行錯誤するのもまた楽しみの一つであります。
けど、自分のイメージだけではブレークスルーできない壁もあるような気がします。
そんなとき、スクールに入ったり、友達からの意見を聴いたりするのもいいかも。
この本もなかなか役に立つと思います。

e0064783_10594320.jpg

この本には123のヒントが楽しいイラストと一緒に紹介されています。
わしも幾つかヒントをもらいました。
これを読んだらゲレンデへ行きたくなるかもしれませんよ。

一点皆さんのご意見も聴いてみたいのが、この本の基本的なコンセプトとして、フォールラインへの上体の外向が強調されている点。(37ページなど)
最近のナンバ歩き的なテレマークテクニックとずれている気がしました。
クラシックなテレマークでは外向姿勢が基本でしたが、現在でも急斜面ではフォールラインへの積極的な意識は重要だということかもしれません。

google booksで検索すると、42ページまで読むことができます。

岐阜でもボタン雪が舞っています。
山は危なそうなので、明日はゲレンデへ新雪滑りに行こうかな。





[PR]

by s_space_s | 2013-01-26 11:10 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 17日

最近読んだ本(今日の芸術・20週俳句入門・SUNSET PARK)と再読したい本

一冊一冊感想を書くのが自分の甘い読書習慣をなおすにはいいのかも知れませんが、それだけの気力がないので、備忘録としてメモしておきます。

★今日の芸術
1954年に岡本太郎によって書かれた芸術論。
主張されている芸術と芸能の違いは、なるほどと腑に落ちた。
芸術には上手い下手(技能)は関係がないことが良く分かった。
わしの鑑賞していたものは多くの部分が技能だったかもしれない。

第1章に現代人の余暇についての考察があった。
例えば、プロ野球を見て楽しむといった余暇の過ごし方は、
「あなたの本質とはまったくかかわりない。・・・
空しさは、自分では気がついていなくても、カスのようにあなたの心にたまっていきます。」
と言っている。

こういう話をすると、かみさんには、「おとうさんは、自分のことにしか関心がないからね。」
と言われる。
こと、スポーツに関してはそのとおり。

光文社 文庫復刻版(知恵の森文庫)

★20週俳句入門
全くの初心者が20週でまずまずの俳句ができるようにすると言うコンセプトの入門書。
まず、俳句は型を持った韻文である。
次に、道徳・倫理観や風流気取りを俳句に持ち込もうとすると鼻持ちならない句ができる。

この観点で朝日新聞の俳句欄を眺めてみると、けっこうそういうのが採り上げられている。
加賀千代女の有名な俳句「朝顔に つるべ取られて もらい水」も、第2の点において、通俗に堕ちているというべきであろう。

藤田湘子(しょうし)著 角川学芸出版

★SUNSET PARK
オースターのペーパーバック2冊目。
今回は、少しぐらい分からない単語があっても読み飛ばしていったので、一気に読むことができた。
前作INVISIBLEより、すっと入り込めるストーリーだった。
主人公以外の登場人物がそれぞれの章で準主役的に語られ、それぞれの人間描写も魅力的だった。
最後は、予想どおりというか、オースターらしいというか、悲劇的な結末に9.11のイメージが重なるのであった。

2010年 ポール・オースター著

★再読したい本
最近、書斎として使える部屋ができたので、山道具が置いてある部屋の本棚から、本の引越しをした。
ずっと昔に読んだ本、読んだ記憶も定かではない本を、もう一回読むために、出しておいた。

「高野聖・眉かくしの霊」泉鏡花
「孤独の発明」ポール・オースター
「幻想芸術の世界」坂崎乙郎
「ねじ式」つげ義春
「ユリイカ 総特集シュルレアリズム」
「日本人はなぜ無宗教なのか」阿満利麿
「草おぼろ」石際久波(亡き叔父の句集)

こんだけあったら、当分本屋にいかなくていい。







[PR]

by s_space_s | 2012-09-17 11:48 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 07日

Invisible

2009年に発表されたポール・オースターのペーパーバックです。
まだ邦訳は出ていないと思います。
春に「シティ・オブ・グラス」と「幻影の書」を読んで,原文でオースターを読んでみたくなりました。

e0064783_22345527.jpg



コロンビア大学で文学を学び詩人を志す学生アダム。
フランスから来た政治学の助教授ボーンとその愛人マーゴットにパーティーで偶然知り合った彼は,ボーンのために文学雑誌を編集してほしいという申し出を受けるのだが・・・。

アマゾンの作品紹介の真似して書いてみましたが,これでは売れんわね。

その後起こった衝撃的な事件が遠因となり,アダムは詩人の道を捨てる。
60歳になり不治の病のため余命幾ばくとなった彼は,人生の転機になった学生時代の出来事を物語として残そうとする・・・。

これなら,どうでしょう。
まだまだ?

書くことに行き詰まったアダムは,大学時代の級友で小説家になったジムに,突然,相談の手紙を書きます。
仮にも詩人を目指していたアダムが何故,ジムに助けを求めたかは理解に苦しむところです。
(読み返してみると,手紙の中に説明はありましたが。)
けど,これがこの小説の重層的な構造と「書くこと」の意味を問うテーマにとって必要な筋書きだったのです。

例によって,英語力の問題と,酒飲んで数ページ読むと眠くなってしまう問題から,読み終わるのにかなり時間がかかってしまいました。
幸い?膝を怪我したせいで時間ができ、一気に読むことができました。
最初のほうのエピソードは忘れてしまったことも多々あります。
備忘録として,わしなりに感じたポイントを書いてみます。

・アダムの青臭い正義感
この正義感が原因でアダムは厳しいしっぺ返しを受け,その後の人生も変わりました。
わしとしては,この主人公の行動や考え方に共感出来る部分は少なかった。
アダム本人もその後,自分の行動も含め「正義」というものを深く考えざるをえなかったのだと思います。

・ボーンの怪物性
ポーンは,最初から,屈折したキャラクターとして登場します。
知的で優しく,激情的で暴力的なのに,どこか捉えどころがない。
第4章でリアルに出てきたときの気持ち悪さが際だっていました。
わしには,むしろ,こちらのキャラクターに興味が湧きました。

・藪の中
ほのめかしがあるだけで,結局何が真実なのか分からない。
殺人や近親相姦はほんとうにあったのか,読者には手がかりが与えられません。
書かれたものの不可視性というテーマはここにもあります。

・視点の転換
アダム亡き後の顛末を描く第4章の最終部分は,女性の書いた日記として展開されます。
第3章までの,ジムが改変したかもしれない,最後には登場人物もイニシャルだけになってしまう小説よりもリアリティーがある。
そして,聴覚と視覚に訴える最後のシーンは"visible"に描かれます。
しかし,それが何を意味するのか説明されることはなく,小説は終わります。

 
このオースターの15番目の作品はレビューを読んでも賛否両論あり,いろんな意見があって,読後に読んでみて1粒で2度楽しめました。
小説の中に,もう一つの小説が物語として展開されるのは,オースターではよくあるパターンです。
さらに,今回は人称と時制が意図的に毎章変化させてあり,この構造に言及しているレビューが多かった。
このあたりは,オースターが趣味でやってることなので,あまり小説の本質とは関係ないと思います。

オースターへのインタビューもネットで幾つか公開されています。
どのような意図でこの小説が書かれたかについて,作者自身のコメントを読むことができます。
けど,作者の意図から小説を解釈しようとするのは読者の手抜きだと思います。
発表された作品はあくまで読者のものであり,より深く理解したければ何回も読みこめばいいのです。
[PR]

by s_space_s | 2012-08-07 13:00 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 13日

記憶力の問題?

今日、先日受験したTOEICのスコアが送られてきました。
一夜漬け(正確には1週間漬け)の割にはよく出来ました。

リスニングの短文理解がほぼ8割、リーディングも通して8割以上できたのですが、長文のリスニングが6割台しか理解できなかった。
英会話研修の効果測定なのに,ヒアリングのスコアが下がってしまって,ショボン。
短文なら内容を憶えていられるのに、長くなると設問に答えるころには何を言ってたか忘れてしまう。
要するに記憶力がないのです。
老化現象もあると思いますが、憶え方に問題があるような気もします。

これをカバーするために聴きながら、設問を読んだりしてみましたが、両方集中できず、よけいにだめ。
余裕があれば、会話が始まる前に設問の趣旨を理解した上で、会話を聴くのが一番いいと思いました。
少し工夫すればスコアは上がると思いますが、好きな英語の本を読んだり、英語で誰かと話したりするほうが楽しい。
なので、TOEICに時間と金を使うことは、当分ないと思います。
[PR]

by s_space_s | 2012-06-13 23:08 | あほばなし | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 19日

Rip Van Winkle

ワシントン・アービングによって1819年に書かれた短編で、アメリカ版「浦島太郎」とも言える昔話です。

Rip Van Winkleの家はかかあ殿下で、のん気者の彼はいつも小言をもらってばかり。
ある日、狩に出かけた彼は、山奥で見知らぬ老人に声をかけられます。
ついて行くと谷間の広場で変な男たちがゲームをしていました。
老人はこの化け物みたいな男たちに酒を運んできたようです。
待っていたVan Winkleは、ちゃっかりその酒を味見してみました。
酒は上等なオランダのジン。
一杯が二杯に、二杯が三杯に、もう止まりません。
(この気持ち分かる。)
や~がて~男は~静かに眠るのでしょう♪

・・・・・・・

目が覚めると、まわりの様子が変わっていました。
村に帰った彼は、20年もの年月が経過していることを知ります。

浦島太郎と違うのは、うるさい妻(病気で亡くなっていた)から開放されたVan Winkleがハッピーになったことです。
この話は後に有名になり、尻に敷かれた亭主たちは「Rip Van Winkleの酒」を飲みたいと思うようになった、というのが落ちです。
普通に考えたら悲劇なのに、のーてんきにハッピーな余生を過ごした彼はすごい。

リン先生にもらった「アメリカ100短編」でナサニエル・ホーソーンの短編「Roger Malvin's Burial」を読んでいたら、次にこれが載っていました。
この話は、松田優作主演の映画「野獣死すべし」に出てきて、聞き覚えがあったので、読んでみる気になりました。
Rip・・とRoger・・どっちも古い作品なので、単語が古典的で、辞書なしでは読めませんでした。

ところで、「野獣死すべし」では松田優作の何かが憑いたような演技が恐かった。
Rip・・の「のーてんき話」もかなり脚色され、恐いお話になっています。
You Tubeに動画が載ってました

参考までに変えてある点は
・変な格好の男たち → 小人
・酒を盗み飲み → ご馳走になった
・ジン → XYZというカクテル(話の落ち)
・オリジナルでは夢は見ない → 狩の夢を見る
・20年眠った → 何十年も眠った
・かみさんが先に亡くなってラッキー → 妻に会うため村へ急いで帰った
[PR]

by s_space_s | 2012-05-19 17:13 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 17日

Animals

as sick as a dog
bark is worse than bite
every dog has his day
let sleeping dogs lie
get off high horse
hoof it
bull in a china shop
take the bull by the horns
make a monkey out of someone
monkey see, monkey do
as qiete as mouse
getting on my goat
cat get your tongue
cat nap(nana nap)
let a cat out of bag

身近な動物に関係する英語のイディオムです。
意味わかります?
わしは、ほとんど知りませんでした。
[PR]

by s_space_s | 2011-09-17 08:00 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 14日

世界のグロービッシュ

新聞の広告で見た「1500語で通じる驚異の英語術」というキャッチフレーズに釣られて買ってしまった。

文化ではなく道具としての英語という考え方。
そこから出てくる、十分な英語レベルと言う概念。
(それに達すればそれ以上は不要。どこまでやってもきりがない従来の英語学習の考え方と異なる。)
グロービッシュによるコミュニケーションの場ではネイティブスピーカーの英語が理解できない聞き手(グロービッシュのレベルは当然持っている)の努力が足りないのではなく、話し手がグロービッシュの基準を理解し使用していないことに問題がある。

など、パラダイムシフトとも呼ぶべき考え方が、グロービッシュを使って述べられている。
見開きで付けられている対訳がほとんど必要ないほどすらすら読めた。
グロービッシュのテキストではないので、この道具をマスターするには別の教材が必要になるけど、英語に対する考え方を見直してみるには面白い本だった。

グロービッシュの制約として述べられている事項で一つ、はっとすることがあった。
ユーモアは避けるべきというものだ。
その理由は、私の理解では、異文化間のコミュニケーションの場ではユーモアは誤解を受けることが多く、相手を知らず知らず傷付ける場合があるから。

ユーモアは生活の中で重要なものだと思っていたけど、今までユーモアと思っていたものは、自分たちの価値観と外れているものを蔑むことから作り出してはいないだろうか。
出演者を馬鹿にして偉そうにしゃべることがお笑いと勘違いしている島田紳助みたいにはなりたくないと思う。

重要なのは、共感である。
そして歩み寄ること。


ジャン=ポール・ネリエール、デービット・ホン著 東洋経済新報社発行
[PR]

by s_space_s | 2011-07-14 18:19 | 読書 | Trackback | Comments(6)