blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:読書 ( 142 ) タグの人気記事


2017年 10月 15日

最近読んだ本(パルプ、血の収穫、城の崎にて他、滝への新しい小径)

落ち着く雨の日曜日
メダカの世話したり、古いツエルトを切ってタープを作ってみたり
庭でテストしてしてみるが、防水性の無くなった生地のタープでは、雨をしのぐのは少し厳しい

最近、よく本が読めるようになってきたので備忘にメモしておこう

★パルプ
ブコウスキーの書いた「史上最低」の私立探偵ビレーンの話。
報酬は1時間6ドル。仕事中もポケットのウオッカをちびりちびり。
トミー・リー・ジョーンズをもっと不細工にしたようなおっさんをイメージしながら読んだ。
「・・・でも飲んだくれていると、ひとつだけいいのは、絶対に便秘しないことだ。・・・」
これには、わしも頷いた。
最後の「赤い雀」って何の象徴なのか?
フランスの作家セリーヌに興味を持ったので「なしくずしの死」上下あわせて約1,000ページを取り寄せてしまった。

チャールズ・ブコウスキー著 柴田元幸訳 ちくま文庫

★血の収穫
こっちは本格派。
ハードボイルドの先駆的名作で、ヘミングウェイにも通じるところがある。
訳がいいせいかもしれないが、会話がクールでかっこいい。
主人公「おれ」はコンティネンタル探偵社サンフランシスコ支局員(コンティネンタル・オップ)だ。
オップ(op:探偵)と聞いて思い出すのは、昔、ラジオドラマでやっていた矢作俊彦の「マンハッタン・オプ」。
あれも台詞がかっこよかったけど、こういうのを手本にしていたのだな。

ダシール・ハメット著 田中西二郎訳 創元推理文庫

★城の崎にて他
城崎温泉にでも行ってみようかという話をしていたら、かみさんが図書館で少年少女日本文学館⑤というのを借りて来た。
白樺派の志賀直哉、武者小路実篤、有島武郎の短編を集めたもので、やはり志賀直哉のものがわしには面白い。
あとの二人の作品は道徳の教科書にでも出てきそうな話で、いけない。

「小僧の神様」「清兵衛と瓢箪」など読んだことのある作品もあった。
「城崎」も再読のはずで、静謐な雰囲気の作品だったことは感触として残っていたけど、生き物しか出てこない話だったとは憶えていなかった。
出てくるのは、
山女、川蟹(モクズガニ)、蜂、鼠、家鴨、桑の葉、いもり
この中でも、死んだ蜂、死にゆく鼠、図らずも殺してしまったいもり、を通じて生と死に対する感情が静かに語られている。

大きな鼠の首には魚焼きの串が刺し抜いてあり、川に投げ込まれた鼠は必死で泳いで逃げようとしている。
子供や車夫がそれに石を投げる。
「自分」は「寂しい嫌な気持ち」になる。

鼠を殺す話でこんな作品を思い出した。
梶井基次郎の「冬の日」の一節。

穉(おさな)い堯(たかし)は捕鼠器(ねずみとり)に入った鼠を川に漬けに行った。透明な水のなかで鼠は左右に金網を伝い、それは空気のなかでのように見えた。やがて鼠は網目の一つへ鼻を突っ込んだまま動かなくなった。白い泡が鼠の口から最後に泛(うか)んだ。……

堯もまた不治の病のまえに、やがて生きていこうとする意志が失われていく。
志賀の鼠の一生懸命さに比して、こちらの死は静かなあっけないもの。

ヒラヒラヒラヒラ動いていた桑の葉の理由について説明すっとばしするのも上手いと思った。

★滝への新しい小径
カーヴァーが癌でなくなる直前に書き残した詩集。
協同で編集にあたった妻で詩人のテス・ギャラガーの前書きと、まだ数編の作品しか読んでいない。
詩集なので、何回読んでも読了ということはないだろう。

レイモンド・カーヴァー著 村上春樹訳 中央公論新社




[PR]

by s_space_s | 2017-10-15 15:59 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 06日

祝ノーベル文学賞受賞

今朝の新聞の1面に大きく「ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏」とあった。
2年前の夏、腹部大動脈瘤の手術で入院していた時に読んだ本のなかに、たまたま彼のデビュー作があった。
その作品は「女たちの遠い夏」という中編で、当然、日本語翻訳版であった。
今朝、本棚から引っ張り出してぱらぱらと読んでみたけど、ほとんど話の筋は忘れていた。

新聞記事では、彼のイギリス文壇デビュー作は「遠い山なみの光」となっていたので、おかしいなと思った。
便利な機械で検索してみると、わしの読んだのも同じ作品で、翻訳者も小野寺健。
邦題が改題されていただけだった。
原題が ”A Pale View of Hills” なので、このほうが近いのかも。

読者が混乱しそうな回想場面とほのめかしが多い作品だった。
この作品について本人が語ったインタビューがWEB上に掲載されている。
なるほどという感じ。

自分の知っている作家が受賞したというニュースは、なんとなくうれしかった。
村上春樹も好きなんだけど、こっちはどうなんでしょう。




[PR]

by s_space_s | 2017-10-06 12:08 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 27日

8月最後の土日

上旬に剣に行ってから休日は荘川のシャワクラに明け暮れた8月でした。
この土曜日は増水のためツアー中止だったので、珍しく家でのんびりしました。
手持ちの毛ばりが少なくなってきたので、10本巻いてみました。
e0064783_22174311.jpg
デバイスもマテリアルもいい加減なので、非常に不細工な出来具合です。
でも、そこそこ釣れるのでこれで十分です。
肩凝った~!


先週の木曜日に国立登山研修所の主任講師をやっているキム師と飲む機会がありました。
11月に中央研修会で講師をやらせていただくことになっているのですが、プログラムが登攀と読図があって、参加者の申し込み状況によってどっちかの講師をやらせていただく予定です。
わしは、どっちもできそうなので便利なのだとか。
登攀のほうは確保技術中心で、研修の資料をおさらいしました。
ダイナミックロープという中心的な道具の革新的な進化が30年前からないので、わしでも経験的に説明できる内容でした。


たまにですが「飛騨の山とある日」というblogを興味深く拝見しています。
プロフィールははっきり書いてありません。
多分わしより10数年年配で、かなり山の経験を積んでみえる方だと拝察しています。
そして、この題名は、昭和42年に出版された上田哲農の画文集「山とある日」からとられたのではないかと。

この画文集は学生時代に下宿屋の近くの古本屋で買いました。
当然、文庫本です。
当時、大学のサイクリング部で、寝袋持って日本中をうろうろしていただけで、雪山や登攀のことなど解るわけもないのです。
このころから山に対する憧れがあったのかもしれません。
というか、上田哲農に洗脳されたのかも。

話のミソはもっと単純なことです。
「ある日」という意味は「或る日」なのか「山とともにあった日」なのか。
疑問が湧いたので本棚から引っ張り出して読み直しました。
その答えは最初のページの前書きに筆者自身から解説がありました。
バカだな、わしは。


そして今日、日曜日は荘川シャワクラの今シーズン、シフト最終日。
午前17人、午後7人のお客様をご案内しました。
水が多めで滝登りや渡渉が大変でした。(特に子供たち)
自分の山ではないけれど、参加された皆さんの楽しそうな様子を見ると、やらせていただいて良かった。
満足感に浸りながら、156号に気持ちよく車を走らせて岐阜へ帰りました。





[PR]

by s_space_s | 2017-08-27 23:33 | ガイド | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 17日

最近読んだ本(飛行士たちの話、性・差別・民族、Backcountry Ski Book)

この盆休みは雨続きでよく本が読めました。

★飛行士たちの話〔新訳版〕
何冊かシニカルな短編集を読んだことのあるロアルド・ダールの処女短編集。
エピソードは第2次世界大戦で戦闘機に乗っていたダール自身の経験に基づいている。
坊主によると「紅の豚」にも使われた話があるらしい。(「彼らに歳は取らせまい」)

「あなたに似た人」という短編が最後にあって、ダールには同じ題名の短編集があるので気になった。
夜の雨降る街でタクシーを待っているところで説明もなく終わっているのが良かった。
田口 俊樹の新訳が気に入らない読者もいるようだが、わしには結構いい雰囲気を出しているように思えた。

ハヤカワミステリー文庫

★性・差別・民族
本屋でなんとなく文庫本を漁っていたら、
「夜這いなどの村落社会の性風俗、祭りなどの実際から部落差別の実際を描く。柳田民俗学が避けた非常民の民俗学の実践の記録」
と帯にあったので思わず手に取ってしまった。

古物商としてムラを回りながらその裏側にまで入り込み、生きた人間の声を聴くその調査法と記録は確かに柳田國男のそれとは異質のものだ。
また、こんな興味深い話があったという記録にとどまらず、その風俗が社会のダイナミズムの中でどのような意味を持っていたのかまで考察しようとする姿勢はマルクス主義唯物論に徹している。

話の内容は、赤松個人の体験談や脱線も多いので、論文的なものではなくエッセーとして読むべきものだ。
赤松は、柳田が性や差別に関する風俗を意識的に避けたと言っている。
しかし、赤松もムラ社会の性的な開放について語りながら、その結果出来てしまった赤ん坊のことについて一言も触れていない。
堕胎、間引き、子殺しなど必ず問題として存在したと思われるのに。

今、日本各地の祭りを世界遺産に登録するのがブームだ。
その祭祀を受け継いできたムラや地域の共同体機能が既に変質してしまっているのに、芸能的な形式だけを保存しても観光振興の意味しかないと赤松なら言うと思う
そんなことを考えさせてくれる面白い本だった。

赤松啓介著 河出文庫

Allen & Mike's Really Cool Backcountry Ski Book
数年前に読んだ英語のペーパーバック。
ちょっと訳があって、つまみ食いで再読した。
e0064783_14440294.jpg
いくつか使えるTipsがあったのでメモしてみる。
・リペアキットにスキーポールのバスケット
・ショペルには肩担ぎひもを付けておくこと
・シールを忘れたらモミなどの葉のついた枝をソールにストラップで固定すれば歩ける。
・前夜作った水の入った水筒は上下逆さまにしておくと、蓋が凍り付かない。
・もっと寒いときは雪の中に埋めておくと凍らない。
・アメリカ式トラック結び(引き解け結び使用)をテントの張り綱に
・起床時にシュラフを外気で乾燥
・ウンチは雪に埋めず日当たりのいい斜面で凍結・解凍・UV分解
 トイレットペーパーとして雪のブロック使用。まだやってみてない。
 野グソについてはこちらのサイトが詳しい。
・ファーストトラック斜面の有効な使い方
 登りはなるべく樹林帯から。登りも滑りもオープンバーンを横断するのは×(美的にも安全管理上も)。
 先行シュプールを汚さず平行でタイトなラインで滑るべし。脈絡のないシュプールはダサい(死語?)。

わしはファーストトラックを滑るときは、習字するときと同じ心構えで滑っている。(出来栄えははともかく)
そうではないスキーヤーが多いみたい。

このシリーズではこっちも面白い。




[PR]

by s_space_s | 2017-08-17 20:34 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 27日

梶井基次郎全集

全集といっても全1巻です。
有名な「檸檬」という短編を読んで面白かったので、他の作品も読んでみたいと思ったのがきっかけです。
全集の中には習作や遺稿も収められていて、同じ話がブラッシュアップされているのを読み比べるのも面白かった。

e0064783_10033650.jpg
梶井は小説家ですが、感覚は詩人に近いように感じました。
桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!で始まる「桜の樹の下には」などは散文詩のようです。

「愛撫」では子猫の肉球をまぶたの上に載せてみる話があって、つげ義春もこれを読んでいたのが分かりました。
つげの「やなぎ屋主人」では、同じことをした主人公が「冷たくていい気持だ」と言っています。
梶井の「愛撫」の最後では・・・

私はゴロッと仰向きに寝転んで、猫を顔の上へあげて来る。二本の前足を掴んで来て、柔らかいその蹠を、一つずつ私の眼蓋にあてがう。快い猫の重量。温かいその蹠。私の疲れた眼球には、しみじみとした、この世のものでない休息が伝わって来る。

 仔猫よ! 後生だから、しばらく踏み外はずさないでいろよ。お前はすぐ爪を立てるのだから。

やっぱり、温かいんですね。

ちくま文庫





[PR]

by s_space_s | 2017-07-27 13:02 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 28日

薄桜記

昨年の秋にお借りした本を読み終えました。
赤穂浪士の討ち入りを題材にした時代劇です。
695ページもあるので、大河ドラマを観ているようで、長い間楽しめました。

感想は・・・ちょっと難しい。
時代小説って多分、色んな暗黙のルールや表現の世界があって、それを知らないと理解できないことが多いのでは。
そのうえ、悲劇の主人公、丹下典膳とその元奥方、千春の行動原理が理解不能なので、最後まであまり感情移入できませんでした。

わし的には、忠臣蔵に出てくる通説とは逆に、浅野内匠頭のケチで無能ぶりとか大石内蔵助の遊び好きとかいう討ち入りの裏話が面白かったです。
紀伊国屋文左衛門とか出てくる江戸の夜の遊びのとこも。
メイン・ストーリーとは関係のないこの部分がこれでもかと長いので、逆に楽しめました。(逆にパワー)

本当に江戸時代の女性はすぐ赤くなったりしたのでしょうか。そうならかわいいと思います。
最近そんな女性に会ったことがありません。
いや待てよ・・・

五味康祐著 新潮文庫

e0064783_22153894.jpg
次は同じぐらいページ数のある、梶井基次郎全集です。
昭和初期の小説家ですが、この人すごいです。
これも当分楽しめそうです。





[PR]

by s_space_s | 2017-03-28 17:26 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 12日

ねじまき鳥クロニクル

昨年秋から読みだした、村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」を読み終えました。
3編に分かれていて、それぞれが厚めの文庫本なのでかなりの長編です。
面白いのでどんどん読んでしまい、そんなに長い感じはしませんでした。
ジョン・アーヴィングと同じで、ストーリーテラーです。

村上春樹って人物描写、特に女性を描くのが上手いですね。
笠原メイという17歳ぐらいの女の子が出てくるのですが、くっきりとしたイメージが湧いてくる。
わしが頭に描いた女優さんを言ってしまうと顰蹙を買うかもしれませんが、清水富美加がぴったり。
笠原メイが書いた何通かの手紙は17歳の少女のナイーブさが出ていて、手紙っていいなと思いました。
この手紙については最後、ちょっとしたビックリがあります。

戦争や暴力もこの小説の大きなテーマです。
それがいいとか悪いとかではなく、社会や人間のなかに厳然としてある暴力的な衝動を描いています。
あと、愛とか性とか不思議な体験とかは読んでて面白かったけど、それだけでした。
細かい分析や考証はできないのですが、ポール・オースターの描く不思議な世界と雰囲気が似ていると感じました。
そんでもって、わしはこういう何のためにもならない、ただその世界に浸れる話が好きなのです。

1994年から1995年にかけて発表された作品です。
そのころの時代の匂いがしました。

新潮文庫




[PR]

by s_space_s | 2017-01-12 17:57 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 17日

さらっさらの…

「さらさら越え」と聞いて皆さんならどんな場所を思い浮かべますか。
草が風になびいているような爽やかな峠のイメージが湧いてきません?
わしは歴史には疎いほうですが、「さらさら越え」とは立山の南にあるザラ峠のことだと聞いて、厳冬期にそこを越えた戦国武将の話を思い出しました。
ザラザラと言えば小石などの多い風化した峠という感じがします。
さらさらと言うとオノマトペとしては違う感触で、峠の名前としては不思議な感じです。

冠山へ行ったとき、はなえちゃんが風野真知雄の「沙羅沙羅越え」という単行本を貸してくれました。
彼女がこの話に興味を持ったのも、立山の食堂のメニューに「さらさら汁」というのがあったのがきっかけです。
どんな汁なんでしょう。薄味なんでしょうか。気になります。

読んでみた感想ですが、史実として捉えられるかという部分と、話として感情移入できるかという部分があります。
本当にあった話と思って読むのと作り話と思って読むのとでは感想も違ってきますけど。

まず、佐々成正が今のカレンダーでいう1月の厳冬期に立山のザラ峠と針ノ木峠を越えたということは当時の装備と技術では想像するのが難しい。
わしも厳冬期ではないですが、積雪期の一ノ越や針ノ木谷を歩いたことがあります。
現代の完全な装備をもってしても危険を冒さずに越えられる峠ではないので、それほどのリスクを冒すのは政治家としてどうなのか?
実際は上杉領か飛騨を経て家康に会いに行った可能性のほうが大なのではと思います。
けど、事実は小説よりも奇なりということもあり、歴史研究者にとっては興味が尽きないのでしょうね。

小説としての部分ですが、人の好き嫌いで自分や家来の生命を賭してまで何かをするという感覚が分かりませんでした。
厳冬期の立山を越える意志が単なる好き嫌いから出てくるというのはどうも…。
風野真知雄もあとがきで書いているように、「さらさら」という語感が重要というのは同感です。
あと、人間は究極の体験によって変われるものだというのがテーマのようですが、変われないのも人間なのでは。

2014年 KADOKAWA/中経出版


余談ですが、オノマトペの方言がたくさんあるのも日本語の特徴なのだそうです。
飛騨の方言で「腹がにごにごする。」というのがあるのですが、余所の方には意味不明でしょうね。
わしも感覚は分かるのですが言葉で説明できません。

その他、最近読んだ本
★白夜 ドストエフスキー著
★ねじまきクロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 村上春樹著




[PR]

by s_space_s | 2016-11-17 18:26 | 読書 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 01日

最近読んだ本(貧困旅行記、大人の流儀、六韜、夢で会いましょう)

★貧困旅行記
再読。やっぱつげ義春の波長には共振してしまう。
「ふっつ・とみうら」の出てくるところを読み返したが、何も憶えてなかった。
鄙びた鉱泉宿に泊まりたくなった。

 つげ義春著 新潮文庫
 
★大人の流儀
週刊誌に連載されたエッセーを集めたもの。
最初の数ページで読むのが嫌になった。
ひょっとして最後まで読めば何かあるのかと我慢して読んだ。
こんな男は何となくダンディーでマッチョに見えるので、好きになる女もいるのだろう(夏目雅子とか)。

 伊集院静著 講談社 

★六韜
3000年前に書かれたといわれる(本当は2000年前?)中国の君子論、兵法の書。
国を平らかにするための聖人君子論みたいなことが書いてあるかと思えば、隣国攻略のため賄賂や美女を送り偽情報を流せという。
要するに徹底的にマキャベリズム。
全ては支配・征服するための手段なのである。
後半の戦略編はパターン化していて笑える。

 林富士馬翻訳 中公文庫

★夢で会いましょう
カタカナ1語から湧いたイメージで、村上春樹と糸井重里が自由に文章を書いた短編集。
ふ~ん、糸井重里も小説を書くんだ…。
各編の終わりに村上なら「m」、糸井なら「i」のマークが付してある。
最初のうちはどっちが書いたか分からないこともあったけど、途中からだいたい分かるようになった。
村上の短編「パン屋再襲撃」の元ネタ「パン」があったのは嬉しい発見。

 村上春樹・糸井重里著 講談社文庫

「貧困旅行記」や「夢で会いましょう」を読んで何かを学べるわけではないけど、読んでいて楽しい。
「六韜」も偉い人はこんなこと考えているのかと感心して読める。
いちばん時間の無駄なのは「大人の…」みたいな本である。




[PR]

by s_space_s | 2016-09-01 17:19 | 読書 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 09日

最近読んだ本(抹香町・路傍、絵のなかの散歩、沢登りの本)

★抹香町・路傍
私小説家、川崎長太郎の本。
朝日新聞の文芸欄に紹介されていたので読んでみた。
私小説に特に興味があるわけではなく、つげ義春の「貧困旅行記」に記述があるとかで、その雰囲気に期待したのである。
家の本棚を探してみても、つげの本は行方不明で紹介の内容は分からなかった。
しかし、「ふっつ・とみうら」を読めばつげ義春と少し若くてきれいな奥さんの旅物を彷彿させ、なんでつげ義春がこの作家が好きなのか分かる気がする。

毎日観る、あるテレビ番組の出演者の女性が、「抹香町」に出てくる私娼の女を思い出させる。
いや、「抹香町」がその女性を思い出させるのか?
いずれにせよ困る。

「徳田秋声の周囲」は、わしにとって要らないおまけ的な存在なのに長すぎる。

巻末の解説で秋山駿が「私小説家の一番いい定義は正直な人」と書いている。
ここで正直という意味は自分の経験したことのみを書き、意見とか感想とかは書かないという意味。
けど、私小説は日記や記録ではないのだから、ある事柄を選んで書くこと自体に何か言いたいことがあるというのは言わずもがな。

講談社文芸文庫

★絵のなかの散歩
わしが海老原喜之助の「ポアソニエール」はあまりいい絵とは思えないと言っても、洲之内徹ならここがどうだからこの絵は素晴らしいとか言うことはしないだろう。
洲之内の価値判断は、自分が観ていいと思えばいい、ということだから。
ただし、その審美眼が商売として通用するところが「当代に稀なる目利き」たる所以である。

38話のなかで紹介されているのはすべて日本の画家。
カラーの口絵が挿入されているのは数点しかなく、あとは小さなモノクロのコピーなのは画集ではないのでしかたがない。
気になったのは靉光(あいみつ)「鳥」、長谷川潾二郎「猫」、海老原友忠「C57機関車」
特に靉光という戦後まもなく若くして死んだシュールレアリストには非常に興味を覚えた。

絵とその絵描きがメインでない話もいくつかあり、それがまた面白い。
「画廊のエレベーター」や「ダットサン物語」は機械に性能だけを求めない、ポンコツにも愛着を持つ感じがわしにもよく分かる。
愛着を持つといっても磨いたりはしないのである。
ダットサンが雨漏りして靴が水没するほどになり困ったが、そのうち底が腐って抜けて問題が解決したという調子。

写真をみるといかにも芸術家タイプ。
女性にもてたらしいことが伺われる話もちらほら。
一般にいう家族思いの夫・父親ではなかったと思われる。
しかし大学生になった次男の突然の交通事故死の顛末を淡々と描いた冒頭の「赤まんま忌」を読んで、洲之内の悲しみや後悔といったものがわしの琴線の波長とぴったり合ってしまい、新幹線の中で読んでいたこともあり、困ったことになった。

「きまぐれ美術館」も読んでみたい。

新潮文庫

★沢登りの本
わしが岐阜登高会に入会し沢登りも始めた1983年に発行された沢登り入門書。
「沢登り人口の底辺を広げる軽やかな入門書」をコンセプトにしているだけあって、当時、全くの初心者であったわしにも楽しく読めたような気がする。
古い本で申し訳ないが、最近沢にはまったらしい友人に進呈しようと思い本棚から引っ張り出してきた。

沢登りの最先端の世界は知る由もないが、身近なところでは沢の世界は30年前と変わっていないなと思った。
あの当時のわくわくする気持ちが蘇ってきて、再読して懐かしかった。

岩崎元郎著 白水社




[PR]

by s_space_s | 2016-07-09 15:42 | 読書 | Trackback | Comments(0)