blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:道具 ( 70 ) タグの人気記事


2018年 02月 19日

スキーシューって知ってます?

スキーでしゅーっと滑ることではありません。
こんなスキーです。

e0064783_22062388.jpg
センターは100mmぐらいかな。
スノーボードのようなラチェット式の締め具が付いていて、ヒールはフリーです。
キックゾーンに長めのシールが張り付けてあります。

e0064783_22062366.jpg
長靴とかスノーブーツでも履けるのですが、今回は登山靴で履いてみました。
つま先がしっかり固定されるので、ちょうどNTNのテレマークビンディングのような感じです。
ヒールがパタパタせず、テレマークターンしやすいです。
e0064783_22062390.jpg
荘川ODファームの横の牧戸城跡で遊びました。
スピードは出ませんが新雪のテレマークターンが気持ちいい。
e0064783_22061280.jpg
登りも思ったより傾斜のあるとこまでシールが効きます。
板も軽いので、機動力は相当あります。
急斜面の新雪を3回ほど楽しみました。
e0064783_22061238.jpg
この道具、なかなか楽しい。
ODファームにレンタルが数台あります。(半日なら1,080円)
これで高原を散策したら面白そう。
ガイドもしますよ。

今日は天気が良かったのでスキー客も多かったようで、白鳥の手前で渋滞しました。
家に帰ると、牡蠣鍋とこんないいものが。
e0064783_22061231.jpg
普通の美味しい酒です。





[PR]

by s_space_s | 2018-02-19 12:11 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 07日

スキーには行きたいけれど・・・

休日出勤の振り替えで今日はお休みでした。
朝、かみさんがコーヒーメーカーに水を入れようとしたら、ヤカンの水が氷っていたそうです。
寝てる部屋のなかが氷点下になるなんてこと初めてです。
昔、ビバークして耳が凍傷になったことがありました。
そのとき帰りに飯を食わせてもらった旅館の氷った味噌汁のことを思い出しました。

新しい板にも乗りたいけど、土日はガイドで時間がない。
貴重な休日、腰をすえて道具の修理などすることにしました。
まずは、ビブラムソールが剥がれたブーツの修理。
サンドペーパーで接着面をザラザラにしてから、アルコールできれいにして、セメダインスーパーXで接着しました。

e0064783_19102520.jpg
これだけでは不安なのでステンレスのネジ釘を6本打ちました。
ここで失敗。
使ったネジ釘が長すぎて靴の中に出て来てしまいました。
ニッパで切ってみたり、ヤスリですってみたりしましたが、靴の中なので上手くいきません。
インナーを入れて履いてみると気にならないので、とりあえずそのままに。
e0064783_19102607.jpg
これで、どれだけ寿命が延びるのかは?
多分、こういう手作業が好きなんだと思います。

昼は、ばあちゃんとこでもらった鯖寿司とかけ蕎麦

1年半前に購入した外車が短期間のうちに2回パンクしました。
職場から帰宅時、駐輪場でタイヤがパンクしてるときほど途方に暮れることは、そうありません。
家まで15㎞ほどあって押して帰るわけにもいかず。
バスで岐阜駅まで出ると1時間半ほどかかるし、どうしても飲み屋に寄ってしまい、もっと遅くなるのが常。
昔はパンク修理道具をバックに入れてましたが、今は小型のインフレ―ターのみです。
幸い、キンキンに空気を入れたら、なんとか家まで走れました。

後ろタイヤなので1回目はチューブだけ出して修理しました。
もうタイヤ自体が薄くなっていて、ガラスなどが刺さるとすぐチューブまで傷つくようになったので、後輪を外して根本治療することにしました。

e0064783_19102668.jpg
昨日、仕事帰りにホームセンターでタイヤを買いました。
今朝、離れの玄関に別の新品タイヤが置いてあるのにびっくり。
以前に買ったことを完全に忘れてました。

新しいタイヤは厚みが1cm弱もあるパンクに強いやつです。
ちょっと重いけど、通勤途中でパンクするよりまし。

次は、チェーンが切れかかっていた、マウンテンバイクもどきのポデローザ3号
チェーンの駒を2個外して繋ぎ直しました。
久しぶりに乗って、買い物に行きました。
まだまだ乗れそうです。
春になったら、白山東面台地にでも行ってみたい。

100円ショップでペットボトル用のカバーを買ってきて、テルモㇲ用のカバーも作りました。
これも、どれだけ保温効果があるのか・・・?

スキーには行けなかったけど、なんとなく充実した休日でした。




[PR]

by s_space_s | 2018-02-07 21:01 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 26日

W師とはじめてのテレマーク

岐阜テレマーク倶楽部のW師とコザエモンさんとで荘川の火山へ行く予定でしたが、コザエモンさんの体調が悪くW師と二人で行くことに。
天気もあやしいということで、めいほうスキー場で遊ぶことにしました。
期待した新雪は早々にギタギタになって、遅出の私たちはそれほど美味しくないところを少し齧っただけ。
お昼休みにビーコン、ゾンデの使用法も練習しました。

W師は、日本のテレマーク黎明期に、中心となった方々と滑ってみえたとか。
高い姿勢の外向傾のきまったテレマークは、お手本にして練習したいと思いました。
e0064783_13092063.jpg
ZAGのUBAC95はゲレンデで乗ると結構走る板だと思いました。
新雪での乗り心地はまだちょっと分かりません。
フリーダムはかかとの上がり方に少し癖があり、上がり始めの抵抗が少ないのでカクンカクンと機械的な感じになります。
これはそのうち慣れる程度の微妙な感触です。
クリスピーのブーツは結局、楽山荘に持っていって焼いてもらいました。
自分で成型したと言ったら、「やってしまったんですね。本当にやってしまったんですね。」と店長さん。
下手に熱を加えるとフォームが硬化して再成型ができなくなるといわれ、ビビりました。
やっぱり餅は餅屋。フィット感が全然違い、非常に滑りやすくなりました。

中・緩斜面で疲れずに滑るヒントをつかめた感じ。
W師とロングコースを最後まで気持ちよくクルージングできて大変楽しかったです。




[PR]

by s_space_s | 2018-01-26 22:17 | テレマーク | Trackback | Comments(2)
2018年 01月 19日

坐骨神経痛?だけど初乗りしたい

今週の金曜日の昼にジョギングをしていたら、左のお尻が痛くなった。
急激な運動をしたわけでもないので、肉離れではなさそう。
どうも、神経的なもののような気がする。
一時は椅子に座っているだけでも痛くなってくるし、自転車に乗っても痛かった。
大人しくしていたら、週末になってやっと痛みが治まってきた。
ほんとうは病院で診てもらったほうがいいのかもね。

今シーズン、奮発してNTNのスキーを新調した。
家の事情もあって、まだ乗れてないけど、日曜日に野伏に行く話がある。
けつの様子を見ながら試運転したい。

ちなみに、スペックは、
板:ZAG UBAC-95 174cm
金具:ロッテフェラー フリーダム
靴:クリスピ シバーNTN
シール:G3 スカラスキンTL

金具の取付、ブーツの熱成型、シールのカットは自分でやった。
UBACのコアは代理店の方が言ってみえたとおり、すごく柔らかく、補強のシートがなかったら、不安になるほどだ。
その分、軽いのだけど。

フリーダムは非常に使い勝手がよさそう。

ブーツはオーブンで焼く方法と熱風でやる方法が取説にあったので、布団乾燥機を使ってみた。
推奨の温度55度~65度より若干低いので、加熱時間をのばしてやってみたら、それなりに成型できた。
ついでに、古いスカルパも成型しなおしてみた。

3月なみの気温で腐れ雪が予想されるが、楽しみである。




[PR]

by s_space_s | 2018-01-19 18:03 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 14日

タブレットのGPSを使ってみました

かみさんがスマホに変えて、おまけ?に付いてきたタブレットを借りて使っています。
メールのチェックとか手軽にできるので、最近はパソコンを開くのも面倒になりました。
このタブレットに付いているGPSを使って位置データを取り、読図講習などのメニューに利用できるかもと思い、定評があるらしい山旅ロガーをダウンロードしてみました。

練習に、飛騨金山の簗谷山でログを取ってみました。
谷地形のなかではときどき飛ぶみたいですが、尾根上ではほぼ満足できる精度でした。
壊れなくて、電源がもつ限り、地図が読める人にとっては十分な情報が得られます。
尾根も谷も区別できない人にはどうしようもないですが。

南極の海氷上のルート管理にGPSデータを使っていたので、データの構成と利用の仕方はだいたい分かります。

e0064783_21480561.jpg
これでナビして山を歩くのは、登山の面白い部分を切り捨てていることになるし、ヤブ漕ぎやバックカントリーでは地図、コンパス、高度計のコンビネーションのほうが機能的だと思います。
でも、何かに必要でログをとったり、自分のナビゲーションの検証には使えるアイテムだと思います。
しかもタダだし。
読図講習でも、こういう機器の便利さと限界を伝えることは大事だし、自分で使ってみないと話もできない。

今回の簗谷山は岐阜大学御嶽会の定期山行でした。
幹事をやらせていただいてます。
岐阜発5時半の早めのスケジュール(山屋ならそんなに早いとは思わない)が悪かったのか参加者5人と寂しい感じでした。

南尾根ルートの「小鹿の涙」
e0064783_08403746.jpg
御嶽(右)と乗鞍(左)
e0064783_08403748.jpg
紅葉は盛りを過ぎて、初冬の雰囲気でした。
全山自然林のいい山です。
下山に使ったブナノ木ルートは新版の「岐阜県の山」の地図と違うルートを通っていますので、注意が必要です。




[PR]

by s_space_s | 2017-11-14 12:05 | 山登り | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 04日

鎌の柄を直す

かみさんが、柄が腐って折れてしまった鎌をまだ使いたいというので、柄を取り換えました。
e0064783_17064722.jpg
材料は、要らなくなって薪にしようとしていたスリコギ。
クギも合うものがなかったので、古釘を切って作りました。
穴を合わせるのが難しかった。

日曜の午後、ビールを飲みながら、良い仕事ができました。





[PR]

by s_space_s | 2017-09-04 12:25 | 日常 | Trackback | Comments(3)
2017年 07月 04日

カモシカ角のキーホルダー

まっちゃんからも珍しいものと言っていただいたので、先っちょを整えてキーホルダーにしてみました。
e0064783_20290479.jpg
適度な重量感で掌にしっくり馴染み、いい感じになりました。

この角は正確に言うとニホンカモシカの頭骨の角に被さっている鞘みたいなものだそうです。
だから空洞なんだ。
これはNSネットのナオさんと隠し岩魚の谷へ行ったときの写真。
e0064783_20373073.jpg
根元にある輪のような皺「角輪」は年齢とともに増えるということでその数を調べると歳がわかると言われることもありますが、いつも参考にしている「哺乳類のフィールドサイン:熊谷さとし」によれば、「カモシカの子どもには、はじめから5~6本の角輪があり、それが成長とともに蛇腹のように伸びるのだそうだ。」とあり、迷信だそうです。

カモシカの角がシカの角と違うお話はこちら

ヤスリで削っているとき鰹節のような匂いがしたので、削ってダシをとったら旨そうやなと言ったら、かみさんに気持ち悪いと言われました。






[PR]

by s_space_s | 2017-07-04 20:40 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 30日

石窯リニューアル&初テンカラ

連休出だしの土日は、後半に白山へ行く準備と家のことをしました。
懸案になっていたのは石窯の熱効率を上げるための壁作り。
娘とかみさんが作った石窯は上段の間口が広くて高いので、せっかく熱せられた空気が逃げていってしまいます。
なので、上段でうまくピザが焼けませんでした。

少し前にかみさんが少し間口を小さくしました。
手作り感満載です。

どうせやるなら煙突の排気口も低くして、窯口上の壁も低くしたいと思い、3月中旬に耐火モルタルを買ってきました。
煙突は以前に玄関の庇にトタンを貼ったときの残りでうまくいきました。

e0064783_15563935.jpg
壁を作るのにモルタルだけだと型を作らないといけないし、量も要るので耐火レンガを組んだ隙間にモルタルを詰め込むことにしました。
実際はこんだけレンガをはめ込めません。
e0064783_15563985.jpg
とりあえず、壁完成!
ところが・・・
e0064783_15563948.jpg
翌朝、支えの木枠を取った途端に壁全体が落下。
構造的な問題もあったのですが、水の分量を間違えていたのでした。残念!

今回は少し知恵を絞りました。
ジャーン!アンカーにボルト投入。
年配のクライマーさんには懐かしいでしょ。

e0064783_15595836.jpg
これは、ボルトを設置する穴をあけるためのジャンピングという道具です。
8mm径で固い岩だと1本設置するのにハンマーでカンカンやって20分以上かかります。
今までで打ったなかで一番固かったのは錫杖の北沢大滝でした。
e0064783_15595942.jpg
レンガなので面白いように穴が開きます。
実際はリングボルトでなくて、工業用ボルトにしました。
水の分量も間違えないように、キッチン用はかりで1kgずつ計って練りました。

e0064783_15595983.jpg
かみさんが用意したタイルも埋め込んでみました。
中心からずれているのはご愛敬。
今度は崩落しませんでした。
e0064783_16044478.jpg
石膏ボードで蓋も作りました。

e0064783_16044423.jpg
朝3時に起きて、原稿書きなどしてから、朝方火を入れてみました
いい感じです。

e0064783_16044565.jpg
早起きは三文の得といいますが、白山の準備もだいたいできたし、天気もいいので急遽思い立って釣りに行きました。
家から1時間もかからない奥美濃の谷です。

e0064783_16051427.jpg
遊ぶだけのつもりなので、すこし早いかと思いましたが毛ばりで。
水温が上がって条件がよく、ほぼ入れ食い状態。
全部リリースです。
e0064783_16051352.jpg
良さそうな淵で尺がかかりました。
合わせたときひゅんと竿が鳴りました。
何回か潜られそうになりましたが、浅瀬に引きずりあげました。
e0064783_16050156.jpg
何リンドウ? → コケリンドウというらしい。
e0064783_16051420.jpg
カタクリの群生がありました。
e0064783_16051416.jpg
カモシカ君も

e0064783_16051341.jpg
夜は岐阜市文化センター裏の居酒屋「楮」に飲みに行きました。
美味い肴で喜量能(きりょうよし)という東近江の酒をいただきました。
このお店、人気があるようで、予約しないと入れないようでした。

盛りだくさんで、とても長く感じた1日でした。











[PR]

by s_space_s | 2017-04-30 21:40 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 26日

スキーアイゼンを研ぐ

先日の十石山でスキーアイゼンの刺さり具合に不安を覚えました。
ポイントの鋭さがペッツルのものと比べて明らかににぶい
スキーアイゼンで岩場を歩くことはまず考えられないので、かなり鋭くしても問題ないはずです。

ラジオを聴きながら金ヤスリで研ぎました。
こういう頭の中がからっぽになる作業、好きです。
このぐらいにしときました。
e0064783_16422704.jpg
多分、よく効くようになったと思います。




今朝のシャキーンのいちご情報によれば、青森県名物の「いちごに」にはイチゴが入ってないらしい。
おじさんは、毎朝楽しみにしています。
けど、なんであのポーズしたくらいで筋肉痛になるんやろう。




[PR]

by s_space_s | 2017-04-26 12:19 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 14日

石徹白バックカントリーガイド(ウイングヒルズ~水後山~石徹白)

3月11日の土曜日、ウイングヒルズから水後山に登り石徹白へ滑り込むルートをガイドさせていただきました。

新雪があることは予想していましたが、スノーシューを履いても膝まで潜る状況で、予定の時間を大幅に過ぎての下山になってしまいました。
往復のコースなら時間をみながら途中で戻れますが、今回のようなラインでは、エスケープルートを考えておくべきでした。
底なしの新雪ではスキーやスプリットボードとスノーシューとでスピードが全然違うことを再認識しました。

e0064783_21520671.jpg
滑りで満足していただけたのはよかった。
結構なパウダーです。
e0064783_21520636.jpg
午後は新雪が腐ってきました。
今回のメンバーのボード技術なら楽しめたのでは。
けど、テレマークでは難しい雪でした。

e0064783_21520718.jpg
バックカントリーガイドの前にはいつも、Powder Search(新雪情報)をチェックしてしています。
8日の夜から9日の朝にかけて長滝(平地)において6時間ほどで30cm積雪が増えています。
また10日の明け方にかけて降水量が急激に増え、それに伴って積雪も10cm以上増えています。
これは警報レベルの降り方で、山がどのような状況になっているのかイメージできなかったのは反省点です。

また、積雪グラフの2つのピークから積雪内が層になっていることも予測されました。
水後山頂上でコンプレッションテストを行った結果、積雪深20cmにタップ5回でSPが観察されました。
60cmにはタップ15回でRP。
比較的傾斜のない尾根上にルートを取りました。
e0064783_08361273.jpg

先日、ご案内したTさんがbcaのニューモデルのポールを持ってみえました。
グリップにスクレイパーが付いているのが便利そうだったので、例によって自分で付けてみました。
要らなくなったスクレイパーを切ってスーパーボンドとアルミビスで固定しただけです。
歩きながらスキーに載って氷りついた雪もこそげれるし、シール張替のときエッジやシールの氷も取れるので、なかなか便利ですよ。

e0064783_21520673.jpg






[PR]

by s_space_s | 2017-03-14 17:34 | ガイド | Trackback | Comments(0)