blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ

タグ:長良川 ( 7 ) タグの人気記事


2015年 07月 22日

長良川・木曽川堤防道路サイクリング

7月後半の3連休、足の調子が悪かったので、家で読書三昧してました。
3日目は晴天。
村上春樹の初期の短編集など再読していて、このいい天気に、年上の人妻と寝て彼女が泣いて云々とか読んでる場合ではないと思いたち、急遽サイクリングに出かけることにしました。

読書以外にも通勤用自転車の修理とか庭にピザ窯を作る準備とかすることはありましたが、出かけたくなったらどうしようもなく、1時間で準備して11時前に家を出ました。

目指すは長良川の河口です。
往復120㎞ちょっとかな。

まずは、通いなれた道で長良川左岸に出て、下流に向かいました。
長良橋下の川原町の街並みも、炎天下に人影まばら。
e0064783_21251130.jpg
忠節橋から河渡橋までの左岸道路は日曜・休日の昼間は自動車進入禁止のため、のんびり走れます。
合渡橋過ぎても、右岸の車びゅんびゅんの道に比べ自動車が少なく、サイクリング向きです。
e0064783_21252348.jpg
羽島市の南端、桑原輪中の南で長良川と木曽川が合流します。
正確には堰堤を挟んで並行して南へ流れるようになります。
その地点に大正12年に建てられた「三川分流の碑」があります。
この三川とは木曽川、長良川、揖斐川の総称で、過去、合流・分流を繰り返し、そのたびに水害を引き起こしていました。
三川分流の治水工事は、オランダ人技師デ・レーケの計画により、明治20年(1887)に着工、明治45年(1912)に完成しました。
e0064783_21253924.jpg
石碑からすぐ南の地点に、ゲートがあり、木曽川・長良川間の堤防道路は、ずっと南の木曽三川公園手前まで、自動車進入禁止になっていました。
e0064783_21263813.jpg
景色もいいし、自動車も来ないので、サイクリング天国みたいな道路です。
ロードレーサーが沢山走っていました。
e0064783_21254976.jpg
木曽川側には、こんな感じの突堤が多い。
シジミ?を採っている人がけっこういました。
午後になると海風が強くなり、しんどくなってきました。
e0064783_21263863.jpg
伊勢湾岸道路
e0064783_21254990.jpg
ホワイトサイクロンから歓声と悲鳴が
e0064783_21260756.jpg
木曽川河口の導流堤
これもデ・レーケの設計で、明治23年(1890年)竣工
e0064783_21260708.jpg
伊勢湾台風の水位(上)と現在の満潮位(下)
e0064783_21260751.jpg
長良川河口堰、左岸魚道
e0064783_21260788.jpg
魚道観察窓口
e0064783_21260774.jpg
帰りも「三川分流の碑」まで中間堤防道路を走りました。
帰りは、追い風です~いすい。
途中で、インラインスケートのトレーニング中のおじさんに追いつきました。
ホイールが普通のやつの2倍はあろうかと思われ、スピード競技用だと思いました。
一声かけて追い越してから、しばらくすると、なんと追いついてきて後ろにぴたりと付かれました。

走りながら、しばらく話をして、こんどは「お先に」と言って、40㎞/hぐらいのスピードで追い抜いて行きました。
かなりの年輩(他人のことは言えませんが)とお見受けしましたが、大腿の筋肉がスピードスケーターのそれでした。
e0064783_21254943.jpg
東海大橋手前で休んでいるおじさんに声をかけて別れました。

木曽川合流点からは長良川と別れ、木曽川右岸道路を走ります。
笠松に近づくと車が多くて、走りを楽しむというより、黙々と苦行に励むという感じです。
こういうのも悪くない。

夕方、笠松競馬場を通りかかり、厩舎周辺の様子を見てみたかったので、寄ってみました。
敷地に入っていくと、門番の守衛さんに見とがめられました。
「○×▽□・・・?」
何を言っても無駄と感じる、コミュニケーションの断絶に諦めて、脇道からレースの終わったひと気のない砂場のコースを見るだけにしました。
e0064783_21263848.jpg
あとは金華山を目印にして走るのみ。
赤のれんに捕まるのをぐっとこらえて、家に向かいました。





[PR]

by s_space_s | 2015-07-22 21:44 | 自転車 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 20日

ああ~今年も夏が来た♪

川遊びすると、今年も夏が来たのを実感できます。
岐阜市内を流れる長良川の藍川橋から長良橋まで、遊びながら下りました。
参加の皆さんはスタッフ入れずに17名。
Eボート2艇で下りました。

山田川のワンドで河童の川流れ
e0064783_20170724.jpg
わしの艇には3人のお父さんが集まったので、推進力が抜群で楽でした。
e0064783_20171790.jpg
古津のワンドで飛び込み大会
e0064783_20172339.jpg
いつもの光景
e0064783_20173151.jpg
良さんの報告





[PR]

by s_space_s | 2015-07-20 20:29 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 26日

長良川川下り

9月20日の川下りは小学校の運動会シーズンとバッティングしたこともあり、参加が子供3人と少々寂しかったです。
川の状態は渇水のため、水垢が石にべっとり付いて気持ちが悪いほどでした。
けど流れが遅いので、漕ぎ手が少ないボートに都合が良かった。
長良橋からスタートし小紅の渡しまで遊びながらのんびり下りました。

金華山をバックに。
瀬張り網もこの渇水では意味ないのでは。
e0064783_21521541.jpg
こういうとこはやっぱり気持ちがいい

e0064783_21521594.jpg
懐かしい忠節橋(北高だったので。)
e0064783_21521572.jpg


忠節橋で良さんに船頭を交替して、小紅の渡し上流の水門まで車を廻しました。
流れが遅いので、ボートはなかなか見えてきません。
テトラブロックに座って、うつらうつらしたり、群れている小魚を眺めたりしながら気長に待ちました。

子供達が到着し、好きなように遊びます。
このあたりで、スナヤツメやマシジミなど珍しい生物を観察することができました。

e0064783_21521535.jpg
昔、石徹白ネイチャースキーで一緒にお手伝いしたことがある「けんぼう」が長良川の船頭を始めたと良さんから聞きました。
結の舟
川遊びの達人(今はプロの漁師)なので、また話をきかせてもらいたいと思います。




[PR]

by s_space_s | 2014-09-26 12:51 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 17日

神明神社の川祭り

7月16日(火)
朝、長良鵜飼屋の神明神社の前を通りかかると、幟を上げたり提灯を下げたり、祭りの準備をしているようでした。
仕事帰り7時半頃、近くを自転車で走っていると、盆踊りのお囃子が流れてくるのが聞こえました。
完全に忘れていた、神明神社のことを思い出しました。
少し戻って神明神社の前まで行ってみると、やっぱりお祭りでした。
e0064783_154045100.jpg

いつも長良川で遊ばせていただいているので、お参りさせていただきました。
鳥居の前で法被を羽織った地元のおじちゃんに声をかけられました。

もう暫くすると鵜飼船が一艘ずつ神社の前まで来て、川の上からお参りをするのだそうです。
面白そうなので、道ばたのコンクリの杭に一緒に座って鵜飼い船を待つことにしました。
川風が吹いて、とても気持ちがいい夜です。

待ちながら、ぽつりぽつりですがおじちゃんの話を聞きました。

昔は・・・
川沿いに出店が並んで楽しかったこと
川祭りが終わらないと川遊びは禁止されていて、子供はこの日が待ち遠しかったこと
川祭りのときは観覧船は出ず、鵜飼船だけでお参りをしたこと
(この日は沢山の観覧船が出ていました。)

岸辺に鳥居と三重の塔の形に提灯を飾った2艘の船が浮かんでいます。
鳥居船がなぜか川上の石金(ホテル)の前に留まっていて、神社の前に来ないのがおじちゃんには不満のようでした。
通りかかった別のおじちゃんとの立ち話を聞いていると、町内の男手が高齢化していて祭の準備が大変みたい。
鵜匠の○○さんは昼の参拝では裸足やったけど、足が痛いので鵜飼のときは(見えないから)長靴を履いているなんて話も。

やっと総がらみが終わって鵜飼船が神社のほうへ流れてきました。
e0064783_1541106.jpg

順番に留まってお参りするかと思ったら案外するっと通り過ぎて拍子抜けでした。
そのとき、川上でいつもより豪華な花火が上がりました。

おじちゃんに挨拶して、川風を受けながら自転車を漕いで帰りました。
[PR]

by s_space_s | 2013-07-17 19:33 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 01日

座席防水シート

日曜日にエヌエスネットの良さんと長良川の川下りのガイドをしてきました。
藍川橋がスタートでしたが、ご覧のとおりかなりの増水。
いつもなら川幅の半分以上出ている河原が今日は水の下です。
e0064783_21534867.jpg

良さんは受付のため下流の集合場所に移動したので、ぼちぼち2艇の空気を入れました。
天気は快晴で、むちゃくちゃ暑いので、熱中症にならないよう川に入りながら作業しました。
e0064783_21535729.jpg

今日のグループはボーイスカウトの子供たちです。
天竜川で事故があったばかりというわけでもないですが、PFDのチェック、落ちた場合のディフェンシブ・スイミング・ポジションなどの説明をしっかり行いました。(毎回セーフティートークはきちんとやってます。)

さて出発。
まずは山田川のワンドで遊んでから、千鳥橋下流に上陸してお昼にしました。
ここはバーベキューなどを楽しむ人で賑わっていました。(目のやり場に困ることも。)
飯のあと、子供たちと増水した岸辺でガサガサをやっていたら、こんな魚が採れました。
ギギです。
e0064783_21541038.jpg

ナマズとサメのあいのこみたいで面白い魚です。
ネコギギなら絶滅危惧種にも指定されていますが、きちんと同定するのは難しいようです。
e0064783_21542144.jpg

あとは古津のワンドで跳び込み大会。
e0064783_21543194.jpg

好きな子は何回も跳び込んでいました。
すっごく濁ってます。
e0064783_21545121.jpg

今日は花火大会で、鵜飼広場下に上陸できず、護国神社側に上陸して終了しました。
警備の方からすぐに撤収するように言われたので、慌ただしく艇をたたんで、良さんのXトレイルに積み込んで、駐車場で閉会のご挨拶をして帰りました。
みんな、また遊ぼうね!

この後の片づけがいつも大変なのです。

というわけで、ここからが本題。
移動のために濡れた服のまま車に乗り込むことも多いのですが、ビニールシートをいちいち敷くのも面倒なので、ODSSのツアーでやっているのを参考にして、座席防水シートを作ってみました。
材料はスキーを買ったときやチューンナップに出したときに被せてある長いビニール袋。
この袋のサイドをハサミで切って広げます。
e0064783_2155453.jpg

ミソは、片方の端に本結びでわっかを作ること。
ここをシートのヘッドレストに掛けます。
e0064783_2156876.jpg

折りたたんで車に積んでおけば、さっとシートに掛けられて、非常に便利です。
釣りや沢でも使える場面があるかも。

お試しあれ。
[PR]

by s_space_s | 2011-09-01 07:30 | 自然 | Trackback | Comments(2)
2009年 10月 09日

長良川の川下り

NSネットで川下りと自然観察をしてきました。

9月26日(土)晴れ

朝、長良川温泉の鵜飼ひろばに集合。
参加の皆さんは、子供6人、親さん2人。
梶さんとわしが船頭、良さんとホリベさんが陸上サポートの分担です。

Eボートを組み立て、PFDをチェックして講師の梶さんのセーフティトークが済んだら出発です。
e0064783_16211747.jpg

水量は少ないが深いところでも底石まで見えるくらい澄んでいます(後で落ちがあるんですけど)。
e0064783_16212943.jpg

出発して暫くすると、子供達から「飛び込んでもいい?」
わし「梶さんがいいって言ったら」
このやり取りが何回か繰り返されたあと、梶さんからOKサインが出た!
バシャーン
もうどうにも止まらない♪
e0064783_16213942.jpg

この辺りを下るのに大事なのが鮎釣りの方や網の漁師さんへの大きな声のご挨拶。
子供達が「こんにちはー!通らせていただきますー。」と挨拶すると、皆さん笑顔で通していただけました。

忠節橋まで順調に下り、河原で魚や水棲昆虫の観察をしました。
e0064783_16214834.jpg

網に入るのはヨシノボリが多かった。
よく調べればヨシノボリでもいろいろ種類があるのでしょうが、子供にはまとめてヨシノボリでOK。
あと、スジエビ、ニゴイの稚魚、シマドジョウなど。
外来魚は捕れませんでした。
e0064783_16215846.jpg

橋の下でお弁当を食べて、のんびりしてから、出発。
ここから下流は、浅瀬でスタックしたり、午後になると恒例の向かい風が吹いたりで、なかなか思うように進めません。
堤防の上から見ていたホリベさん曰く
「あっち行ったりこっち行ったり、酔っぱらいみたいやった。」

河渡橋上流の上陸地点付近で、次は、動物の足跡探しをしました。
e0064783_16221561.jpg

砂の岸辺にはヌートリアの糞がたくさん転がっていました。
嗅いでみると馬糞と似ていて、草の醗酵したいい臭いでした。
e0064783_16222697.jpg

砂に残ったいろんな足跡を観察して、石膏で型を取る足跡を選びます。
アライグマ、タヌキ、ヌートリアなど。その他種類は分かりませんが鳥の足跡がいっぱい。
気に入ったのが見つかったら、厚紙で作った枠を置きます。
e0064783_16223665.jpg

梶さんが、なにやら一生懸命写真を撮っています。
e0064783_16225094.jpg

バイカモの花でした。
e0064783_16232221.jpg

枠に溶かした石膏を流し込み20分ぐらいで固まったものをそれぞれお土産に持って帰りました。
砂が着いてよく足形が分かりませんが、よく乾燥させてから、砂を洗い落とすとタヌキの足形が浮き出ました。
e0064783_16233522.jpg

今日はここで終了。
最後に参加した皆さんから振り返りのコメントをいただき、梶さんの纏めで解散となりました。

梶さんのお話の中で、木曽三川の中で長良川の大腸菌が一番多いというのは意外でした。
流域に人口が多く、下水があまり普及していないからだそうです。
子供達には、家に帰ったらうがいと体を洗うようにいいましたが、梶さんは
「まあ、ちょっとお腹が痛くなるだけやでどってことない。」
と大らかなもの。

なにはともあれ子供達と川で遊ぶのは、理屈抜きに楽しいことです。

NSネットの公式報告
[PR]

by s_space_s | 2009-10-09 23:45 | 自然 | Trackback | Comments(0)
2006年 08月 15日

長良川下り

8月13日にボランティアでなくてうちの坊主2人と娘を連れて長良川を下りました。
使用した艇はインフレータブルカヤックというよりEボートの2人乗り。

More
[PR]

by s_space_s | 2006-08-15 22:04 | 自然 | Trackback | Comments(0)