blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 21日

最近読んだ本(死者の奢り、戦後短編小説再発見「表現の冒険」)

★死者の奢り(再読)
文体云々ではなく、描こうとしているイメージ世界がすごい。
そして、それが読む者にリアルに伝わってくる。天才だ!
セリーヌの「夜の果てへの旅」を大江が「ロバンソン小説」と呼んでいるという評論があり、読んだことがあるような気がして本棚を探したが、この短編集しか見つからなかった。
それは「さようなら、私の本よ!」という読んだことのない小説であった。

大江健三郎著 新潮文庫

★戦後短編小説再発見「表現の冒険」(再読)
これも、本棚を漁っていて、また読みたくなって引っ張り出してきたもの。
テーマではなく表現方法に冒険的要素のある短編を集めたもの。
学生の頃、日本のSFを好んで読んでいたので、筒井康隆「遠い座敷」や半村良「箪笥」は懐かしい気がした。
稲垣足穂「澄江堂河童談義」の雰囲気と後門愛的な内容に興味を覚え、「一千一秒物語」を古本屋で買って今、楽しんでいる。
ちなみに「河童」は芥川のこと。

講談社文芸文庫

並行して読んでいる本
★東西不思議物語 澁澤 龍彦
★スプートニクの恋人 村上春樹





[PR]

# by s_space_s | 2018-08-21 08:29 | 読書 | Comments(0)
2018年 08月 20日

君はリンゴを握りつぶせるか!

握力強化のトレーニング器具としてパワーボールなるものを購入した。
やってみると最も力を付けたい前腕屈筋群にあまり効いてこず、クライミングにはあまり効果がないようだ。
けど、長い竿を扱い伸筋群を酷使する提灯釣りの毛ばりにはいいみたい。
これでトレーニングすれば、乗鞍青年の家のK氏のような、ビシ~!と音のする合わせができるようになるであろう。

コマのように紐を巻き付けてスタートするタイプとゼンマイ式のスターターが付いたタイプがある。
ゼンマイ式のほうが断然、使いかってがよい。
取説やyoutubeの紹介ではネジを巻くのに両手の親指を使っている。
けど、ちょっと考えればわかるように、昔のチョロQ式でテーブルや床にボールを当てて、抵抗のあるほうに引けば片手で巻くことができる。
こうやれば、2個買って両手同時にトレーニングもできる。かもね。

e0064783_19011929.jpg
パワーボールを上手く回すにはちょっとコツが要って、お盆に親戚の子供達を手なずけるのには役立った。
小さな子供にはチョロQみたいに走らせると、R2-D2みたいで受ける。かもね。




[PR]

# by s_space_s | 2018-08-20 15:07 | 日常 | Comments(0)
2018年 08月 19日

山抜け

続・百山百渓の100番目に紹介されているのが、板取の滝波谷である。
わしもこの記録を参考に1992年5月に谷を遡行し滝波山を登った。
源流は、いわゆる癒し系の自然の残る谷であり、山頂までヤブ漕ぎなしで突き上げていた。

この谷が7月の豪雨で完全に土砂で埋まってしまった。
大滝の落ち口には今も白濁した水が流れ込んでいる。
e0064783_19013691.jpg
谷は土砂で埋まり、溜まっている砂や泥もまだ固まってなくて、泥沼のようである。

e0064783_19012927.jpg
支流には自然の堰止湖が出来ていたりする。
規模は小さいので、本流の土砂の流出とともに消失すると思われる。
e0064783_19012470.jpg
泥のゴルジュを遡行してみる。
何時崩れてくるかわからないのでひやひやものである。
e0064783_19011568.jpg

何本も大木がなぎ倒されている。
この大トチも倒れるのは時間の問題だろう。
写真では分からないが、幹のかなり高いところまで泥が付いていて、川床から10m以上の水位があったことが分かる。
e0064783_19011034.jpg
下の写真は林野庁のヘリ調査の画像である。
左にあるのは林道延長によって行われた伐採・植林斜面で、今回の山腹崩壊は人為的なものではなかったようだ。
この谷の回復に、どれほどの年月がかかるのか想像もつかない。


e0064783_19010243.jpg
滝波谷沿いに上穴馬村に抜ける山道があって、滝波山の東の白木峠を越えていた。
今回大滝右岸に、部分的に抜けているが、明瞭な道が残っているのが確認できた。

延々と続く泥ゴルジュに、滝波山は諦めざるをえなかった。
林道に上がり車まで戻った。
いつもは澄んでいる板取川本流が、雨も降っていないのに白濁し続けているのを見ながら車を走らせた。



[PR]

# by s_space_s | 2018-08-19 20:06 | 自然 | Comments(0)
2018年 08月 17日

横谷〜大ダワ〜バイクランド右岸支流

【山域】奥美濃
【場所】坂内 大ダワ1067.5m
【日時】2018年8月15日(水)
【コース】坂内バイクランド~横谷~大ダワ~バイクランド右岸支流~バイクランド
【メンバー】ヤマダさん(日本山岳会岐阜支部)、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】曇り
【タイム】バイクランド8:30 大ダワ12:50~13:10 バイクランド15:00

ルート図(クリックしてね)
e0064783_20584053.jpg
ほんとうは、そろそろフリーをやろうと思っていたのです。
けど、天気がすっきりしないので、ヤマダさんと相談してお手頃な沢へ行くことにしました。
この沢の源流はtsutomuさんやmasaさんの記録で癒し系のいいところらしい。

昨年2月に大ダワの北面を滑っていて、その素晴らしい斜面がちょうど横谷の源頭でした。
登っていて気が付きました。
季節を変えて、また行ってみたいところです。


坂内川は干上がって水溜りになってました。
奥にあるのが横谷出合いの堰堤。
e0064783_20594441.jpg
最初は藪沢の感じでしたが、そのうち小滝がぽんぽんと出てきて、気持ちがいい。
e0064783_20592643.jpg
6m滝は右壁を登ってみました。

e0064783_21002672.jpg
沢がクランク状に曲がった先に滝が現れる。
e0064783_20592707.jpg
なんとなく登れそうなので、ラインを読んでいると、ヤマダさんが取り付いて・・・。
ハイステップで足を切るというジム的なムーブで登ってしまいました~。
わしにはあんなムーブ無理!
ロープを出してもらい、クラシックなムーブでフォローしました。

e0064783_21000064.jpg
この滝の上は、サワグルミの多い平流で、まさしく癒し渓。
左右の斜面はトチやブナの自然林です。
横谷通して植林は見かけませんでした。

H870mの二俣は、先のお二人は右をとっています。
が、左俣のほうが水量が多いし、10m滝が美味しそう。
三角点を狙うにもほとんど遠回りでないので、歓声を上げてシャワークライムしました。
e0064783_21005922.jpg
Goood!
e0064783_20593592.jpg
源頭の最初の一滴は湧水でした。
e0064783_20593558.jpg
右の中間尾根に乗ってから、コンパス直進で三角点を狙いました。
三角点で収束するので、ときどきコールでお互い位置を確認しながら、それぞれのタクティクスで前進します。
わしはピンポイント狙い、ヤマダさんは左エイミングオフ
地形的には後者が確実だと思いますが、現実は南のエッジに出てから西に進むラインが激藪で、結果的にわしのほうが少し早く着きました。

道標もマーキングもない三角点
e0064783_20593510.jpg
ツノハシバミの実がなっていました。
e0064783_20592766.jpg
下降は最短ルートで、バイクランドに降りている沢としました。
コンパス直進で大ダワの石灰岩大地を横切ります。
地図に表れない大きなドリーネが複数出てきて、惑わされました。

下降に入ってからは恐ろしい急傾斜。
シカの食害が進んでブッシュがなくなったら、とても降りれないところです。
夏毛のノウサギをみました。
アオバトが遠くでオカリナを吹いています。
e0064783_20594494.jpg
古い石組み堰堤がいくつもありました。
一か所、滝場もありました。
地形図にある堰堤に出て、やっと一息。
e0064783_20594430.jpg
バイクランド手前の尾根に見覚えのある十字架
e0064783_21000083.jpg
坂内の道の駅で食べたソフトクリームがバカうま。




[PR]

# by s_space_s | 2018-08-17 17:18 | 山登り | Comments(3)
2018年 08月 17日

鉢植えからキノコ

「なに、これ、かわい~!」
かみさんに呼ばれて庭に出てみると、鉢植えから黄色いダルマのようなキノコが出てました。
e0064783_20585406.jpg
翌日には、もう傘が開きました。
e0064783_20573345.jpg
e0064783_20562043.jpg
見た感じはカラカサタケの仲間みたいです。

図鑑で調べてみると、コガネキヌカラカサタケというキノコでした。
食毒不明となっていましたが、食べてる人がいるようです。

熱帯系のキノコだそうで、この猛暑で我が家にも出るようになったんですね。




[PR]

# by s_space_s | 2018-08-17 12:48 | 山菜・きのこ | Comments(0)
2018年 08月 14日

夏休み源流男キャンプ(北アルプス)

毎年、恒例の源流キャンプですが、いつものメンバーのコザエモンさん、イシハラさんの都合が合いませんでした。
今回は初めて、岐阜登高会のK先生と2人で行ってきました。
北アルプスの山越えした谷の支流です。

林道の入口に着いたら結構雨が降っていて、少しテンション下がり気味。
午後には上がるだろうという楽観的な予測でカッパも着ず歩き始めました。
林道は予定より手前で廃道化していて沢を詰めました。

尾根に上がると、トウヒ、シラビソの原生林でいい感じ。
e0064783_13230548.jpg
下降した沢は、地形図から予想していたのとは違い、ナメが非常に発達した沢で、驚きました。

e0064783_13240951.jpg
上部は凝灰岩や砂岩、下部は礫岩の珍しいナメ滝が連続して、本流まで楽しく下りました。
K先生は世界を股にかける地学の研究者。
面白いものがあるたびに解説していただきました。
e0064783_13175931.jpg
ほぼ、ナメ床とナメ滝の連続と言っても大げさではない。
e0064783_13230542.jpg
中流の魚止滝。お釜には大きな魚影が。
e0064783_13261686.jpg
花崗岩などの詰まった礫岩の滝は、ホールド豊富
e0064783_13121287.jpg
お昼に本流に着き、テンカラを振ってみました。
ノーヒット。


e0064783_13121238.jpg
手取層の植物化石
e0064783_13264737.jpg
目的の沢の出合から竿を出して登りました。

e0064783_13273031.jpg
すぐに様子がおかしいのに気が付きました。
この時期、開きだしに定位するはずの魚影が見られず、たまに岩陰からアタックしてくるイワナの出方がアマゴみたいです。
これを誘い出して、かつ、フッキングするのは少し難しかったかも。

e0064783_13274304.jpg
掛かる岩魚は良い型です。

e0064783_13270134.jpg
中流部まで来て、謎が解けました。
こうなったら、竿を畳んでキャンプ地を探したほうがいい。
少し登ると、山側がなだらかな砂地のあるいいとこを見つけました。

K先生はもう少し釣りたいということで、わしはウイスキーをやりながら、ぼちぼちキャンプの準備にかかります。
暫くしてK先生が良い型のイワナを2匹追加して下ってきました。
本日の釣果は十分すぎる8匹。

フィールドで焚火をしたいので世界の山へ地質調査に入るという先生の、年季の入ったひょっとこ姿。
北極圏から南極圏までいってみえます。
南極観測隊の大先輩でもあります。

e0064783_13254403.jpg
カワネズミがちょろちょろ歩き回っていました。
すぐ上流をカモシカが渡っていきました。
塩焼きがいい感じになってきました。
e0064783_13252669.jpg
本日のお品書き
岩魚の塩焼き、ムニエル、刺身、胃袋のオリーブ焼き、焼きなす、茹でオクラ、オクラのホイル焼き、茹でフランクフルト、ばくだん、飯盒の飯・・・
ビール、ウイスキー、ウオッカ
e0064783_13241082.jpg
キャンプの朝
e0064783_13183310.jpg
茄子と玉ねぎと岩魚の味噌汁、おこげご飯を入れて食べたら美味かった。

e0064783_13184695.jpg
予想どおり、岩魚も少しリセットされ、食いが良い。

e0064783_13121132.jpg
どんどん、魚籠が重くなっていく。

e0064783_13121143.jpg
ポイントが小さくなってきたところで納竿

e0064783_13172455.jpg
岩魚のアパート「みずなら荘」健在

e0064783_13121275.jpg
また、山越えして戻ります。

e0064783_13121200.jpg

心配なのが、せっかく持って帰ったイワナの鮮度。
K先生が急がれるので、付いて行くのが大変でした。
水流があるたびに冷やして車まで戻りました。

e0064783_13180510.jpg
最後に、地図も見ないで沢を下っていて、駐車した所より下りすぎ、タイムロス。
クーラーボックスに谷の水を満タンにして、岩魚を入れて帰路につきました。
東海北陸が2か所で事故渋滞、下道も土砂降りの雷雨で焦りましたが、家まで持ちました。


K先生から送っていただいた写真。岩魚がでかくない?

e0064783_13121101.jpg
何度でも行きたいところです。



[PR]

# by s_space_s | 2018-08-14 15:11 | 釣り | Comments(0)
2018年 08月 06日

夏山JOY(双六・槍)

猛暑の岐阜から逃れ、涼しい北アルプスに行ってきました。
コースは新穂高~鏡平~双六~槍~槍平~新穂高です。
岐阜へ戻ってきたら、吸った空気が熱かった。


鏡池。残念ながら穂高は雲の中。
e0064783_20323002.jpg
双六のテン場

e0064783_20323083.jpg
ハクサン・・・。
e0064783_20323010.jpg
朝飯前にご来光を拝みに双六に登りました。
e0064783_20355637.jpg
アサ~!by ムジ鳥

e0064783_20355632.jpg
小槍と槍
e0064783_20355613.jpg
ひえ~!〇〇が縮む。
e0064783_20355508.jpg
飛騨沢を下りました。
e0064783_20365514.jpg
帰りに丹生川の蕎麦屋「明郷」に寄りました。
乗鞍青年の家からこのあたりに滑って降りる山スキールートがあることを、高山の都竹師匠から聞いたことがありました。
国道まで降りてきて、蕎麦を食ってバスで帰るという話だったので、美味いですかと訊くと、「それほどでも」という返事。
20年ほど前のことです。
以来、この店の前を通るたびに気になっていました。

それで、お味のほうはどうだったかと言うと・・・。
師匠の評価はいつものように辛口だったみたいです。




[PR]

# by s_space_s | 2018-08-06 13:01 | ガイド | Comments(0)
2018年 07月 30日

星飛雄馬のひげ?

最近、あることが気になってます。
「巨人の星」の星飛雄馬のほっぺにあるドラえもんのひげみたいな三本線です。
画像検索で確認してみると、大人になってからはありませんでした。
あれは何だったのでしょうか?
赤いほっぺの意味?

話変わって「半分、青い。」の鈴愛って可愛いですね。
彼女を観ていると星飛雄馬を思い出すのは、なんでだろう。




[PR]

# by s_space_s | 2018-07-30 17:30 | あほばなし | Comments(0)
2018年 07月 30日

山越えしてアマゴの谷へ

コザエモンさんとの源流キャンプが中止になったけど、土曜日なら、まだ台風の影響がなさそう。
前から行ってみたかった、郡上の谷へ行ってきました。
この谷は、本谷の出合いまで行く道がないので、稜線から藪尾根を下降して中流部へ降りました。

尾根が複雑で予定の尾根を1本外してしまいました。
途中で気づいてリカバリーできたので、予定の地点には降りれました。
けど悔しい。

降りてみたら案外滝が多くて、中流部はドキドキものでした。
e0064783_06150393.jpg
予想どおりアマゴの谷でした。

e0064783_06142093.jpg
水がちょろちょろになる最源流まで魚がいることがわかったので、読図のリベンジも兼ねてまた行こうと思います。

中流の滝つぼで毛鉤をふっていたら、すぐ横の斜面で物音がしました。
顔を上げると、1mほどのところにある穴から、イタチが顔を出していました。
しばらく、じっと見つめあっていましたが、穴に戻っていきました。
山奥でイタチを観るのは初めて。





[PR]

# by s_space_s | 2018-07-30 17:28 | 釣り | Comments(0)
2018年 07月 26日

ふう、酒過ぎた

コザエモンさんと7月末に源流キャンプに行く予定です(でした)。
その打合せを口実に、岐阜で飲みました。

くしびきで待ち合わせ、電話でもできる相談をした後は、いつものとおり。
カウンターで隣になったお客さんとそれぞれ別の話で盛り上がりました。
コザエモンさんは隣の席のおっちゃんが車好きで、外車の話。
わしは、常連のH先生と有毒植物や毒キノコの話をしてました。
トリカブトの汁を唇にちょっと付けてみたくなったりして。

一軒で終わるわけもなく、次は玉宮町のビアホール(店名)に行きました。
ここは昔、楽山荘があったとこで、ウナギの寝床みたいな所です。
グラスのビールを一杯ずつ買ってきて飲むスタイルです。
e0064783_10042231.jpg
当時の楽山荘の店長は先代の加納さん。
穴毛谷や明神岳のルート開拓で名をはせた岐阜登攀倶楽部の創始者です。
登攀具や山スキーの道具も結構マニアックなものが置いてありました。
ラープ、スカイフック、カッパーヘッドなんてのもここで初めて見ました。
お店に行くときは、道具を買うより、加納さんと話すのが目的という感じでした。

締めはダブル・サイダー
行くと大体ブルースハープのレコードをかけてくれます。
今夜はリトル・ウォルターの "Hate to See You Go"
e0064783_10042278.jpg
これ、絶対しらふじゃないですね。
ジャケ買いしたくなります。
歌もハープも素晴らしく、バーボンぐいぐい行けます。

I've got the key, to the highway
Feel Lord, I'm bound to go
I'm gonna leave here runnin' because
Walkin' is most too, slow

"Key To The Highway" はクラプトン(デレク&ザ・ドミノス)のやつが有名ですが、いろんなミュージシャンがカバーしてます。


肝心の源流キャンプのほうは、台風で流れそう。




[PR]

# by s_space_s | 2018-07-26 17:46 | 日常 | Comments(0)