人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 29日

金華山を眺めながら

通勤の経路はあまり変えないようにしている
というか,最短時間で楽に往復できるルート(それでも往復2時間かかる)
を採っているのでよほど暇なとき以外は変えられないのだ
毎日同じ道を走っているとなんとなく気になって見てしまうものがある

長良川のトンネル下の遊歩道を走るとき,川の水位
鯉を釣っているおじさん
サツキマスとシラメの時期にはルアーの釣人



潜っては魚を獲っている川鵜
竹藪のタラノキ
いつも一人で登校するちょっと丸い男の子

崖の上に立っている家の看板
LACOON?と書いてある
小学校向かいの家のもしゃもしゃの毛の犬

まだ開いていない床屋(名前が気になって)
鵜飼大橋の橋脚
二本ある胡桃の木

金華山
(長良川を挟んでしばらく眺めながら走る)
ホームレスのおじさんが住んでいた納涼台の水門

ジョギングコースにある靴のモニュメント
ずっと誰かの忘れ物だと思っていた

料理屋の水槽に入っているサザエやひらめ
廃屋になったアパートの窓
信号待ちのとき,フェンスから伸びているやぶがらし
動物病院の前に出してある白と黒の大きな鶏

板屋川の流れを見ながら橋を渡って新しい農道に入ると,
女子高生や男子生徒に気を取られながら柿畑を一走り
(5kmぐらいあるのだが,気になるものがない)で職場に着く

いつも苦労して歩いていた足の悪い男性を最近見ない

by s_space_s | 2005-09-29 19:26 | 自転車 | Comments(5)
Commented by ケンです at 2005-09-29 20:13 x
お久しぶりです 何があったのか心配してましたが 二本の胡桃とタラノキが目に入っていれば 大丈夫だなと思いましたヨ^^!
僕もあそこらを通る時はいつも気にしてます また機会があったら釣りでもやりましょう!
Commented by s_space_s at 2005-10-01 12:58
お見舞いありがとうございます
ケンさんに教えていただきたいことがあるんですが,以前に峠で飲んだとき話してみえたお勧めの本の題名を忘れてしまいました。
最近,結構読書をする時間が増えたので是非読んでみたいのです。
また教えてください。
Commented by ケン at 2005-10-01 21:15 x
峠で話した 本 ・・・ ん~ なんだったかなぁ~?

夢枕獏さんの「神々の山嶺」?開高健さんの「輝ける闇」?
たぶん文章のお話をしたと思うので「輝ける闇」だと思います。
また思い出したら コメントさせて頂きますね。
Commented by s_space_s at 2005-10-03 12:37
そんなにメジャーな作品ではなくて,古い本で,たしか釣の話が関係しているような内容でした。
Commented by ケン at 2005-10-03 19:55 x
ウォルトンの釣魚大全か A fishermans life の事でしょう。僕も釣りのノウハウ本はほとんど処分してしまって手元になく、記憶だけでお話してるので間違ってたらごめんなさい。ヘミングウェイの老人と海は確か既読されてましたね。


<< セロリ      花火屋の大将 >>