blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 19日

本のある幸せ

大学の英語教師リン先生が退職され、アメリカに帰られることになりました。
研究室にあるたくさんの本を全部持って帰ることはできないので、欲しい本があればあげると言われたので、お部屋にお邪魔して、アメリカの小説を中心に何冊かいただいてきました。
e0064783_13313626.jpg

こんだけあれば英語の本は当分不自由しないと思います。

Men Without Women : Hemingway これはすぐ読んでしまった
A Month of Sunday : John Updike
Short Stories By John Steinbeck
The Grass Harp and A Tree of Night : Truman Capote
Cimarron Rose : James Lee Burke
Fiction 100 : James H. Pickering  世界の短編100 カバーの絵はキリコ

Sacred Visions - Eerly Paintings from Central Tibet : The Metropolitan Museum of Art
曼荼羅は一つ一つの細部を見ていくといくらでも時間がつぶせます。
e0064783_12284412.jpg

今日は天気が良かったので、蔓がごちゃごちゃになっていたキウイの剪定もしました。
床屋に行ったみたい。
e0064783_1229031.jpg

[PR]

by s_space_s | 2011-02-19 13:42 | 読書 | Comments(2)
Commented by 篠崎 純一 at 2011-03-03 11:17 x
がおろさんお久しぶりです。洋書をすらすら読めるだけの英語力もお持ちとは、さすがただのオッちゃんとは違うと改めて思いました。それではまた何処かで。
Commented by s_space_s at 2011-03-04 13:10
どうも、どうも、先生お久しぶりです。
相変わらずの御活躍、MLで拝見しております。

英語の小説はとてもすらすら読めるレベルではなく、1冊読み始めるとかなり長期間楽しめます。
原文で読むと新たな発見があったりして、楽しいので読んどります。

まったりしたテレマークがしたいときがあったら、お誘い下さいませ。


<< サカエパンのアンパン      The Long Goodbye >>