blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 03日

東北支援活動

NS-netの北川さんから下記のメールが届きましたので、ここに掲載させていただきます。





//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ODSS,NS-net,JpSART中部 北川です。

大震災直後からRQ市民災害支援センターの活動を進めてきました。
現地の状況を見るべく、第十弾の弾丸支援ツアーを5月13日から3日間、29名の参加を得て気仙沼市唐桑地区で支援活動をしてきました。

避難施設など現地は、支援物資であふれていました。
一方的な支援の申し出にうんざりしている現地の姿もありました。

避難施設では、「ご支援ありがとうございます。」の言葉が印刷された、避難施設の代表者の名刺をもらいました。
支援慣れしている姿が悲しかったです。
炊き出しをした施設でお礼にとビールをたくさんもらいました。
うず高く積まれる支援物資、挨拶慣れた対応、すでに支援は「物ではなく人、心」に変わっていると感じました。

唐桑の人たちは、自慢であった美しい海岸線や美しく自然豊かな生活とは程遠い、ゴミにあふれた海岸線や街並みで生活することに悲しい思いをしていました。

普段の生活や友達から離された子ども達、楽しみだった魚を小舟で取ったりする生活を楽しめない年老いた男たちなど、まだまだ、普通の生活には程遠い姿がありました。

避難施設から仮設住宅や仕事を求めて遠くに引っ越す人も増えてきています。
皆さんの協力もあり、もう少しで清掃活動は終わると思います。

これから40日間でそれらの支援を終えようと考えています。

下記の要項で、現地支援を連続して行う計画を立てました。
現地には2名のコーディネーターを常駐してもらい、岐阜県のネットワークで支援を確実に実行していきます。
コーディネーターは、トヨタ白川郷自然學校とODSSエコツーリズム事業部から2名(各1名)のスタッフが交代で常駐して現地のニーズをくみ取り確実な支援をしていきます。
10回の機会を作りましたが、これ以外の日程でも自分の車ならいつでも出発・帰りが可能です。

(高速道路の無料申請や現地の受け入れなど当方で行います)

申し込みいただければ、さらに詳しい案内をメールします。
質問もお気軽にメールください。

夏休みは、東北の子どもたちのサマーキャンプ招待を300人規模で企画しています。
こちらは次回紹介します。

みんなができることを少しでもすれば、東北の復興や人々に安心できる時間を支援できます。
無理せず、持続的な支援が望まれます。
是非ご協力ください。

■期日
①平成23年6月11日(土)~6月18日(土) ②平成23年6月18日(土)~6月25日(土)
③平成23年6月23日(木)~6月25日(土) ④平成23年6月23日(木)~6月30日(木) 
⑤平成23年6月28日(火)~6月30日(木) ⑥平成23年6月28日(火)~7月5日(火) 
⑦平成23年7月3日(日)~7月5日(火)   ⑧平成23年7月3日(日)~7月11日(月)  
⑨平成23年7月9日(土)~7月11日(月)  ⑩平成23年7月9日(土)~7月15日(月)

--------------------------------------------------------------------------------
■集合場所
 道の駅「美濃にわか茶屋」(日程によって変更することがあります)
 ご要望により、集合場所は毎回調整することも可能です。
出発7時30分、帰着18時予定(出発日により異なります)
--------------------------------------------------------------------------------
■活動場所
〒988-0542
宮城県気仙沼市唐桑町中313-1
「海岸亭」内 RQ唐桑ボランティアセンター  連絡先:090-6064-3417
--------------------------------------------------------------------------------
■活動内容
  被災家屋や海岸沿いの掃除、避難所での炊き出しや家屋の掃除など
  (作業内容は被災地域のニーズにより日々変わりますので、あらかじめご了承願います。)
--------------------------------------------------------------------------------
■持ち物
・活動的な服装、作業用靴(長靴など)、作業用手袋、着替え、洗面具、食料、保険証、個人用薬品、
ヘルメット、マスク、テント、寝袋
  ※持ち物の詳細は参加申し込みをされた際にご連絡します。
  ※テント、寝袋をお持ちでない方はレンタルできます。
--------------------------------------------------------------------------------
■宿泊
  テント泊(観光ドライブインの駐車場の脇にて)
--------------------------------------------------------------------------------
■参加費・食事・お風呂
  往復3,000円の燃料代などをご負担下さい。
  朝食は、ご飯、味噌汁のも準備します。各自、おかずを持参ください。(冷蔵庫あり)
  昼食、夕食は付近で営業を始めた食堂などを利用して現地の自立支援します。
  地域の民家や民宿の支援で入ることもできます。
--------------------------------------------------------------------------------
■保険
  社会福祉協議会でボランティア活動保険に加入します。
  氏名、住所、年齢をお知らせください。
  1ケ年300円負担ください。
--------------------------------------------------------------------------------
■応募条件
心身ともに健康な方で、被災地での活動に意欲的な方。

e0064783_13294790.gif


--------------------------------------------------------------------------------
■申込締切
  各出発日の2日前まで、定員に達したら締めきります。
  (車両の提供があれば、定員は増やせます)

□支援金もよろしくお願いします。
支援いただいた資金は活動に生かさせていただきます。
往復の燃料代や現地での食費や通信費などに使います。

●活動支援金振込先
三菱東京UFJ銀行 岐阜支店
口座番号 1314998
口座名義 広域防災水難救助捜索支援機構 中部・東海広域基幹支部
[PR]

by s_space_s | 2011-06-03 13:32 | 日常 | Comments(0)


<< 静岡伊勢神明社の大クス      自己流について >>