blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 12日

越前旅行(その1:永平寺)

高速道路千円上限が最後となる土日。
今頃になってETCを付けたビッツを走らせ福井へ旅行に行きました。
1日目は永平寺へ。
お昼は門前町手前の蕎麦屋「雲粋」で越前蕎麦をいただきました。
e0064783_8175010.jpg

永平寺は曹洞宗の本山で2千人の「雲水」が修行してみえるそうです。
観光客のわしらは、その雰囲気をそっと覗かせていただきます。
e0064783_813411.jpg

大庫院(厨房)の前に掛かっていた大きな「すりこぎ」。
3回撫でると料理が上手になるそうです。
最近うちのご飯が美味しいわぁ。
e0064783_8135817.jpg

走り回ってお釈迦様のお食事のお世話をした韋駄天も奉られています。
「ご馳走」の謂われにもなっています。
お昼になると、風呂敷で包んだ鉢をいだないて、雲水が並んで出てみえました。

修行僧が入門のときと修業を終えて寺を出るときのみ通ることを許される山門。
続く参道には厳かな雰囲気が漂っています。
e0064783_814861.jpg

山門を守る四天王は最近きれいに塗り直されたようです。
踏みつけられている邪鬼たちの表情が面白い。

ほげ~。
e0064783_8142778.jpg

むにゅ。
e0064783_8144097.jpg

ぐぎっ。
e0064783_8145268.jpg

ふが~。
e0064783_81795.jpg

この多聞天の金剛棒に突かれている邪鬼が一番痛そうでした。

門前の杉並木に山頭火の句碑がありました。
e0064783_8152626.jpg

 てふてふひらひらいらかをこえた
[PR]

by s_space_s | 2011-07-12 17:51 | 巨木巡礼 | Comments(1)
Commented by 村石太マン at 2011-07-15 22:34 x
足元の邪鬼 初めて 見たかなぁ?鬼は 角が生えるとき 痛いのかなぁ?世界の黒沢監督のドリームで みたかなぁ?


<< 夏の昼下がり      蜂蜜 >>