blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 22日

滝登り

まっちゃんへ。

先日の滝登りについては、新聞の記事では名前が分からなかったのですが、なんとなくお会いしたことがある誰かだと思いました。
それで、検索してみると知った名前ばかりだったのはあまり驚きませんでしたが、ネット上でえらい騒ぎになっていることに吃驚しました。

いい壁なので登りたい気持ちは分かります。
けど、登ったらどういう結果になるか彼らが想像できなかったのかちょっと不思議です。
私も、片知渓谷のルート開拓や鬼岩公園でのクライミングで経験しましたが、信仰の対象になっている岩を登ることに対して地元住民が反感を持つことは容易に想像できます。

個人的には○○登山部みたいなアナーキーな自己表現は好きです。
しかし、あのような騒ぎになってしまったのでは、代償が大きすぎるし、地元や関係者の心情を害してまでやる必要はなかったのではと思います。
そこまでのリスクを引き受けるつもりであえて登りたいというパッションから実行したのであれば、私はその行為について善悪を語ることはできません。

機会があれば、彼らの気持ちを聴いてみたい。
ただ、彼らの仲間の登山活動に影響してこないか心配です。


先週、運動中に膝を痛めまして、当分家でおとなしくしています。
隣の空き家を購入し泊るところはいっぱいありますので、遊びに来てください。
[PR]

by s_space_s | 2012-07-22 20:41 | あほばなし | Comments(4)
Commented at 2012-07-23 01:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まっちゃん at 2012-07-30 06:12 x
この間は突然の訪問に対して歓迎頂きありがとうございました。
「何故滝に登るのか」への答えは人それぞれだとは思います。ただ、それに答えられるだけのちゃんとした回答を携えて山や滝に登るべきだと自戒を込めて考えました。
 今日は福井の海に海水浴に行ってきました。こんな時こそ沢登り、滝登りですね。行けるのはあと何年先でしょう?
Commented by s_space_s at 2012-07-30 23:02
こちらこそ楽しく飲ませていただき、ありがとうございます。
わしはその後、岡本太郎の「今日の芸術―時代を創造するのは誰か」を読みました。
そして、やはり、登りたいものは登るべきだと思いました。
Commented by まっちゃん at 2012-07-31 11:24 x
岡本太郎「今日の芸術」ですか。読んだけど忘れてまった。
何故登るのか、はたまた何故飲むのか。
そして、やはり、飲みたいものは飲むべきだと私も思いました。
今度はもっと濃い酒持って伺います。


<< 裏山きのこ      膝に矢が・・・ >>