人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 30日

太陽の塔

大阪モノレールの万博記念公園駅を出ると、広い自動車道を挟んで向の丘にそれは立っていた
ウルトラマンの怪獣みたい
というより、ウルトラマンに似ている
太陽の塔_e0064783_1048625.jpg

入場ゲートは、平日なのでお客もまばら
太陽の塔_e0064783_10481859.jpg

250円で入場券を購入し、ゲートをくぐると、目の前にデーン!
身長70m。ウルトラマンの40mより高いのだ
その大きさをイメージできる?
太陽の塔_e0064783_10501581.jpg

傷む足を引きずり、汗を拭きふき近づいていく
太陽の塔_e0064783_10485657.jpg

大きさは比較にならないけど、ヨセミテやバガブーの大岩壁を見上げたときに感じたのと同じ畏怖の念を覚える
太陽の塔_e0064783_1049775.jpg

首が痛くなるまで飽かず眺める
太陽の塔_e0064783_10491939.jpg

裏に廻ってみる

呪術的な雰囲気を放つ黒い太陽(過去を表す)
太陽の塔_e0064783_10503635.jpg

裏の広場を横断して振り返る
太陽の塔_e0064783_10504610.jpg

広場の片隅に万博開催中に設けられていた屋根の一部が記念として残されている
当時、太陽の塔の前後にある広場は大きな屋根で覆われていた
塔はその屋根を突き破る筍のようだった
太陽の塔_e0064783_10505628.jpg


大阪万博が開催された1970年

コンニチハ コンニチハ 世界の人が
コンニチハ コンニチハ 日本の国へ
1970年のコンニチハ

小学校4年だった僕は連れて行ってもらえなかった
ほんとは僕も行ってみたかった
月の石やアポロ宇宙船を見たかった
友達には「行かなかった」ことを自慢げに話していたけど

世間を斜(はす)から眺める性格はもうこのころから

万博の人ごみと喧騒の中で、10歳の僕はこの塔に何を感じただろうか
そして,こんなふうに再度訪れることがあっただろうか
今ここにある太陽の塔は、6400万人が参加したお祭りの最中とは別の顔をしているのかもしれない
どちらがいいとか悪いとかではなく



公園内にある国立民俗学博物館は、夏休み中、無料開放されています。
広大な展示スペースと、テーマ毎にたくさんの資料があり、1日いても,飽きないところです。

下の写真は日本全国のしめ縄の展示
太陽の塔_e0064783_1051562.jpg


by s_space_s | 2012-07-30 20:51 | 旅行 | Comments(0)


<< 目くばせ      曽我蕭白「雲龍図」 >>