人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 28日

OBLIVION(その2)

この映画についてSFに詳しい息子と話をしていて「なるへそ!」と思うことがありました。
ジャックのクローニングについてなのですが、息子によれば、そんな高等なテクノロジーを持った侵略者なら、細胞から培養するのでなくて、同位体を使ってコピーするそうな。
あくまで空想科学上の話ですが、そのやり方なら分子レベルまでまったく同じ構成の個体ができる。
赤ん坊から大きくするのではなく、いきなりジャックと同じものがポコンとできあがるイメージです。
その場合、脳内の電気的な状態も同じになるはずなので、記憶もコピーされるはずです。
その上で、テットは不要な記憶や都合の悪い記憶を消去したのではないでしょうか。

目の前に、見た目から記憶まで同じ人間が現れても、それは自分ではないですよね。
SFで人間を遠く離れた宇宙へ転送する話があります。
この場合、カット・アンド・ペーストみたいな感じで、分子構成をデータとして送って現場で再構成するとしたらどうなるでしょう。
再構成された個体は元の個体と全く同じ記憶を持っているはずです。
でも、それは自分ではない。
けど元の個体が消滅するようなシステムならどうか。
第三者から見たら、元の個体が移動したのと変わらないでしょう。
古いSF映画「ハエ男の恐怖」で使われていた電送も同じようなアイデアですね。

ここで、ある宗教のお話を思い出しました。
神が天国に選ばれた人々を蘇らせるというお話です。
天国に蘇った人たちは仮に現世の記憶があってもコピーなのではないか?
わしなんか地獄で蘇るのがおちでしょうが、今の自分とどういう繋がりがあるのでしょう。
たぶん、もっと霊的な問題が絡んでいるのです。


話はOBLIVIONに戻ります。
ジャック49号は自分が死んでも52号がその続きを生きてくれるのなら自分が生きているのと一緒と感じた。
それで「スカブ」たちに52号をあの渓谷へ連れて行ってくれるよう頼んでいったのかもしれません。

前回のお話

by s_space_s | 2013-06-28 17:25 | 映画 | Comments(0)


<< 白山転法輪岩窟踏査      人形のBWH >>