人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 01日

白山転法輪岩窟踏査

以前から気になっていた白山御前峰直下にある転法輪の岩窟を見にいってきました。
2年ほど前の雪のない時期に降り口を覗いたことがありました。
そのときは、登山の経験のないメンバーと一緒だったため、急な草付きの下降が危険と判断し戻りました。
今回は、大カンクラ雪渓を詰めて確実に岩窟を目指しました。
予想より右に回り込んだ、転法輪谷の源頭に岩窟はありました。

【山域】白山
【場所】大倉尾根、カンクラ雪渓
【日時】2013年6月30日(日)
【コース】大白川登山口~大倉尾根~カンクラ雪渓~転法輪岩窟~御前峰~室堂~大白川
【メンバー】こざえもんさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】はれ、ときどき霧
【ルート図】
オレンジが登ったライン(今回はこの写真よりブッシュが出ていた)
白山転法輪岩窟踏査_e0064783_9562167.jpg

向きを変えて見ると
白山転法輪岩窟踏査_e0064783_9582617.jpg


登山口でNSネットの良さんに合う。
大白川野営場開きとウォーキング大会で、顔なじみの方たちがけっこう来ているらしい。
白山の残雪を見てスキーを持ってくればよかったと残念しきりの良さんであった。

大倉尾根は花盛り。
白山転法輪岩窟踏査_e0064783_20184299.jpg白山転法輪岩窟踏査_e0064783_2019025.jpg白山転法輪岩窟踏査_e0064783_20193459.jpg

白山転法輪岩窟踏査_e0064783_2019507.jpg白山転法輪岩窟踏査_e0064783_2020956.jpg白山転法輪岩窟踏査_e0064783_202026100.jpg

室堂へ向かう登山道と別れ大カンクラ雪渓に降りる。
白山転法輪岩窟踏査_e0064783_2023226.jpg

御前峰正面はかなりの傾斜に見える(実際は40度ぐらい)。
白山転法輪岩窟踏査_e0064783_20233388.jpg

途中でアイゼン、ピッケルを出し、高度感のある斜面を登っていく。
白山転法輪岩窟踏査_e0064783_22191545.jpg

ピエ・トロワジェーム!
白山転法輪岩窟踏査_e0064783_20235274.jpg

登山道から観察して検討をつけていたバンドらしきところが見当たらず、上部で右手のブッシュ帯に入ってみる。
ここで、かなり後方を登っているこざえもんさんにその旨コールする。
かすかな踏み跡らしきものがあり、辿っていくとさらに右の雪渓に出る。
対岸が岩場になっており、回り込んだところに岩窟がありそうな雰囲気が漂っていた。
白山転法輪岩窟踏査_e0064783_2024279.jpg

雪渓をトラバースして岩場を回り込み雪の斜面を少し登ると、ありました!
白山転法輪岩窟踏査_e0064783_20244377.jpg

参考にした記録のときより更に崩壊が進んでいるようだ。
転法輪窟(その3) 白山神駈道風露草
現在は岩窟と呼べるような穴は残っておらず、大きな岩の庇が雨をしのぐ程度。
お地蔵様とお供えのワンカップが3本、歴史的な痕跡は見当たらない。
(詳細に調査したわけではありません。)
白山転法輪岩窟踏査_e0064783_20252357.jpg

石のうえに座ってこざえもんさんを待ちながら、のんびりする。
岩場のうえではイワウメの花が満開で、花びらが落ちてくる。
白山転法輪岩窟踏査_e0064783_20254413.jpg

30分ほど待つが来ないので、カンクラ雪渓まで戻ってみることにする。
岩場を回り込んだところでこざえもんさん登場。
コールが聞き取れずまっすぐ登ってしまったとのこと。
白山転法輪岩窟踏査_e0064783_20264310.jpg

もう一度岩窟に戻り記念撮影の後、中間の雪渓から頂上に向かう。
白山転法輪岩窟踏査_e0064783_2027568.jpg

お花を踏まないよう気をつけて登る。
白山転法輪岩窟踏査_e0064783_20272788.jpg白山転法輪岩窟踏査_e0064783_2027406.jpg

奥宮でお参りして登山者で一杯の御前峰を早々に退散。
白山転法輪岩窟踏査_e0064783_22192891.jpg


(追記)

「加賀白山伝記之事」に泰澄の白山開山に関する以下の記述があります。

同年(717年)六月白山の絶頂に登り、転法輪の岩室に入り緑の池に向ひて観念したまへは、池の中より九頭の龍王出現せり。大師これを御覧して、それは方便の示現なり。本地の真身にあらすと深く祈念したまへは、十一面観世音大慈大悲の玉体速にあらわれたまふ。

残念ながら、岩窟から翠ヶ池を見ることができるかを検証するのを忘れました。
方角的には厳しいのではないかと考えていますが、感得したということならば、実際に見えているかどうかは重要ではないのかも知れません。
次はここで一泊しがてら、確認したいと思います。

登山口6:50 避難小屋8:50 岩窟11:00~11:50 御前峰12:20 室堂12:40 登山口15:20 

by s_space_s | 2013-07-01 20:42 | 山登り | Comments(6)
Commented by taro at 2013-07-01 22:20 x
こんばんは、初めまして。
南極の話とかヒルバオ、カンクラの由来とか興味深く読ませてもらってます。
踏査の様子は昨日平瀬道から何してるんだろう?と眺めておりました。
なるほど、チャンスがあればみてみたいですね。
Commented by s_space_s at 2013-07-02 17:44
taroさま
ミンゴ先生とよくテレマーク行かれようで、貴ブログも拝見しております。
変なとこを登っているのを見られていたわけですね。お恥ずかしい。
岩窟は残雪期のほうが行きやすいみたいです。
また機会があればテレマーク教えてください。
Commented by みっちゃん at 2013-07-02 17:46 x
こんばんは(^^)

私が転法輪の窟を訪れたのは3年前の秋です
この雪のある時期に行かれたのはさすががおろさんですね!!
昨年の11月の雪のある時にも行ったのですが最後の急斜面のトラバースのところで怖くなって断念しました(^^;
またチャレンジしてみたいです。。

今年の残雪は多いみたいですね
Commented by s_space_s at 2013-07-02 23:02
みっちゃんさま(変ですか?)こんばんは。
以前、転法輪の岩窟のことを調べていて、ブログの記事を参考にさせていただきました。
山スキーはシーズンが終わりましたが、また機会があれば遊んでください。
Commented by kozaemon at 2013-07-03 01:08 x
アップ早いですね。じぇじぇじぇ。
Commented by s_space_s at 2013-07-03 12:23
じぇじぇじぇじぇじぇじぇ!


<< The art of living      OBLIVION(その2) >>