人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 07日

俵谷から小白山1609m

【山域】石徹白周辺
【場所】小白山(こはくさん、おじろみやま)
【日時】2013年10月6日(日)
【コース】俵谷林道入口~俵谷~小白山~俵谷~林道入口
【メンバー】いしはらさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】晴れ

以前から気になっていた石徹白川支流の俵谷から小白山を登りました。
ネット上の情報では林道が崩れて以前より時間がかかるということで、途中敗退のパーティーも多いようです。
実際は林道入口に駐車しても林道歩き自体が往復2時間、全体で9時間ちょっとで往復できるお手頃な沢でした。
ナメが素晴らしく滝も美しい気持ちのいい沢でした。
深いお釜も多いので泳げる時期に行くのがお薦めです。


石徹白経由で5時少し前に林道入口に着いた。
林道入口の路面が荒れ気味で、わしのビッツではその後が心配なので、林道には入らず、ここから歩くことにする。
1時間ちょっとで新しい堰堤の上に出て林道終点。
少し歩くとすぐにきれいな4m滝が出る。
なかなかいい雰囲気の谷である。
俵谷から小白山1609m_e0064783_02775.jpg

小滝を幾つか越えていくと、両岸が切り立ったスラブとなり、奥になにかありそうな気配がしてくる。
俵谷から小白山1609m_e0064783_022528.jpg

2段8m滝、滝場の始まり。(写真は下降時)
俵谷から小白山1609m_e0064783_032175.jpg

すぐに10mスラブ滝
俵谷から小白山1609m_e0064783_033440.jpg

美しいナメとお釜が続く
俵谷から小白山1609m_e0064783_034520.jpg

ムーブが面白い2m滝
俵谷から小白山1609m_e0064783_035684.jpg

前半滝場の最後、20mハング滝
俵谷から小白山1609m_e0064783_041052.jpg

ナメとお釜の優しい渓相となる。
俵谷から小白山1609m_e0064783_042755.jpg

泳いでみたりする。
俵谷から小白山1609m_e0064783_043957.jpg

12m逆くの字滝は右岸から巻く。
次の6mは快適なシャワークライミング。
俵谷から小白山1609m_e0064783_045785.jpg

その後は変化のないゴーロ歩きが続き、ちょっと飽きたころ紅葉で飾られた堰堤のような8m滝
俵谷から小白山1609m_e0064783_05926.jpg

詰めは少し左に取り過ぎた。
ナナカマドやヤマウルシの紅葉を楽しみながら藪漕ぎ。
俵谷から小白山1609m_e0064783_052116.jpg

10時前に頂上に着いてしまった。
俵谷から小白山1609m_e0064783_053225.jpg

隣の野伏はもちろん、白山まで展望がきく。

同じ谷を下降する。
時間があるので、キノコを探してみたり
俵谷から小白山1609m_e0064783_0554100.jpg

へつりを楽しんでみたり
俵谷から小白山1609m_e0064783_06656.jpg

岩陰に逃げ込んだ・・・を手づかみしてみたり

下部で2回懸垂下降する。
俵谷から小白山1609m_e0064783_061874.jpg


2時半に車に着き、復路は九頭竜経由で帰る。
おじい・オズボーンの"NO REST FOR THE WICKED"を聴きながら、快適なドライブ。
道が良くなったのでこっちのほうが早いかも。

タイム 林道入口5:10 林道終点(堰堤上)6:20 小白山9:50~10:10 堰堤上13:30
    林道入口14:30










by s_space_s | 2013-10-07 09:14 | 山登り | Comments(2)
Commented by Tsutomu at 2013-10-11 21:47 x
僕もずっと気になっていた沢でした。
日帰りで何とかなりそうですね。でも余裕を持ってテン泊で計画しようかな。
Commented by s_space_s at 2013-10-11 22:02
技術的に難しい所がないので、Tsutomuさんなら楽勝だと思いますが、沢のなかで1泊も楽しいと思います。


<< 見たくないものは見えない      あなたに似た人 "S... >>