人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 15日

姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降

【山域】伊吹北部
【場所】姉川支流 起し又川
【日時】2013年10月14日(月)
【コース】流起し又川左俣~笠岩~1180mピーク~右俣下降
【メンバー】わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】晴れ

ルート図(クリックしてね)
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_21571295.jpg


連休1日目と2日目は町内の運動会とその準備でつぶれました。
町内会の体育委員の支部長なので、ビックイベントが済んでほっとしています。
3日目はガイドの下見に行く予定でしたが、キャンセルになったので、近場に沢登りに行くことにしました。
急な予定変更だったので単独です。
気楽な沢歩き程度のつもりが、下降した谷が厳しすぎて、ぎりぎりの山行になってしまいました。
起し又川各支流には探せばまだまだ隠れた瀑流が隠れているようです。

笠岩はこのあたりで1つだけ突き出た花崗岩の露岩でなかなかのスケールです。
ロープと大きめのカムを持って行けば遊べそうですが、アプローチが半日ががりでは・・・。
(誰か行きたい人~?)

笠岩の詳しい情報はこちら


堰堤下に駐車して、左岸の遊歩道から堰堤を越えたとこで谷に入る。
二俣まではほぼ平坦でたまにナメ滝がある程度。
(右の岩に切り出そうとした跡が残っている。)
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22113434.jpg

最近雨が降っていない割に水量は豊富。
二俣から左俣に入る。

途中に石臼加工所跡
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22121990.jpg

姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22131477.jpg

二俣から滝が連続する。
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22134983.jpg
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_2214136.jpg

五色滝は傾斜がないのでどこでも登れそうだが、ぬめりが強く登れるラインは限られる。
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22142784.jpg
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22143730.jpg

五色滝の上はナメ天国
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_2215836.jpg
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22153211.jpg
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22154722.jpg

このチョックストン滝のある通らずは、まともに行ったらかなり困難
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_2216137.jpg

様子を見にH860mぐらいまで登ってみる。
少し戻って、H820mあたりの左岸支流に入り笠岩を目指す。
少し荒れた感じで倒木が目に付くが、滝が続き快適。
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22165657.jpg
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22171099.jpg

いくつか滝を越えると、20mのナメに5mの直爆が載った大滝登場。
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22172978.jpg

源流で谷は幾つかに枝分かれするが、左よりにルートを取る。
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22175045.jpg

上部に笠岩を捉える。
まだ落葉していない木々に囲まれて、全貌が把握しにくい。
木登りして、てっぺんに乗り移る
琵琶湖まで見渡せ、絶景である。
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22182859.jpg

周囲の森では熊でも歩いているのかバキバキと枝を折るような音が聞こえる。

笠岩をぐるっと回ってみる。

こんなOWや
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22185525.jpg

こんなスラブや
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22191666.jpg

こんなフレークや
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22195580.jpg

触ってみたが、渓流シューズではやっぱ無理。

地図を見て下降ルートを検討する。
同ルート下降はつまらないので、右俣に降りることにする。
ネマガリタケとシャクナゲ、リョウブなどが混じった藪漕ぎはかなり厳しい。
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22203457.jpg

けもの道をうまく使って時間を稼ぐ。
地図とコンパスフル稼働で下降点を探すが、結果的に左俣に降りないことを意識しすぎて、予定より急な尾根を下降することになってしまった。

尾根の末端は非常に急で灌木も少なく、なんとかルートを見つけてブッシュに捉まりながら沢に降り立つ。
沢は全体がゴルジュの中の滝のよう。
幸い単体の大きな滝がなかったので、ロープも駆使しながらきわどいクライムダウンで高度を下げる。
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_2221724.jpg

シャワークライムダウンが多いので、山をなめて綿のパンツで来たことを後悔する。
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22214073.jpg

側壁が高く、灌木の支点も期待できない。
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22215972.jpg
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22223138.jpg

沢が開けてくるとやっと緊張感から解放される。
ヤブ沢の蔓の下を獣のように四つん這いで降りていく。

植林が現れ、杣道に上がる。
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_2223522.jpg

不思議な感じの台地状のササ原を抜け、沢に降り立つともう二俣の下流であった。

サルナシを採ってお土産にした。
姉川支流起し又川左俣~笠岩~右俣下降_e0064783_22233044.jpg


by s_space_s | 2013-10-15 22:45 | 山登り | Comments(4)
Commented by まっちゃん at 2013-10-16 13:04 x
感じの良い渓ですね。遡行のきっかけは地図を見てのことでしょうか?
Commented by s_space_s at 2013-10-16 17:26
五色滝の情報をたまたま見たのですが、滝の上流まで遡行した記録が1件しか見つからなかったのと、源流部に笠岩があるということも調べているうちに分かって、興味を持ったのがきっかけです。
Commented by yt at 2013-10-21 09:35 x
この時期まで遡行されるなんて流石ですね。
沢からあがられたら石ころや雪で遊んで下さい
Commented by s_space_s at 2013-10-22 17:59
なんとなく11月上旬まで沢を歩いていますが、涼しくなったらクライミングもやりたいと思いますので、よろしくお願いします。
久しぶりに屏風山も行ってみたいです。


<< 自立式だから衛生的?      あいちトリエンナーレ >>