blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 14日

最近観た映画

最近、映画館に行ってません。
テレビかレンタルでたまに観るだけです。

★毎日かあさん
漫画家、西原 理恵子の同名連載漫画の映画版です。
元戦場カメラマンでアル中の旦那ユタカとの夫婦関係が壮絶です。
けど、エリコの楽観的な性格や、子供たちの個性的なキャラクターでほのぼのした作品になっています。
この夫婦の話は朝日新聞の「逆風満帆」で読んだことがありました。

「同じ匂い」がするということで一緒になった夫婦なので、最後はお互いのことが理解できたのか。
それとも、理解できないけど赦して、一緒になれたことを感謝できたのか。

わしにはアルコール依存は他人ごとではない。
療養施設から出所して自宅へ帰る途中で飲んでしまうユタカの惨めさが身につまされました。

小林聖太郎 監督
2011年 日本映画

★U・ボート
第2次世界大戦のナチスドイツといえば悪役のイメージです。
しかし、ここに登場する兵士たちは、個々に話をしたら理解しあえると思われるような、わしらと同じ人間でした。
素晴らしい人間力のある男であったり、なさけない男であったり、優しい男であったり。
死に直面したら、恐怖を感じるのは誰も同じです。

政治や歴史の話になると、戦争は駆逐艦10隻沈没とか兵士1万人死亡とか数字の話に変わってしまいます。
そして語られるのが、歴史上の意味や大義名分や経済効果だけ。
政治家や資本家はそこしか考えないで戦争を始めます。

先史時代も含め過去の戦いの歴史があって現代の社会があるのは分かっています。
歴史とは非情なものです。
一人一人のことなどお構いなしです。
人間はその中で精一杯生きて行くしかありません。
歴史を変えよう或いは牽引しようとする人も中にはいますが…。

ウォルフガング・ペーターゼン監督
1981年 ドイツ映画



[PR]

by s_space_s | 2014-11-14 20:01 | 映画 | Comments(0)


<< 近況報告      魅力がすごいよ旧徳山村シッ谷か... >>