人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 23日

二人そろって「つ抜け」

いつもお世話になっているTさんをお誘いして、揖斐のアマゴの釣れる谷に行ってきました。
前日は飲み会があり、一人二次会まで行ってしまったので、朝起きるのがつらかった。
つくづく情けない酔っ払いだと思います。

Tさんは、お仕事の関係で飛騨にみえたことがあり、そのころ毛バリで提灯釣りをするようになったそうです。
イワナは簡単すぎるので、一発勝負のアマゴのほうがお好みとのことでした。
ご案内した谷は、釣り師がけっこう入っている様子でしたが、流域の環境がいいためか、アマゴはよく肥えてるし、数も出ました。

こんな感じの谷はやっぱり提灯釣りの独壇場です。
Tさんの合わせはピシっと音がするほど鋭いものでした。

二人そろって「つ抜け」_e0064783_22392898.jpg
体高のある良い型のアマゴ

二人そろって「つ抜け」_e0064783_22363995.jpg
ヒメレンゲが盛りです。
二人そろって「つ抜け」_e0064783_22393627.jpg
こんな良いポイントでも、アマゴの場合は掛けられないこともあります。
昼近くなると、2人ともちょっと集中力がなくなってきたようでした。
二人そろって「つ抜け」_e0064783_22363957.jpg
Tさんのびくの紐が切れたのを好機に、納竿としました。
魚を数えてみたら2人で20匹ちょっと。

二人そろって「つ抜け」_e0064783_22363396.jpg
帰りの車中で、宗教者でもあるTさんから、色々お話を伺いました。
自分の人生の目的を尋ねられて、わしは何も考えてないことを改めて自覚しました。
Tさんには宗教という物差しがあるけど、わしにはちゃんとした物事の尺度がない。
なのに、いい車に乗るとか、出世するとか、金儲けにも興味がない(金には困りたくないですが)。
わしの生き方がTさんには不思議のようでした。
単にエネルギーがないだけかも。

じいちゃんのとこに塩焼き用の大き目を2匹おすそ分け。
家に帰って、庭の胡瓜を1本採り、かみさんと半分こして初物をいただきました。
アマゴはから揚げにしていただきました。
二人そろって「つ抜け」_e0064783_22393604.jpg
かみさんとTさんの噂話をしていたら、ちょうどTさんが訪ねてみえて、タイミングの良さに驚きました。
アマゴをさばくときに使ってみえた、仕事用のメスをわざわざ持ってきていただけたのでした。
(欲しそうな顔をしていたのかな?)
二人そろって「つ抜け」_e0064783_22363905.jpg
すごく切れて切っ先も鋭く、怖いくらいです。
わしは普段、小学生が使うような工作用のはさみを使っています。
何事も何となくという感じのわしの頭みたいに、少々切れないほうが安全なのかもしれません。



by s_space_s | 2015-05-23 22:41 | 釣り | Comments(0)


<< 軽量化      最近読んだ本(飆風、羽根むしら... >>