人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 14日

西5階病棟日記

8月18日に入院して、8月21日に腹部大動脈瘤の人工血管置換術を受け、9月2日に退院しました。
人生2回目の入院は、思ったより(実は深刻に考えてなかったのだけれども)結構きつかったです。
家族や職場の皆さんにはとても心配をかけた今回の入院治療でしたが、自分的には興味深い体験でした。


18日入院当日は非常にいい天気。
最初は4人部屋にわし一人でした。
5階の窓から池田山やその肩にちょこんと顔を出した伊吹山が見えました。
西5階病棟日記_e0064783_17004158.jpg
担当の看護師さんにクリニカル・パスという診療スケジュール表のようなので、手術までの細かい段取りの説明がありました。
看護師さんから、毎日、今日の日課について説明があるし、患者のほうも退院までの心積もりができて、なかなか良いシステムだと思いました。
西5階病棟日記_e0064783_17005342.jpg
手術までは、いくつかの検査と主治医の先生、麻酔科の先生からの説明があるぐらいで割と暇です。
切腹する前の腹を撮ってみました。
すでに穴をあけられたことはあるのですが。

西5階病棟日記_e0064783_17005312.jpg
20日、手術前日、夕方かみさんと院内のコーヒーショップに行ってコーヒーを飲みました。
夕食は普通にいただき、9時ごろ下剤を飲んで寝ました。

21日、手術当日朝は絶食でトイレに行ってから手術室に入る準備をしました。
トイレに行って少し大きいのをいたしましたが、いまいち、下剤の効き目がないようでした。
その後、ベットで運ばれる前にかみさんと話していて催してきたような気がしたのですが、時間が来たのでそのまま手術室へ。

まず背骨に硬膜外麻酔をしてもらい、その後全身麻酔で「1、2、・・・」3まで数える間もなく夢のない眠りに入りました。

・・・・・

名前を呼ばれて目を覚ますと、既に手術は終わっていました。
夕方までかかる可能性もあるとの説明を受けていましたが、予定より早く済みました。
そのまま集中治療室に運ばれました。
半分麻酔状態なのになぜかこの段階で大のほうが催してきました。

起き上がることはできないので、看護師さんにお願いしてオマルをお尻の下に当ててもらいました。
まだ背骨の麻酔が効いていたのか、腰を上げることはできました。
皆さんに席を外していただき、暫く頑張って(腹を切ったばかりでいきめない)、寝ながらするときの何とも言えない奇妙で強烈な感覚。
その後は、またうつらうつらの状態で翌日を迎えました。

22日、集中治療室から個室に移動したばかりの半分夢うつつ状態のわし
西5階病棟日記_e0064783_17102788.jpg
今日からもうリハビリが始まりました。
早期離床の訓練です。
朝、看護師さんが来て、「今から体重を計ります。さあ体重計のある共有コーナーまで歩きましょう。」と言われました。
起きるのも自力です。
なんとかベッドから立ち上がり、色んな管を付けたままよろよろと歩いて体重計まで往復しました。
術後は無理はしてはいけないのですが、ある程度運動しないと、腸閉塞になりやすく、看護師さんは鬼になります。
実際散歩したした後は、ガスも出やすくなる感じです。

23日、この夜、背骨の麻酔が切れたためか、痛みで我慢ができず、看護師さんに点滴の痛みどめを入れていただくも効かず。
さらに、肩に筋肉注射の痛みどめを入れてもらった後、幻視と幻聴を覚えました。
目を閉じても極彩色のいろんなものが見え、不思議な感じでした。
点滴の輸液ポンプの小さな音が、群衆が一斉に叫ぶ大声に聞こえたり、結局朝まで眠れず…。

24日、朝、主治医の先生方の回診があり、順調に回復しているらしく、不要な管を外していただけることになりました。
寝不足で、腹の調子もあまりよくなく、こんな早くていいの?てな感じでした。
今回、傷口からのドレンはなく助かりました。(抜くのがむっちゃ痛いので。)
ちんちんの管は機材が進歩したのか、看護師さんが上手だったのか、意外と簡単に抜けました。(前回の手術のときは涙がでそうに痛かった。)
一番嬉しかったのが、鼻から胃まで入っていたドレンも抜いていただいたこと。
今まで喉に触れると気持ち悪いし、苦しかったので。

個室から4人部屋に移動
熱が37.9度まで上がりました。
その後退院まで微熱が続きました。

術後4日目に初めてお粥の昼食をいただきました。
全然食欲がなく、半分も食べられませんでした。
この不味そうな顔。
やっぱり元気でないと食事もおいしくいただけません。
西5階病棟日記_e0064783_17011589.jpg
その日の夜から新たな悩みが。
いままでしょんべんは管からバックに垂れ流しだったのが、自分でトイレに行かないといけません。
膀胱がまだ慣れていないのか、1時間おきに我慢ができなくなります。
まだ点滴で強制的に水分を入れているからかもしれません。
他の患者さんの迷惑にならないよう抜き足差し足で5回もトイレに行きました。

25日、看護師さんに頭を洗っていただきました。
丸坊主を洗うのは初めてだったそうです。
病棟をぐるっと回ると500歩(複歩で250歩)ありました。
点滴スタンドを片手で押しながらですので歩幅は狭いです。
この日は頑張って4周しました。
Tさんがお見舞いにみえました。

26日、朝食はまだおかゆでしたが、初めておいしく感じました。
その後は、毎食、全部食べられるようになりました。
点滴が外れ、シャワーを使いました。
運動は病棟8周。
職場の同僚から旅行雑誌とビーパルを差し入れていただきました。
コザエモンさんがお見舞いにみえました。

27日、造影剤を使ったCT検査がありました。
運動は病棟10周。
普通に歩いたら、1周217歩(複歩)しかありませんでした。

28日、朝お通じがあり一安心。
朝食から米飯に変わりました。
1階の放射線部でレントゲン検査を受けるのに階段で行ってみたら、足がつりそうになりました。
釣りの夢を見ました。

29日、病棟5階だけでなく、病院内の散歩が許可されたので、早速、9階+屋上階の非常階段を3往復してみました。
9階にある図書館も覗いてみました。
お昼はトンカツ。
体を動かせるようになるとご飯も楽しみになります。
西5階病棟日記_e0064783_17010443.jpg
歩ける患者は食堂でいただきます。
前の部屋で同室だったわしより年配の男性とよく話をしながら食べてました。
この方はわしと同じ日に胃の摘出手術を受けられたのでした。
30日には退院されました(退院が早いので驚きました)。

柱のところにある端末で、メニューの確認や変更ができます。
西5階病棟日記_e0064783_17010462.jpg
昼食と夕食は2種類のメニューから選択できます。
西5階病棟日記_e0064783_17010467.jpg
朝はご飯食かパン食を選べます。
元気になってくるとこれではお腹がすきました。
西5階病棟日記_e0064783_17005249.jpg
この数日、雨が降ったり止んだり。
病棟の東側の窓から、大学のグランドで練習するアメフト部が見えました。
西5階病棟日記_e0064783_17010401.jpg
病室にはテレビがあるのですが、カードが必要なので、見ませんでした。
時間はたっぷりあるので15冊ほど本を読むことができました。
あと、Tさんからいただいた聖書も面白かったです。
西5階病棟日記_e0064783_17005311.jpg
ずっと本ばかり読んでいると、眼が疲れるので、暇な時間はトランジスタ?ラジオを聴いていました。
ある日、所ジョージがゲストで出ている番組を聴いて笑いの発作に襲われ、腹を縫った糸が切れそうになりスイッチを切りました。
「精霊流し」のパロディーで「精霊もどし」とかいう歌の話でした。
精霊流しで流した船が満ち潮で戻ってきてしまうというおバカな話でした。
夜8時ごろからはFM岐阜のAORという番組をよく聴いていました。
西5階病棟日記_e0064783_17010450.jpg
30日、心電図モニターが外れて、やっと自由の身になりました。
今まで、病棟5階から離れるとアラームがピーピー鳴ってうるさかったのです。
運動は病棟6周と階段5往復。
入院後初めて屋外へ出てみました。
雨上がりで、しっとりと涼しく、深呼吸数回。
もう秋の気配がしました。
夕食が美味い!

31日、傷の上に貼られていた透明フィルムを剥がし、傷を止めてあった10箇所ほどのホチキスを取っていただきました。
まだ糸が残っています。
西5階病棟日記_e0064783_17010477.jpg
図書館に行ってメルヴィルの「幽霊船」を借りてきました。
体重を測ると56.3kgになっていました。
体脂肪率が5%でびっくり。
もっと食わないと。

昨日の運動で筋肉痛でしたが階段往復5回。

夜も明りがともる医学部棟。
おしっこにも起きなくなりました。
西5階病棟日記_e0064783_17010458.jpg
9月1日、抜糸をしていただき、明日は退院の運びとなりました。
階段6往復。
毎日来てくれているかみさんに腹が減ってしかたがない話をしたら、食べきれないほどおかずを作ってきてくれました。

2日、朝まで降っていた雨が嘘のように上がり、秋晴れになりました。
窓からの風景をスケッチしたかったのですが、8月下旬から天気が悪く、今日もダメかと諦めていました。
退院の予定時間は午後3時で、午前中、ゆっくりスケッチすることができました。
霊仙、池田山、伊吹山、揖斐の山々・・・
西5階病棟日記_e0064783_17082954.jpg

2時ごろかみさんが迎えに来てくれて、車で家に帰りました。







by s_space_s | 2015-09-14 22:18 | 日常 | Comments(2)
Commented by まっちゃん at 2015-09-15 08:07 x
自宅療養中の事と思いますが、今暫くは酒も止めて体質も変わった頃合いでは。
13枚目の写真はぎょぎょぎょですが、12枚目の物体(人工血管?)が埋まっているのでせうか?
ときに「鈴虫ボルダ―」とはどこいら辺りの岩なのか、ヒントを下さい。
Commented by s_space_s at 2015-09-16 08:07
今週から職場復帰しました。
12枚目の物体は一体なんでしょう?
①最先端医療機器
②宇宙から飛んできた謎の物体
③ある宗教団体から届いたパワーストーン

鈴虫ボルダーはつぶれた鈴虫水車の跡地にありますが、少し前に覗いた感じでは掃除が必要みたいです。


<< 自宅療養日記      しばらくさようなら(パンダ銭湯) >>