人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 06日

薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m

夜叉壁遠景
薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22383328.jpg
【山域】奥美濃
【場所】夜叉ヶ池、三周ヶ岳、三国岳
【日時】2016年10月2日(日)
【コース】坂内村~夜叉ヶ岳~三周ヶ岳往復~三国岳往復~坂内村
【メンバー】コザエモンさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部)
【天気】晴れときどき曇り
【タイム】登山口7:10 夜叉ヶ池8:45 三周ヶ岳9:50 夜叉ヶ池11:00 三国岳13:05~25 夜叉ヶ池15:30 登山口16:30

三周ヶ岳や三国岳のピークを踏むことに何か意味があるわけではない。
でも、ヤブを漕ぎながら目的のピークを目指す体験は登山とは何なのかといことを考えさせてくれると思う。
三周ヶ岳は薮が覆っているが踏み跡は明瞭で、薮漕ぎの足慣らし。
三国岳は夜叉ヶ丸を経て1206mピークまでは踏み跡が明瞭だが、それ以遠は途切れ途切れとなる。
地形が単純なのとネマガリタケ主体の薮漕ぎなので、奥美濃の薮山としては初級レベルである。
コンパス直進のテクニックが有効。

夜叉ヶ池までのんびり歩く。
中間部のブナ林はいい感じ。
2014年の冬に登った夜叉壁を眺めて悦に入る。

薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22383370.jpg
夜叉姫が水垢離をしたといわれる、幽玄の滝

薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22383375.jpg
離れて見ると上段のほうがでかい
薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22421774.jpg
まずは三周ヶ岳へ向かう。
左奥のピークがそれ。
なかなか姿形がいい山である。


薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22401447.jpg
三角点のある三周頂上
薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22383374.jpg
2時間ほどで往復してから、本日のメインエベント~。
夜叉ヶ丸へ上る途中から見る夜叉ヶ池が一番美しいと思う。
薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22383308.jpg
夜叉ヶ丸
ここまでで戻る登山者が多いようだ。

薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22383391.jpg
ブナ林のある1206mピークには標石があった。

薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22421714.jpg
ここからは踏み跡をなるべく利用しながら、基本的には地図とコンパスでナビゲーションしながら進むことになる。

薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22343897.jpg
灌木のあるところの踏み跡が分かりにくかった。
薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22343815.jpg
こんなブナの大木もある。

薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22343873.jpg
見上げてごらん~♪

薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22383330.jpg
ダンディーなコザエモンさん
薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22421737.jpg
なかなか近づかない三国岳の頂上

薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22421742.jpg
尾根上に水の流れている湿地があった。

薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22421734.jpg
2時間ほどで三角点もない三国岳の頂上に着いた。

薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22421761.jpg
帰りはなるべく効率化したつもりだったが、疲れが出たのか、同じ時間かかってしまった。

薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22343810.jpg
夜叉ヶ丸からの夜叉ヶ池と奥に三周ヶ岳

薮山入門三周ヶ岳1292mと三国岳1209m_e0064783_22421732.jpg


夜叉ヶ池に寄ってイモリとゲンゴロウに挨拶し、早々に下山する。






by s_space_s | 2016-10-06 18:20 | 山登り | Comments(0)


<< 自転車or徒歩どこが境い目?      雨上がりの今淵ヶ岳には・・・ >>