人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 04日

死して巌根に在れば骨もまた清し

昔(20代のころ)の手帳を整理していて、ある日のメモにこんなのがありました。

老来殊に山中の好(よ)きなるを覚ゆ
死して巌根に在れば骨もまた清し

調べてみると、鎌倉時代の禅僧 寂室元光(じゃくしつげんこう)の「書金蔵山壁」という漢詩の一部でした。
若いころ、こんなことを考えてクライミングをしていたのではないとは思います。
けど、岩場の根元に白骨としてあるというイメージには何か引き付けられます。






by s_space_s | 2016-11-04 18:47 | 山登り | Comments(0)


<< 錫杖は雨      はなえ節炸裂?紅葉の冠山と金草岳 >>