人気ブログランキング |

blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 17日

さらっさらの…

「さらさら越え」と聞いて皆さんならどんな場所を思い浮かべますか。
草が風になびいているような爽やかな峠のイメージが湧いてきません?
わしは歴史には疎いほうですが、「さらさら越え」とは立山の南にあるザラ峠のことだと聞いて、厳冬期にそこを越えた戦国武将の話を思い出しました。
ザラザラと言えば小石などの多い風化した峠という感じがします。
さらさらと言うとオノマトペとしては違う感触で、峠の名前としては不思議な感じです。

冠山へ行ったとき、はなえちゃんが風野真知雄の「沙羅沙羅越え」という単行本を貸してくれました。
彼女がこの話に興味を持ったのも、立山の食堂のメニューに「さらさら汁」というのがあったのがきっかけです。
どんな汁なんでしょう。薄味なんでしょうか。気になります。

読んでみた感想ですが、史実として捉えられるかという部分と、話として感情移入できるかという部分があります。
本当にあった話と思って読むのと作り話と思って読むのとでは感想も違ってきますけど。

まず、佐々成正が今のカレンダーでいう1月の厳冬期に立山のザラ峠と針ノ木峠を越えたということは当時の装備と技術では想像するのが難しい。
わしも厳冬期ではないですが、積雪期の一ノ越や針ノ木谷を歩いたことがあります。
現代の完全な装備をもってしても危険を冒さずに越えられる峠ではないので、それほどのリスクを冒すのは政治家としてどうなのか?
実際は上杉領か飛騨を経て家康に会いに行った可能性のほうが大なのではと思います。
けど、事実は小説よりも奇なりということもあり、歴史研究者にとっては興味が尽きないのでしょうね。

小説としての部分ですが、人の好き嫌いで自分や家来の生命を賭してまで何かをするという感覚が分かりませんでした。
厳冬期の立山を越える意志が単なる好き嫌いから出てくるというのはどうも…。
風野真知雄もあとがきで書いているように、「さらさら」という語感が重要というのは同感です。
あと、人間は究極の体験によって変われるものだというのがテーマのようですが、変われないのも人間なのでは。

2014年 KADOKAWA/中経出版


余談ですが、オノマトペの方言がたくさんあるのも日本語の特徴なのだそうです。
飛騨の方言で「腹がにごにごする。」というのがあるのですが、余所の方には意味不明でしょうね。
わしも感覚は分かるのですが言葉で説明できません。

その他、最近読んだ本
★白夜 ドストエフスキー著
★ねじまきクロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 村上春樹著





by s_space_s | 2016-11-17 18:26 | 読書 | Comments(2)
Commented by はなえ at 2016-11-18 00:26 x
押し付けた本を読んで下さってありがとうございます!
たった7年間の治世で、現代まで伝説が語られるほど領民に慕われた佐々成政。すっかりファンになってしまいました。治水事業に長けてたようです。
Commented by s_space_s at 2016-11-18 19:01
面白くって珍しく一気に読みました。
もう一つのほうも読んでみます。


<< 飛騨国分寺の大銀杏      湧谷山周遊 >>