blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 26日

W師とはじめてのテレマーク

岐阜テレマーク倶楽部のW師とコザエモンさんとで荘川の火山へ行く予定でしたが、コザエモンさんの体調が悪くW師と二人で行くことに。
天気もあやしいということで、めいほうスキー場で遊ぶことにしました。
期待した新雪は早々にギタギタになって、遅出の私たちはそれほど美味しくないところを少し齧っただけ。
お昼休みにビーコン、ゾンデの使用法も練習しました。

W師は、日本のテレマーク黎明期に、中心となった方々と滑ってみえたとか。
高い姿勢の外向傾のきまったテレマークは、お手本にして練習したいと思いました。
e0064783_13092063.jpg
ZAGのUBAC95はゲレンデで乗ると結構走る板だと思いました。
新雪での乗り心地はまだちょっと分かりません。
フリーダムはかかとの上がり方に少し癖があり、上がり始めの抵抗が少ないのでカクンカクンと機械的な感じになります。
これはそのうち慣れる程度の微妙な感触です。
クリスピーのブーツは結局、楽山荘に持っていって焼いてもらいました。
自分で成型したと言ったら、「やってしまったんですね。本当にやってしまったんですね。」と店長さん。
下手に熱を加えるとフォームが硬化して再成型ができなくなるといわれ、ビビりました。
やっぱり餅は餅屋。フィット感が全然違い、非常に滑りやすくなりました。

中・緩斜面で疲れずに滑るヒントをつかめた感じ。
W師とロングコースを最後まで気持ちよくクルージングできて大変楽しかったです。




[PR]

by s_space_s | 2018-01-26 22:17 | テレマーク | Comments(2)
Commented by two2106 at 2018-01-26 23:03
washiさん、やっぱすごいんすね!
細板、憧れる!
Commented by 帰雲山荘のえんちゃん at 2018-01-28 11:46 x
鷲さんもすごいんですね。
ご自分のブログでは謙遜して見えますが。
私はスキーをやっていたのは、「私をスキーに連れてって」の時代までです。
スキーには付き合えませんが、柳ケ瀬や駅前には付き合えますので、また、よろしくお願いします。



<< 荘川の火山1379m新雪滑降      石徹白から転進して揖斐高原テレマーク >>