blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 08日

靴下が見つかった

先日、W師とレレマークにご一緒したときに、靴下を片方なくしました。
山用のオーロン(今でもある?)の厚手のやつで、南極越冬したときに支給された靴下です。
スキーに使うには厚すぎるので、山ではめったに使いませんが、最近しもやけがひどくて下界でよく使ってました。

最初、W師に確認いただいたときには車内に見当たらないということでした。
普通、片方だけになった靴下なんて捨てると思います。
けど、たまたま同じタイプの靴下がもう1ペアありました。
1.5足でローテーションすれば長持ちだ、と良い(せこい?)考えが浮かんできて。

1月以上たって、座席の下から出てきたとご連絡いただきました。
すぐに使う予定はないけど、臭い物をお預けしておくのは申し訳ないので、仕事帰りにお寺へ取りに伺いました。
W師はご不在で、奥様から洗濯までしていただいた物を拝受いたしました。
そのうえ、大好物のお土産までいただいて恐縮の限りでした。

少しお話すると、師はテレマークに再び目覚められたとのこと。
奥様も昔テレマーカーだったこともお聞きしました。
0.5足の靴下、捨てないでよかった。





[PR]

by s_space_s | 2018-03-08 12:01 | 日常 | Comments(2)
Commented by K子 at 2018-03-14 12:35 x
うふっ レレマーク?
Commented by s_space_s at 2018-03-14 12:53
レレマークは、薄っすら積もった新雪を竹ぼうきで掃きながら、あえて固い斜面を滑る伝統的なスキースタイルです。
掛け声はレレレのレ~と決まっておりますが、カーリング女子人気から、イエス 、ヤーなどと叫ぶレレマーカーが増えているようです。


<< 自分の山      ★★沢登り記録(地域別)★★ >>