blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 23日

胡桃島口から「草木谷シュート」と「だるまシュート」

【山域】御嶽
【場所】継子岳、摩利支天
【日時】2018年4月21日(土)
【コース】胡桃島口~だるまシュート~五ノ池小屋~摩利支天~草木谷シュート滑降~だるまシュート滑降~胡桃島口
【メンバー】いしはらさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】快晴
【タイム】胡桃島8:00 五ノ池小屋12:00 摩利支天13:00 だるまシュート滑降開始14:00 胡桃島口16:00

ルート図(クリックしてね)
e0064783_16505811.jpg
一昨年、まっちゃんと継子に登ったとき、五ノ池小屋へ向かってトラバースせず稜線に向かって急斜面を直登した。
上から見下ろすと、非常にスキー向きの広い斜面で、下部は眞俣谷に向かって吸い込まれている。
これは絶対滑りに来ないかんと思った。

ネットで過去の記録を確認すると、唯一、開田高原のペンション「プチビラMTおんたけ」のサイト が引っかかった。
ここに紹介されている多数のラインのうち「だるまシュート」と呼ばれているのがこの斜面のようだ。

雪が多いシーズンだと、県道435号まで滑れるらしい。
今回は、胡桃島キャンプ場からの登山道がスキーに使えるかも興味があった。
あと、時間があれば、昨年滑った摩利支天北面の別ラインも滑ってみたい。
これは、県道の夜間交通止めの期間は難しいかと思われたが、今回2本のシュートを滑ってみて、雪の状況が良ければ十分可能であることが分かった。

今年は、御嶽の積雪は少なかったようで、胡桃島から標高2,000mまでスキーが使えなかった。
この間、中途半端に締まったモナカ雪の歩行が苦行系であった。
登山道尾根はスキー登高には十分の樹林間隔であった。
しかし、滑降時にも雪が緩まなかったため、ほとんどプルークという修行系になってしまった。
以上を差し引いても2つのシュートの滑降は素晴らしいといえる。


濁河に着いてみると、8時開門の予定が既に開いていた。
既に夜間交通規制が解除になったものと思われた(未確認)。
おかげで、予定より早い8時に胡桃島を出発することができた。

仙人滝への分岐
e0064783_21010466.jpg
ようやくスキーが使えてほっ。

e0064783_21010488.jpg
正面に「だるまシュート」
2本のラインのうち右のやつ
e0064783_21012149.jpg
眞俣谷の源頭から見上げるシュート
e0064783_21012089.jpg
稜線に出たところ。遠くに白山が。

e0064783_21010453.jpg
ここから五ノ池小屋を経て摩利支天へ移動する。
肩から見下ろす草木谷。
雪はザラメでなく新雪だ。
下部が見えないシュートにドキドキ
e0064783_21451636.jpg
飛び込んでみると・・・こりゃ、いいわい!
e0064783_22060584.jpg
イシハラさん
e0064783_21010508.jpg
これも
e0064783_17292070.jpg
わしも行くど~!

e0064783_21014619.jpg
谷底から見上げるシュート

e0064783_21014659.jpg
だるまシュートに戻る途中で振り返ると、2本のシュプールがくっきり刻まれていた。
e0064783_21284057.jpg
さて、次は「だるまシュート」
草木谷のシール登高がきつかった。

雪が緩んでいれば、プレッシャーのないエントリーポイントから草木谷へ。
こちらはいい感じのザラメであった。

わし
e0064783_22055089.jpg

イシハラさん


e0064783_17292039.jpg
やりたい放題
e0064783_21014665.jpg
谷に入ってからはストップ雪となり、消化試合的な・・・

e0064783_21014631.jpg
修行と苦行を終えてひと気のないキャンプ場に戻る。

e0064783_21012138.jpg
展望台から今日滑った斜面を眺める

e0064783_21012131.jpg
次は、池ちゃんガリーが気になる。



[PR]

by s_space_s | 2018-04-23 22:10 | テレマーク | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sspaces.exblog.jp/tb/27215315
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 千鳥橋下の遊歩道が開通!      この土日 >>