blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 07日

御嶽・継子岳いけちゃんガリーとマイアシュート(風の谷)滑降

”重力遊戯”
e0064783_04370897.jpg
【山域】御嶽
【場所】継子岳、いけちゃんガリー2、風の谷(弟)
【日時】2018年5月5日(土)
【コース】チャオ御岳スキー場~いけちゃんガリー~継子岳~風の谷滑降(森林限界まで)~継子岳~いけちゃんガリー~チャオ御岳スキー場
【メンバー】いしはらさん、わし(岐阜テレマーク倶楽部) 
【天気】晴れ、風強し
【タイム】スキー場8:50 お鉢11:30? 風の谷滑降開始12:15 お鉢14:00 いけちゃんガリー滑降開始14:50 スキー場15:55
【ルート図】クリックしてね
e0064783_12423997.jpg
前回、だるまシュートを滑ったとき胡桃島から見上げる2本のシュートに強烈な印象を持った。
プチビラMTおんたけの鈴木さんにメールで御嶽の滑降ラインについて色々ご教示いただいた。
お薦めはやはり「いけちゃんガリー2」とのことだった。

連休後半は槍穂周遊の予定であったが、3日・4日の気象条件がよくなかった。
5日の日帰りで相談すると、いしはらさんも「いけちゃん」が気になっている様子。
けど、御嶽はまだ寒気が残り強風と新雪が予想される。
だめもとで「いけちゃん」行けるんとちゃう!ということになった。


スキー場に到着するも、継子の稜線には雪煙が上がっている。
これはヤバいかもと思いながら、ゆっくり支度をしてゴンドラの人となる。
スキー場トップから薄っすら新雪の積もった樹林帯をガリーに向かってトラバース気味に登る。

条件が良ければ、いけちゃん1を登って2を滑るのも良いかと思われるが、この条件ではいきなり2は厳しい。
インスペクションを兼ねて2を登高ラインとした。
まず1を暫く登り、H2300のあたりで2に移った。
e0064783_22384234.jpg
いしはらさんがテンを発見
e0064783_22394162.jpg
尺取虫型の足跡
e0064783_22394031.jpg
シールは早々にあきらめシートラーゲン
e0064783_22395000.jpg
お鉢に出ると、吹き飛ばされそうなほどの強風
必死で四ノ池側のハイマツ帯に入る。
いけちゃんの態度が緩むのを期待して、マイア側のシュートを覗きに行く。

稜線上は強風でスキーを履けるような状況ではないので、50mほどアイゼンで下降する。
横風で滑落しそうになりながらハイマツ帯に入り、滑降の準備。
e0064783_22384213.jpg
はるか足元に雪が消えたマイアが見える。
ここで重大なミスを犯したことを後で気が付くことに。

エントリーしたいしはらさん。
まだ雪煙が上がっている。
e0064783_22384204.jpg
思い切ってジャンプターンする。
カリカリだけどアルペンターンなら問題ない?
e0064783_22395023.jpg
中間からはテレマークも入れてみる。
見上げるマイアシュート
e0064783_22395109.jpg
下部は割とのんびり
e0064783_22384169.jpg
2450mあたりまで滑り、切り上げる。
ここでアイゼンを置き忘れたことに気づく。
幸いキックステップでも登れるぐらい緩んできていたので助かった。
片手にピッケル、片手に花束~♪ではなくストックのスタイルで蹴りこみながら登った。

スタートポイントに戻り、アイゼンを履いてほっとする。
お鉢に出るところで、また強風にあおられ怖かった。
e0064783_22395172.jpg
また、ハイマツ帯をトラバースして「いけちゃん」に戻る。
さっき「いけちゃん」のトップに出たときの強風で、地形をしっかり確認する余裕がなかった。
エントリーポイントを探して1時間ほどお鉢でうろうろしてしまった。
e0064783_22392534.jpg
いけちゃんのエントリーポイントはハードクラストのままだった。
クラストと新雪のなじみは悪くない
e0064783_22395028.jpg
いけちゃん中間部
ここらが一番急
e0064783_22392528.jpg
だいぶ緩んできた~!
e0064783_22401955.jpg
e0064783_22401917.jpg
よさげな新雪に入ってみると重~い湿雪
e0064783_22401929.jpg
次は新雪とザラメのミックス~。いしはらさん上手い!
e0064783_22392592.jpg
この時期はザラメのほうが美味しい
e0064783_22401926.jpg

もうすぐ森林限界
e0064783_22392689.jpg
H2250あたりまで滑り、ゲレンデに向けてトラバース開始。
雪の消えかかったガリーの側壁を3回越えるのが大変だった。
最後、スキーを履くのも面倒なのでシートラのまま歩いてゲレンデに戻る。
e0064783_22392541.jpg
ゲレンデは4時近いのに大勢の人で賑わっていた。
e0064783_22394096.jpg
センターハウスから振り返る継子。
左のスカイライン沿いが、ぼくらのライン
いけちゃんガリー1の上部は銀座山の会のラインと同じ。
e0064783_09403491.jpg
胡桃島から見る継子岳
左が「いけちゃんガリー1」右が今回滑った「2」
e0064783_22401821.jpg
今回、軽くてハードバーンにも悪雪にも強いZAGの板のメリットを実感した。
板:ZAG UBAC-95 174cm
金具:ロッテフェラー フリーダム
靴:クリスピ シバーNTN

帰りの道沿いにあった看板が気になった。
e0064783_22394064.jpg




[PR]

by s_space_s | 2018-05-07 12:43 | テレマーク | Comments(2)
Commented by Powttonchaan at 2018-05-07 13:12 x
随分前にコメントしたものです。

いつも楽しそうな記録で羨ましい限りです。

「風の谷 兄」のほうは、随分昔に一人でボードで滑りました。「風の谷」なんて名前やったんですね、勉強なりますぅ。いけちゃんガリー1、2、行ってみたいですわぁ。
Commented by s_space_s at 2018-05-07 17:28
プチビラのご主人が命名されたようです。
あと、四ノ池の幻の滝も滑ってみえるそうですよ。
いけちゃんガリーは見た目がいいし、県道まで滑れたら最高のラインだと思います。


<< 高賀三山・六社巡り      GWは家にいます >>