blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 21日

ARJS岐阜長良川大会お手伝い

アドベンチャーレーシングジャパンシリーズ長良川大会のお手伝いに行ってきました。
もう5年目です。
今回初めてナイトレースのチェックポイント設置・回収や選手の通過チェックなどをやらせてもらいました。

先日の六社巡りで夜間歩行を長時間やりましたが、夜間オリエンテーリングとなると訳が違います。
昼間、自分が設置したポイントを回収するのも難しかったです。
7個あるポイントのうち前半の3個を設置させてもらいました。

コース設定は、いつものタカナシさん。
あのムラコシ先生を負かしたこともある、すごいコースセッターです。
一個目のポイントが、非常にマニアックな設定でした。
トサカみたいに細長いピークの側面の急斜面を下ったところから発生しすぐ沢に吸収される小尾根上。
夜間では上から見てもどこが尾根か分かりません。
この尾根を当てるには横の急な沢から入りコンタリングするしかないという昼間でも難しいポイントでした。

ナイトセクションではポイント飛ばしはNGのルールだったので、これが取れず0ポイントに終わったチームもありました。
あたりまえですが、地図に表記されたマークと違う場所に設置してあったら見つかるわけありません。
ポイントを取った他のチームからクレームは出なかったので、まあ妥当な場所だっと思います。

土曜の夜は満天の星空で、選手を待ちながら星を眺めてました。
ヨタカの声が遠く近く…。
フォレストパークのコテージに帰ったのが1時ごろ。
ウメさんの鍋いっぱいパスタとビールで腹を満たし、寝たのが2時過ぎでした。
翌朝は5時起床で眠かった。

(1日目)
選手の受付けは日本まん真ん中センター。
なんか「かぶせてきましたね」と言われそうな施設名ですね。
ここでレスキュー3の講習を受けたことがあります。
e0064783_15214221.jpg
夕方6時半のスタート
e0064783_15214272.jpg
(2日目)
道の駅美並の下のコンノウェーブではカヤックの大会をやってました。
ARJSのラフトが下ってくると中断して通してくれます。
ここで派手に落水して観衆を沸かせてくれた選手がいたらしい。
e0064783_15214257.jpg
ラフティングのゴールは洲原神社
川港と神の島
e0064783_15214318.jpg
反対から見た洲原神社
e0064783_15214232.jpg
ポイントの設置・回収をいっしょにやったヨシムラさんのジムニーが強力でした。
通過できるかできないかの判断の次元が違います。

のんびり座ってMTBの選手を待っていると、眠気が・・・
e0064783_15214229.jpg
踊る阿呆に見る阿呆とかいいます。
選手が輝いて見えました。





[PR]

by s_space_s | 2018-05-21 17:28 | ガイド | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sspaces.exblog.jp/tb/27287214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< エクストリーム退社(でもないか)      黒い靴下 >>