blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 10日

芥見権現山の岩場②

ytさんからお誘いいただき、また裏山の岩場へ行ってきました。
ぎっくり腰も大分良くなってきました。

ごんぎつね 5.10cd(グレードはわしの独断です。以下同じ。)
Aさんたちがルート整備中の「ごんぎつね」は終了点が未設置でしたが、ytさんのお話ではリードしてもいいとのこと。
登らせていただきました。
数日前に設置されたボルトはかなり右のカンテ寄りだったので、1回目にリードしたときは自然にカンテライン沿いになってしまいすっきりしませんでした。
次に登ったytさんも同意見でした。

トポにある5.10cdとするには、ボルトラインより右に出ない制限が必要と感じたので、2回目はそのスタイルで登ってみました。
薄かぶりのガバフェースが楽しめるラインになりました。
当然、スラブは制限です。
e0064783_12473936.jpg

GONTITI 5.5NP
ytさんが目を付けていたクラックから権現槍の岩稜に繋げるラインを登りました。
ルート開拓気分で楽しかったです。
1ピッチ目はカムが良く効く傾斜の緩いクラック 10m
2ピッチ目は岩稜コースをたどります。25m
権現槍のピークにはアンカーがないので、メインロープで構築します。
e0064783_12480033.jpg
ゴン太 5.8
ytさんが設定した短めのフェースです。
岩も固く、アップにちょうどいい感じ。
e0064783_12474049.jpg

権々クラック 5.8NP
カムがボンバーに決まる箇所が限られているので、意外と緊張感のあるクライミングが楽しめます。
e0064783_12473921.jpg
権兵衛の種まき 5.8~9?
気分のいい長めのフェースです。
e0064783_12474091.jpg
権現レイバック 5.9NP
きれいなコーナークラックです。
e0064783_12474027.jpg
ごきげんスラブ 5.10c
上の写真の左のスラブです。
左カンテと右クラックは制限です。
スラブの最上部では制限に挟まれたエリアが狭くなってくるので、どこまでストイックになれるか試されます。
完全に制限したら11はあるのでは。
上部フェースはコーナークラックに触らずフェースだけで登ると楽しい。


たんすに権現 5.9
上部はカンテ上に出ない。
終了点手前はハンドトラバース気味に登ります。
e0064783_13261868.jpg

Aさんが作られたきれいなトポがあるのですが、現地に行ってみればラインはわかる感じなので、写真に大体の位置を書き入れてみました。
e0064783_08404527.jpg

[PR]

by s_space_s | 2018-06-10 14:02 | クライミング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sspaces.exblog.jp/tb/27322917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 夜の果てへの旅(上・下)      墜落 >>