blog版 がおろ亭

sspaces.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 10日

乗鞍岳土樋池踏査、大丹生池再訪

まっちゃんが、かねてから温めていた計画にご一緒しました。
純粋にそこに行ってみたい、地形はどうなっているのかという興味から出たものです。
登攀的に価値があるとかいうのではないのが面白い。

目的地は、乗鞍の土樋池です。
上流っぽく見える大丹生池や中間の堰止湖跡にも興味津々。
行ってみて地形がどうなっているかこの目で検証するのが大事だと再認識した山行でした。

e0064783_11333552.jpg
国土地理院の電子地形図にルート等を追記して掲載


地形的には池之俣発電所のある土樋谷川に流れ出るはずの土樋池の水ですが、ほとんどの部分が伏流しており、谷の中は苔むした巨岩のゴーロ歩きが延々と続きます。
中流には炭焼釜跡がありました。
シラビソなど針葉樹の森でどうやって炭焼をしたのか不思議でした。
e0064783_21152819.jpg
H1880mあたりに支流から水が流れ込むところがあり、波板などの人工物ときれいな池がありました。
e0064783_21152822.jpg
土樋池からは水が流れ出していました。
e0064783_21152898.jpg
池にはどこからも水が流れ込むところがありません。
ときおり底から泡が浮き出すので、伏流水が沸いているのかもしれません。
紅葉が素晴らしい。
e0064783_21161923.jpg

e0064783_21373693.jpg
ナラタケ豊作
e0064783_21161912.jpg
樺の皮で焚きつけます。
e0064783_20470038.jpg
e0064783_20470064.jpg
新規投入の丸飯盒デビュー
e0064783_20464803.jpg
火の粉が天に昇り、天の川に白鳥座
e0064783_20470093.jpg
池の水で自炊。
途中で採ったキノコで作った具沢山ラーメンがうまかった。
e0064783_21161899.jpg
まっちゃんの持ってきた、レメディに使うアロマエッセンス?入りのブランデーで静かに夜は更けていきました。
夜中にフクロウが鳴いていました。


朝は濡れた地下足袋が氷っていました。
e0064783_21152914.jpg
湧水のせいか湖面には霧が
e0064783_20471747.jpg

一段上流にある堰止湖跡
水流の跡はありましたが、水がない。
上から眺めると、気分はもうジャングル大帝。
e0064783_21161868.jpg
大丹生池下の急斜面
ほとんど沢型がありません。
e0064783_21374627.jpg

大丹生池には雪のある時に来たことがありました。
e0064783_21374328.jpg
雪がないときのほうが神秘的な感じです。
e0064783_21161845.jpg
上流からかなりの水量の沢が流れ込んでいました。
大丹生池の水は土樋池のほうではなくアザミ平のほうへ抜けているのでしょうか。
e0064783_21161808.jpg
土樋池谷の下降は、まっちゃん流に言うと「不快調」そのものでした。
エノモトさんの記録にあるとおり、落とし穴がそこら中にあり、わしはその一つにやられてしまいました。
その後は、足をひきずり、まっちゃんを待たせながら我慢の下山になりました。

滝登りもナメ床もゴルジュもない沢歩きでしたが、充実した~!と言える山行でした。
大丹生池、土樋池のあたりにはスキーでまた来てみたいと思います。


籏鉾のバス停横にあった石碑が気になりました。
e0064783_21534160.jpg
以下に引用します。

史跡
石碑「無盡秀全 三十六童供養塔」 員数 一基

明治初期、木喰行書「無盡秀全」が乗鞍岳への登山道を開き、沢上集落から乗鞍岳頂上までに、三十六本の石製道標を設置した。
この道標は1本約二百キロで、童子が刻まれている。現在は肩の小屋から頂上までに三体の像が現存している。
丹生川町地内には、この行書が木っ端により書いた掛け軸が多く残っている。

平成十四年七月二十四日 指定
高山市教育委員会

下山後湧いてきたいくつかの疑問について、飛騨山岳会の諸先輩に質問してみました。





[PR]

by s_space_s | 2018-10-10 22:31 | 山登り | Comments(2)
Commented at 2018-10-10 23:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by s_space_s at 2018-10-16 21:15
今週末は穴毛の、また変態ラインの予定なので、ご無礼します。


<< 乗鞍岳土樋池踏査、大丹生池再訪...      最近読んだ本(一千一秒物語、東... >>